自意識過剰の意味とは。自意識過剰な人の心理や特徴と治す方法を紹介!

自意識過剰には、ポジティブに捉える人とネガティブに捉える人の2パターンがあります。今回はどちらの意味も含めて、自意識過剰な人の心理や特徴について徹底解説!自己診断をして、自分が当てはまっていないか、確認してみてくださいね。また、自意識過剰の治し方も10個紹介するので参考にどうぞ。

自意識過剰な人っていますよね。

自意識過剰な人の心理や特徴と治す方法

「自意識過剰」と聞くとメンタル面での弱さについてイメージしますよね。自意識過剰は自信の欠如であったり、周りのことをよく気遣える人であったりします。

しかし、実際には「自意識過剰」はどんな意味があるのかよくわからないという人も多いことでしょう。

この記事では、「自意識過剰」の意味、自意識過剰な人の特徴、自意識過剰な傾向の直し方について、詳しく解説していきます。


自意識過剰な人とは?自意識過剰な人の意味

自意識過剰の人とは

自意識過剰とは、他の人が自分についてどのように思っているのかを、必要以上に気になってしまうという症状です。男性の場合でも女性の場合でも、この症状に悩んでいるかたはたくさんいます。

具体的に自意識過剰とは、自分の容姿や行動などにどうしても自信が持てなくて、こんな自分を周りの人はどう思っているのかが気になって仕方がないという場合があります。

あるいは、いつも、誰かから見られているという、注目を浴びたいという欲求と現実の解離による症状である場合もあります。


自己診断!自意識過剰な人の12個の特徴や原因

自意識過剰の人の特徴

性格面の特徴として、どんな傾向があるのでしょうか。

行動面での特徴としてどんなものが見られるのか、自意識過剰な人の様々な特徴を解説していきます。


自意識過剰な人の性格の特徴

自意識過剰な人の性格面の特徴として、メンタル面のあり方、ネガティブさの度合い、自分に対する態度、他の人との関係性での考え方、などにいろんな特徴がみられます。

男性でも女性でも、こういった特徴を持ってしまっている方は、たくさんおられるのではないでしょうか。

それぞれの性格面での特徴について、6つのチェックポイントを詳しくひとつずつ解説していきます。


性格の特徴1. メンタルが弱く、些細なことも気にしてしまう

自意識過剰の人は、こんなことをしたら嫌われるのではないか、こんな発言をしたらモテないのではないか、などと、自分がしようと思っていることが全て他の人に受け入れられるのかが、過剰に気になってしまう心理に陥ります。

男性なら、仕事で立派に活躍できるような能力を持っていたとしても、メンタル面の弱さによって自意識過剰の癖が出てしまい、思ったように仕事での成功を見いだせないということもあります。

メンタルが弱いという性格面での特徴によって、自意識過剰の人は些細なことも気になってしまうことが多いです。


性格の特徴2. 「だって」「どうせ」が口癖で、ネガティブに深く考えすぎてしまうことがある

自意識過剰の人はネガティブに考える

自意識過剰の人は、ネガティブに考えてしまうという性格によって、積極的な行動をとれなくなってしまうことがあります。

どうせ自分が何かをしたとしても、変に思われてしまうと感じて、いつでも行動を起こさずに「だって」とか、「どうせ」という言い訳のフレーズが口癖となって出てきます。

容姿や言動などにどうしても自信が持てない人に多い特徴といえるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 外見を気にしていて、髪やメイクを直す回数が多い

自意識過剰な人は、いつでも自分がこうありたいと思うような、最高の状態をキープしていたいという思いを持っています。

男性でも女性でも、外見がどうなっているかがいつも気になってしまうという傾向があります。いつも、前髪を触っていたり、頻繁にメイク直しをしに行ったりするような状態です。

心理状態として、他の人の前では、絶対に自分の一番良い状態だけが見られるようにしたいと願っているのです。


性格の特徴4. 被害妄想が多く、勘違いしやすい

自意識過剰の人は、自分に対する評価がとても気になってしまうという特徴があります。特に、噂話のような会話が聞こえたときに、過剰に自分のことを話しているのではないかということが気になってしまうのです。

例えば、女性たちの間で、自分が持っていないような化粧品の話がされているのが聞こえるだけで、持ってない自分はダメだとか評価されていないという心理に陥ってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴5. 常に誰かに見られているという認識が強い

自意識過剰の人は誰かに見られていると思ってる

自意識過剰の人は、自分がどうありたいかということより、他の人にどのように受け入れられるのかどうかがとても気になってしまいます。

絶対に誰からも見られるはずがないようなタイミングでも、変なことしてはいけないとか、他の人と同じようにしなければいけないというように感じてしまうのです。

自分らしくありたいと思うことはあまりなく、他の人から悪い評価をされないようにするにはどうあるべきかという意識が強いので、行動へとつながっています。


性格の特徴6. 失敗を怖がり、何事にも消極的になりがち

自分がする行動が失敗してしまうことに大きな恐れを抱いているという心理によって、何事にもとても消極的になってしまいます。

たとえば、自分の個性を活かした服の着こなしをしてみたいと思いはするものの、そんなものは受け入れてもらえるはずがなく、嫌われることになってしまうという考えを抱きがちです。

結局失敗できないという恐怖感から、行動できずにいるというケースも多いです。


自意識過剰な人の行動の特徴

自意識過剰な人の行動における特徴にはどのようなものがあるでしょうか。発言の仕方、対人関係、容姿に関する心配、SNSでの行動の特徴などについて、詳しく解説します。

男性の場合も女性の場合も、それぞれ職場や学校やご近所付き合いなどでの周りの人との付き合い方に、自意識過剰な人のならではの特徴がたくさんあらわれます。そのようになってしまう原因についても探ってみましょう。


行動の特徴1. 人の顔色を気にして発言をする

自意識過剰の人は人の意見を気にする

自意識過剰な人は、発言をする際に、その発言が相手に受けれられるのかどうかが、とても気になります。これは、どのような反応が返ってくるのかを詳しく知りたいという心理状態になっているから。

自分が発言する際には、その相手の顔色がどうであるかに注目してしまいがちです。

男性でも女性でも、上司などの目上の立場の方と話す際に、そうなってしまっていないか、自分で診断することができるでしょう。


行動の特徴2. すぐに「ごめんなさい」と謝る

自意識過剰な人は、自分が発言したことや自分がとった行動が、どのように評価されるのかがとても気になるので、思ったような反応が得られなかったなら、自分が間違っていたという心境に陥りやすい傾向を持ちます。

その結果、自分の発言や行動のあとに、すぐに謝罪の言葉を発するという特徴があります。

服装が場違いでないかどうかも気になり、その場にいることでさえ、申し訳ないと感じることもあり、「ごめんなさい」という言葉によって、気を紛らわせたいのです。


行動の特徴3. 鏡があれば、必ず自分の姿を確認してしまう

自分に自信があるゆえに自意識過剰になっている人は、いつでも自分の姿がどのように他人に映っているのかが気になります。鏡があれば、そこに映る自分の姿を確認してしまうという癖を持ちます。

鏡でなくても、店先の綺麗に磨かれた窓ガラスに映る自分の姿をチェックしたりもします。駅のホームにいて、電車の車窓に映る自分の姿を、目を凝らして確認しようとしているケース、などいろんな折に自分の姿を確認して安心したいという心理が働きます。


行動の特徴4. 事実を盛って周囲に話をすることが多い

自意識過剰の人は事実を盛る

自意識過剰な人は、本当の自分の状態に自信を持てないという特徴があります。そういった場合に、仲間たちとの会話で自分について話す際、自分を大きく見せるために事実を盛り上げて大げさに話すということがあります。

男性でも女性でも、他の人が気にも留めないような点でも、注目されているかのように感じてしまうので、ありのままの自分では自信をもてないことが大きな原因です。

【参考記事】はこちら▽


行動の特徴5. SNSに自撮りの写真が多くアップされている

自意識過剰な人は、SNSの投稿にもその特徴があらわれます。自撮りの写真を数多くアップするのです。自信のある自分の姿を、見てもらう手段を増やす目的で、自分が理想的に映っていると思える写真をたくさんアップしてしまいます。

女性であればアクセサリーやメイクなど、男性であれば腕時計やチューンアップした自分の自動車など、他の人が見ても気づかないようなところにも気合が入った写真であることも多いです。


行動の特徴6. ちょっとしたことで「セクハラ」「パワハラ」と言ってくる

いつでも、他人の目は自分を追っているという被害妄想を持っているため、いつでも自分は見られていると感じてしまいます。女性であれは、男性の上司がいつも自分のことを見ているという妄想に付きまとわれています。

自分には魅力があるということを誇示したいという心理があり、実際に見られているかどうかに関わりなく、いつでも見たくなるほど魅力的であるというアピールをしているのです。


自意識過剰な性格を直す10個の方法とは

自意識過剰の人が性格を直す方法

自意識過剰の特徴は、ビジネスやプライベートで、あまり良い作用をしませんから、直す方法を知りたいと思っている人も多くおられることでしょう。

自意識過剰の癖をやめたいという場合にやってみてもらいたい、おすすめの方法をご紹介します。


直す方法1. ゆっくりでいいので、自分の自信をつけることに取り組む

自意識過剰の人は、自分が行った仕事の結果を、他の人が評価していないという妄想をしてしまう癖を断ち切らなければなりません。そのためには、自分が果たした仕事に自信を持てるようにすることが大切です。

これは一晩で変えることができるというわけではありませんから、ゆっくりと自分のペースで、自分の成し遂げたことが他の人にどのように役立っているかなどを考えてみて、自分に誇りを持てるように訓練することが大切です。


直す方法2. 没頭できる趣味を見つける

自意識過剰の癖を持つ人が仕事上のことを最初に得意にすることは難しいでしょうから、まずは、趣味の分野で、没頭して得意な分野をつくると良いでしょう。自分の得意な分野を持つことは、自信をつけるための助けになります。

自分が自信を持って話せる分野を持っているというのは、自己評価を高く診断して、自意識過剰の特徴を軽減するので、とても大切なステップのひとつといえます。


直す方法3. たくさんの人の価値観に触れる

自意識過剰の人は沢山の人に触れる

自分には魅力があるという思い込みが強く、自意識過剰の特徴をあらわしているというケースもあります。その場合は、もっと自分以外の人たちが考えたり行ったりしていることを評価できるようになることが助けになるでしょう。

他の人がどのように考えて行動しているかを知れば、自分とは異なる価値観を持つ人の偉大さがわかってくるに違いありません。他の人の価値観に関心を持つようにしましょう。


本を読むことで価値観を広げても良い

本を読むという習慣を持つことで、自分とは異なる価値観を学ぶ機会を多く得ることができるでしょう。

これまで、自分がしてきたことだけが、正しいと感じていたことが、本を読んでいろんな価値観に触れる機会を持つことによって、一気に世界が広がっていくことを感じられます。

そのようにして、自分という存在も、それらの多様な価値観の中のひとつにすぎないという自己診断ができるようになれば、自意識過剰を改善できる可能性が出てきますよ。


直す方法4. 行ったことのない場所に足を運び、新しい経験をする

自意識過剰の人は、自分の評価を正しく下すことができません。新しい経験をすることが、自分の評価を正しい位置に納めるための、良い学習方法であるといえます。これまで触れたことがないような価値観が、世界にはあふれています。

新しい体験を通して、自分が自信を持てなかったことが、そんなに重大でないことに気づくことができます。あるいは、自分はとても優れていると思っていた分野が、実はたいしたことのないものであったということがわかるようになります。


直す方法5. 元気で前向きな考え方を持つ人と出来るだけ多くの時間を過ごす

自意識過剰の人は元気で前向きな人と付き合う

自意識過剰の特徴を持たない、健全で積極的な考え方を持つ人を、友人とするようにしてみるのはどうでしょうか。

付き合う人の影響力によって、自意識過剰の性格を正すという直す方法を試してみましょう。その友だちからたくさんの価値観を学ぶようにしてください。


直す方法6. 他人は自分に対してそこまで興味が無いことを知る

いつでも自分が注目されているという意識が、事実ではないということを知りましょう。

たいていの場合は、自分の詳細な点にまで興味を持って見続けているということはあり得ません。他の人は、自分にいつでも注目できるほど暇ではないからです。


直す方法7. 自分自身のことを褒め、好きになる努力をする

自意識過剰の人は、自分の評価を正常に下せず、自分を認めることができない特徴があります。

自分がどのように評価されているかが気になる性格の人にとって、だれにも褒められないという状況は、あまり心地良い状態ではなく、会社をやめたいと思ったり、自分はモテないと結論付けたりするのです。

誰も褒めてくれないなら、自分が努力したことについて自分で自分を褒めると良いでしょう。


直す方法8. 客観的に物事を見る視点を身につける

自意識過剰の人は客観的な視点を持つ

自分についてばかり考えるのではなく、客観的に物事を見る力を身につけましょう。なぜ今自分がこういう状況になっているのかという点について、自分自身を客観視することで、自分自身だけの考えから外に出られるようになります。

客観的に見る能力があれば、自分を過大評価したり、逆に過小評価してしまったりする癖を治すことができ、バランスの取れた魅力的な男性や女性として成長することができます。


直す方法9. 職場の同僚や、友人に対して自分から挨拶をする

自意識過剰の人は、挨拶をするという簡単なことでも、どうせモテないので声をかけても良い反応をしてくれるはずがないという被害妄想のような気持ちを持ってしまいがちです。積極的に自分から声をかけるようにしましょう。

最初のステップとして、自分から挨拶をするようにできるでしょうか。職場の同僚スタッフたちに、男性も女性も関係なく積極的に挨拶をするようにしてください。

消極的になって、誰にも声をかけないという自分の癖を直すようにしましょう。


直す方法10. 人から嫌われることを恐れない

自意識過剰の特徴である、どうせ他の人は自分のことは嫌いだと思ってしまう感情から抜け出しましょう。人から嫌われることを恐れてはいけないのです。

実際には、男性が女性に対して嫌いだという感情を持つことはそんなに多くありません。女性が男性に対して嫌いだと感じることも多くありません。

自意識過剰の症状と戦って、嫌われると思ってしまう自分の消極的な性格を直すようにし、積極的な思いを持つようにしましょう。


自意識過剰な性格を改善していきましょう。

自意識過剰の性格を直そう

男性でも女性でも自意識過剰の人には、過度に自信がなかったり、過度に自信を持っていたりするという特徴がありましたね。

自分自身だけの小さな価値観に閉じこもっているので、なかなか、自分のことを正しく評価できなくなってしまうのです。

ぜひ、自分のことを正しく評価できる男性や女性になるために、積極的な思いを持てるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事