片思いが辛い女性へ。好きだけど諦めたいときにできる対処法とは

ドキドキして楽しいはずの片思いが辛いと感じる瞬間ってありますよね。脈なしの片思いや相手に彼女がいる時は、特に辛いと感じるのではないでしょうか?今回は、好きな男性に対して、辛い片思いを諦めたいと思った時にできる対処法を様々なパターンに合わせてご紹介していきます。

片思いが辛い…と感じる女性へ

辛い片想いを諦める対処法

好きな男性を思うだけで幸せ…と思っていたけど、いざ「片思い」が長引いたりすると、辛い…と感じるもの。

辛い時はどういう対処をすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、好きになってしまった男性に対し、諦めたいと思う時の対処法をいくつかのパターンに分けて説明します。ぜひ参考にしてください。


片思いが“辛い”と感じてしまう主な3つの理由

楽しくて幸せな恋だと思っていたのに、想いが通じない、なかなか振り向いてもらえない時に、どのような対処法があるか説明していきます。

まず、楽しくて幸せな片思いが辛くなってしまう理由から紹介します。


理由1. 純粋に自分が相手を好きすぎるから

「気持ちが伝えられない」「もう少し近くに……」

こう願っても片思いでいる間の辛さは、同じ思いをしている人でないと理解しにくいもの。

特に、自分だけが相手を好きすぎて一方通行に思える時は特に辛く感じるものです。

片思い中は、男性から脈なしサインをもらっても、その人のことを考えるあまりサインにすら気がつかないということもあります。

時には、もう少しすれば気持ちが変わるかもしれないと、さえ思ってしまいます。

こうした気持ちは、純粋に自分が相手の男性を好きすぎる、他のことが考えられないほどその人のことを考えている、という状況かもしれません。


理由2. 明らかに脈なしで相手がそっけないから

「一方通行だった」という片思いの日々は、辛い期間が続くかもしれません。

メッセージやメールを送るのは常に自分からであり、返信がこないこともザラにあります。

返事がこない理由を考え、この恋が脈なしと気がつき始めた時には、空虚感だけが残り辛い思いをするだけです。

意中の人から連絡してくれない、自分に全く興味がないというのがわかると、相手のそっけなさが辛く感じます。

しかし、脈ありと思い込んでメールやSNSなどでやり取りするよりも、直接話す方が良いと思っている人だったり、とにかく忙しくて連絡する時間がないということもあります。

何にしても相手の連絡がこないことで気をもんで辛くなってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


理由3. 告白して振られたり、気まずい関係になるのが怖いから

「この恋を実らせたい」真剣にそう思って踏み出してみたけど、振られてしまった時も「失恋」ゆえに辛い思いをします。

また、振られたことがきっかけで、気まずい関係になるのは怖くて悩みを抱えていることもあるでしょう。

告白するのは勇気いることですので、傷つくのが怖くて告白することもできないという人は少なくありません。


女性が“片思いを辛い”と感じる瞬間とは

恋愛にはいつでも、悩みが付きまとうもの。

思っているよりも楽ではないので、苦しいと思う気持ちや辛いと思う気持ちが強調されてしまいます。

思い悩むあまり、こんな気持ちになるのは私だけだろうかと、思うことはありませんか?

ここでは、女性が片思いを辛いと感じるのはどんな瞬間かまとめていました。


瞬間1. 彼からLINEの返信が来ない時

片思いでも今までは連絡が来ていたのに、突然LINEなどの返信がこなくなったり少なくなったり。時には、もともと返信をしないタイプということがあります。

普段の何気ないメッセージだけでなく、「〜はどうしてる?」「〜には行く?」など何気ない質問にも返信が遅いと気落ちしますよね。

メールや返信がこないと、頻繁に携帯をチェックして、画面を見ては返信がないのを知ってため息ついて…の繰り返しということがあります。

返信がこないことで、何かあったんじゃないか、もう連絡がこないのではないかなど、ネガティブな空想を続けてしまうのです。これは辛い片思いの症状です。


こまめにLINEの既読チェックをし始めるようだとかなり重症

LINEの既読チェックをし、「返信がこない」ことで、ありとあらゆることを想定してしまうことがあります。

こまめに画面の既読チェックまでするようになると、かなり重症かもしれません。

「嫌われてしまったのかな」「怒ってるのかな」「新しい彼女でもできたかな」「会社休んでるのかな」など、考えるのはネガティブなことばかり。

常に、悪い方へ悪い方へ考えてしまうことがあります。

【参考記事】はこちら▽


瞬間2. 同じ職場(学校)の場合、他の女性と接しているのを見た時

自分以外の人と話しているのが、視界に入ったり仲良さそうにしているを見たりする時にも、嫉妬してしまい辛く感じます。

付き合っているわけではなくても、その男性を思うあまり、職場で他の女性といるのを見るだけで嫉妬してしまっているのでしょう。

また、好きな男性が他の女性といるだけで、カップルのように見えてしまう時も。嫉妬心が強いとなおさら片思いの気持ちも辛くなります。

「自分にはメッセージもこない」「私と一緒にいる時はあんなに笑わない」「他の人といる方が楽しそう」など、思い描くことはみな不安ばかりです。

【参考記事】はこちら▽


瞬間3. 相手に好きな人がいることを知った時

相手の男性を好きになった時には彼女がいなかったのに、最近好きな人がいたり、カップルになって彼女できたりしたのを知ると、どんなに片思いをしても叶わないということを痛感させられます。

また、相手が既に結婚しており、パートナーがいる人だったというのを知った時にも、同じように叶わないことを実感する時にも辛さを感じるでしょう。

「絶対に叶わない」という思いは、片思いの辛さを強調していきます。

【参考記事】はこちら▽


瞬間4. 片思いや失恋の歌を聴いたとき

片思いで傷心している時は「ラブソング」が身に染みます。

ラブソングによっては、片思いの気持ちを代弁してくれるものもあれば、両思いになって幸せでいる気持ちを歌っているものなど様々です。

しかし、自分でラブソングを聞こうとするのと、自然に聞こえてくる曲とでは、聴いている時の気持ちが大きく違うようです。

特に片思いの気持ちや、告白して振られた時の気持ちでいる時に、自分の気持ちが歌詞となって聞こえてくると辛い気持ちが強くなるもの

バラードなどの自分の気持ちの歌よりも、アップテンポな曲の方がおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


瞬間5. 寝る前に布団で考え込んでしまう時

1日の仕事が終わり何もすることがなくなって、ベッドや布団に入った時、また恋の辛さを考えたりしていませんか?

何もすることがなくなった時や考えることがなくなった時は、思考が負の回路に入ってしまうので注意することが大切です。

夜間や深夜は、相手の男性からも連絡がこない時間帯であることが多いでしょう。

少しでも話せれば辛さが緩和できると思ってしまいますが、実際に考えるのは悪い状況や未来のこともあります。

布団に入ってから考え始めると、寝付けない寝られないということが、恋の悩みや片思いの辛さの特徴になっています。


辛い片思いを両思いにさせる5つの方法

かなり長く、数か月から数年間に及ぶ長い片思いをしていると、忘れたり思いを振り切ったりするのも辛いものですよね。

1%でも可能性があるなら、試せることを一歩踏み出して両思いになるかどうかトライしてみませんか。

片思いを実らせたいと思いつつも、男性がどう反応するかはわかりません。

そう!試してみるまでわからないのです。試した後、その結果次第で脈ありだったのか「辛い片思い」か「両思い」になれるかを試してみましょう。


両想いの仕方1. 髪型やメイク、ファッション、運動など自分磨きをして相手の気を引く

例えば、自分磨きをして女子力をアップしましょう。

男性の希望するファッションやヘアスタイルを取り入れたり、運動してリフレッシュしたりすることも可能です。

「人は見た目じゃない」とか「ありのままの自分を好きになって」と思う気持ちは、少ししまってしまいましょう。

恋愛では、外見も重要な要素になります。男性の好みに合わせて男性に振り向いてもらえるように、自分の持つ魅力を磨くことは怠らないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


両想いの仕方2. 相手が行きたくなるような楽しいデートを提案してみる

ちょっとだけ積極的になって、いつもはセッティングしないようなことでもやってみましょう。

男性に合わせたデートを計画してみるのはいかがでしょうか?いつもは近場のレストラン、決まったデートスポットなどかもしれませんが、男性の好みを取り入れたデートを計画してみましょう。

一緒に出かけて楽しい思いができるなら、さらに好意を持ってもらえます。遠出のデートの場合は、好きな女性もしくは気になる人としか行かないもの

そこで、遠出のデートを企画したなら、OKかどうかは恋愛の判断基準できるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


両想いの仕方3. 好きな男性の聞き役に徹して、自尊心を高めてあげる

両思いになる可能性があるか、早めに試したいのは「聞き手」に回ることです。

一般社会でも家庭でも、圧倒的に「聞き手」不足になっているため、男性が必要とするタイプは、「聞き上手」な女性です。

好きな人と時間を過ごしていると、「場を盛り上げよう」と話すことに集中してしまいます。でも、「話が上手い子」とは思われても、好意にはつながらないことが多いものです。

聞き手」役になること自尊心を高めてあげることができるようになり、片思いの相手と親しい人になるチャンスが巡ってくるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


両想いの仕方4. デートの際は適度なボディタッチや上目遣いを活用してみる

一緒に過ごす時間があるなら、小悪魔的テクニックを少し使ってお色気も表現してみましょう。

肩が触れ合う程度まで近づいて座れるなら、ボディタッチをすることもできます。物理的な距離を縮めることができるので、これをきっかけに心理的な距離も縮めることができるのです。

さらに、目を合わせて会話することは大切です。特に好きな人とは目をそらしてしまうこともありますが、見つめ合いつつ微笑んだり、上目遣いでちょっと甘えてみたり。ふたりの関係を縮めるために試してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


両想いの仕方5. 好きな男性の名前を積極的に呼ぶようにする

「おはようございます、○○さん」「○○君、おはよう」など、男性の名前を含めたあいさつは、相手に好印象を与えます。

男性の名前を呼ぶことで、少しずつ距離を縮めることができ、自分自身の存在も意識してもらうことができます。

片思いの段階であっても、一緒に出かけることがあったり、食事に行ったりすることがあるなら、名前を使いましましょう。

まだ、そこまで親しくない、関係は浅めという場合には、名字で呼ぶこと人も少なくありません。

普段の何気ない会話でも、好きな人の名前を会話に入れていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


「脈なし」で辛い片思いなら、諦めたほうが良い恋愛もある

恋愛も恋も進展が見られない場合には、見切りをつけた行動が次の恋や恋愛につなげてくれることもあります。

簡単にいえば、今の片思いが辛いなら、次の恋のために諦める、もしくは忘れるという方法です。

どのような片思いのケースが諦める、もしくは忘れる方が良いかいくつかのケースをあげていますので、当てはまるものがあるかチェックしてみてください。


1. 一年以上など、片思い期間が長過ぎる場合は次の恋に進むべき

片思いの期間は人によって異なりますが、今の片思いがもし1年以上過ぎていますか。

長すぎる、つまり片思いの期間によっては、現在の恋が「脈なし」か「脈あり」どちらなのかさえ解らなくなります

時には、あなたが1年思い続けていても、相手の男性に好きな人や恋人がいる(いた)というケースもあるようです。

心身ともにバランスが崩れてしまうよりは、新しい恋に目を向ける方が効果的なこともあります。

もし、長い期間想っていても何の進展もなく今の恋のスタイルが辛いと感じていて、諦めたいと感じているなら、次の恋に進んでみましょう。

【参考記事】はこちら▽


2. 好きな男性に彼女や奥さんが居る場合

既に結婚していてパートナーのいる男性や、恋人のいる男性を好きになってしまった時の辛さは、長く耐えられるものではないかもしれません。

このケースの場合、「わかっていたけど」という感想を言われる人も少なくありません。

前に進んでみたとしても、不倫関係や浮気相手までしか進めないことになります。諦めるなら少しでも早い方が得ですよ。

思いすぎるあまりいつまでもつきまとったりしてしまうと、相手にとってもカップルにとっても負担となります。

でも、片思いで終わるかもしれないことを考えた上で、一途に思ってこられたなら、素敵な恋をできたと自分を褒めてあげましょう。


倫理的におすすめしませんが、本気なら略奪も一つの手段

テレビドラマのように「彼女とは別れるから」または「奥さんとは話し合ってるから」というのは、気を持たせるだけで少し残酷な言葉にも聞こえます。

こうした状況でも、どうしてもそばにいたいと思うのであれば、既婚男性や彼氏を奪略してしまうという方法もあります。

しかし、相手の男性や彼氏が、「彼女」や「奥さん」と話しあったとしても、現在進行形で確実な保証がないため、いつ状況が変わるかは保証がありません

少なくとも、既婚男性への叶わないかもしれない片思いは、手を引くのが懸命な判断です。

【参考記事】はこちら▽


3. 意中の男性から明らかな脈なしサインが見受けられた時

片思いの恋も楽しいことはたくさんあります。

思い続けてきた男性からの、はっきりとわかる「脈なし」サインがあるので、諦めたいという意思を固めましょう。

しつこくし続けてしまうと、「脈なし」以上に嫌われてしまうきっかけになります。

たとえ、両思いにならなかったとしても、「綺麗になったね」と言われる人は、片思いで辛い思いをしながらも、自分磨きをしていた証拠です。

このまま自分磨きを続ければ、もっと素敵な恋を見つけることができるかもしれません。


4. 転勤や引っ越しなど、物理的に距離が離れてしまう時

遠距離恋愛は、信頼関係が築けていないと継続するのは難しいことがありあます。

移動で職場が離れてしまった、転勤や起業で無期限に遠方や海外に行き帰国や再会の目処が立たないなど。

移転したての頃は、相手の男性がいるところに会いに行ったりすることもあるかもしれません。

でも、離れてまで仕事や勉強に集中したいというのは、大きな目標があるということです。その思いを遂げるにも努力が必要であることを考えてあげましょう

こうした理由の場合は物理的な距離があるので、片思いを諦めることが最善の方法にみえます。


5.楽しい・幸せの感情よりも“辛いだけ”と感じる時

恋愛や恋は、「心」が関係しているので、もし心から「楽しい」とか「幸せ」だと感じられないなら、心の病になる前に新しい恋に目を向けてみましょう。

いつかは諦めなければいけないと思って進める恋にも、限界があります。

誰かを好きになることができても、心がついてこないと楽しい恋愛はできなくなります

片思いを「楽しい」とか「幸せ」だと思っている人に聞くと、「楽しい」と「辛い」が交互にくるようなもの。

メールや会話ができて喜んだとしても、その後途切れることがあってアクションを起こせないことで辛くなります。


6. 告白して振られてしまった時

まず、告白できたことで自分を褒めてあげましょう。

片思いの期間が長ければ長いほど、振られた後すぐに忘れられないことがあります。

告白して断られた後は、相手の気持ちも思いやり、叶わない恋に燃えないようにすることも大切です。

あまり執着してしまうと嫌われることになります。「彼氏になってくれたら」という思いを消していきましょう。

「振られる」のと「嫌われる」のは意味が違います。

そのため、早く新しい恋に向けて歩き出したり、リフレッシュして切り替えたり、することが大切です。

【参考記事】はこちら▽


辛い片思いを諦めたい!今の恋愛を諦める6つの方法とは

「片思い」を続けた期間が、数か月から1年以上あったなら、簡単に切り替えることができるとは限りません。

失恋の痛みは、相手を引きずる想い、まだ好きで諦められない気持ち、振られた時の悲しみなどが、片思いをしていた期間の分だけ振り切るのが大変なことがあるかもしれません。

そこで役立つのが、恋愛を諦めるための方法。上手に活用して、素早く心の傷を癒やしましょう!


対処法1. 趣味や仕事に没頭する

趣味や仕事に没頭するのは、失恋から立ち直る良いチャンスで、効果的な対処法です。

でも、なかなか集中できない時もあるものですよね。

そこで、趣味を選ぶなら、以下のポイントから2-3つは重なるものものがおすすめです。

  • 時間が取られるもの
  • 大変なもの
  • 汗をかくもの
  • 定期的にできるもの
  • 一人でできるもの

一人でできて、時間が取られて、定期的にでき、汗をかくものとしてはスポーツがあります。ランニングでもジムなどに通うのもおすすめです。

また、自宅の庭などをリノベーション(改装)して、土いじりをするのも時間が取られて効果的。

定期的にでき、汗をかき、一人でもできるので集中しやすいものを見つけられると、恋愛から距離をおけるのでおすすめですよ。


対処法2. イベントや習い事など、新しい出会いを積極的に求める

失恋による悲しみや片思いを諦めたいと思っている時は、新しいことや慣れないことに挑戦してみることで、素早く気持ちを切り替えることができます。

また、片思いから立ち直るためには、時間が必要なことが多いでしょう。

一人になりたいということもあるかもしれませんが、新しい出会いにはイベントや新しいことを始めるのは、集中力が必要です。

習い事は定期的に行いますし、技術を磨けるというメリットもあるのでおすすめです。


対処法3. ショッピングやカラオケ、エステなど、友人と思いっきり遊び倒す

信頼できる友人に片思いや失恋のことを話せるなら、友達に話すことも気持ちを切り替える方法です。

旅行とかになってしまうと、時間がゆっくり流れているのと失恋を考えてしまうケースが多いのでおすすめではありません。

それよりも、忙しくしたり恋愛を考えないようにしたりできるほど、友達と過ごすことがおすすめ

ショッピングやカラオケ、エステなどに友達と一緒に行ってくださいね。失恋した相手はあなたを気遣ってくれることはありませんが、友達は気遣ったり親切にしてくれたりするもの。

でも、噂や誤解にならないように、気持ちを正確に伝えられる信頼できる友達に限定しましょう。


対処法4. 好きだった男性との連絡を完全に断つ

簡単にできそうでちょっと難しいけど「好きだった男性との連絡を完全に断つ」こと。

用事ができるかもとか、連絡が来るかもしれないと思って、連絡先を残しておくと断ち切るのに時間がかかることがあります。

何かと連絡することになったり、同窓会や定期的なイベントなどであったりということなども、できるだけ控えたいものですね。

失恋の思いや振り捨てたい思いを断ち切れるまでは、連絡しない&合わないことが、早く癒されることの秘訣でしょう。


SNSの更新などもチェックしない

普段の連絡手段やLINEなどのSNSを活用することは多くあります。しかし、片思いの気持ちが吹っ切れるまでは、思い切って使わないようにしましょう。

好きだった男性とLINEでやり取りをしていたら、できる限りLINEの使用を控えて、シャットダウンすることを目指しましょう。

つい、片思いの時のLINEを見る習慣がフラッシュバックしてしまうことがあるようです。

連絡を取っている限り、思い出したり忘れられなかったりすることができます。

失恋の場合には、片思いをしていた時の「習慣」を断ち切ることが必要です。


対処法5. 相手の好きだった部分を紙に書き出してみる

なかなか忘れられそうにない片思いは、心に閉じ込めてしまっているという共通点が見られます。

話を聞いてもらうにも、信頼できる人や状況をわかっている人でなければなりません。そこで、簡単に見つからないようであれば、紙でも手紙でも文章にしてみましょう。

文字にして書き出すという行為がポイントです。書き続けているうちにどうでもよくなってくることがあります。

綺麗な文章になっていなくても、箇条書きでもOK、文章の順番になっていなくても構いません。

思いを閉じ込めずに出すという行為が、気持ちを切り替えるきっかけになることがあるからです。


対処法6. 親しい友人と旅行に出かける

失恋の際の一人旅はあまりおすすめではありません。しかし、気の置けない友人と一緒に旅行に行って思いっきり騒いで見るのは、効果が期待できます。

好きだった人と一緒にしてみたかったことを、友達と一緒にやってみることもおすすめ。また、片思いを思い出して、思いっきり泣いたり笑ったりするのもスッキリします。

友達と騒いだり、一緒に旅行に行ったり、食事やドライブに行ったり、できる限りいろんなことをしてみることがおすすめです。

ただ、失恋はセンシティブな問題なので、本当に信頼でき一緒にいてお互い負担とならない友人を選びましょう


片思いが辛い時は「リフレッシュ」するのが大切

実ることを願う片思いも、全てが両思いになれるとは限りません。

それでも、「好きすぎて辛い」という思いは、片思いをしたことのある人にしかわからない悩みかもしれません。でも素敵な恋や恋愛のためには、片思いはとても大切なイベントです。

辛い時には、気分転換したり、自分を磨いたり、信頼できる友人と一緒に時間を過ごす方法を考えたりしながら、前に進みましょう。

次の恋は、もっと楽しい恋愛ができるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事