束縛彼氏とは?今すぐ診断できる9つの特徴&心理状態

女性を困らせる“束縛彼氏”の特徴や心理状態をお教えします。しつこいLINEや電話、過度な嫉妬など、度を超えた束縛男。彼女も思わず別れたいと思ってしまう結婚できない男性に当てはまっていないか、今すぐ診断してみましょう!

“面倒くさい”束縛彼氏に頭を抱える女性は多い。

面倒くさい束縛彼氏を持つ女性は多い.jpg

恋人とはお互いに気を遣わず、気楽に付き合いたいとこですよね。ところが、気楽に付き合えず、女性の運気も下げてしまうのが“束縛彼氏”。“束縛=愛されている”と感じる女性も時折目にしますが、ほとんどの女性は束縛彼氏からの被害を訴えています。本来女性を幸せにする存在の彼氏が重荷になってしまっては、本末転倒ですよね?

そこで今回は、彼らの特徴と行動パターンを徹底ガイド。男性の方はもし当てはまる部分があるなら、直ちに改善を試みましょう。


束縛彼氏の特徴を大公開

束縛彼氏の特徴を大公開.jpg

束縛癖の強い彼氏について解説していきます。普段の何気ない【行動】から、束縛彼氏になりやすい【性格】、最後は決定的な【口癖】についてまで。彼女への愛なのか、それともただの癖で束縛してしまうのか。束縛彼氏の特徴がここに。


1. 束縛彼氏の行動

束縛彼氏の行動とは.jpg

LINEや電話、会話をしている時も明らかに束縛彼氏らしい行動はすぐにわかります。特に行動は、束縛度がすぐ出やすいところ。「この人、もしかした束縛彼氏なんじゃ?」と一目瞭然の行動についてご紹介します。


束縛彼氏の行動① LINEや電話など連絡がマメすぎる

束縛彼氏は、朝の「おはよう」からはじまり、夜は「おやすみ」までずっと連絡を取らないと気が済みません。彼女の行動を常に監視していないと落ち着かない心理状態なのでしょう。

しかし、彼女の都合も考えずに連絡を頻繁にしていると相手の時間も奪ってしまうため、“連絡は必要最低限”これに限ります。

【参考記事】連絡頻度が高すぎるカップルは別れやすい傾向にあります▽


束縛彼氏の行動② 周囲の男に嫉妬してしまう

彼女が職場の上司、同僚、男友達のことを口に出すだけで、すぐに不機嫌になってしまう束縛彼氏。はじめのうちは可愛くて許せますが、頻度が増してくると流石に彼女もうんざりしてしまいます。嫉妬する気持ちを完全に無くせというのは難しいです。 しかし、あまりにも酷いと嫉妬心に振り回されては自分が疲れてしまうので、気をつけましょう。

【参考記事】落ち込んでばかりいると“メンヘラ男”のレッテルを貼られてしまいますよ▽


束縛彼氏の行動③ 「いつ・どこで・誰と」を常に聞く

彼女が「友達と遊んでくる」と言った時に、「いつ?誰と?どこで?」と常に3点で聞いてくるのが束縛彼氏。重度の束縛彼氏は、彼女が複数人で遊ぶ時に「本当に男いないの?」としつこく聞いてきたり、わざわざその時間に電話して確認することもあります。このレベルになると、周囲も承知の束縛彼氏。

【参考記事】女性が考える器の大きい男について大公開▽


2. 束縛彼氏の性格

束縛彼氏の性格とは.jpg

束縛しやすい男性になるということは、本人の元々の気質や性格が大きく関わっているのです。彼女を束縛したことはないけれど、もし次の性格に当てはまるものが多ければいずれ束縛彼氏予備軍の可能性があります。束縛彼氏に多い性格は、どんなパターンが多いのでしょうか。


束縛彼氏の性格① 自分に対して“自信”がなさすぎる

「本当に彼女は自分のことが好きなのか?」

「すぐに振られてしまわないか。」

不安が不安を呼び、猜疑心が溢れてくる束縛彼氏。すべての原因は自信のなさ。「俺なんて」と自己評価が低くなりがちな男性は、まず自信をつけることからはじめましょう。髪型やファッション、マインドなど。周りにいる“いい男”から盗むのが手取り早い方法です。会えないときは、彼女にどう思われてるかを考えるより、自分磨きを充実させましょう。

【参考記事】どんな人でも自信を培えるおすすめマニュアルとは▽


束縛彼氏の性格② 頼んでもいないのに恩着せがましい

記念日以外でも頻繁にプレゼントを贈ったり、好きが強すぎて、やりすぎてはいませんか?その場合、「彼女のため」と言いつつ、本心では彼女のために何かをしてあげる自分に酔っている恐れがあります。いずれその行為は、彼女にとって重荷になってきます。 本当に尽くすのが好きな男は、いちいち恩を着せたりしません。常に「give and give」の精神を心がけましょう。

【参考記事】あまりにもやりすぎだと、どんなにいい男でも女性に敬遠されてしまいます▽


束縛彼氏の性格③ 一度言い出したら話を聞かない(頑固すぎる)

一度言い出したら人の話を聞かない人っていますよね?少しでも自分の想い通りにいかないと、感情的になったり。このような男性は束縛もしてしまう傾向にあるそうです。頑固で男気のある男性は一見格好良く見えますが、あまりにも我が強いと柔軟性のない束縛彼氏に認定されてしまいます。わがままと頑固はほどほどにしておきましょうね。

【参考記事】モテる男性は、頑固ではなくわがままな人が多いのかも▽


3. 束縛彼氏の口癖

束縛彼氏の口癖とは.jpg

束縛彼氏の口癖は、意外とすぐ見抜けます。束縛彼氏の口癖は、ほとんど「〜した方がいいよ」と指図してくることが多いです。だんだんと付き合う内に「また始まった」と彼女もウンザリすることも。束縛彼氏に共通する口癖とは?


束縛彼氏の口癖① 言動がもはや保護者の域

「帰る時間が遅い」

「終電に間に合う様に帰ってきなね」

「お酒強くないんだから、ちゃんと水飲みなね」

親が子供を注意するような発言を連発してしまう束縛彼氏。これには、「言われなくてもわかってるわよ!」と彼女も愛想を尽かしてしまいます。心配する気持ちは理解できますが、度を過ぎると「私のことそんなに信じられないの?」と逆効果に。しっかりと心配と束縛の線引は引くようにしましょう。

【参考記事】せっかく指摘するなら、反対に褒めてあげて▽


束縛彼氏の口癖② 服装や髪型への注文が多すぎる

【束縛彼氏の口癖① 言動がもはや保護者の域】と関連していますが、服装や髪型への口を出してしまう束縛彼氏は多いです。

「俺…この髪型大好きだから、してくれない?」

基本的に、ヘアスタイルと服装を選ぶのは、女性の楽しみですから口出しは禁物!自分を可愛く見せたいのは他でもない貴方のためでもあります。あまりにも露出度が高い場合は話が別ですが、極力多めにみてあげましょう。


【参考記事】女性が好む男性は、やはり雰囲気から見て取れます▽


束縛彼氏の口癖③ 俺のこと本当に好き?」と好意を確かめすぎ(女々しい)

会う度に「俺のこと本当に好き?」と尋ねてくる束縛彼氏。好きと言葉に出して貰えなければ、自分は愛されていないんだ…という図式が出来上がっているのでしょう。そんなことをしていたら、女性に愛想をつかれてしまうのも時間の問題です!好きという言葉を毎回言ってくる女性よりも、時々最大の笑顔で好きと伝えてくれる女性の方が貴重ですよ▽

【参考記事】彼女にするなら一途な女性がおすすめですよ▽


束縛彼氏の心理と束縛する理由とは

束縛する彼氏の心理とは.jpg

人を束縛するのってかなりのエネルギーを費やします。毎日の日課と言ってもおかしくないほど。束縛彼氏がそこまでして彼女を縛ってしまうのは、どうやら深い理由があるようです。束縛彼氏の心理を紐解きながら、理由を探っていきます。


束縛する心理1. 過去に浮気されたことがあるから

過去に付き合っていた女性に浮気された経験から、彼女の動向に人一倍敏感になってしまう男性も。「他の男性に気が向いてしまったら」という不安が常に付きまとっているのでしょう。束縛することで、彼女の気持ちを繋ぎ止めているようですが実際は自分が傷つきたくないだけ。

【参考記事】そんな浮気する女性の特徴とは▽


束縛する心理2. 彼女のことが好きでどうしようもないから

彼女一筋で、重い男性にありがちな心理。彼女のことが好き過ぎてどうしようもなくて、愛情表現の一環として彼女を束縛してしまうのでしょう。重い男性は、自分本位で相手の気持ちを考える余裕がないのです。束縛ではない、相手に負担をかけない愛情表現の方法を知ることが大事です。相手が喜ぶポジティブな愛情表現を何パターンか知れば、脱・束縛彼氏に最も近いタイプかも。

【参考記事】彼女に会いたい時に律する方法についてはこちら▽


3. 彼女がモテるタイプだから

彼女がモテるタイプで、男性と出会う機会が多ければ彼氏が心配するのも無理ないです。でも、問題は心配の仕方が束縛になってしまうこと。行動を制限したり、「誰とどこで何をしていたか」全部把握するのは尋問に近い行為です。彼女がモテるタイプなら、それに見合うような「いい男」になった方が話は早いです。

【参考記事】誰にも愛されるいい男ああああああ▽


束縛する心理4. 愛されたい気持ちが強いから

嫉妬することで相手の気を引こうとする束縛彼氏もいます。いつも彼女に自分のことを注目して貰いたくて、「他の男と絡まないで!」と言ってくることが多いです。このくらいの束縛ならまだ可愛いうちに入るでしょう。でも、会う度にしつこく言われるとさすがに器の広い女性でも愛想をつかしてしまうかも。言う頻度とタイミングは見極めて。

【参考記事】余裕がない男性に共通するポイントとは▽


束縛する心理5. 独占欲が強いから

好きな女性を自分だけのものにしたいと独占欲が強い束縛彼氏。男性との接触を一切許さない、携帯も定期的にチェックが当たり前というスタンスなのです。独占欲が強い男性ほど、女性のことを「自分の所有物」と見がち。自分の独占欲を満たすためなら、彼女のプライベートなんてお構い無しと言った具合でしょう。このレベルになると、ただの「自己中な男性」にしか見えません。

【参考記事】複雑な女性の心理についてご紹介します▽


束縛をするのは本当の愛ではない。“自己愛”を満たすだけ

束縛ではなく本当の愛を.jpg

束縛という行為は相手の為でなく、自分の気持ちを落ち着かせるための安定剤です。本当に心から幸せに思える恋愛は、お互いの心地いい状態を保つこと。束縛彼氏タイプの男性が本当に縛っていたのは彼女ではなく、自分自身なのかもしれませんね。 本当のいい男を志すなら、自己愛だけでなく彼女のこともしっかりと思いやりをもって接する容姿心がけましょう。


【参考記事】相手を思いやれば、今のパートナーとも長続きできるはず▽


【参考記事】あなたにとっての運命の人とは▽


【参考記事】束縛をするのは男性だけではありません▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事