考えすぎる性格を直したい!何でも深刻に考える人の心理&改善方法を解説

何事も考えすぎる性格の人っていますよね。そこで今回は、考えすぎてしまう人の心理や特徴から、深刻に考えてしまう人の原因やデメリット、改善する方法まで徹底レクチャーします。日頃から考えすぎてしまう人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

考えすぎる性格に悩んでいる方へ。

深刻に考える人の心理&改善方法

小さな事でも必要以上に深刻に考えすぎる人っていますよね。

慎重に判断できる能力は優れた点ですが、そんな自分がしんどいため、直したいと思っている人も多いはず。

恋愛に仕事に、どんなことでもくよくよ悩んでしまう人には、何かしらの原因があるかもしれません。

ここでは、深刻に考えすぎる人の特徴と原因、改善するための具体的な方法までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


何でも考えすぎる人の心理とは

考えすぎる性格であることをストレスに感じており、それを改善したいと思うのであれば、まずは考え過ぎてしまう時の深層心理について、よく知っておきましょう。

普段自分がはっきりと把握できていなかった感情が、ここで見つかることもあるはずです。

ここでは考え込むきっかけとなる、代表的な心理を3パターンご紹介します。


心理1. 自分が納得するまで考えたいと思っている

考えすぎる性格の人は、なんでもバッサリと決めてしまう人と比べ、納得感のハードルが高いという傾向にあります。

大筋ではそれでいいかも、と思えることでも、100%決定できることでない限り、納得したくないという心理が働いていることが多いはず。

多少時間をかけてでも、自分の迷いや後悔の気持ちを減らそうとする手間を惜しまないという気持ちが強いでしょう。


心理2. もっといい考えがあるはずと思っている

現段階での自分の判断に、確実だと思える自信を持ちきれないというのも、よくある心理状況の一つ。

時間の経過や、自分の能力の向上によって、もっといい考えが現れてくるのではという可能性を消しきれません。

後になって「あの時、ああしておけば良かった」と落ち込むことは絶対に避けたい、という意識が働いている傾向があります。


心理3. 周囲の人に嫌われないかと常に気にかけている

考えすぎる人は、他人から悪く言われたり、自分が他人と大きく違うことに何よりも反感を示します

同調したい、目立たなくていいので普通でいたいという心理が働き、嫌われたり、仲間はずれにされたりすることが人一倍嫌いなはず。

自分の考えや決断も、他人からの評価や目線をいつも気にした内容であるという側面があります。


考えすぎる性格の人に共通する特徴5つ

何かを考えている時に、なんとなくストレスを感じたり、モヤモヤしたりということがあるのであれば、「隠れ考えすぎる人」であることも。

ここでは、考えすぎる性格の人によく見られる特徴を、5つご紹介します。あてはまるポイントがないかを確認しながらみてください。


特徴1. 何事も自己完結しようとして、一人で溜め込みやすい

他人からの目線や評価を気にするあまり、あまり周囲の知人や友人に頼ることができないという特徴があります。

仕事や恋愛の悩み事は、他人に話す事だけでも気が楽になるものですが、考えすぎる人は一人で溜め込んでしまいがち。

自分の思いや意見を積極的に外に表現するのが苦手な、内気な性格をしていることが多い傾向にあります。


特徴2. 完璧主義でプライドが高い

一般的な感覚から考えれば十分な状態であり、周囲が納得している事柄でも、許せないこだわりをもっていることがあります。

しかし、そんな時でも自分一人で解決したいというプライドが邪魔をし、さらに一人で考え込んでしまうというループに陥ることも。

目標とするポイントが独特で、自分が後悔したり悲しい結果になったりしないように仕上げたい、という完璧主義な一面もあることが多いです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 必要以上に周囲の人へ気を遣いすぎてしまう

仕事においても恋愛においても、自分がどうするべきかということよりも、他人の目からどう映っているのかということに縛られている部分も。

そのため、周囲の人に対し、優しい振る舞いをするという意味ではなく、嫌われないための気遣いをしがち。

友人や知人の自分に対する評価という考えてもわからないものまで、考え込んでしまう傾向にあります。


特徴4. 自己肯定感が低く、自分に対して自信がない

深刻に考えすぎることが習慣となると、何に対しても答えがでなくなり、身動きがとれなくなることがよくあります。

自分が直面する仕事や恋愛の課題を過剰に大きいものだと錯覚し、どんどん自信を失っていく状態になってしまうのも特徴の一つ。

「どうせ自分なんて」という考えが先走り、自己肯定感が低くなっていくこともあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 頭で考えるだけで、実際に行動へ移すのが得意じゃない

考えすぎる性格の人でも、自分一人でストレスなく動けることに対しては、案外スムーズに動けるもの。

知識を身につけたり、頭の中で想定したりすることはその典型で、理屈や知識は豊富にあることが多いです。

しかし、実現のための具体的な行動を取ろうとすると途端に自信のなさが現れ、心理的に弱い状態になってしまう傾向があります。


なにか理由があるかも!考えすぎてしまう主な原因

なぜこんなにも考えてしまうのかがよくわからず、自分の性格が自分で嫌になる人もいることでしょう。

ここでは、どうしてくよくよと考えすぎる状態になってしまうのか、代表的な原因となる事柄を4つご紹介します。


原因1. 気持ちの切り替えが苦手で、ミスを引きずってしまうから

どんな人でも仕事や恋愛の失敗は多少引きずりますし、後悔する時間があるもの。しかし、考えすぎる性格の人は、この気持ちの切り替えがすごく苦手であることが多いです。

過去のミスのイメージがいつまでも頭の中に鮮明に残ってしまうため、辛くしんどい気持ちから逃げられないのが原因で、どんどん考え込むという状態に陥ります。


原因2. 相手がどう思うかな?と、周囲の目が気になってしまうから

相手の考えやどう思っているかということは、その人に聞いてみないと絶対にわからないことです。

自分で考えて何かしら答えを出したとしても、それは確証がないことでしかありません。

しかし、考えすぎる性格の人は、正解がないことについても考え込んでしまうことが原因で、悩みや予想から抜け出すことが出来なくなってしまっていることがあります。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 純粋に思考することが好きだから

考えすぎる性格の人は、幼い頃から一人が好きで、男性女性問わずなんでも話せるような友人がいないということもあります。

単純に一人で自分の考えを巡らせることが好きな人は、それを続けていたことが原因となっている場合も。

大人になっても仕事や恋愛について考え始めると、いつのまにか止まらなくなってしまっている状態になることも珍しくありません。


原因4. 心配性な性格で失敗を恐れているから

自分が乗り越えるべきハードルについて、あまり考えすぎるとそれが必要以上に大きく感じるもの。

そして、その自分で大きくしてしまった課題がきっかけで、ますます心配して考え込んでしまうという連鎖が起きてしまっていることも。

心配性な性格の人や、怖がりなタイプであれば、それが原因となっていることがとても多いです。


考えすぎることで起こり得るデメリットとは

考えすぎることで、人に優しい行動ができたり、思慮深くなれる一面もあります。

しかし、恋愛や仕事などはもちろん、日常生活において短所にもなりうる性格だといえるでしょう。

ここでは、考えすぎる性格であることが引き起こす、代表的なデメリットを4つご紹介します。


デメリット1. どんどんネガティブな方向に考えてしまう

考えすぎる性格の人は、一度考え出すとなかなか思考を止めることができません。さらに、思考が巡るうちに難しく難しく考えるため、どんどんとネガティブな発想ばかり出てきます。

仕事や恋愛など、他の人と触れ合う必要がある場面では、周りの空気を悪くしてしまいがち

他人によくない影響を及ぼすので、改善すべき短所と言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デメリット2. 周囲から頭の固い人だと思われやすい

結果に対してなんとなく満足いかず、一人で閉じこもって考えている姿は、他人から見ればあまりよくないことも。

起きてしまったことに対していつまでも考えているようでは、頭が固く、周囲との協調性がないと思われてしまいます

男性であれ女性であれ、チームワークを乱してしまう可能性があることは致命的な短所になることも。


デメリット3. ただ考え込むだけの無駄な時間を過ごしやすい

考えすぎる性格の人は、うじうじと悩むだけ悩んで、結局行動に移さないで終わることが多いです。

失敗したわけでもないのに、自分の中に何かに負けたような印象だけが残り、ますます自己肯定感が下がることでしょう。

考え込むだけの時間は何も生み出さず、ただ単に無駄な時間をダラダラ過ごしてしまうことが癖になってしまいます。


デメリット4. 深く考えない人に比べて、ストレスを抱えやすくなる

ミスが起きた時、しっかり反省すべきところを確認した後でも、考えすぎる人は悩み続けるものです。

当然、辛くてしんどい気持ちも残ってしまうため、ストレスを抱えやすい傾向にあります。

体調を崩したり、周りに強くあたったりしてしまうことで、周囲から煙たがられる可能性があり、大きな短所となってしまうでしょう。


考えすぎる性格を直したい!改善する方法を大公開

考えすぎる状態を改善したいからといって、また自分一人で考えてしまうと、今までとおなじループから抜け出すことはできません。少し視線を変えて、取り組んでみることが大切です。

ここでは、考えすぎる性格を直したい人に、おすすめの改善方法を6つご紹介します。


直し方1. 考えるだけでなく、実際に行動へ移してみる

考えすぎる性格であるなら、既にやるべきことの情報や知識はたくさん持っているはず。

タイミングを探り続けていないで、思い切って実行に移してみましょう。先延ばしにせずに、明日中を目安に短い期間を区切るのがコツです。

実際に動いてみると、考えていたほどの辛い状態にはならないことが、はっきりと実感できると思います。


直し方2. 周囲の人へ気を遣いすぎず、自分の感情に素直になる

他人の評価や目線は一旦忘れ、本当の自分と向き合うことから始めてみるのもいい方法です。

人の希望や期待に応えようとするあまり、いつの間にか見失っていた自分の軸や気持ちを取り戻すことができるはず。

気を遣いすぎることなく、腹を割ってコミュニケーションを取れば、逆に周囲の人との関係性も深まることでしょう。


直し方3. 小さな成功体験を積み重ねて、自分に自信をつける

「どうせ自分なんて」という考えでは、どんなことも達成できません。自分なら絶対にできる、という発想に切り替えるためには、成功体験を積み重ねるというのが近道です。

どんな小さなことでも構わないので、期限と目標をはっきりと定め、それに向かって集中しましょう。

明確な目標があれば、考え込む暇がなくなって前向きになれます。

【参考記事】はこちら▽


直し方4. 思いっきり体を動かしたり、意図的に考えない無心で過ごせる時間を作る

家で一人で過ごしていると、ついつい嫌な考えが浮かんでくることは仕方ないことです。

そのため、物理的に考えすぎる時間を減らす努力はとても効果的な改善方法。

リフレッシュできるような趣味や運動を見つけ、没頭してみると、とてもスッキリした思考に切り替わります。流れに任せるのではなく、意図して考えない時間を作ってみましょう。


直し方5. 一人で抱え込まず、人に相談してみる

仕事も恋愛も、どんな優秀な人でも自分一人でできることは意外と少ないものです。

誰か他人に相談してみることで、今までどうしても解決できなかったことが、あっという間に解決できるということも少なくありません。

話したことがない人に思い切って話しかけてみる習慣がつくと、意外と周囲に優しい人が多いということにも気が付けるでしょう。


直し方6. 日頃から前向きな言葉を口にするよう心掛ける

自分は女性だから、男性だから、立場上それは難しい、などなど、人は言い訳をするプロです。

そういった後ろ向きな言葉ばかり口にしていると、思考や感情もネガティブなものになります。

できない理由を探す癖をやめて、前向きな言葉を口にする習慣を身につけると、できる理由も見つかり始め、自然と気持ちも前向きになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


考えすぎる性格は早めに対処していきましょう。

考えすぎる人の特徴と、直したい人におすすめの改善方法を紹介しました。じっくり考えることは良いところでもありますが、行き過ぎてしまうと他人にも少し迷惑をかけてしまうことも。

頭が良い人ほど、自分一人で考え込んでなんとかしようとしてしまうものです。もっと魅力的な人になれるように、うまく周囲の人を味方に引き込むヒントにしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事