自分のことが好きな人を見分ける8つの方法|好意がない時のサインも解説

異性からの好意に気付いた時、本当に自分のことが好きな人か見分けたいと思いますよね。そこで今回は、態度や行動からわかる好意を見分ける8つの方法から、勘違いである時の脈なしサイン、追われる恋をするメリットを大公開!さらに、相手を好きになれない場合の対処法も解説します。

自分のことを好きな人を見分けたいですよね。

自分のことが好きな人を見分ける方法8選

「あれ、この人自分のことが好きなのかな…」多くの人が、こんな気持ちを抱いたことがあるかと思います。

しかし、相手が本当に自分のことが好きどうかを見分けるのって、難しいですようね。どうすれば、相手の好意を見分けることができるのでしょうか。

そこで本記事では、自分のことが好きな人を見分ける方法について解説していきます。


態度や行動で分かる!自分のことが好きな人を見分ける方法8選

相手が男性でも女性でも、脈あり・脈なしを見分けるのって難しいですよね。

しかし、相手が自分のことを好きだからこそ出る、行動や態度、特徴があります。ここでは、自分のことを好きな人を見分ける方法について解説していきます。


見分け方1. LINEのレスが早く、連絡頻度も多い

好きな人とはできるだけ連絡は頻繁に取りたいし、もし好きな人から連絡が来たら嬉しくてすぐに返信してしまうものです。

好きな人に振り向いてもらいたいあまり、特に用事もないのに連絡をしてしまったりもします。

LINEのレスが早かったり、連絡頻度が多かったら、それは相手が自分のことを好きだという脈ありサインと言えます。


見分け方2. 恋愛などプライベートに関する質問が多い

好きな人のことは、できるだけたくさん知りたいものです。特に恋人がいるのか、好きな人はいるのかなどは、早い段階で知っておきたいところ。

プライベートに関する質問が多いのは、相手が自分に好意を持っている証拠です。好きな人のことをもっと知りたいからこそ、プライベートに関することでも次々と質問をしてしまいます。


見分け方3. 食事やデートに積極的に誘ってくる

男性でも女性でも、好きな人とは頻繁に会って、その距離を縮めたいはず。好きだからこそ、みんなで一緒に遊ぶのではなく、2人だけの食事やデートで自分をアピールしたいと思っています。

自分のことを食事やデートに頻繁に誘ってくれる人は、あなたに好意を抱いている可能性があります。また、男性が女性に対して頻繁に食事を奢ってくれるのも、かなりの確率で脈ありと言えます。


見分け方4. 些細な変化にも気付き、褒めてくれる

些細な変化に気付いてくれるのは、普段から自分のことをよく見てくれている証拠です。褒めるという行為も、相手に喜んでもらいたいからこその行動でしょう。

「あれ、髪型変えた?」「今日の服装、すごい似合ってる!」こんなふうに相手が自分の些細な変化にも気づき、褒めてくれるのは、自分のことが好きだからこそです。


見分け方5. 冗談を言ったり、からかったりしてくる

好きな人には、誰でもかまってもらいたいものです。異性に対して冗談を言ったり、からかったりするのは、好意のある相手の気を引きたいからこそです。

あまりに度が過ぎた冗談や意地悪は、「あれ、この人自分を困らせたいだけ?」と感じてしまうかもしれません。しかしそれも、好きな人に振り向いてもらいたいからこその行動です。


見分け方6. 一緒にいる時に、視線が合いやすい

気になる異性のことは、無意識に見てしまうものが人の心理です。特に好きな人が近くにいる時であれば、ずっと相手を見ていたいことでしょう。

また、好きな相手に気付いて欲しいというアピールの気持ちで見つめているという人もいます。

異性と一緒にいる時、なんだか視線が合いやすいと感じたら、相手が自分のことを好きになっている脈ありサインです。


見分け方7. 自分の話を包み隠さずしてくれる

好きでもない相手に自分のことを詳しく話したいとは思いません。自分の話を包み隠さずしてくれるのは、相手に心を開いているという証拠であり、また相手に自分のことを知って欲しいという気持ちの表れでもあります。

辛い過去の話や人には話ずらい話、自分を隠すことなくいろんなことを話してくれるのは、相手が自分のことを好きになっていると考えられますよ。


見分け方8. 距離感が近く、懐に入ろうとしてくる

人には「パーソナルスペース」と呼ばれるエリアがあり、心を許した相手以外には体が密着しないよう無意識に距離を取ろうとしています。

しかし、お互いの距離が近くなるということは、相手が自分に心を許して、パーソナルスペースを小さくしている証拠です。

いつも相手が懐に入ろうとしてくるのは、相手が自分のことを好きになっている脈ありサインです。

【参考記事】はこちら▽


自分に対して好意がないと分かる脈なしサインも合わせて解説!

相手が自分のことを好きだと思ってたけど、実は全くの勘違いだった。こんな思いは誰だってしたくないものです。

脈ありサインがあれば、脈なしサインというものもあります。続いては、自分に対して好意がないと分かる脈なしサインについて解説していきます。


脈なしサイン1. 相手から質問をしてこない

質問は相手のことを知りたいと思うからするものです。興味のない相手や嫌いな相手のことは、そもそも知りたいと思わないもの。

相手からの質問が全然ないと感じたら、残念ながら脈なしのサインです。また、質問が事務的なものばかりで、全く自分のプライベートに踏み込んでこないという場合も、脈なしである可能性が高いです。


脈なしサイン2. LINEの返信が遅い、もしくは既読スルーされる

興味がない相手や嫌いな相手とは、特に積極的に連絡を取りたいとは思いません。LINEの返信は後回しになりがちだし、めんどくさいと思ったら返事を返さないという場合もあります。

また、相手に好意があると勘違いされないよう、あえて連絡を返さないということもあります。

LINEの返信が遅い場合や、既読スルーが多いという場合は、脈なしである可能性が高いです。

【参考記事】はこちら▽


脈なしサイン3. 好きなタイプの答えが明らかに自分とはかけ離れている

好きなタイプは、恋愛において非常に重要な要素です。

相手の好きなタイプがあまりに自分とかけ離れていた場合、そこからの逆転は難しいものがあります。相手はあなたのことを恋愛対象として見ていない可能性が高いでしょう。

相手の好きなタイプが明らかに自分とはかけ離れていたら、残念ながら脈なしのサインです。


脈なしサイン4. 二人で会おうとしない

男女が二人で歩いていたら、周りの人の多くはカップルだと思うものです。興味のない相手や嫌いな相手であれば、わざわざ二人だけで会うメリットはないと感じることも。

相手が二人で会おうとしないのは、脈なしである可能性が高いです。

また、女性であれば、男性と二人きりで会うということに警戒してしまうということもありますよ。


脈なしサイン5. 自分の話を基本的にしない

自分の話をするのは、相手に自分のことを知ってもらいたいからです。しかし、恋愛対象に見てない相手には、自分のことを知ってもらいたいとは思いません。

心を開いていない相手にプライベートの情報を話すのは、他の人に変な噂を流されるのが怖いと警戒されてしまう場合もあるでしょう。

相手が自分の話をしてくれないのは、残念ながら興味がないからかも。

【参考記事】はこちら▽


自分のことが好きな人から追われる恋をするメリットとは?

これまで追いかける恋しかしてこなかったという人でも、自分のことが好きな人から追われる恋を経験してみると、新たな発見があるはずです。

男性でも女性でも、恋愛は立場が変わると、また違った感情になることができます。

ここでは、自分のことが好きな人から追われる恋をするメリットについて解説していきます。


メリット1. 自分で付き合うか、付き合わないかを選択できる

自分のことが好きな人から追いかけられる恋の選択権は、自分にあります

じっくり考えた上で、どうするのか最終判断を下すことができます。他に気になる人がいたら、一旦保留にしておくという選択もありでしょう。

相手と付き合うか、付き合わないかという選択が自分でできるというのは、追われる恋のメリットの1つです。


メリット2. 恋愛に対して精神的な余裕を持てる

追いかける恋が上手くいかないと、辛いと感じてしまうものです。もし告白して振られてしまったら、精神的にも落ち込んでしまいます。

しかし、自分が追われる立場になれば、振られてしまう心配をする必要もなく、恋愛に対して精神的な余裕を持てます。それは主導権が自分にあるからこそですね。


メリット3. 愛されている実感を味わえる

自分のことが好きな人は、自分のために尽くしてくれます。自分のことを喜ばせるために、様々なことをしてくれることでしょう。

そのため、愛されている実感を味わえるのも、追いかけられる恋のメリットです。

相手から愛してもらえる保証がない追いかける恋とは違い、追いかけられる恋は相手から愛してもらうことができますよ。


メリット4. 付き合ったら自分が恋人をリードできる

付き合ったら恋人をリードしたいという人は、特に男性に多いです。たとえ自分が相手よりも年下だったとしても、男性は女性をリードすることに憧れるものです。

自分のことが好きな人と恋愛関係になれば、相手は好かれようと努力するもの。多少自分の思い通りに恋を進めようとしても、きっと付いてきてくれるでしょう。


メリット5. 自分が追いかけるよりも大切にしてもらいやすい

自分のことが好きな人から追いかけられる恋は、常に相手から愛されています。

相手は自分のことを喜ばせるために、いろんなところを褒めてくれたり、楽しいデートプランを考えてくれたりすることでしょう。

自分のことが好きな人追いかけられる恋は、 自分が追いかけるよりも大切にしてもらいやすいというメリットがあります。


自分のことが好きな人を好きになれない場合はどうすれば良い?

自分のことを好きになってもらうのは嬉しいことかもしれませんが、どうしても相手のことを好きになれないという場合もあることでしょう。

そんな時は、なるべく相手のことを傷つけることのない選択をしたいもの。ここでは、自分のことが好きな人を好きになれない場合の対応方法について紹介していきます。


対応方法1. 自分が相手を追いかける恋愛をする

自分のことが好きな人に対して悪い印象はないのだけど、なぜだか恋愛感情を持てない。その原因は、もしかしたら、相手からの一方的な好意で自分が受け身になってしまっているからかもしれません。

そこで、逆にその相手を追いかける恋愛をしてみましょう。相手のことを好きになろうと意識すると、知らぬ間に自分にとってかけがえのない存在になることがありますよ。


対応方法2. 相手に思わせぶりな態度はとらないようにする

相手が自分のことを好きになる理由は、自分が相手に対して思わせぶりな態度を取っていたからということも考えられます。

男性でも女性でも、失恋は辛いものです。自分のことを好きな人を振ったら、相手は精神的に落ち込んでしまいます。

人を傷つけないためにも、相手に対して好意のない場合は、思わせぶりな態度はとらないようにしましょう。


対応方法3. 万が一告白された場合、丁重にお断りする

自分のことを好きな人が告白をしてきてくれた場合、相手はきっと勇気を振り絞って想いを伝えてくれたはず。その気持ちを軽く扱ってしまったら、相手はひどく傷ついてしまうかもしれません。

告白されたけど付き合うことはできないという場合は、想いを伝えてくれた相手に感謝の気持ちを述べたうえで、丁寧にお断りしましょう。


自分のことを好きな人を見分けて、素敵な恋を楽しんでみて!

相手の行動や態度を観察することで、自分のことが好きな人は見分けることはできます。

「自分の思い過ごしだったらどうしよう…」と不安になってしまうかもしれませんが、相手が自分にとっても気になる存在であるならば、思い切ってこちらからアピールしてみるのもありです。

相手の脈ありサインを見抜いて、自分の思い描く素敵な恋愛をしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事