声が聞きたい男女の心理とは?電話したいと思わせるLINE術を大公開!

片思いをしていると、好きな人の声が聞きたいと思う瞬間がありますよね。そこで今回は、声が聞きたいと思う心理を男女別で解説していきます。また、恋人や好きな人に対して、「声が聞きたい」と思わせるLINE術についても紹介していきます。大好きな人がいる人は必見の内容ですよ!

好きな人の声が聞きたいと思ったことがある方へ。

声が聞きたい男女の心理

寂しい時や辛い時、嬉しい時など、好きな人や恋人の声が聞きたいと感じる瞬間は様々です。自分でも理由はよく分からないけど、無性に相手の声が聞きたいなんて時もありますよね。

そもそも、好きな人や恋人の声が聞きたくなる理由とは何なのでしょうか。

本記事では、相手の声が聞きたいと思う心理を、男女別に紹介していきます。相手に電話をさせたいと思うLINE術についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【男女別】どんな心情なの?声が聞きたいという人の心理とは

【男女別】どんな心情なの?声が聞きたいという人の心理とは.jpg

遠距離恋愛でなかなか恋人に会えない時や片思いをしている時など、好きな人の声が聞きたいと思う瞬間やその理由は人それぞれです。

しかし、相手の声が聞きたいという心情は、男女によって少し異なります。

ここでは、相手の声が聞きたいという人の心理を男女別に解説していきます。


声が聞きたいと言う男性の心理とは

 声が聞きたいと言う男性の心理とは.jpg

女性からすると、男性の気持ちは分かりづらいと思う部分が多いはずです。男性は女性よりも本能のまま行動する傾向にあるため、言葉の裏に隠された気持ちも女性とは異なります。

ここでは、声が聞きたいと言う男性の心理について紹介していきます。


男性心理① 楽しいことがあったので共有したい

男性は楽しいことや嬉しいことがあった時、自分の中だけにその気持ちを留めておくのをもったいないと感じます。

特に彼女や好きな人がいれば、いち早く幸せな気持ちを共有したいと思うものです。彼女や好きな人が自分の幸せな気持ちに共感してくれることで、更に大きな幸せを感じます。

楽しいことを共有したいという気持ちは、彼女や好きな人の声が聞きたいという気持ちに繋がります。


男性心理② 純粋に寂しいと思っている

寂しい時は、誰かと一緒にいたいと思うものです。しかし、遠距離恋愛や仕事の事情で、彼女や好きな人に会いたいけど会えないということも時にはあるでしょう。

すぐに会えないのであればせめて声だけでも聞きたいという気持ちになるし、声を聞くことで彼女や好きな人が近くにいてくれているように感じます。

男性は寂しいと感じた時、彼女や好きな人の声が聞きたくなります。


男性心理③ 落ち込んでいるため、声を聞いて元気を出したい

声が聞きたいという男性の心理は落ち込んでいるため、声を聞いて元気を出したい.jpg

落ち込んでいる時は、彼女や好きな人に癒して欲しいと思うのが男性の心理です。

一人でいると、辛い気持ちが更に増してしまいます。落ち込んでいる時こそ、彼女や好きな人の声を聞いて、元気を出したいと思うものです。

電話を掛けてきた男性が何となく落ち込んでいるようであれば、あなたの声を聞いて元気を出したいと思っている可能性が高いです。


男性心理④ 相手が好きだから色々と話したい

男性が相手の女性の声を聞きたい理由は、単純に相手のことが好きだからというケースも多いです。好きな人とはできるだけたくさん話して、相手との距離を縮めたいと思うもの。

本心では好きな人と直接会いたいと思うものですが、恥ずかしいなど様々な気持ちが邪魔をして思いきれません。

そんな時、会うのが無理なのであれば、せめて声だけでも聞きたいと思うのが好きな女性に対する男性の心理です。


男性心理⑤ 相手をキュンとさせるために、あえて言っている

男性はアプローチしている好きな女性に対して、好きだという自分の気持ちをアピールしたがる傾向にあります。積極的な男性ほど、自分の気持ちをストレートに伝えて、相手を喜ばせようと思うものです。

声が聞きたいという気持ちを直接伝えてくる男性は、相手のことを喜ばせるためにあえて言っているということもあります。


声が聞きたいと言う女性の心理とは

声が聞きたいと言う女性の心理とは.jpg

女性は男性と比べて相手への好意を全面に出そうとしない傾向があるため、ある意味男性の心理よりも分かりづらい部分があります。女性が言った言葉の真意が分からず、悩んでしまう男性も多いはずです。

ここでは、声が聞きたいと言う女性の心理について解説していきます。


女性心理① 男性に対して甘えている

女性は疲れている時や寂しい時、誰かに癒してもらいたいという気持ちになる傾向が強いです。そのため、癒しを求めて彼氏や好きな人についつい電話をしてしまうことがよくあります。

誰かと一緒にいることで安心したいという気持ちが、声が聞きたいという思いを引き起こしています。

男性に対して甘えているというのも、声が聞きたい女性の心理です。


女性心理② 付き合ってない場合、さり気なく好意をアピールしている

片思いの相手に対して、好きという気持ちをダイレクトに言葉で伝えることができる女性は少ないです。多くの女性は、行動や仕草、遠回しな言葉で好きという気持ちを相手にアピールします。

電話をかけて声を聞こうとするのも好きな相手へのアピールの1つであり、遠回しに自分の好意を相手に気づいて欲しいと思っています。


女性心理③ なかなか会えないので、せめて声だけでも聞きたい

声が聞きたいという女性の心理はなかなか会えないので、せめて声だけでも聞きたい.jpg

彼氏や好きな人とは、できるだけ一緒にいたいもの。しかし、遠距離恋愛や仕事の事情で、会いたいけど会えないという時もあります。彼氏や好きな人となかなか会えないことを不安に思ってしまう人も多くいるでしょう。

彼氏や好きな人と会えない時は、せめて相手の声だけでも聞きたいと思うものです。声を聞くことで、彼氏や好きな人の姿を思い浮かべ、安心感を得ることができます。


女性心理④ へこんでいるので、電話で話して励ましてもらいたい

嫌なことや辛いことがあってへこんでいる時、彼氏や好きな人の声が聞ければ少しは気持ちが和らぐものです。また、へこんでいる時は無意識に誰かに助けてもらいたいと思うのが女性の心理です。

嫌なことや辛いことがあった時についつい彼氏や好きな人に電話してしまうのは、へこんでいる自分のことを励ましてもらいたいと思っている気持ちからと言えるでしょう。


女性心理⑤ 相手が今何をしているのか気になるので知りたい

特に女性は好きな人のことは、何でも知りたいと思うものです。ふとした瞬間、今相手が何をしているのか気になってしまうこともあります。プライベートな時間を共有することで、お互いの距離を縮めたいという場合もあるでしょう。

女性は相手のことをもっと知りたいという気持ちから、ついつい電話して状況を確認したくなってしまうものです。


恋人や好きな人に声が聞きたいと思わせるLINE術

恋人や好きな人に声が聞きたいと思わせるLINE術.jpg

恋人や好きな人の声が聞きたいと思っても、なかなか自分から電話をかける勇気がないという人も多いでしょう。

しかし、恋人や好きな人に自分の声が聞きたいと思わせることができれば、相手の方から電話をかけてくるように誘導することもできます。

ここでは、恋人や好きな人に声が聞きたいと思わせるLINE術について紹介していきます。


LINE術1. 文章だけでは伝えづらい相談事をしてみる

ややこしい相談や話し出したら長くなるような相談を、あえてLINEで送ってみましょう。

相手はあなたの相談事が、文章だけでは解決できないということに気づきます。すると、電話で直接会話をした方が早いという結論に至ります。

文章だけでは伝えづらい相談事をあえてLINEでしてみるのは、相手と直接話をするための1つのテクニックです。


LINE術2. 相手が辛い時は、「俺(私)でよければ、話聞こうか?」と尋ねてみる

相手が辛そうにしていたら、それは電話で会話をするチャンスでもあります。「俺(私)でよければ、話聞こうか?」と尋ねてみましょう。

辛い時は、誰でも人に話を聞いて欲しいと思うものです。率先して話を聞く役を担えば、お互いの距離を縮めることもできます。

相手が辛そうにしていたら、LINEで相談相手として立候補してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


自分が相手の声が聞きたい場合の伝え方は?

自分が相手の声が聞きたい場合の伝え方は?.jpg

相手の声が聞きたいと思っても、その気持ちをなかなか伝えられずに悩んでいる人は多いはず。たとえカップルだったとしても、声が聞きたいとストレートに伝えるのは少し恥ずかしかったりもします。

ここでは、自分が相手の声を聞きたい場合の伝え方について紹介していきます。


伝え方1. 素直に「声が聞きたいな」と伝えてみる

相手の声が聞きたい時は、気持ちを素直に伝えてみることも大切です。

女性でも男性でも、素直に気持ちを伝えてもらえれば嬉しいものです。異性からの「声が聞きたいな」という言葉に、思わずドキッとしてしまう人も多いはず。

好きな人の声が聞きたいなら、素直に「声が聞きたいな」と伝えてみるのも1つの方法です。


伝え方2. LINEの返事に対して「電話の方が説明しやすいかと思って」と電話をかける

好きな人と直接話したい時は、LINEでメッセージのやり取りをしつつ、電話でのやり取りに移行してみましょう。「電話の方が説明しやすいとかと思って」と一言付け加えるだけで、電話で直接話す理由になります。

電話の方がやり取りがスムーズだということを相手に理解させることができれば、電話をする流れとしても自然です。

LINEの返事に対してメッセージではなく電話で返すことで、直接話をするきっかけを作り出すことができます。


伝え方3. 相談を持ちかけて「長くなりそうだから、電話できる?」と尋ねてみる

複雑な相談であればあるほど、LINEなどでのメッセージのやり取りだけでは解決するのに時間がかかります。

複雑な相談を持ちかけておいて「長くなりそうだから、電話できる?」と尋ねれば、自然な流れで会話をすることができます。相手も、電話をすることに納得してくれるはずです。

相手への相談事は、直接会話をするための大きなきっかけとなります。


自分が相手の声が聞きたい場合に気をつけるべき注意点

自分が相手の声が聞きたい場合に気をつけるべき注意点.jpg

好きな人や恋人の声は毎日でも聞きたいものです。しかし、自分が一方的に相手と話したいと思っていても、時にそれは相手にとって迷惑になる可能性もあります。

ここでは、自分が相手の声が聞きたい場合に気をつけるべき注意点について紹介していきます。


注意点1. 毎日のように「声が聞きたい」と口にする

異性からの「声が聞きたい」という言葉は嬉しいものではありますが、毎日のように言われたら少しウンザリしてしまいます。

お互いがカップルであったとしても、時には1人でゆっくりしたいという時もあるはず。あまりに度が過ぎると、しつこいと思われる原因にもなってしまいます。

いくら相手の声が聞きたくても、毎日のように「声が聞きたい」と口にするのは避けましょう。


注意点2. 寂しいからといって夜遅くに電話をかけたりする

1人で過ごす夜は、寂しくなってついつい好きな人の声が聞きたくなるものです。

しかし、夜遅くに電話をかけるのは、相手にとって迷惑になってしまう可能性があります。もし相手が既に寝ていたら、無理やり起こすことになってしまうかもしれません。

寂しくても、夜遅くに電話をかける場合は時間に注意しましょう。


注意点3. 相手が次の日早い場合は、無理に電話をしようとしない

次の日の朝が早い場合は、誰だって早く寝て起きたいものです。寝ようと思っていたタイミングで電話がかかってきたら、迷惑だと感じる人もいるはず。あなたの電話に付き合ってくれていても、内心は次の日の朝のことを心配している可能性もあります。

相手が次の日の朝早い場合は、相手のことも考え、無理に電話をしないようにしましょう。


声が聞きたいと思ったら、電話をかけてもらえるように誘導してみよう!

声が聞きたいと思ったら、電話をかけてもらえるように誘導してみよう!.jpg

好きな人や恋人の声が聞きたいと思う瞬間や、その時の心理は様々です。相手の声が聞きたいという自分の気持ちを上手く伝えられず、悩んでしまう人も多いでしょう。

しかし、異性から声が聞きたいと言われれば、誰だって嬉しいもの。声が聞きたいというその気持ちが、お互いの距離を今以上に近づけてくれるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事