真面目すぎる人の特徴7選。長所・短所から性格を改善する方法を解説!

どんなことにも真面目に取り組み過ぎてしまう『真面目すぎる人』。周りからの信頼は厚いですが、融通が効かなくて少し面倒くさいと思われることも。そこで今回は、真面目すぎる人の特徴や短所と長所を解説すると共に、真面目すぎる性格を直す方法を徹底解説していきます。

真面目すぎる人っていますよね。

真面目すぎる人の特徴7選

恋人選びの重要なポイントとして、誠実な性格であることがよく挙げられます。確かに仕事に真面目に取り組んでいたり、相手の話をよく聞いてくれる人は男性女性を問わず多くの人にとって好印象です。

しかし、あまりにも真面目すぎる性格の人の場合、うまく恋愛に発展しなかったり、もし交際に発展したとしてもうまく続かないケースは少なくありません。

なぜ真面目すぎる人は恋愛がうまくいかないのでしょうか。性格の特徴も踏まえて、その原因を探っていきます。


真面目すぎる人に共通する特徴とは

まずは真面目すぎる人に見られる性格の傾向から、多くの人に共通する特徴を見ていきましょう。これからご紹介していくポイントは、恋愛のようなプライベートに限らず、仕事や日常生活においても見られる傾向です。

自分自身の性格の比較してみて、心当たりがないかを照らし合わせてみてください。


真面目すぎる人の特徴1. 完璧主義で些細な事にもこだわりすぎてしまう

真面目すぎる人は完璧主義者であることが多く、仕事においてもプライベートにおいても些細な事が気になってしまいます。

ポジティブな言い方をすれば几帳面な性格なのですが、それは自分自身に対してばかりではなく、相手に対しても同じことを思ってしまいがちです。

他人の言動に対して違和感を感じたり、誠実さに欠けていると思ってしまうと、人によっては相手にきつい言葉を投げかけることもあります。

【参考記事】はこちら▽


真面目すぎる人の特徴2. 人に頼るのが苦手

完璧主義者の人は他人をなかなか信用できず、全て自分で解決しようとする傾向があります。

相手に仕事を頼んだり、何かお願い事をした場合、自分の望む結果にならないと強い不満を抱いてしまいます。

結果として自分自身で仕事をこなすほうが楽だと感じてしまい、全ての仕事を自分で全て引き受けてしまうことも珍しくありません。

仮に他の人にお願いしようとしても、どのように説明すれば理解してもらえるかが分からず自分自身で解決しようとしてしまうのも真面目すぎる人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


真面目すぎる人の特徴3. 何事も型にはめ込もうとしてしまう

人の性格は千差万別で、それぞれ考え方や思想も違うものです。しかし、真面目すぎる人の多くは何らかの理由をつけて一定の型にはめ込もうとする心理が働きます。

いわば白と黒をはっきりと定義づけ、まるでマニュアルのように完璧に対応しなければ気が済みません。

例えば、自分が苦手な人と共通の知人である人に対し、「自分が苦手な人と付き合っているということは合わないはずだ」というように勝手に決めつけてしまう傾向があります。


真面目すぎる人の特徴4. 必要以上に気を配りすぎてしまう

真面目すぎる人は自分に厳しい性格でもあり、周囲に迷惑をかけたり不快な思いをさせないようにしています。そのため、周りの人に自分はどう思われているのか必要以上に気になってしまいがちです。

他人の些細な言動や、ちょっとした表情の変化が見えると急に不安になってしまいます。また、相手からどう思われるのかを気にするあまり、自分が思っていることや考えていることを素直に発言できないことも多いです。


真面目すぎる人の特徴5. 人に頼み事をされたら、忙しくても断れない

真面目すぎる人は周囲からの信頼も厚く、仕事はもちろん、プライベートの悩みなども相談されるケースが多いです。

困っている相手を見ると助けてあげたいという気持ちが強く働き、何らかの頼み事をされても断ることができません。

仮に自分自身が大量の仕事を抱えていたとしても、真面目すぎる性格であるがゆえに自分を犠牲にしてまで相手の要望に応えようとします。


真面目すぎる人の特徴6. 責任感が強く、自分で何でも抱え込んでしまう

真面目すぎる性格は責任感の強さの表れでもあります。

部下や同僚がミスをすると、「自分の教え方や伝え方が悪いからだ」と考え、必要以上に自分自身を追い込んでしまうことも少なくありません。

仕事をする上で責任感をもつことは重要ですが、真面目すぎる人はあまりにも責任感が強すぎて、自分で抱え込まなくて良いものまで抱え込んでしまう傾向があります。


真面目すぎる人の特徴7. 自意識過剰で周りからどう思われているか気になる

真面目すぎる人は常に外にアンテナを張り巡らせ、周囲からの自分に対する評価を気にしています。

真面目すぎるということは自分自身が完璧でなければ満足しません。そのため、周りの人達から良く見られたいという欲求が強く、多少背伸びをした姿を出してしまいがちです。

等身大の自分をさらけ出すことは決して多くなく、あくまでも周囲からの評価や視線を優先してしまうことが多いです。


真面目すぎる人の長所と短所を紹介!

本来、真面目な性格は長所として挙げられるポイントです。しかし、場合によっては真面目すぎる性格が短所とみなされることもあります。

周囲と円滑なコミュニケーションを図るためにも、長所と短所を見極めていきましょう。


真面目すぎる人の長所って?

真面目すぎる人の性格を活かすためには、まずは自分自身の長所を認識する必要があります。

長所が分かることによって自己肯定感をアップさせることに繋がり、相手とのコミュニケーションがスムーズになりますよ。

ここからは、真面目すぎる人の長所を解説していきます。


真面目すぎる人の長所①. どんな時も妥協せず、上質な成果物を生み出せる

真面目な性格は仕事において高いパフォーマンスを発揮します。一切の妥協を許さず、真面目にコツコツと取り組む姿勢は必ず成果物に表れます。

上質で高いクオリティが求められる仕事であっても安心して頼むことができ、長期間一緒に仕事をすればするほど、周囲から高い評価を獲得していきます。

安定して高いクオリティを維持し続けることは決して簡単なことではなく、真面目な性格であるからこそ実現できる長所でもあります。


真面目すぎる人の長所②. 言動や行動に一貫性があり、周囲から信頼される

真面目な性格の人は、過去に自分がとった言動に対して強い責任感を持ちます。過去に発言した言葉や起こした行動など、終始一貫した姿勢を貫き、自分自身の軸がブレることはありません。

言動に対して矛盾がなく、頑固なまでに自分の信念を貫き通す姿勢によって、周囲の人間から高い信頼を勝ち取ることにも繋がります。

特に男性の場合、しっかりとした芯があることで「男気がある」と女性から評価されることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


真面目すぎる人の長所③. 地道で細かい作業も丁寧にこなせる

仕事に対して妥協を許さない姿勢は、当然のことながら地道で細かな作業であっても高いクオリティを発揮します。

同じ内容の作業を淡々とこなしていくと、多くの人はどこかで妥協したりごまかしたりすることも少なくありません。

だからこそ、真面目な性格の人はどのような仕事であっても着実に進めていき、毎回安定したクオリティの成果物を完成させます。


真面目すぎる人の短所は何があるの?

真面目すぎる性格は時と場合によっては短所となり得ます。

不真面目よりは真面目な性格のほうが良いことは確かですが、あまりにも真面目すぎるとプライベートでは損をすることもあるのです。

ここからは、真面目すぎる人の短所について見ていきましょう。


真面目すぎる人の短所①. 冗談が通じず、頭が固いと思われやすい

飲み会やデートなど、仕事以外の場においてどのような話をすれば良いのか戸惑う人も少なくありません。

話題を振られても真面目な返ししかできず、頭の固い人だという印象や、つまらない人だと思われがちです。

女性・男性を問わず、異性に対して誠実さを求める人も多いもの。真面目すぎる人の場合、相手が抱く第一印象としては良いのですが、彼氏や彼女として実際に付き合っていくなかでつまらないと感じさせてしまうこともあります。

【参考記事】はこちら▽


真面目すぎる人の短所②. 一人で抱え込みやすく、周囲に人に助けを求められない

真面目な人の多くは、他人に助けを求めることが相手に対して迷惑をかけてしまうと考えてしまいがちです。

結果として自分一人ではどうしようもなく苦しい状況に陥ることもあり、周囲の人間は「どうして相談してくれなかったのか」と考えてしまいます。

時には人に頼ることでお互いの距離を縮めることができますが、それができない人も少なくありません。


真面目すぎる人の短所③. 常に全力なため、力加減を上手に調節ができない

何かに全力で取り組む姿勢はポジティブな印象を与えるものですが、必ずしも常に全力の姿勢でいることが正解とは限りません。

自分にとってそのような人が身近な存在で、常にそばにいると考えたときに、一緒にいるだけで疲れてしまうことも多いものです。

時と場合によっては全力で取り組む姿勢は必要ですが、相手が疲れるような極端な姿勢は必ずしもポジティブな方向に働くとは限りません。


真面目すぎる性格を改善する直し方

根本にある真面目な性格はそのままに、時と場合によって臨機応変に対応していくことも必要です。

真面目すぎる性格を改善するために、具体的にどのような対処法があるのでしょうか。

自分自身のことはもちろん、現在付き合っている彼氏や彼女の性格に悩んでいる人にも参考にしていただきたい内容です。


真面目すぎる性格の直し方1. 物事に対して、優先順位をつけるようにする

物事に対して全力で取り組むことはもちろん大切ですが、真面目すぎる人の場合は力の抜き方を覚えることが重要です。

複数の予定が入っていたり、いくつもの仕事をこなさなければならない場合、まずはその中で最も優先順位の高いものから取り組むようにしましょう。

例えばプライベートの中で、友人グループと遊ぶ予定と彼氏・彼女とデートの約束が入っていたら、何よりも彼氏・彼女とのデートを優先することでメリハリが生まれます。

このように緩急をつけていくことで、おのずと力の抜き方も分かってくるはずです。


真面目すぎる性格の直し方2. 一人で背負いすぎず、人に頼ることを覚える

悩みごとや不安に思っていることなど、自分にとってネガティブなことであっても他の人に頼ることは有効な対処法です。

重い悩みであれば親友や彼氏・彼女に相談するのも良いですし、仕事上の悩みであれば同僚など信頼できる人に相談するのも良いでしょう。

相手の迷惑になるのではないかと考える前に、まずは自分の負担を軽減することを意識してみてください。


真面目すぎる性格の直し方3. 適度に休むのも重要な事だと認識する

つい頑張りすぎてしまう真面目な性格の人は、適度に休むことも重要であると認識しましょう。仕事はもちろんですが、家事や育児など、女性男性を問わず休むことを心がける必要があります。

自分の体を休めるということは、周囲の人間に対して何らかの負担を掛けてしまうと考える人も多いですが、それこそが最も大切なことです。

1日くらい他人のことを一切考えず、自分の体を休めることに徹してみてください。精神的にも肉体的にも疲れることがない日を意識的に設けるようにしましょう。


真面目すぎる性格の直し方4. 上手に手を抜く技術を身につける

「手抜き」の技術を身につけることも負担の軽減に役立つ対処法です。

例えば、会社で働きつつも家事や育児をこなす人も多いと思いますが、たまには外食に出かけて家事の手間を省くことも大切です。

また、最近では家事代行サービスも続々と登場し、普通の会社員であっても気軽に利用するケースは多いです。このように、自分自身の負担を軽減することを意識してみてください。


真面目すぎる性格の直し方5. 周囲の評価を気にしすぎないようにする

もっとも意識しておきたいポイントが、自分が周囲からどう思われているかを気にしないようにするということです。

「つまらない人間と思われていないか」といったネガティブな思考は一旦忘れて、最初は1日だけでも良いので自分を徹底的に肯定する日作ってみてください。

ある程度慣れてくると、自然と周囲に頼ったり、相談する機会も増えてくるはず。

特に女性の場合は、彼氏に様々な相談を持ちかけることで相手は「頼ってくれている」と感じ、今よりも良い関係が維持できるはずです。


自分が真面目すぎると思ったら、上手な息抜き方法を見つけてみて。

今回は、真面目すぎる人の特徴や改善方法についてご紹介してきました。真面目な性格はポジティブにとらえられることが多いものの、人によっては短所となることもあります。

自分自身の性格はなかなか変えられず、日々悩んでいる人も多いものです。しかし、今回の記事でご紹介した改善案を意識してみるだけでも、今よりも状況は良くなる可能性が高いため、ぜひ試してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事