LINEの返信が遅いのはなぜ?連絡が遅い男女の脈あり/脈なしサインを解説!

友達や好きな人、彼女彼氏のLINEの返信が遅いと感じて不安になっていませんか?LINEの返信が遅い男女の中にはわざと連絡を遅らせる人もいますが、実はLINEの連絡頻度で脈あり/脈なしがわかると言われています。今回は、連絡が遅くなる理由や心理、返信が遅い人への対処法を解説します!

LINEの返信が遅い時って心配になりますよね…

連絡が遅い男女の脈ありサインと脈なしサイン

今や「LINE」は立派なコミュニケーションツールです。

しかし、LINEの返信が遅い人や反応がない人っていますよね。

LINEの返信が遅い人は、どのような心理や理由があるのででしょうか?

そこで今回は、LINEの返信が遅い理由やLINEの返信から読み取れる「脈なし」「脈あり」サインをまとめてご紹介します。


LINEの返信やレスが遅い人の7つの理由を大公開

LINEの返信が遅く、イライラとした経験は誰にでもあるはず。

しかし、LINEのレスや返信が遅い人にはその人なりの理由があります。

そこで、まずはLINEの返信が遅くなってしまう主な理由をまとめてご紹介します。


理由1. 返す内容を考えているうちに、つい返信が先延ばしになってしまう

LINEは一度送信して既読がついてしまうと、その内容を取り消すことができません。

だからこそ、どのような内容で返信をするべきか真剣に考えてしまう人も多いそう。

「この返信をして不快に思われないか」「返信内容として合っているか」あれこれ悩んでいるうちに時間が経ってしまいます。

相手の気持ちや心情をくみ取り考える優しさがあるからこそ、返信が遅くなってしまうのです。


理由2. 純粋に忙しくて返信が遅くなっている

毎回仕事が忙しく勤務中にスマートフォンを触ることはできない場合は、単純にLINEの返信をする時間がないことが考えられます。

返信しなければならないLINEは他にもあるはずですし、もちろんLINEの返信以外にもやらなければならないことはたくさんあります

LINEにばかり時間を割いていられないため1日に何通も返信を要求されると、まとめて返信しようと思っているケースも考えられます。


理由3. 普段からマメな性格ではなく、LINEを見落としがちだから

マメな性格でない人はLINEの返信をすることに重きを置いていないので、ついつい返信することを忘れてしまうことも。

性格面での考え方の違いなので、仕方ない部分でもあります。

しかし、頻繫に人と連絡を取り合うこと自体が少ない性格なので、それが悪いことだという認識もあまりありません。

わざと返信をしないというわけではなく「面倒くさい」「後からで良いや」と後回しにしている可能性もあります。


理由4. やりとりが続くうちに、面倒くさくなったから

重要なことを話しているわけでもないのに、いつまでも続くLINE。

暇な時ならまだしも、忙しい時には返信をすることが負担になることがあります。

「いつ終わるんだろう」と思っているうちに、だんだん返信が面倒になってしまうことも。

話も弾まないと、余計に返信をすることにが億劫になりますよね。

少しずつフェードアウトするために、返信が遅くなるというケースもあります。


理由5. 異性の場合、駆け引きするためにわざと返信を遅くしているケースも

本当はすぐにでも返信を送りたいのですが、既読をつけないでじっと我慢をすることで、相手に気にかけてもらえるかも!と思いわざと返信を遅らせているケースも。

今まで順調に来ていた返信がないことで「どうしたんだろう」と相手が自分のことを考える時間が増えるという効果も期待できます。LINEが順調に続いていると、そうは感じませんよね。

そのため、わざと2日や3日放置をしてから返信しようと計算しているかもしれません。


理由6. 純粋に相手の中での優先順位が低いから

LINEの返信に限らず、人は誰でも自分の中で優先順位の高いものから処理をする傾向があります。

そのため、何回LINEを送っても返信が遅い場合には、相手の中での優先順位が低い可能性も考えられます。

例えば、他のLINEから返信し手が空いたときに返信をしている場合は、頻度や時間帯にバラつきがあることも。

だから、ついつい放置してしまいがちでLINEの返信が遅くなってしまうのです。


理由7. LINEよりも電話派だから

LINEではわざわざ要件を文章にする必要がありますが、電話ならすぐに要件を伝えて返信を聞くことが可能。

わざわざ文書を考えて打つことが面倒くさいと感じている場合は、返信が遅くなる傾向が。

普段からLINEやメールよりも電話で対応する機会が多い場合は、電話を好むタイプかもしれません。

だから、相手と電話ができるタイミングが来るまで、そのまま放置してしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


基本的にLINEの返信頻度で好きな人の「脈あり」or「脈なし」が分かる

LINEの返信頻度は、相手の好意を見抜く一つの手段です。

彼氏や彼女が頻繫にLINEを続けるのは、お互いの距離を縮めたいから。

同じように、好意を持っている場合は、できるだけLINEを続けるように創意工夫をします。

ここからは男女別にLINEから読み取れる脈ありサインを大公開します。


女性必見!男性のLINEからわかる3つの「脈ありサイン」

男性のどのような内容が好意をしめしているのでしょうか?

ここからは、男性の脈ありLINEの特徴を具体的にみてみましょう。


脈ありLINE1. 質問文でなくても必ず返信してくれる

気になる彼女とは、できるだけ話を続けたいもの。

そのため、質問文などの返信が必要なLINEではなくても、工夫を凝らして返信をしてくれるのは脈ありのサインです。

今日の出来事や共通の趣味の話題など、自分からネタを提供してLINEを続けようとしてくれます。

無理にでも話題を作って少しでもお互いの存在を感じていられる時間を増やそうとしてくれるLINEは、見逃さないようにしましょう。


脈ありLINE2. 食事やおでかけの誘いをしてくれる

気になる彼女とLINE交換をする理由の一つとして、後からデートに誘えるチャンスが増えるとの意見があります。

LINEで「今度、美味しいレストランに一緒に行こう」「映画を見に行かない?」などおでかけの誘いをするのは、脈ありのサイン。

男性側が頃合いを見計らって、二人だけの時間を作ろうとしていると捉えて良いでしょう。

気になる男性からお誘いLINEが来たら、恋を掴むチャンスかもしれません!

【参考記事】はこちら▽


脈ありLINE3. LINE内でも名前を呼んでくれる

LINE内でもちゃんと名前で呼んでくれるのも、脈ありサインの一つです。

今までは苗字で呼ばれていたのにLINEでは名前で呼ばれるようになった場合や、急にLINE内で名前で呼ぶようになった場合は、親近感を持ちたいサイン

意図的に呼び方を変えることで、この気持ちに気付いてほしいという思いが込められている場合も。

相手に愛着を感じさせる名前の呼び方は男性によって重要なポイントで、顕著に気持ちが現れるポイントでもあります。

【参考記事】はこちら▽


残念な対応に!男性のLINEからわかる3つの「脈なしサイン」

脈ありLINEとは逆に全く気持ちがない場合、LINEにはどのような特徴がみられるのでしょうか?

男性は興味がない時には、優先順位が低くなっている場合があるので要チェックです。


脈なしLINE1. 男性から質問は一切せず、こちらの問に対してもそっけない

男性は興味のない女性に対して、意外とそっけないもの。

それが顕著にあらわれるのは、LINEでの質問です。

興味のある女性には自ら質問を送りますが、興味のない異性には質問を送ったり、わざわざ話が長くなる話題をふったりしません

それどころか、こちらからの質問の返信にも短文でそっけなく回答する場合が多いです。

このようなLINEが続く場合には、脈がないと考えて良いでしょう。


脈なしLINE2. 基本的に既読がついてから1日以上返信が来ない

相手と密に繋がっていたいという気持ちが薄いため、わざわざ返信したいという気持ちはほとんどありません。

しかし、返信しないと相手に申し訳ないという気持ちもあるため、1日から1週間ほど遅れて返信がくるケースが多いです。

内容は素っ気なくとりあえず返信をしたという雰囲気で、これから先もLINEを続けたいという気持ちは伝わってきません。

そのため、既読がついても返信しよう!と強く思っているようには感じられないことがほとんどです。


ただし、仕事で忙しい場合は脈ありの可能性も

なかなかLINEの返信が来ない場合は、ただ単に仕事が忙しいというケースも考えられます。

平日は仕事が忙しく、1日から4日遅れてしまっても週末にまとめて連絡が取れる場合は、脈ありの可能性も。

また事前に仕事が忙しくてなかなか返信ができない、という旨を伝えてくれている場合も、脈ありの可能性があります。

LINEの返信が毎回遅いという場合は、男性の環境や返信があった時の対応も見て判断すると良いでしょう。


脈なしLINE3. スタンプで返すと返信が来なくなる

男性からのLINEにスタンプで返信をすると返信が途切れる場合は、脈なしの可能性が…。

気になる彼女とLINEをしている場合は、スタンプの返信でも会話が続くように配慮をする心理が働くはずです。

毎回スタンプを送るとそこで返信が止まってしまう場合は、わざわざ会話を続けたくないという気持ちが隠れている場合も。

逆に、こちらからの返信にスタンプのみで返信をする場合も、わざわざ長いやり取りをしたくないという気持ちが伺えます。

【参考記事】はこちら▽


男性必見!女性のLINEからわかる3つの「脈ありサイン」

男性が終わったところで、今度は女性のLINEの特徴についてお届けします。

今度は、女性から男性に送る脈ありLINEを3つご覧ください!


脈ありLINE1. 好意的な感情に合わせてハートマークを使用する

LINE内でハートマークを使用する女性は意外と多く、脈ありサインと見分ける必要があります。

記号のように意味のない場所にハートが付いている場合は、女友達に送る感覚で利用しており、感情がこもっていないケースが多いです。

一方で、「今日は会えて嬉しかったです」や「次にお会いできるのが楽しみです」など、自分の感情や気持ちと共にハートマークが使わている場合は要チェック

相手に好意を伝えたいという気持ちが潜んでいる可能性があります。


ただし、「可愛い」との理由で使っている場合は注意する

LINEではかわいいハートマークの種類が豊富で、「!」の感覚で利用できます。

そのため「かわいい絵文字を使いたい」という理由だけで使用している可能性も。

普段からハートマークの利用頻度が高い場合は、そこに意味がない可能性もあるため注意しましょう。

逆に、なかなかハートマークを使わない女性が使った場合には、気持ちがこもっている場合が高いため、期待できますよ。


脈ありLINE2. 返信が遅くなってしまう理由を具体的に述べてくれる

気になる異性へのLINEはできるだけ早く返信したいですが、仕事や予定で返信が難しい場合も。

そこで、返信が遅れた時にわざわざ理由を説明してくれる場合は、脈ありサインだと考えられます。

相手に嫌われたくないという不安心理が強く、返信が遅い理由を具体的に話してくれることも。

また、返信が遅くなってしまったと自覚していることにもなるため、相手のことを気にかけていることにもなります。


言い訳や嘘の場合もあるので、きちんと見極める

LINEの返信が毎回遅く、その度に異なる理由を述べる場合には、言い訳や噓である場合も考えられます。

特に、LINEの返信周期がまばらで手の空いている時間に返信している印象を受ける場合には、気持ちがこもっていないことも。

返信がしたいけれどできなかったという気持ちとは、異なります。

なかなか見極めることが難しいポイントではありますが、返信の頻度や内容と併せて確認するようにしましょう。


脈ありLINE3. 会う約束やどこかへ行きたいアピールをしてくる

男性とは異なり、女性はなかなか自分から一緒に出かけたいとは言えないもの。

美味しいカフェがオープンしたみたいだよ」や「来週末の予定が空いたよ」という遠回しなアピールは、脈ありサインの可能性が。

わざわざ興味のない人に、自分の予定や行きたい場所は言わないですよね。

女性から行きたい場所や予定が空いているというアピールがあったら、デートやおでかけに誘えるチャンスですよ。

【参考記事】はこちら▽


脈なしかも…女性のLINEからわかる3つの「脈なしサイン」

残念ながら女性も男性同様に、興味のない男性に対しては脈なしのLINEを送る傾向にありあります。

どのようなLINEが女性の脈なしLINEにはどのような特徴があるのか、チェックしてみましょう。


脈なしLINE1. 質問文には基本的にスタンプで返信する

こちらから質問や話題を提供しても、スタンプ一つで終わる場合は脈なしのサインです。

せっかく考えた質問をスタンプで片付けられると、寂しいものですよね。

これ以上、LINEを続けたくないという気持ちや、わざわざ質問に答えたくないという気持ちが潜んでいます。

一度や二度なら忙しい場合もあるため仕方ないかもしれませんが、同じ対応が続く場合は脈なしと捉えたほうが良いでしょう。


脈なしLINE2. LINEは返さないが、SNSは更新をしている

LINEの返信は遅いのに、SNSの更新はしっかりとされている場合も脈なしの可能性が高いです。

女性は気になる異性のLINEには、いち早く返信してコミュニケーションを取りたいもの。LINEをしている時間も楽しいと感じられるはずです。

それよりもSNSの更新を優先している時点で、あなたへの気持ちは離れています

また、せっかく帰ってきた返信の内容がそっけない場合には、脈なしと考えて良いでしょう。


脈なしLINE3. デートや食事の誘いは基本的に逸らされる

LINEを続けることができていても、食事やデートの誘いに乗り気でない場合も脈なしの可能性が高いです。

「今度一緒に食事に行こう」や「一緒に出かけたいね」などの誘いを上手く回避してくる場合は、わざわざ会いたくないと考えていることが多いです。

会いたくないということは、これから先の関係に進むことができません。

今は、LINEを楽しめるだけの関係であると考えたほうが無難です。

【参考記事】はこちら▽


LINEの返信が遅い人への対処法とは?

最後に、なかなかLINEの返信が来ない人への対処法をまとめてご紹介します。

「相手が返信しやすい話題を提供する」や「連絡の頻度を減らす」など様々な対処法があります。

相手のタイプに合わせて、効果的な対処法を実践してみましょう。


対処法1. 相手が詳しいものや好きなものに対して質問をしてみる

LINEの返信が遅い理由として、相手が答えずらい質問や内容となっている場合が。

ここは思い切って話題を変えて、相手が答えやすい興味のあることや好きなことに対する質問を送ってみる対処法を取りましょう。

興味のある内容なら、少しは興味が持ちやすくなり、返信してみようかなと感じることが多いようです。

その結果、滞っていた返信が来るケースがあります。まずは、一歩引いて相手の得意分野の質問を探してみましょう。


対処法2. 返信が来るまで既読がついたかチェックしないようにする

LINEの返信が気になってしまう理由の一つに「既読機能」があります。

既読がつき相手がLINEを読んでいることが確認できるからこそ「なぜ返信が来ないんだろう」と気になってしまいますよね

そこで、相手から返信が来るまで既読がついているかどうかを確認しないことも一つの手段。

返信が来るまで、LINEを開かないようにしましょう。

余計な心配が少なくなり、待つというストレスが軽減されるはずです。


対処法3. 連絡する頻度を急激に減らしてみる

LINEの返信が遅い人の中には「返信がなくても怒らないだろう」「相手は気にかけてくれているだろう」と考えている可能性もあります。

そこで、思い切って連絡をする頻度を自分から極端に減らしてみるのも一つの対処法です。

放っておいても来るはずの連絡が来なくなることで、相手は不安に感じる心理が働くはず。

その結果、相手から突然LINEの返信が来るというケースもありますよ。

いつも自分から連絡をしているという場合には、ぜひ一度試してみてくださいね。


対処法4. 親しい仲なら、レスを早めるよう直接伝える

LINEの返信が遅い相手が女友達や同僚などの親しい仲であるなら、返信を早めるように直接お願いするのも一つの手段です。

もともとマメなタイプでない場合は、返信が遅いと感じていないケースも考えられます。

返信が早めにほしい理由を伝えて、できる限り対応してもらえるようにお願いしてみましょう。

直接伝えることで「LINEの返信が遅かったんだ」と自覚してもらえる機会となります。


対処法5. LINEが苦手な相手なら、思い切って電話をかけてみる

LINEの返信が遅い人の中には、LINEが苦手というケースも。

わざわざ文字を打つことが面倒だと感じている人もいます。

そのような場合には、いくら返信を待ってもなかなか返って来ないため、思い切って電話をかけてみるのもおすすめの対処法です。

電話なら返信の内容や質問したいことを一度に聞くことができますよ。

また、一度電話ができるようになれば、次からも連絡のつく手段を確保できるところも大きなメリットです。

【参考記事】はこちら▽


「LINEの返信が遅い」=「脈なし」ではない

今回は、LINEの返信が遅い理由やLINEの返信での脈あり、脈なしサインをまとめてご紹介しました。

LINEの返信が遅いと心配になる心情も理解できますが、理由は相手によって様々です。

彼氏や彼女、友達など、送る相手に合わせた対処法や解決策を取り入れながら、良好なコミュニケーションを心がけましょう

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事