好きな人と話せない時に緊張しない5つの方法│男性から好印象な話題とは

好きな人と距離を縮めたいのに、なかなか上手に話せないと悩んでいる女性は多いのでは?今回は、好きな男性に話しかけるきっかけや、趣味や共通の友人の話など、好印象な話題のチョイスを徹底解説!好きな人との会話で緊張しないコツを試して、少しでもあなたのことをアピールしてみてくださいね。

「好きな人と緊張して話せない」と悩む時ってありますよね。

好きな人と話す時に緊張しない方法

好きな人だからこそ、いっぱいお喋りしたいのに、いざ、目の前にすると緊張して話せない。ドキドキして、挙動不審になって逃げ出しちゃう。

そんな経験ありませんか?

好きな人と話したいのに、上手く話せないほど緊張してしまう場合、一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、好きな人と緊張しないで話せるようになる方法や男性に好印象を与える話題などについてご紹介します。


好きな人と上手く話せない5つの心理とは?

好きな人と上手く話せない心理にはさまざまなタイプがあり、大きく5つに分けられます。

ここでは好きな人と上手く話せない5つの心理について具体的にご紹介します。

好きな人を前にするといつも緊張して上手く話せないあなたに、当てはまる心理がきっと見つかりますよ。


心理1. 緊張で話そうと思っていたことが飛んでしまう

「好きな人と会ったら、今度こそちゃんと話そう。」

「この間は、返事すらまともにできなかったけど、次は普通に会話しよう。」

なんて、好きな人と会う度に後悔していませんか?

好きな人が目の前にいるだけで緊張してしまうのは、仕方がありません。だって好きなんだもの。

会う前には話すネタをあれこれ一生懸命考えていても、いざ、好きな人が目の前に現れると全てが吹っ飛んで頭が真っ白。

そして、それが何度も繰り返されると、今度は「好きな人と会う=絶対緊張する=緊張して話せない」というルーティーンが自分の中で出来上がってしまいます。


心理2. 相手の話を聞くことに専念してしまっている

好きな人を目の前にすると緊張してしまって、相手の話を聞くのが精一杯。

「あ〜、今日もめっちゃカッコいい!!」

「彼女いるのかな?日曜日何してたんだろう?聞いてもいいかな?」

「ちゃんと笑顔できてる?」

「今の相づち、おかしくなかった?」

など、好きな人について知りたい気持ちと、好きな人を目の前にし緊張して普段通りに振る舞えない自分の一挙手一投足を、心の中でものすごい勢いで振り返る気持ちがぐるぐる高速回転し、相手の話を聞くのが精一杯という状況になってしまうのです。


心理3. 変な話をしてしまい印象を下げたくない

好きな人には、自分に対して良い印象を持ってもらいたいもの。

そのため、好きな人の前ではとっても緊張して、精一杯自分の良い所を見て貰おうと必死になってしまいます。

その結果、いつも以上に話す内容を頭の中で吟味しすぎて口を閉ざしてしまうのです。

「ケーキバイキング行った話してもいいかな?でも、それだと、大食いだって思われるかも!」

「犬好きだって言ってたから、うちの犬の事話そうかな?でも、うちの犬雑種だし、彼は興味ないかも…。」

こんなことを悶々と考えた結果、好きな人を前にすると、反応が薄い聞き役に徹してしまう事になるのです。


心理4. 男性と何を話せば良いか分からない

そもそも、男性とどんな事を話せばいいのか良く分からない。という人いますよね。

男兄弟がいなかった。ずっと女子校だった。インドア派で人と話す事自体が苦手。など、その理由はさまざま。

そして、それは好きな人であっても当てはまってしまうのです。

「好きな人とは楽しくお喋りしたいのに、どんな話題なら彼と楽しく仲良くお喋りできるのか分からない。」

「他の子みたいに彼とお喋りしたいのに、何を話せばいいか分からなくて、彼の前から逃げちゃった…。」

こうなると、もう遠巻きで指をくわえて好きな人を眺めているしかありませんよね。

そういう場合は、女性同士なら盛り上がるコスメやスイーツなどの話題ではなく、男性が興味を持ちそうな話題を探す事から始める必要があります。


心理5. 好きという気持ちが相手に悟られてしまわないか心配で話せない

好きな気持ちを精一杯隠しているつもりでも、端から見たら気持ちがだだ漏れ丸分かり。それが片思いです。

とはいえ、やはり、好きな人には自分の気持ちがバレたくなくて、挙動不審、もしくは、ひたすら無口、もしくはとっても無愛想になってしまうものですよね。

このパターン、特に恋愛経験が浅い恋愛初心者に起こりがちです。

「好きな人に気持ちがバレるのが恥ずかしい!」

「もし、彼にその気がなかったら、バレた時点で失恋確定!」

など、ある意味、自意識過剰すぎる防衛心から起こる、第三者から見たら大変微笑ましく甘酸っぱい行動です。

ちなみに、甘く酸っぱくほろ苦い恋愛や黒歴史にしかならないような恋愛などをいくつか経験すると、「あれ?この子、もしかして俺の事好きなのかな?」と、あえて思わせるような言動を小出しにして相手を翻弄し、自分が恋愛の主導権を握るという高度なテクニックが使えるようになる場合もあります。


好きな人に話しかけるきっかけの作り方

「好きな人を遠巻きに見ているだけはもうイヤ!」

「好きな人と普通に話せるようになりたいけど、どうしたらいいの?」

好きな人との距離を縮めるためには、自分から一歩踏み出さなくては何も始まりません。

ここでは、好きな人に話しかけるきっかけの作り方を具体的にご紹介します。


きっかけ1. 挨拶をきっかけに話をする

「おはようございます。」

「お疲れさまです。」

ご近所さんとすれ違った時に挨拶するぐらいの気楽な気持ちで、彼に挨拶してみましょう。

挨拶をされて、嫌な気持ちになる人は、ほとんどいません。

彼への挨拶に慣れてきたら、挨拶だけでなく一言付け加えてみるようにしましょう。

「おはようございます。いつもお早いですね。」

「お疲れさまです。会議続きで大変そうですね。」

挨拶の後に付け加える一言は簡単な世間話から始めてみましょう。

そこから少しずつ、会話のキャッチポールが続くようになりますよ。


きっかけ2. 共通の友人と一緒に会話に入れてもらう

直接彼に話しかけるのがどうしても難しい場合は、彼の友人と仲良くなってみましょう。

彼の友人と多少のお喋りができるぐらいの仲になれれば、彼と友人がお喋りしている時に、さりげなく会話に混ぜてもらいやすくなります。

彼「この間発売になったゲーム、週末でクリアしたんだよ。」

彼友人「相変わらず好きだなお前。週末引きこもりかよ。そういえば、◯◯ちゃんもゲーム好きって言ってなかったっけ?」

あなた「あ、はい。週末は私も結構家でゲームしちゃってます。」

彼の友人と仲良くなると会話に混ぜてもらいやすくなるだけでなく、友人を通して彼の事もいろいろ教えてもらえるので、ぜひ仲良くなっておきましょう。


きっかけ3. 相談に乗ってもらったり、分からないことを教えてもらう

仕事の事やプライベートの事など悩んでるふりをして、彼に相談を持ちかけましょう。

ポイントは、軽めの相談からスタートする事。

「昨日の会議の資料、ちょっと分からない部分があるので教えてもらってもいいですか?」

「このアプリの共有設定って、どこまでの範囲にしたらいいんですか?」

など、すぐに彼が答えられるような簡単な相談をあえて持ちかけましょう。

そして、もちろん教えてもらった後は、満面の笑みで「ありがとうございます。」と一言お礼を言いましょう。


きっかけ4. 男性が困っているときに声をかけてあげる

自分が手助けできそうな困りごとであれば、迷う事なく声をかけましょう。うかうかしていると他の女性が声をかけてしまいますよ。

「資料足りないんですか?よかったら資料室に行ってきますよ。」

「〇〇さんなら、今日は直帰するって言ってましたよ。よかったら、そのデータ、明日私が〇〇さんに渡しておきますよ。」

など、必ず自分ができそうな場合のみ声をかけるようにしましょう。

「自分ではできないけど、困ってそうだったら声だけかけてみた。」というのは、相手にとって無駄なやり取りをさせるだけで、イライラさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。


きっかけ5. 髪を切ったときなど、外見に分かりやすい変化があった際に褒める

男性でも女性でも髪を切ったり、洋服を新調したりした時に、誰かに褒めてもらえると嬉しくなるものです。

「あ、〇〇さん、新しいネクタイですか?おしゃれな柄ですね。」

「もしかして、髪切りました?すっきりしていい感じですね。」

など、軽い挨拶と同じぐらいのテンションで言うのがポイントです。

また、この時にネクタイやメガネなど小物類の場合は「もしかして、彼女さんからのプレゼントですか?」と冗談めかして聞いてみると彼女の有無も確認できますよ。

【参考記事】はこちら▽


好きな人と上手く話せないときに、使える好印象な7つの話題

好きな人とお喋りしたいけど、いざ、目の前にすると上手く話せない…。でも、なんとか自分の事は印象づけたい!そういう場合には、いくつか話題をあらかじめ用意しておきましょう。

ここでは、好きな人と上手く話せないときに使ってほしい話題について詳しくご紹介します。


話題1. 男性が好きな映画や音楽などの趣味の話

彼が好きな映画や音楽のタイプ、趣味などを知っていますか?

直接、趣味を聞く事ができなくても、彼の持ち物や周囲の人との会話を注意深く聞いていると、彼の好きな物などがなんとなく分かるようになります。

「〇〇さん、××って映画もう観たんですか?どうでしたか?私も観に行きたいなって思ってるんです。」

「〇〇さんのスマホの壁紙って、△△ってバンドですよね?好きなんですか?」

など、彼の趣味に興味を持っている風に話しかけてみましょう。

例え、その趣味が全くあなたの趣味とかけ離れていても、彼と距離を縮めたいのであれば興味があるふりをしましょう。


話題2. 共通の友人や知人のあるある話

好きな人とあなたの間に、共通の友人や知人がいる場合は、その人達の話を持ち出すのもおすすめです。

「△△さんが、この間宝くじ当てたって騒いでたの知ってますか?いくら当たったのか教えてくれなかったんですけど、すごい興奮してたんですよ。」

「××先輩、この間行った営業先で中学の時の初恋の人に会ったんですって。すごい偶然ですよね。」

など、楽しい話をするのが鉄則です。共通の友人知人の根も葉もないうわさ話や陰口を話しても、好印象には繋がりません。必ず、明るい話題をするようにしましょう。


話題3. 仕事の内容について話す

好きな人と同じ職場やお互いに社会人として働いているのであれば、仕事の話をするのもおすすめです。

話す時のコツは、必ず前向きに明るく話す事。

仕事が辛い。大変。やめたい。というようなネガティブな愚痴は、聞いてる側の気持ちも重くなります。

「最近、新しい仕事を任されて覚える事がたくさんあるので大変なんですけど、すごくやりがいがあるんです。」

「今度来た派遣さんが、すごく仕事ができる方でとっても助かってるんです。」

など、多少嘘でも仕事が好きで楽しんでるアピールをするようにしましょう。


話題4. 友人のプレゼントの相談を持ちかける

「男性の友人にあげるプレゼント選びに迷っているから、相談に乗ってほしい。」

というのは、良くある相談パターンです。

ここで気をつけなくてはならないのは、その友人とは恋愛関係になる可能性が全くない、純粋な友達である事をさりげなくアピールする事。

そうでないと、「友人って言っても、多分、彼氏なんだろ?」と勝手に思われて、さっさと恋愛対象外として処理されてしまいます。

「友人が海外に転勤するらしくて、餞別の品を贈りたいんですけど、男の人へのプレゼントってよく分からなくて…。相談乗ってもらえませんか?」

「友人が今度独立してデザイン事務所をオープンするらしいんです。こういう時って、どういう物を選ぶといいのかよく分からないので、一緒に選んでもらってもいいですか?」

など、その友人に下心が全くない事をアピールしつつ、プレゼント選びを手伝ってもらいましょう。

【参考記事】はこちら▽


話題5. 男性が身につけているものを褒める

毎日同じシャツを着てファッションに無頓着な男性ならともかく、服装や小物に自分らしいこだわりを持つ男性は数多く存在します。

「その万年筆とってもオシャレですね。どこのですか?」

「〇〇さんの名刺入れ、もしかしてカーフスキンですか?どこのブランドですか?

身につけている物にこだわりが強いタイプであればあるほど、少し褒めたり興味を持った素振りを見せたりするだけで、嬉しそうにその物について説明してくれるはず。

そうなったらしめたもの。にこにこ興味深そうな顔で彼の話を聞きましょう。

ここでのコツは、むやみに口を挟まない事。相づち程度に抑えてあとは彼に自由に語らせましょう。


話題6. お互いの第一印象の話

彼と知り合ってからある程度時間が経っているのであれば、出会った頃の第一印象について話してみるのもおすすめです。

「初めて会った時、〇〇さんすっごく無口だったから、人付き合いとか全然しないタイプかと思ってました。でも、ホントは結構お喋りするんですね。」

「初めてお見かけした時、〇〇さん上司と何か大声で言い合ってたから、怖い人なんだと思い込んでました。でも、とっても優しい人なんですね。」

第一印象の話をする時は、「ネガティブなイメージを持ってたけど、本当はとってもいい人。」という話し方をするのがコツ

この話し方だと、さりげなく、「あなたに好印象を抱いていますよ。」と伝える事ができるのでとても便利ですよ。


話題7. 今後のやりたいことや将来の話

今後やりたい事や将来の話は、話そうと思ってもなかなか話せないもの。

だからこそ、あえて聞いてみましょう。

あなた「〇〇さんは将来どうなりたいとか、やりたい事とかあるんですか?」

彼「え?何?急にどうしたの?」

あなた「いえ、あの、会社勤めずっとしてた友達が、会社辞めて海外に留学したんですよ。だから、最近、将来の事とか考えちゃって…。」

彼「留学かぁ。それは凄いねぇ。俺が将来やりたい事かぁ…。」

友達の留学が嘘でも構いません。嘘も方便です。

ちょっとしんみりしたトーンで「将来の事考えちゃってるんですよ。」と切り出すのがコツ。

彼が今まであまり人に言っていない将来についての本音を聞けるチャンスですよ。


好きな人との会話で緊張をしない5つのコツ

好きな人と話すとなると、どうしても緊張していつも通り振る舞えなくなってしまいますよね。

ここでは、どうすれば緊張する事無く、好きな人との会話を楽しめるようになるのか具体的なコツをご紹介します。

この5つのコツをマスターすれば、好きな人と楽しくお喋りできるようになるだけでなく、距離もきっとぐっと近くなりますよ。


コツ1. 自分が話そうとせず、相手に質問をして話してもらう

自分の事を1から10まで全て話す必要はありません。

相手に質問してもらえるように上手に誘導していきましょう。

また、男性は、追われるより追うのが好きなタイプが多いので、聞かれなくても自分のことをぺらぺらと喋りまくる女性に対しての興味はあっという間になくなってしまいます。

とはいえ、相手にいきなり「私の事質問して貰えますか?」なんて言ったら、そこで不思議ちゃんキャラ確定です。

相手に質問してもらうには、まず、自分からたくさん質問する事

大抵の男性は、あなたの質問にあわせてどんどん答えているうちに、自分ばかり自分の事を話して、あなたの事を全く聞いていない事に気がつき、質問を返して来るようになります。

あなた「じゃぁ、〇〇さんはその試験、一発合格だったんですか?凄いですね。どんな勉強の仕方したんですか?」

彼「いやぁ、ホント、あの時は大変だったよ。仕事しながらだしね。っていうか、さっきから俺ばっかり喋ってない?××ちゃんも確か、なんか資格持ってたよね?」

あなた「えっと、私の資格は…。」

彼が質問してきたらしめたもの。丁寧にひとつひとつ答えていきましょう。


コツ2. 基本的にどんな人も、話掛けられることは嬉しいと思い込む

人間、ときには思い込みも大切です。

「もし、私が彼に話しかけられたら、すっごく嬉しいんだから、彼だって私が話しかけたら嬉しいはずよね?」

「挨拶した時、いつもにっこり笑いかけてくれるから、きっと私と話したいって彼も思ってるはず。」

など、彼も自分との会話を楽しみにしていると強く思い込むようにしましょう。

その思い込みがあれば、話しかけるのを躊躇う事も少なくなるでしょう。


コツ3. 自分に自信を持てるように努力をし、話すことに対しての抵抗をなくす

自分に自信がないと、好きな人にはなかなか話しかけづらいですよね。

でも、なぜ、自分に自信が持てないのでしょうか?

彼好みの顔じゃないから?太っているから?歯並びが悪いから?

他人から見たら、かわいくて細くて歯並びも悪くなくても、自分で違うと思い込んでしまったら、そこから抜け出すのは至難の業。

それなら、納得できるまで自分磨きをしてみましょう。

彼好みの顔になりたいなら、新しいメイク方法を練習しましょう。

細くなりたいなら、ダイエットを始めましょう。

歯並びが気になるなら、歯科医院で相談しましょう。

そうして、自分自身に少しでも自信が持てるようになったら、彼と話す自信も少しずつついてきますよ。

【参考記事】はこちら▽


コツ4. 相手も同じ人間なんだと割り切って話をする

彼は、遥か彼方からやってきた宇宙人でも、次元の隙間から迷い込んできた異世界の住人でもありません。

あなたと同じように、勉強に追われる学生時代を過ごし、就職活動に勤しみ、上司に無理難題を押し付けられながら毎日仕事を頑張る社会人です。

あなたが週末はずっとだらだらベッドに転がっていたいと思うように、彼の週末も1日ベッドの住人かもしれません。

あなたが出勤前にマスカラの重ね塗りに一番時間をかけているように、彼も出勤前に鏡の前でヒゲの剃り残しを目を皿のようにしてチェックしているかもしれません。

こうやって相手も同じ人間なんだと割り切って考えると、少しは気楽に彼とお喋りできるような気がしてきませんか?


コツ5. 好きな男性に気持ちを伝えること考えず、まずは友達になるつもりで話す

ただの同僚だったはずなのに、ある日突然、電撃的な恋に落ちてラブラブな恋人になる。そんなおとぎ話は、一昔以上前の少女マンガの中にしか存在しないと肝に銘じましょう。

好きな男性といきなり恋人関係になる!なんて高すぎる目標設定はやめて、まずは気楽に話せる友達関係を築けるようにしていきましょう。

緊張せずフランクに話せるようになれば、彼の事も今まで以上にもっとたくさん知る事ができます。

それでも、まだ彼に恋愛感情を抱いているのであれば、アプローチはそれからでも遅くありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


好きな人と上手く話せなくても上手に距離を詰める4つの方法

好きな人に会うと、いつも緊張して上手く話せないけど、なんとか距離を縮めたい…。そういう場合には、いくつかの方法を上手に使う必要があります。

ここでは、緊張して上手く話せなくても好きな人と自然と距離を縮める方法を具体的にご紹介します。


方法1. まずはLINEで連絡を取るようにして、会話に慣れる

面と向かって会話するのが難しいのであれば、LINEでの会話からスタートしましょう。

LINEのID交換は意外と簡単。お互いのスマホを持っている状態で、あえて検索しなくてはならない事を彼に質問しましょう。

あなた「××ってお店知ってますか?お店の場所と営業時間を知りたいんですけど、私のスマホ、何故かネットに上手く繋がらなくて…。〇〇さんのスマホで調べてもらってもいいですか?」

彼「え、ちょっと待って。ほら、これじゃない?ネット繋がるよ。」

あなた「ありがとうございます。なんでネット繋がらないんだろう…。それ、スクショしてLINEで送って貰えませんか?」

このとき、実はネットにいつも通り繋がっていても構いません。

嘘も方便です。繋がらなくて困ってるという迫真の演技でLINEのIDをGETしましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 相手の好きな話題について質問し、笑顔で話を聞く

自分が興味のあることについて質問されるのは、誰でも嬉しいものです。

彼が好きな話題や趣味の話を彼に質問しましょう。

あなた「〇〇さんって映画好きなんですよね?映画館で楽しむ派ですか?それとも自宅派ですか?」

彼「俺は断然映画館だね。あの大きいスクリーンと音響システムがたまらないよね。この間観に行った時はさ……」

このように、彼が好きな話題はただのきっかけです。まずは、彼にあなたと話す事が楽しいと印象づけるためのきっかけなのです。

「楽しい会話があなたとできる=あなたといると楽しい」と彼に強く印象づけられるよう笑顔でにこにこ話を聞きましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 重くないようなちょっとした差し入れをしてあげる

彼の仕事がいつも以上に忙しい時や彼が残業している時は、差し入れをして気が効くアピールをする絶好のチャンスですよ。

数百円程度で買えるコンビニの栄養ドリンクやおにぎり、サンドイッチなど、簡単な差し入れがおすすめ

間違っても、有名老舗店の高級おにぎりや1000円以上するような高級栄養ドリンクを差し入れしてはいけません。


方法4. 長く話そうとはせず、挨拶などで話す回数を意識する

緊張して話せない人に無理に話せと言っても、無い袖は振れませんよね。

「いろんなテクニックがあるのは分かったけど、やっぱり彼とは緊張して上手く話せない!」

という場合は、無理に長く話す必要はありません。

まずは、彼と話すという行為に慣れるため、簡単な挨拶などで彼と話す回数を少しずつ増やしていきましょう。

にこやかな笑顔で「おはようございます。」「お疲れさまです。」など最低限の挨拶だけでも毎日繰り返し行なう事で、自然と彼にも好印象を与える事ができるようになりますよ。


好きな人と話せない時は、対処法を積極的に試してみて。

緊張して好きな人とは話せないのは、いくら年を重ねても同じです。

特に好きな気持ちが強ければ強いほど、相手の事を意識してしまい、何を話したらいいのか分からないという心理状態になってしまいます。

今回は、好きな人と緊張せず話せるようになるためのさまざまな方法をご紹介しましたが、まずは、自分でトライできそうな方法から少しずつ試していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事