【独占欲診断】独占欲が強い人の心理&付き合い方を男女別に解説!

自分の彼氏・彼女が独占欲が強いと感じたことはありませんか?今回は、独占欲が強い男女の心理や特徴について大公開!さらに、独占欲が強い恋人と上手に付き合うための対処法から、独占欲の強い人が言われて喜ぶ言葉まで詳しく解説していきます。

男性も女性も、独占欲が強い人っていますよね。

人が恋に落ちるきっかけ

男女問わず、独占欲が強い人っていますよね。多少の独占欲なら可愛らしく感じるのですが、あまりに独占欲が強すぎる彼氏・彼女を持つと、悩みのタネになってしまうことも。

今回は、そもそも独占欲とはどんな意味なのか、独占欲が強い人の心理や特徴、独占欲の強い人とうまく付き合っていく方法についてご紹介します。自分の彼氏や彼女が当てはまっていないかどうか、チェックしてみてくださいね。


そもそも、独占欲とは?言葉の意味は?

そもそも独占欲とは、相手を「ひとりじめしたい」と思う欲求のことを意味します。自分が独り占めしているという状況に対する執着心で、対象となる人や物が他者へ渡ったり、失われたりすることに対して、強い恐怖心を生むものでもあるのです。

独占欲が強い人は、激しい嫉妬や束縛行為にも繋がることが多く、周囲の人間関係にもさまざまな影響を及ぼす可能性があるでしょう。


独占欲は誰にでもある

独占欲そのものは、決して悪いものではありません。独占欲は誰にでもあるのではないでしょうか。適度な独占欲は、自己の向上のためのモチベーションにも繋がるはずです。

しかし、問題なのは独占欲が強すぎる場合。自己を向上させるためのモチベーションに繋がるどころか、冷静な判断力をも失ってしまうことになりかねません。

そうなれば、衝動的な発言や行動に移り、対象者や自分を傷つけてしまうことに繋がる可能性も。


【カップル必見】独占欲が強い人の心理とは

独占欲の意味がわかったところで、続いては独占欲が強い男女の心理について解説していきます。男女共通の心理から男女別の心理まで詳しく紹介するので、独占欲が強い人に困っている方は必見ですよ。


男女共通の心理

まずは男女共通の心理から。独占欲が強くなってしまう原因とも言える心理を4つ紹介していきます。


1. 相手を信じきることができない

独占欲が強い人は、相手を信じきることができない特徴があります。

信じられない理由は、自分に自信がなかったり、過去の恋愛で浮気されたなど裏切られた経験があったりとさまざま。相手がこれから先もずっと自分を選び続けてくれるのかという不安な気持ちから、独占欲が出てきます。

その結果、自分よりもっと魅力的な人のところへ行ってしまわないように、他の異性と会うことを禁止する方法をとるなど、自分だけの世界でいてくれることを望むようになるのです。


2. 相手を失うことが不安で、自己防衛本能が働く

独占欲の根本には、強い執着心があります。相手への執着が強いほど、もし失ったらという可能性を考えただけでも強い不安を感じ、心に自己防衛本能が働きます。つまり、不安をなくすために安全な状況を作ろうとしているのです。

例えば、相手が自分以外の異性を選ぶことを恐れ、その可能性がゼロになる安全な状況を作ろうとします。この場合、自分以外の異性との接触そのものが恐怖の対象。

その結果、「自分以外の異性とは誰とも関わるな」といった極端な人間関係を求める、強い独占欲の原因になってしまうのです。


3. 自分が愛されていることを確認したい

寂しがりやで、常に自分が愛されていることを確認したい、という心理状況から独占欲に繋がっていることも。

誰かからの承認を強く求めていて、恋人とも連絡を欠かしたくないと思っています。このような心理状況になっている人は、幼少期に両親から十分な愛情を与えてもらえなかった人が多いようです。

結果、人間関係に乏しく、寂しいという感情を抱えたまま成長してしまったために、強い繋がりや承認を求め、独占欲に繋がっています。


【参考記事】はこちら▽


4. 相手を幸せにできるのは自分しかいないと思い込んでいる

「この人を幸せにできるのは自分だけだ」という思い込みから、独占欲に繋がっていることもあります。

人は頼られるうちに得意になってしまい、いきすぎると「俺がいないとダメだ」「私がいないとダメなのね」と思い込んでしまいます。誰かに必要とされることで満足感や幸福感を満たしているのです。

この満足感や幸福感を過剰に求めるようになると、「もっと自分を必要としてほしい」という欲求が生まれ、相手に自分の必要性を押し付けるように…。

そして、この押し付ける行為を正当化するように「この人には自分が必要だから」と思い込み、常に自分と一緒にいるべきだという独占欲に繋がります。


独占欲の強い男性心理

続いては、独占欲が強い男性の心理を見ていきましょう。自分の彼氏が独占欲の強い人だと思う方は、彼氏の気持ちを理解してあげてくださいね。


1. 自分の正義を押し付けている

独占欲の強い男性は、自分の考え方が正義だと思っています。自分の言うことは完璧に正しいと思い込んでいるため、彼女にもその考え方を押し付けているのです。

人間は、各々がさまざまな考え方や意見、価値観を持っているもの。自分の意見を持った上で、相手の意見も尊重するのが普通だと言えるでしょう。

しかし、独占欲の強い人は、彼女が自分と違う意見を持つこと自体が許せないと思っています。そのため、独占欲の強い男性は、彼女の気持ちを考えず、ただ自分の望む人間になって欲しいと押し付けているのです。


【参考記事】はこちら▽


2. 独占欲は愛情だと思っている

強い愛情表現のひとつが独占欲だと思っているケースもあります。

彼女に対して、わかりやすい態度で愛情を伝えたいという気持ちが、独占欲の根底にあるのです。しかし、独占される側としては、常に一緒にいることが負担だと感じる場合も。

彼女が迷惑だと伝えても、独占欲の強い男性はプラスに変えて受け止め、彼女の気持ちを気にせず独占欲からくる愛情表現を続けるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


3. 自分の力の強さを誇示したい

男性は、女性を自分が獲得したもののように思う人もいます。海外では「トロフィーワイフ」という言葉もありますね。つまり、彼女の存在は他人に自慢できるもの。それを失うことはかっこ悪く、不名誉なことだと思っています。

彼女が他の男性と仲良くしていると、「俺のことが好きなんじゃなかったのか」というように、自分のプライドを傷つけられたと感じてしまうのです。そのため、自分の力の強さを誇示するように独占欲が強まる心理状態にあります。


恋愛の主導権を握りたい

独占欲の強い男性の心理として挙げられるのが、恋愛の主導権を握りたいと思っていること。自分を安心させるために、相手より優位な立場に立ちたいという気持ちが働いています。

また、主導権を握ることで安心感だけでなく、自分に自信を持たせる「自己満足」のために独占欲が高まっている人もいます。このようなタイプは、突き放す方法をとると、さらに行動がエスカレートする傾向もあるので要注意。


4. 所有物として、周囲に見せびらかしたい

誰でも、自分の彼女を褒められれば嬉しく思いますよね。独占欲の強い男性も同じです。しかし、違うのは彼女を個人としてではなく、「自分の所有物」として考えているところ。

彼女は自分のものだという前提で、自慢げに周囲に見せびらかし、彼女が褒められることで自分も褒められていると承認欲求を満たしています。

このようなタイプの人は、わざわざ男友達と遊ぶ約束に彼女を連れて行ったり、進んで周りに彼女を紹介したりする傾向があります。


独占欲の強い女性心理

続いては独占欲が強い女性の心理。意外と独占欲が強い女性は多い傾向にあるので、もしかしたらあなたの彼女も独占欲が強いタイプかもしれませんよ。


1. 尽くすことを履き違えている

独占欲の強い女性の多くは、良くも悪くも一生懸命だという特徴も。彼氏に対しても自分なりに一生懸命尽くしたいと思っています。

しかし、そうやって頑張っていると、どうしても見返りを求める心理が働くもの。「私がこれだけやっているのに」と、彼氏からその努力に見合った見返りを求めています。

こんなに尽くしているんだから自分のことも大切にされて当然」と言わんばかりに、男性に対してさまざまな束縛をすることに…。


【参考記事】はこちら▽


2. 過去に浮気されたことがトラウマで、裏切られること怖い

独占欲の強い女性は、過去の恋愛経験のトラウマが影響している可能性もあります。

例えば、昔の彼氏に浮気をされて深く傷ついた経験を持っている女性。一度裏切られたことがトラウマになっていて、新しい彼氏ができた時に、浮気をされない対策をとろうとします。その結果が、独占欲として表れてしまうというわけ。浮気をされた経験から彼氏を監視するなど、他の女性との関わりを断とうとします。


【参考記事】はこちら▽


3. 自分のことが好きなら「何でもしてくれることが当たり前」だと思っている

男性は理屈で物事を考える人が多いのに対し、女性は自分の気持ちを大切にする特徴があります。

理屈に関係なく、イヤだと思うものはイヤ。独占欲が強い女性は、特にこの心理が強く働いている傾向にあります。「自分がイヤだと思うことはしないでほしい」「自分がしてほしいことをして」という極端な要求を「好きだったらなんでもできるでしょ」と思っているのです。


あなたの彼氏・彼女をチェック!独占欲が強い人の8つの特徴

独占欲が強い人の心理がわかったところで、次に独占欲が強い人の特徴を解説していきます。8つの特徴をお教えするので、あなたの彼氏や彼女に当てはまっていないか要チェック!3つ以上当てはまるようなら、独占欲が強い傾向にありますよ。


1. 頑固で考えを曲げない

独占欲が強い人は、頑固で考えを曲げない特徴があります。

あらゆることに対して、こだわりが普通の人よりも強めです。生活スタイルや食べ物、身に付けるもの、ファッションなどそれぞれに幅広くこだわりを持ちがち。自分が信じたものや好きな物に対して、独自のスタイルを貫き通します。

そのような価値観は恋人に対しても表れ、自分の思うように束縛したいという行動に出ることがあるでしょう。


2. 「今なにしてる?」と頻繁に聞いてくる

独占欲の強い人は、常に相手の行動を把握しようとする特徴も。あなたの彼氏や彼女から「今何してる?」といったLINEが頻繁に送られてくるのであれば、要注意です。

なぜなら、恋人と離れている時間も「いつ、どこで、誰と、何の為に、どうして」の5Wを知りたいと思っているから。一緒にいなかった時間のことをいろいろと質問したり問いただしてきたり、まるで尋問みたいだと思うかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


LINEのレスが1時間でも遅れると怒る人も

独占欲の強い人は、LINEの内容よりも返信時間を重要視しているところがあります。

忙しいときだと既読をつけても「あとでゆっくり返そう」と思う人もいるでしょう。しかし、独占欲の強い人は「既読をつけられるなら返せるだろ」と怒るのです。

「自分のことを最優先してくれていない」と感じてしまうため、ひどい時はLINEの連投や電話での追撃がくることも。


3. 自分の好みを相手に強要する

彼氏や彼女に自分の好みを強要するのも、独占欲の強い人の特徴。

例えば、服やアクセサリーなど、身につけるものから相手を縛ろうとすることもあります。身につけていいものは、自分が選んだものだけ。相手のセンスや好みは無視して、自分好みの恋人になることを強要します。

ネックレスや指輪などのプレゼントから始まるうちはいいかもしれませんが、ファッションセンスが表れる服にまで至ると、かなりきつい束縛だと感じるでしょう。


4. 「今から〇〇いこうよ!」と誘ってくる

独占欲の強い人は、状況や出来事に対する行動を、その時の自分の感情で決めがち。自己愛が強いとも言えますね。

相手のスケジュールも考えずに、突然「今から〇〇行こうよ!」なんて誘いをしてくることも。また、女性の場合は寂しがりやな人が多いため、会いたいという欲求からこのような誘いをしてくることもあります。

このように相手の気持ちを考えず、自分の感情で動いていることで、より独占欲が強くなってしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


5. 携帯の中身をチェックしたがる

独占欲の強い人は、彼氏や彼女の携帯の中身が気になって仕方ありません。携帯は、その人のプライバシーな情報が詰まっています。独占欲の強い人は、そんな秘密の情報が詰まっている携帯だからこそ、チェックしたいと思っているのです。

通常、勝手に携帯を見るのはルール違反ですよね。しかし、独占欲が強い人は、相手がちょっと油断した時に、勝手に中身をチェックしている場合も。

携帯をチェックすることで、自分が知らない相手の交友関係などを把握しようとしているのです。


【参考記事】はこちら▽


6. 基本的にプライベートが充実していない

独占欲が強い人は、これといった趣味もなく、基本的にプライベートが充実していないことも挙げられます。

プライベートが充実している人は、気の合う友達と出かけたり、趣味に使う時間を確保したりしますよね。しかし、没頭することやお金を使うこともないので、恋人に夢中になり、周りが見えなくなってしまうのです。

全ての興味やパワーが一気に恋人に向いてしまうため、独占欲も強く現れやすいのでしょう。


7. 年齢の割に恋愛経験が少ない

独占欲の強い人には、年齢の割に恋愛経験が少ないという特徴もあります。たくさんの恋愛の中で失敗を繰り返し、その中で対処方法を知り、心身ともに成長すると余裕が生まれてくるもの。

しかし、恋愛経験が少ないと余裕がありません。「このチャンスを無駄にしたくない」「次はないかもしれない」という焦りが、独占欲を生むきっかけに。


【参考記事】はこちら▽


8. 過去の過ちを掘り起こしてくる

独占欲が強い人は、大好きな恋人の一番になりたい、一番でないと気が済まないと思っています。

そこで気になるのが過去の恋人。元カノや元カレと比較して、その上で自分が人生で一番の存在だと認めてもらおうとするのです。

比較した時に、過去の恋人よりも自分がよくない扱いを受けていると分かれば、怒ることもあるかもしれません。


独占欲が強い人と上手く付き合う方法

彼氏・彼女が独占欲が強いタイプとわかり、これからどうやって付き合っていこうか悩んでいるあなた。ここからは、独占欲が強い人と上手に付き合っていくための対処法を解説していきます。


1. 嫌なことははっきり伝える

独占欲が強い人から行動や交友関係を制限されるなど、嫌なことがあるならはっきりと伝えるべきです。

この時の注意点は、相手を責めるような言い方をしないこと。あくまでも、「自分はこう思うんだけど」といった言い方を心がける用意しましょう。

例えば、「私はもっと友達と自由に付き合いたい」「私はあなたから束縛されるのがつらい」などのような言い方が望ましいです。


【参考記事】はこちら▽


2. 独占欲が強いことを自覚させる

女性より男性に多いのですが、独占欲が強い人は、そのことを自覚していないケースもあります。そのため、うまく付き合っていくためには、まず独占欲が強いことを自覚してもらうことも大切なのです。

男性の場合、自覚できないのにはプライドが邪魔していることもあります。「心の奥底では理解しているんだけれど、プライドが邪魔をして認めたくない」という状況ですね。

そのため、伝え方は気をつけましょう。あくまでも否定的に話すのではなく、「そういう考え方もあるけど…」と相手の意見も受け入れながら、話してあげてください。


3. 些細なことも相手を褒めてあげる

自信のなさから独占欲が強くなっている場合、少しずつでも自信をつけてもらうと改善されるでしょう。相手の得意なことを褒めてもいいし、ちょっとした些細なことでも相手を褒めてあげるように心がけるのです。

また、できなかったことや不安に思っていることがあったときも「あなたなら大丈夫」と不安を解消してあげることも大切。そうすることで相手の自信につながり、独占欲の強さも改善されていくはずです。


【参考記事】はこちら▽


4. 暇な時間を減らすために、没頭出来る趣味を作ってもらう

特に趣味もなく、時間があるからこそ、唯一時間をかけられるあなたに対する独占欲が強まっている可能性もあります。そのような場合、他に何か興味のある没頭できる趣味を見つけてもらうのもひとつの方法でしょう。

あなたが忙しくて連絡できない時でも、一人でその趣味の時間を楽しめるし、趣味の話で盛り上がれます。

また、あなたと同じ趣味ならば、そこから共通の友人や共通の話題も見つけやすいでしょう。


5. 共通の友人を作る

独占欲の強い人は、「自分だけを見てほしい」「他の人を見ないでほしい」と思っています。

また、独占欲が強くなっている状態の人は、考える視野がとても狭くなってしまいがち。あなたが言葉で伝えても、耳を傾けてもらえないことも多いです。そんな時は、共通の友達に代弁してもらう方法がおすすめ。

客観的な意見を聞くことで、説得力が増し、視野も少しずつ広がるでしょう。そのため、共通の友人を作っておくことは効果的だと言えます。


6. こまめな愛情表現を欠かさない

独占欲の強い人と上手く付き合うためには、「相手を安心させること」が重要。そのためにポイントとなるのが、「あなたのことがずっと好き」「絶対に浮気しない」など、明確に言葉で相手に愛を伝え、こまめに愛情表現を欠かさないことです。

相手はあなたの愛情を感じることで安心し、独占欲も落ち着くでしょう。「相手と会っていないときには、逐一連絡をしろ」とは言いませんが、何をしているのか、大体の予定を事前に相手に伝えておくのもいいですね。


【参考記事】はこちら▽


独占欲が強い人が喜ぶ言葉

最後に、独占欲が強い人が喜ぶセリフを紹介します。自分の彼氏や彼女が独占欲の強いタイプで、不安になっている時に伝えてあげると効果的ですよ。


1. 「〇〇だけだよ」

このフレーズは、相手を優越感に浸らせてくれます。「自分だけ」と思うと、自分が特別な存在であると自覚できるからなのです。

例えば、彼氏や彼女があなたのことを「可愛いね」「かっこいいね」と褒めてくれた時。「そんな風に言ってくれるのは〇〇だけだよ」と返してみてください。相手の求めている特別感と独占欲、どちらの感情も満たすことができるでしょう。


2. 「自分には、〇〇が必要」

「自分には、〇〇が必要」という言葉は、素直さや甘えたがりな一面なども垣間見える胸キュンフレーズ。

独占欲の強い人は、相手から必要とされていることを感じたいと思っています。「求めているのは自分だけじゃなく相手も同じなんだ」と思うことで、安心感を与えられるでしょう。「思っているのは自分だけでない」と認識することで、相手の独占欲を和らげられます。


3. 「〇〇がいてくれて安心する」

このフレーズは、言われた側からすると相手から頼られているような気分になれます。

独占欲の強い人は、自分が特別だと感じられたり、優越感に浸れたりするようなフレーズを求めているもの。「自分は他の人とは違うんだ」と思えることで、どちらの気持ちも満たせるでしょう。

また、独占欲の強い人ほど、自分に自信がないケースもあります。そのような不安な気持ちも、このフレーズによって満たせますね。


独占欲が強いパートナーとは上手に付き合って。

誰にでも多少の独占欲はあるでしょう。独占欲が強くなる人は、「もともと頑固な性格している人」、「過去のトラウマによってそうなっている人」など理由はさまざまです。

あなたのパートナーは、どのような心理で独占欲が強まっているのか、一度分析してみるといいでしょう。それによって、どのような対処方法をとるべきか、解決策も見つかるはずです。

相手の気持ちを理解しようとすれば、二人でより良い関係を築いていけるかもしれません。ぜひ幸せを掴んでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事