「要領がいい」の意味とは?要領がいい人の特徴&器用になる方法を解説

仕事もプライベートも充実している「要領がいい人」。要領がいい人に憧れを抱いている人は多いのではないでしょうか?そこで今回は、要領がいい人の特徴から器用になる方法をレクチャーしていきます。要領がいい人に変身して、周りから「素敵」と思ってもらえるような人になりましょうね。

要領がいい人って、かっこいいですよね。

要領がいい人の特徴&良くなる方法

頭が良くて、好印象のイメージがあるのが要領が良いと呼ばれる人。同じ時間働いていても簡単に成果を上げたり、そつなくこなすことが出来る姿はカッコいいですよね。

しかし要領のいい人は何でも簡単にこなしてしまう為、何を参考にすれば良いのか分かりづらいという人も多いはず。

そこで、要領が良い人の特徴や、要領のいい人になるための方法をまとめました。要領が良くなる方法を学んでいきましょう!


そもそも「要領が良い」の意味とは?

要領が良いという言葉の意味は、巧みに立ち回り、物事を上手くさばいていける人

人よりも少ない労力で物事を終わらせることが出来る人や、人とコミュニケーションを取るのが上手な人が多いです。

物覚えが良かったり、抑えるべきところだけ抑えて後は適当に済ませるなど、要領が良いというのは褒め言葉として使用されます。


要領が良い人に共通して見受けられる特徴

賢く立ち回って、難なく過ごせる要領が良い人。何事にもスマートに対応できる姿は羨ましいですよね。

同じ時間、同じ努力や練習をしても、要領が良い人は簡単に良い結果や無難な結果を楽そうに出します。

ここでは要領が良い人に見受けられる特徴をまとめていきました。要領が良い人の共通点から、コツを手に入れて活かせれば、要領の良い人に近づいていくことが出来るはずですよ。


特徴1. 物事の優先順位や段取りを選定するのが上手い

物事には必ず終わらせなければならない部分や、必ず完璧に仕上げなければならない部分が存在しています。要領が良い人は、まずは絶対に必要な部分を見極めるのが上手いです。最低限抑えたいポイントを達成するための段取りを立ててから努力や実行をしていきます。

逆に要領が悪いと言われる人は、何の策もなしに努力を始めたり、終わらない仕事にいつまでも時間を取られていたりします。要領が良い人は、時間が有限なことを理解しており、段取りの見極めが上手いのです。


特徴2. 何でも自己完結しようとせず、周囲に頼ったり甘えたりするのが得意

仕事でも何でも、一人で達成できることは限られています。人に助けてもらえることは助けてもらい、自分は自分にしかできないことをやるのが賢い、要領が良い人。いつでも助け合える良好な関係を作るため、普段から周りの人間とコミュニケーションを取っておくことも忘れません。

細かい作業が得意な人や、作業スピードが速い人などを見極めて上手に頼み、他の人たちが自力のみで仕事をしている部分を他人に任せます。結果、驚異的なスピードで仕事が完結するので、要領が良いと周囲から言われるのです。


特徴3. 自分が今、「相手から何を求められているのか」を瞬時に見極められる

要領が良い人だと思われるには気が利く性格が必須。良好な人間関係を構築する上では、相手から何を求められているのか見極めることが重要です。

相手から求められていることをこなすことで、自分が困った時にも助けてもらえる良い関係を築けます。日ごろから相手の立場になって考え、喜ぶことや必要なことを考えて、相手に求められているものを理解して行動するので、人から評価されるのです。


特徴4. 無駄な作業を徹底的に排除し、効率よく物事を進められる

短い時間で要領よく物事を達成するためには、無駄な作業をしている時間はありません。まずは段取りを組んで、やるべき必要のない作業を完全に無視したり、どのレベルで仕上げればいいのかを確認したりします。

全ての最低合格ラインを把握することで、一番重要なことに時間を割くことが出来るようになるのです。要領のいい人は、どんな作業にも無駄がありません。


特徴5. 行動力があって、頭で考えたことをすぐ実行できる

意外と迷っている時間や考えている時間は知らないうちにたくさんかかっており、とても勿体ないです。仕事で良い計画が出来ても、取り掛かるのが遅ければ、早く終わらせることが出来ません。また動いてみると新たな改善点が生まれてくる場合もあります

要領が良い人とは、未経験の事には仮説を立てて直ぐに実行し、動きながらか段取りを作り直していくので、仕事が非常に速いのです。


特徴6. 何でも完璧にこなそうとせず、程よく手を抜くのが上手い

全ての作業を完璧にこなしていたらいくら時間があっても足りません。要領のいい人は、どの程度の手の抜き加減なら許されるかを見極めて、最小限の努力で物事を終わらせます。

逆に要領が悪いと言われる人は、必要のない仕事に時間を取られてしまい、やるべきことが終わらないという事態に。

手を抜くというと悪いイメージがありますが、物事のゴールや「何を求められているか?」が分かっていないと手抜きは出来ません。要領のいい人は能力があるため、手の抜きどころが分かるのです。


特徴7. 物事を難しく考えようとせず、シンプルに考えるのが得意

シンプルな思考は行動のスピードに直結します。複雑に物事を考えると、何時まで経っても行動を起こすことが出来ないうえ、何をすればいいのかも分からなくなってしまいます。

シンプルに考えることで、動き出しが早くなり、行動も明確になりますよ。たとえ間違った行動だとしても、行動も明確なので間違いにも早く気づきやすく、さらに早く動き出している分だけ修正時間に余裕が生まれるのです。

シンプルに考えるという事で物事を早く完結させることが出来る為、要領のいい人と思われます。

【参考記事】はこちら▽


該当したら要注意!反対に周囲から要領が悪いと思われる人の特徴

絶対に張られたくない、要領が悪いというレッテル。「真面目な性格なんだけど要領がね……」なんて言われたら悔しくして仕方ありませんよね。

実は要領が悪いと言われる人にも共通点があります。

ここでは該当したらすぐに辞めるべきである、周囲から要領が悪いと思われる特徴についてまとめました。自分の行動を振り返りながら確認していきましょう。


要領が悪い人1. 完璧主義でなんでも自己完結しようとする

全てにおいて完璧主義では仕事は終わりません。完璧主義とは一見真面目で良い性格に思えるかもしれません。

しかし、そんな人間はなかなかいないでしょう。まず守るべきは納期や期限であり、スピードが要求されるのです。自分一人で完璧に出来るまで追求していたら、仕事が遅くなり、要領が悪い人と見られてしまいます。


要領が悪い人2. 結果にあまり直結しない部分へこだわってしまう癖がある

要領の悪い人は、結果に直結する部分以外で時間を使うので、最終的に良い結果につながる仕事に追い込まれてしまう傾向にあります。仕事は結果が大切ですので、まずは結果に直結する部分を先に仕上げるのが要領のいい人。

優先順位が分からない場合や、そもそも考えていない場合は、要領の悪い人と見られてしまいます。


要領が悪い人3. 丁寧すぎて一つ一つの仕事スピードがめちゃくちゃ遅い

真面目な性格で丁寧な仕事をすることは良いことですが、仕事には期限や納期があるので、スピートは重要です。まず終わらなければ、どれだけ仕上がっていても評価はゼロになります。

時間に間に合わないというのは絶対に避けなくてはならないことです。丁寧すぎる場合や、実力不足で仕事スピードが遅い場合は、要領が悪いと思われる人の特徴と言えます。

【参考記事】はこちら▽


要領が良い人はデメリットもある?要領が良い人の長所や短所とは

周りからの評価も高くて、いいことだらけの要領が良い人。要領が悪いよりは、絶対に要領が良い人と思われたいですよね。

しかし、要領が良いと言われる人も、メリットばかりではありません。ここでは要領が良い人のマイナス面や、デメリットについてもまとめました。

良い面と悪い面の両方を理解してから、要領のいい人を目指しましょう。


周囲から好印象?要領が良い人の長所やメリットは?

周りからの評価が高く、いいことだらけの要領が良い人。要領が良いというイメージがつくだけでもカッコが良いですよね。

長所やメリットを理解していなければ、要領のいい人には近づけません。

ここでは要領が良い人の、長所やメリットをまとめましたので、確認して自分の中にある近いものを伸ばしていきましょう。


長所1. 職場では仕事ができる人と思われやすく、出世しやすい

職場での出世は評価が全てです。結果ももちろん大切ですが、評価されていないものは、出世にとっては無意味となってしまいます。

要領が良い人は、「あの人は何でもできる」と周りからの期待も大きいため、新しい仕事や新しいポストを用意しても「きっと達成できるだろう」と思われやすいのです。


長所2. 教わったことは1度でマスターできる

要領が良い人は、余計なことに時間を使うのを嫌う為、とにかく早く覚えるという事を重視しています。日ごろから無駄をなくすように考えて努力しているため、ただ覚えるだけのものは一度で覚えてしまえるくらい能力がついているのです。

もちろん人によってレベルは様々ですが、要領が良い人が努力して培ってきた、直ぐに覚えるという能力は素晴らしい長所と言えるでしょう。


長所3. ゴールから逆算してきちんと行動しているため、目標を達成しやすい

要領のいい人は動き出す前に全体像やゴールを確認します。段取りを立てて、計画的に物事を進めるので、目標を達成しやすいです。そして計画があることで、見直しも出来ますので、失敗しそうになったら軌道修正が出来ます。

一見適当にこなしているように見える要領が良い人は、いろいろ考えて行動しているのです。目標を達成するための能力が高いことは、仕事でもプライベートでも重宝する長所と言えるでしょう。


いい部分だけじゃない?要領が良い人の短所やデメリットは

なんでもできて、周りからの評価が高く充実している要領が良い人。しかし良い部分だけではありません。要領が良い人になりたい人も、マイナス面やデメリットを必ず理解しておく必要はあります。

ここでは要領のいい人の短所やデメリットをまとめました。要領が良い人には一体どんなマイナス面があるのでしょうか。


短所1. 何事も無難にこなせるため、一つ秀でたものが見つけにくい

天才や達人と言われるレベルの仕事は、簡単には身に付きません。長い年月をかけて同じことを繰り返し、試行錯誤してきた結果手に入るレベルのものです。

要領が良い人は、何事も無難にこなせるため、平均的な成果まであっという間に到達してしまいます。そこで満足してしまうので、突き抜けるレベルまで到達できない可能性が高いのです。

【参考記事】はこちら▽


短所2. 失敗の経験が少ないため、挫折した時に心が折れやすい

失敗した時に直ぐに切り替えて挑戦する力は、何事にも必要です。要領が良い人は、失敗経験が少ないため、いざ失敗した時に簡単に立ち直れない可能性があります。

失敗した時のメンタルを整えるのも経験や技術のなせる業です。大人になって本当に大事な場面で失敗して、心が折れてしまうと取り返しのつかないことになる場合もあるでしょう。失敗経験が少ないということは、一つの大きなデメリットです。


なんでもスマートにこなせる要領が良い人になる方法

要領が良い人には短所もありますが、それでもスマートでカッコいいもの。要領が悪いよりは、要領が良い人と思われたいですよね。

要領が良い人になるにキチンと方法があり、方法を理解していなければ、適当にやっていたのでは到底たどり着けません。

ここでは、スマートにこなせる要領が良い人になる方法をまとめました。ぜひ確認して実行できることからやっていきましょう。


方法1. まずはしっかりと絶対にやるべき目標を設定する

目標設定があれば、どこに向かって何を進めればいいのかがわかります。目標がない人間は、ふらふらとさまよって、あっちに手を付けこっちに手を付けを繰り返しているので、物事が進みません。

きちんとやるべき目標を定めることで、自然と無駄が排除されていくのです。目標を定めてから物事を進めることは、要領が良い人になるための第一の方法です。


方法2. 作業に優先順位をつけて、大事な物から捌くようにする

大事なものは確実に終わらせていなければなりません。大事なものを後回しにすると、何か問題が起こった時に「終わらない」という可能性が出てくるでしょう。

目標を定めたうえで大事なモノから進めていけば、想定外の事態が起こっても、最低限のラインは仕上げることが出来ます。大事なことを抑えているという余裕が、他の細かい部分の仕事の丁寧にさにも出るので、要領がよく、仕事ができると思われるのです。


方法3. 物事をシンプルに考える癖をつける

シンプルに考えることは、行動を素早く起こすことに繋がり、実行も力強いく進めていくことが出来ます。複雑な段取りや計画は、いちいち計画を見直す必要があるため、時間がかかります。

シンプルであれば、計画を見直す必要がなく、困難にぶち当たって軌道修正をしたい時や、目標が達成できなそうな時のみ、計画を見直すというメリハリのある行動ができるのです。


方法4. 思考をすぐ行動へ移す習慣を身につける

要領が良い人はとにかく実行が早いです。日ごろから考えたことを直ぐに試してみる癖が出来ているので、ぐずぐず迷ったりはしません。

実行が早ければ目標や計画全体に余裕が生まれ、早く終わるだけでなく、クオリティのアップにも繋がります。思考や考えたことを直ぐに実行に移していくことは、全体的なスピードの底上げになり、要領よく物事を進められる方法なのです。


方法5. 周囲と上手に連携して、効率よく作業に取り組むようにする

一人より二人、二人よりも三人で協力した方が効率が良いのは当たり前で、賢い方法です。物事の進めるのにスピートは早ければ早いほどいいので、効率が良いことを追求していくのは大切。

要領のいい人は「自分一人で出来ることなどたかが知れている」と考えてます。人と協力するというとても賢い、効率のいい方法で物事を進めるのが、要領にの良い人になるための大切な方法です。


自分に足りないところを補って、要領がいい人になりましょう。

短所もあれどやっぱり羨ましい要領が良い人。「なんでもできるよね」や「効率が良いよね」と言われたらなんだが誇らしい気分になりますね。

時間に余裕をもって物事に取り組めるという事は、精神衛生も良く、ストレスが少なくなります。

要領が良い人になるための方法を一つずつ実践し、「羨ましい!」と思われる人物になりましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事