仕事・恋愛・失恋で起きた「嫌なこと」を早く忘れる方法とは

男性も女性も仕事で失敗してネガティブな感情になったり、恋愛で失恋したときにトラウマになる瞬間ってありますよね。今回は、そんな嫌な気持ちになった出来事を、できるだけ早く忘れるための方法を状況別に大公開!悲しくて辛いことがあり、気分が落ち込んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「嫌なこと」があった時、あなたはどうやって忘れますか?

嫌なことを忘れる方法

毎日生活をしていると、仕事や恋愛などで何かしら嫌なことはありますよね。そんなとき、みなさんはどう立ち直っていますか?

いまいち忘れられなくてネガティブになったり長期間引きずってしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は「嫌なこと忘れる方法」について詳しくご紹介していきます。嫌なことがあったと悩んでいる方は必見です!


嫌なことがあると陥りがちな症状や状態とは?

まずは、嫌なことが起こってしまった場合に陥りやすい症状や状態をご紹介しましょう。具体的な嫌なこと忘れる方法を知る前に、まずは嫌な状態が起こるとどんな状態になってしまうのかを知ることで、発見が早く対処もしやすくなります。


1. 落ち込んで全てにおいてやる気が出ない

嫌なことがあると、1つのことに引っ張られることが多く、うまく気持ちが切り替えられません。そのため、「他の仕事や家事がうまく手につかない…!」という場合も多いです。

気分がズーンと沈みこみやすく、やる気も出ず、毎日が嫌な気持ちになりがちです。ストレスも抱えやすく、誰かに八つ当たりをしてしまうこともあります。

特に同時進行で作業をすることが苦手な人が陥りやすいと考えられますよ。


2. 自分はダメだと自己否定ばかりしてしまう

嫌なことが続いてしまうと「自分はなんてダメなんだ」「もう嫌だ」を自己否定が多くなってしまいます。このような症状はマイナス思考の方に多く、失敗をしたことによって自分をかなり攻めてしまう可能性にあります。

こういった症状が続いてしまうと、いつもネガティブなオーラをまとうことになり、仕事や恋愛でチャンスを逃してしまうことも考えられますよ。自己否定が多い人は要注意といえるでしょう。


3. 大きな失敗や失恋後なら悲しくて涙が出る

嫌なことしてよくあるのが、仕事での失敗と失恋。失敗が続いてしまうと涙が出てしまう人も多いです。特に泣いてしまうことは女性に多く、涙もろい人によく見られるケースです。

「涙がよく出てしまう」という方はひょっとすると、嫌な気持ちが隠れているかもしれません。恋愛にきちんと向き合っていない可能性もあるので、自分の気持ちを書き出すなど、向き合う時間をとることが大切です。


4. 寝る前に嫌な記憶がループしてしまい、寝付きが悪くなる

「寝付きが悪い」「寝ることができない」と感じる場合も、嫌なことのループにはまっている可能性が大。

しっかり寝ようと思っているのに、「なぜか嫌なことや嫌な人を思い出してしまって、気持ちが沈んでしまった」「何度も同じようなことを考えてしまう」という症状があります。

「自分なら大丈夫!」と思っていても、案外夜に嫌なことを抱えこんでいることがわかるパターンもありますよ!


5. 相手に不満がある場合、イライラしてしまう

嫌なことがあるとイライラしやすくなったり、相手に不満をぶつけることも多いです。物にあたったり、人に対して強く発言をしてしまったり…という症状がありますよ。

普段誰かと会話をしているときに、「口調が変わってしまう」という場合は嫌なことを溜め込んでしまっている可能性大

改善できるように上司に伝えたり、自分が働きかけることで解消できると思いますよ。


6. 自暴自棄になり、冷静さを見失う

嫌なことが続いてしまうと、いつもはミスをしない場面でも簡単なミスを起こしてしまうことも。また、自暴自棄になり上司に「もういいです」「やめておきます」といった態度をとることも多いです。

冷静な判断ができず、周りに攻撃的になってしまったり、迷惑をかけてしまう場合もありますよ。「一体どうしたの?」と周りに心配をかけてしまうこともあるので、嫌なことは抱えこなまい方がいいですよね。


すぐに試したい!なるべく早く嫌なことを忘れる方法とは?

ここまで、嫌なことがあると陥りやすい状況や状態をご紹介しました。

続いては、なるべく早く「嫌なこと忘れる方法」をご紹介します。嫌なこと忘れるには一体どんなことをしたらいいのでしょうか?詳しく解説していきます。


嫌なことを忘れる方法1. 仲のいい友人と遊んでストレス発散をする

嫌なこと忘れる方法として、まずは仲のいい友人と遊んでストレスを発散する方法がおすすめ。嫌なことがあると、ついひとりで抱え込んでしまいがちになりますよね。

そんなときは、なるべく仲がいい友人と出会って何か楽しいことをしましょう。カラオケに行ったり、買い物をしたり、美味しいものを食べに行ったりと、ワイワイ楽しいことをすると、嫌なことを忘れやすくなりますよ。

思いきって遊ぶことで気分もスッキリとするでしょう。


嫌なことを忘れる方法2. 考え事をする暇も与えないくらい、仕事や趣味などに没頭する

時間に余裕があると嫌なことを考えてしまうこともありますよね。そのため、考え事をする暇も与えないほど、「仕事や趣味に没頭する」ことも、嫌なこと忘れる方法としておすすめです。

嫌なことがあると、ついついそちらに気がいってしまいますが、没頭する対象を変えることによって嫌なことを忘れられますよ。

仕事が好きな人や趣味がたくさんある人は、ぜひ何かに没頭する時間を多くとってみてはいかがでしょうか?


嫌なことを忘れる方法3. 一人で考え込みすぎず、友人や恋人、家族に悩みを打ち明けてみる

嫌なことや嫌な人に関わるとついひとりで抱え込んでしまいがちになりますよね。そんなときは友人や恋人、家族、上司に悩みを打ち開けてみることをおすすめします。

自分で抱え込むのではなく、第三者に悩みを打ち明けるだけで、かなり心が楽になりますよ。

ひとりで抱え込んでしまうとネガティブな方向にいってしまうので、周りに「大丈夫だよ」「なんとかなるよ」というポジティブな言葉をかけてもらうようにしましょう。


嫌なことを忘れる方法4. 前向きになれる音楽やノリのいい曲を聞いて気分を高める

嫌なことや悲しいこと、辛いことがあると、気分がどーんと沈んでしまいがちですよね。そんなときは無理矢理でも明るくてノリのいいポジティブな曲を聞いて、気分を高めましょう。

特にひとり暮らしで誰かにすぐに頼れなかったり、何かひとりで解決をしたい人におすすめです。

いざというときにすぐに聞けるように、具体的な曲名をリストアップしておくと安心ですよ。通勤途中や休憩中など、適度に聞いてみてくださいね。


嫌なことを忘れる方法5. 体を鍛えたり、イメチェンしたり、自分を磨いて自信を深める

悲しいことが辛いことがあるときは、体を鍛えると早く忘れられることも。運動することで一時的に嫌なことを忘れられますし、汗をかくことで心がスッキリとすることが多いんですよね。

しかも運動をすることでシェイプアップにもつながりますし、自分磨きにもつながります。

また、思いきってイメチェンをすることもおすすめですよ。気分を変えることでより早く立ち直ることができるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


嫌なことを忘れる方法6. 悲しいことや悩みを紙に全部書きだしてみる

「頭の中がぐちゃぐちゃだ…」「今状況をしっかりと整理したい」という場合は、悲しいことや辛いこと、悩みを全て紙に書き出してみましょう。

紙にざっと書き出すことで、今自分が置かれている状況が客観的に見ることができます。もしかすると案外簡単な悩みだったり、すぐに解決できそうなものばかりの可能性もあります。

また、書き出すことで、やるべきことが明確化し早期解決にも繋がることもありますよ。


嫌なことを忘れる方法7. 家でお酒を飲みながら、ドラマや映画を観て気分転換する

あまり外でワイワイしないインドアタイプの人におすすめなのが、お家でお酒を飲みながらドラマや映画を見ること。物語に没頭をすることで嫌なことや嫌な人のこと一時的に忘れられるんですよね。

また、お酒を飲むことで、さらに気分を高めてくれたり、よく眠れる効果も期待できます。自分の好きな映画やドラマの作品を用意し、お気に入りのお酒やおつまみを準備して優雅に楽しんでみませんか?


嫌なことを忘れる方法8. ゆっくりと湯船につかり、十分な睡眠をとる

嫌なこと忘れる方法の最後はお風呂にゆっくりと浸かり、十分に寝ることがおすすめです。特に毎日シャワーだけで済ませている人は、なるべく湯船に浸かりましょう。湯船に浸かることで神経がリラックスでき、眠りの質もアップします。

ストレスも解消しやすくなるのでとてもおすすめですよ。お気に入りの入浴剤を用意する、アロマを垂らしてみる、照明を工夫してみるといったことも取り入れてみるといいでしょう。


仕事で起きた嫌なことを忘れるのに最適な方法3選

嫌なこと忘れる方法をご紹介しましたが、ここからは「仕事」で嫌なことがあった場合にフォーカスを当てた解消方法をご紹介します。

1日の半分以上を占める仕事。嫌なこと忘れる方法を覚えて、より快適に仕事が行えるようにしましょう。


仕事の嫌なことを忘れる方法1. 仲のいい先輩や同僚に悩みや失敗を聞いてもらう

まずは仲の良い上司や同僚に、悩みや失敗を聞いてもらう方法です。同じ職場やチームの人と会話をすることで解決策が思い浮かびやすい、という効果が期待できます。

友人や恋人に打ち明けるのももちろんいいですが、より境遇が近い人同士の方が状況を理解してくれ、具体的なアドバイスをもらえるはずですよ。

ランチタイムに声をかけたり、時間がない場合はメールを送るなどして、悩みを聞いてもらいましょう。


仕事の嫌なことを忘れる方法2. 相手が怒っている場合はすぐに謝罪し、速やかに切り替える

万が一、相手を怒らせてしまったという場合はすぐに謝罪をしましょう。仕事で第三者が怒ってしまったときはなるべく早く解決することが先決です。早めに連絡をしたり謝罪をすることで、お互いモヤモヤを早く解消できます。

謝罪をしたら、自分なりに反省をして速やかに気持ちを切り替えましょう。「できることは全てやった!」ということが分かると、より早くポジティブな気持ちになれますよ。


仕事の嫌なことを忘れる方法3. 仕事が楽しいと思えるくらい努力して、圧倒的な結果を出してみる

仕事で嫌なことがあった場合は、仕事で結果を出して乗り越えることもおすすめです。今まで以上に努力をして圧倒的な結果を出すことにこだわってみましょう。

なぜ失敗してしまったのか?

もっとできることはなかったのか?

などを考えながら仕事をこなしていくと、今まで以上に仕事が効率的にまわるでしょう。結果が出るときっと嫌なことは忘れているはず。仕事が好きな人におすすめの嫌なこと忘れる方法です。


失恋など恋愛で起きた嫌なことを忘れる方法4選

ここからは、失恋や恋愛などプライベートでの嫌なこと忘れる方法をご紹介します。なかなか人に言い出しづらい恋愛系の悩みは、一体どう解決をしたらいいのでしょうか?忘れる方法を詳しくご紹介しましょう。


恋愛の嫌なことを忘れる方法1. 失恋した場合は、気持ちを切り替えて次の恋に進んでみる

いつまでも前の恋人のことを考えてしまいがちになりますが、考えていても解決はしませんよね。失恋のときの特攻薬は誰か違う男性・女性に興味を持つことです。

「この人いいな」「かっこいい」という感情を持つことで、今まであった悲しい気持ちがリセットされやすいですよ。そのためには男性や女性が多い場所へ積極的に出かけてみるなど行動してみましょう。

初めは気乗りがしなくても、繰り返すうちに気分が上がることもありますよ。


【参考記事】はこちら▽


恋愛の嫌なことを忘れる方法2. 悲しい時は感動する映画を観て、思うぞんぶん泣く

「外に出る元気さえもない」という方は、泣ける映画やドラマを見て思う存分泣くことをおすすめします。泣くと気分がかなりスッキリするんですよね。ぐっすり眠れるようにもなるので、気分がモヤモヤとしている人にはとてもおすすめです。

思いっきり泣けるように、休日前に映画を見るように予定を組み、ティッシュやタオルを準備しましょう。またお部屋も照明暗くしたり、アロマを焚くなどの工夫をするとより心地よく過ごせますよ。


【参考記事】はこちら▽


恋愛の嫌なことを忘れる方法3. 思い出のアイテムや二人で撮った写真などは処分する

彼氏や彼女と一緒に撮影した写真や二人のお揃いのグッズなどは思いきって処分しましょう。恋人と別れてしまった場合は、相手に関係している持ち物を全て処分することがおすすめです。

いつまでも自分の目に入るところに置いてあると気になってしまいますよね。思いきって処分をすることで気持ちを一新することができる、嫌なこと忘れる方法ですよ。

しかし「どうしても自分では処分ができない」という人は、お友達に手伝ってもらって処分することがおすすめです。


恋愛の嫌なことを忘れる方法4. 引きずらないためにも、相手のSNSは見ないようにする

もし前の彼氏や彼女のSNSを見ているのであれば、思いきってフォローを外すことがおすすめです。嫌なこと忘れる方法はたくさんありますが、なるべく気になることは排除していくことが最優先。

SNSに関してはついつい見てしまいがちだからこそ、早めに対処することがおすすめです。もし気持ちの整理がうまくつかないようなら、SNS自体をしばらくやめてみるということもひとつの手段ですよ。


嫌なことがあったら、早めに対処していきましょう。

嫌なこと忘れる方法についてご紹介しました。いろんな嫌なこと忘れる方法がありますが、上司や恋人、男性、女性によって対処の方法は変わってくるものです。

ぜひ自分が無理なく取り入れやすい方法から試してみてくださいね。

モヤモヤとした感情をうまくコントロールして、一日でも早く嫌なこと、嫌な人を忘れて楽しい毎日を過ごしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事