恋愛に疲れた心を癒やす恋サプリ│自分に合った恋の見つけ方と対処法7つ

長い片思いや束縛の強い彼氏、浮気症の彼氏に心配をしすぎて「もう恋愛なんて疲れた…」と思っている女性へ。女性が疲れる恋愛にはいくつか特徴があり、疲れた時は少し休むことも大切ですよ。恋サプリを必要としているあなたに、恋愛に疲れた時の対処法と、疲れない恋愛の見つけ方をお教えします。

恋愛に疲れてしまった女性へ。

恋愛に疲れた男女

最初は楽しくて仕方がなかった彼氏との恋愛も、もう疲れたと思ってしまう時期が来る時があります。

実は、女性が恋愛に疲れたと感じるケースにはいくつか共通した特徴があるのです。

もしかして、浮気性や束縛の強い男性に振り回されて、もう別れたいと思い悩んでいませんか?

今記事では、恋愛に疲れたと感じる女性に向けて、疲れたと感じるタイミングやその理由、対処法などを徹底的に解説します。

さらに、疲れない恋愛の見つけ方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


女性が恋愛に疲れたと感じるタイミングや瞬間とは

長い片思いや彼氏の束縛、浮気など、恋愛は楽しいことばかりではないものです。

実際に、どんな場面で女性がもう恋愛なんて疲れてしまったと感じたのでしょうか。

ここからは、女性が恋愛に疲れたと感じるタイミングや瞬間をご紹介していきます。


タイミング1. 片思いが実らず、失恋をした時

相手のことを一途に思っていたからこそ、辛さは人一倍です。

長い間、片思いをしていて、結局自分の想いが相手に届かなかったら辛いですよね。

片思いしている間は、充実感があったりもするのですが、失恋してしまうとものすごい喪失感に襲われて、疲れたと感じてしまいます。

あまりの虚しさに、しばらく涙が止まらなくなる女性も少なくないとか。

もう恋なんてしないなんて考えてしまっても、仕方がないかもしれませんね。


【参考記事】はこちら▽


タイミング2. 相手の意見や要望を受け入れてしまい、振り回されていると気付いた時

自然と相手に合わせすぎてしまう人は、恋愛に疲れたと感じる瞬間が来やすい、といえます。

最初は、彼女として彼氏を好きな気持ちから、相手の意見を尊重したり、やって欲しいということに答えていても、次第に自分が振り回されていると感じるようになるようです。

理由としては、他に行きたい場所があってもいい出せなかったり、自分が本当にしたいことができないため、フラストレーションが溜まっていくからでしょう。

このように、彼氏に振り回されすぎると疲れたと感じてしまうことがあります。


タイミング3. 好きすぎて、会えなくて寂しいと感じる時

彼氏への想いが強すぎて、気持ちばかりが募る時もありますよね。

すぐに会えるならいいのですが、遠距離恋愛だったり、仕事が忙しい男性だと思うようには会えない場合も。

彼もLINEや電話で気持ちは伝えてくれるものの、なかなか会えないのは辛いことです。

自分だけが追いかけているようなの気持ちが募ると、恋愛に疲れたと感じやすいといえます。

自分ばっかりが好きなのではないかと、不安になってしまうことが多い女性は要注意かもしれませんね。


【参考記事】はこちら▽


タイミング4. こちらの都合も考えず、彼氏がわがままばかり言う時

自分勝手なことばかり言う男性を彼氏にしてしまったら、想像しただけでも大変そうですね。

束縛と似ていて、自分のための時間が彼のわがままで消えていくのが疲れたと感じる原因といえます。

最初は彼のことを考えて、少しのわがままなら聞いてあげたいと思う人も多いでしょう。

しかし、一度わがままを聞いてあげると、次第にエスカレートしてしまうことも少なくはないとか。

彼氏のことばかりを優先して、自分を犠牲にしていると疲れるだけの恋愛になってしまいますね。


タイミング5. 些細なことで喧嘩をして、ふと冷静になり我に返った時

喧嘩をしている時は、つい熱くなってしまいがちです。

言うはずじゃなかったことまで、彼にぶつけてしまったりして、冷静になった時に後悔ばかりが残ってしまいます。

喧嘩をすると、相手との仲直りの仕方やそもそもの原因について、悩む時間が増えるのが疲れたと感じる原因でしょう。

なんであんな些細なことで、こんなはずじゃなかった、という気持ちが強く残ると、恋愛なんて疲れるだけ、と感じてしまいますね。


【参考記事】はこちら▽


タイミング6. 束縛が激しく、プライベートな時間が削られている時

仕事や学校で疲れている時に限って、彼からデートのお誘いが来てしまう、という経験はありませんか?

たまにならいいけれど、毎週休みが来るたびに彼とのデートが入ってしまうと、疲れたと感じる原因になりがちです。

束縛が激しい彼氏と付き合うと、大切なプライベートが削られていき、彼とは合わないなと感じてしまいます。

本当に疲れている時は、断りの連絡を入れるのも億劫になってしまいますね。


タイミング7. 相手の考えや気持ちが全く想像できない時

彼氏の言動から気持ちをいくら想像しても、何も読み取れない状態というのは辛いだけです。

好意でしたはずのことが嫌がられたり、相手が考えていることが全く分からないと、不安な気持ちばかりが募ります。

本当に好かれているのかな、と疑心暗鬼になることもあるでしょう。

恋愛においては、お互いの気持ちが通じていない、と感じるのが一番疲れる原因といえます。一度、彼から離れて休む必要があるかもしれませんね。


【参考記事】はこちら▽


恋愛に疲れやすい女性の特徴

実際に女性が恋愛に疲れたと感じるのは、人それぞれのタイミングあると分かりますね。

では、恋愛は疲れたと感じる女性には何らかの傾向があるのでしょうか?

ここからは、恋愛に疲れやすいという女性に共通している特徴をご紹介していきます。


特徴1. 恋愛体質で彼氏に依存してしまう女性

何よりも恋愛を優先していたり、惚れやすい人は恋愛体質の女性が多いです。

彼氏に依存してしまう傾向が強い女性は、大変な思いをする恋愛ばかりになりがちです。

結果、恋愛に疲れたと感じやすくなるといえます。

例えば、ダメンズと呼ばれる、ダメな男性ばかりを好きになってしまう女性は、依存体質の可能性があるといえます。

仕事もろくにしてないようなダメな男と付き合うのは、自分が苦労するとわかっていても、好きだから仕方ない、と感じる女性は注意が必要です。


【参考記事】はこちら▽


特徴2. 素直になれず、彼氏に合わせすぎてしまう女性

本当はやりたいことがあるのに、人に合わせている状態はストレスでしかないといえます。

彼氏に嫌われたくなかったり、機嫌を損ねたくないと考えがちな女性は、彼氏に合わせすぎて恋愛に疲れた、と感じやすい女性になりがちです。

上司との人間関係のように、彼氏に気を遣いすぎて気疲れしている状態に陥っています。

「男性より一歩身を引ける女性は素敵」という考えもありますが、忠実に実践したら疲れるだけです。

また、恋愛に関して気を遣いすぎるのは、お互いの仲も深まりにくいというデメリットもあります。


特徴3. 支配欲が強く、自分の思ったとおりにならないと嫌な女性

恋愛で、全てが自分の思う通りになることはほぼない、といえます。

思い通りにいかないと嫌になる、という女性は恋愛をしていても、すぐに疲れてしまうでしょう。

相手の意見を聞かなかったり、自分がやりたいこと相手に押し付けていると、余計に思った通りにはいかなくなるものです。

自分は支配欲が強いかも、と自覚している人は、言動が自己中心的になっていないか、相手を束縛していないか、少し考えてみた方がいいかもしれません。


特徴4. 面倒見がよく、彼氏に尽くしすぎてしまう女性

恋愛すると好きな人に尽くしていたいと感じるかもしれませんが、その気持ちが強すぎると疲れを感じる場合があります。

なぜなら、大抵の人は何かをしてあげた分、何かしてくれると期待してしまうからです。

最初はいいかもしれませんが、次第に「私はこんなに尽くしたのに彼は何もしてくれない」という気持ちが芽生えてしまうことも。

必要以上に尽くしすぎてしまう女性は恋愛に疲れやすいといえますね。


【参考記事】はこちら▽


特徴5. ネガティブ思考で勝手にマイナスな方向に考えて空回してしまう女性

本来なら考えなくてもいい不安な出来事を次々と想像してしまうのが、疲れやすくなる原因です。

ネガティブな思考というのは連鎖しやすく、これが不安ならそれも不安、というように悪い方向にしか進まなくなります。

こういうタイプの女性は、過去の恋愛にトラウマがある場合も多いとか。

もし、好きな人が浮気したらどうしよう、嫌われたらどうしよう、といった不安な要素ばかり考えてしまう人は、恋愛に疲れてしまいがちな女性といえます。


【参考記事】はこちら▽


特徴6. 結婚願望が強く、相手に見返りを求めてしまう女性

結婚したい、という気持ちが強すぎるほど、結婚できないというケースがあります。

結婚願望が強すぎて、自分の想いが空回りしてしまい、彼氏に見返りばかり求めるようになると、彼に好かれるはずもなく、ますます結婚が遠のいてしまうことも。

そうして、「思い通りにならない」という気持ちが強くなって、恋愛に疲れてしまうことも多いです。

特に、結婚を強く意識している女性は焦りからか、相手を疲れさせながら、自分も疲れてしまっていないか、冷静に考えてみた方が良いでしょう。


特徴7. 「寂しい」という理由だけで付き合ってしまう女性

行き当たりばったりな恋愛ばかりしていると、恋愛に対して疲れたと感じるのは当然ともいえます。

人は1人では生きていけないのは当たり前で、寂しさから付き合うというのも悪いとはいえません。

しかし、相手を知らずに付き合ってみたらひどいギャンブル癖があった、暴力を振るわれたといったケースも多いです。

とにかく寂しいから、付き合える人とは誰でも付き合うという女性は恋愛に疲れたと感じやすいといえるでしょう。


疲れたと感じやすい恋愛の特徴集

恋愛に疲れやすいタイプの女性もいますが、そうではないのに疲れを感じている人もいるでしょう。

では、恋愛自体に疲れたと感じやすい要素はあるのでしょうか?

ここからは、どういう恋愛をしてしまうと疲れたと感じやすいのか、詳しく解説していきます。


1. 彼氏に素を出せず、無理に合わせようとしているから

本当は彼氏に文句を言いたいのに、本人には言えずに溜め込んでしまうのは辛いですね。

恋愛において、相手に嫌われたくないから我慢しているという女性は多いようです。

その結果、イライラしたり、フラストレーションばかりが溜まって疲れたと感じてしまうことになります。

彼氏に無理でも合わせてしまう気持ちも分かりますが、自分の素を出さないまま付き合っても長くは続かないものですよ。


2. 喧嘩が多く、些細なことでいつも言い合いになってしまうから

喧嘩するほど仲がいいのは、男女関係では違う場合も多々あります。

例えば、毎回のように彼氏の些細な言動が気になって指摘し出したら、もう相手への気持ちは冷めているかもしれません。

その状態で、無理に付き合おうとすればするほど、お互い疲れてしまうでしょう。

彼氏と喧嘩してばかりでは、自分の中で「恋愛自体が疲れるもの」という認識ができてしまいます。

愛のない言い合いをしてしまっていると感じたら、付き合い続けても疲れるだけだといえますね。


3. 彼氏に干渉されたり、束縛されたりしているから

愛情がたっぷりな彼氏ほど注意したいのが束縛が強いかどうかです。

束縛されたい人は別ですが、SNS上の友達との関係について全部聞かれたり、一日中LINE来たらどう思いますか?

束縛する男性は大抵、無意識でしているから余計に厄介というケースも少なくはありません。

また、彼に休みの日を全部把握されていたり、友達との付き合い方などに干渉されていたら、要注意です。

かなり束縛の強い彼氏といえるので、付き合いが長くなればなるほど疲れたと感じる要素が増えていくでしょう。


【参考記事】はこちら▽


4. 休日はデートばかりで自分の時間が持てないから

付き合い始めはいいかもしれませんが、プライベートがない状態がしばらく続くと、ほぼ間違いなく恋愛に対して疲れたと感じます。

スケジュール帳を見たら、休みは全て彼氏とのデートの予定で埋まっていた、なんてことはありませんか?

いくら恋人同士とはいえ、自分の休む時間がなくなるほど一緒にいたいかといえば、そうでもない人も多いものです。

これは結婚してからも言えるので、もし、彼氏がやたらと休日にデートの予定を入れたがる人なら、将来を考えて相談した方がいいかもしれませんね。


5. 自分ばかり尽くして、彼氏からの愛情を感じられないから

恋愛に見返りを求めすぎると、自分だけが疲れてしまうことになりがちです。

人から何かしてもらったら、お返しをしなければならないと感じる「返報性の原理」は、もちろん恋愛にも働くもの、といえます。

しかし、あまりに尽くしすぎて、彼からすれば尽くされるのが当たり前になってしまっていたら、どうでしょうか。

当たり前のことをされて、愛情で返してくれるとは思えませんよね。

しかも、男性は尽くされ過ぎると、逆に嫌になる場合もあるので、ほどほどにした方がいいかもしれません。


6. 一方的な片思いばかりで、相手にうまく気持ちが伝わらないから

同じ人を1年以上思い続けても実らない、なんて恋ばかりしていませんか?

1年以上片思いしているにも関わらず、振られることもなく、片思いの状態が続いている場合は、手詰まり感から疲れてしまう、というケースがほとんどです。

おそらく、アプローチの仕方が間違っている可能性が高い、といえます。

ずっと片思いでいい、という人は別ですが、気持ちを伝えたいのに伝えられないという状態が続けば、恋愛に対しても疲れたと感じるのは当然、といえるでしょう。


7. 相手の考えが読めず、勝手に深読みして気疲れするから

男女間にありがちな、行動や思考パターンの違いを理解していないと、無駄に疲れてしまう場合があります。

男性は時おり、女性が話していても、話を聞いていないような素振りをしていたりして、何を考えているかわからず、気持ちがすれ違うこともあるでしょう。

しかし、男性が何を考えているのかわからないから、といって深読みするのは疲れるだけです。

実は、聞いていないように見えて話は聞いているし、そこまで重要なことは考えていなかったりします。

全部を理解する必要はありませんが、「相手のことを理解してあげよう」という気持ちを持っていると、気疲れすることも減りますよ。


【参考記事】はこちら▽


8. 優柔不断な彼氏で段取り予定はいつも自分が決めているから

いくら仕切るのが好きな女性だとしても、毎回デート先を決めるのも疲れてしまいますよね。

自分ばかりが段取りをしていると、どことなく虚しさがあり「私ばっかり負担がある」と考えてしまうと疲れたと感じることが多いです。

しかし、どこか頼りない彼氏や年下の彼氏だとどうしても自分が先導する恋愛になりがち。

少し優柔不断な彼氏が好みであっても、2回に1回はくらいはデートプランを立ててくれる人じゃないと、頼りなさ過ぎて将来が不安になるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


恋愛に疲れた時に取るべき対処法・恋サプリを公開!

恋愛に疲れたと感じていても、無理して続けていたりしませんか?

時には恋愛から距離をおいて、休むのも大切です。しかし、ただ休めば解決するわけではない場合もありますよね。

そこで、ここからは恋愛に疲れた時、知っておきたい対処法について解説していきます。疲れた心を癒やす恋サプリを実践してみてくださいね。


対処法1. 腹を割って本音で意見を言い合うようにする

お互いが胸の内を隠したままだから、恋愛に疲れたと感じる関係が改善しないというケースも多々あります。この場合の対処法としては本音をぶつけ合うのが一番でしょう。

嫌われるからとか喧嘩になるからとか一切気にせずに、思い切って隠していたことを言い合ってみてください。

きっとスッキリとして、胸につかえるものがとれた感じがしますよ。

もし、本音を言い合った結果、別れたくなったなら、本当に好きではなかったのかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


対処法2. 精神的に自立し、彼氏や恋愛に依存するのをやめる

あなたの人生を占めているのは彼氏や恋愛だけでしょうか。

もし、そうだと言えてしまうなら、対処法としては一度恋愛から離れるのがいいかもしれません。

もちろん、彼氏とも距離をおいてみましょう。

自分で自分を満たせる何かがないと、これからも疲れたと感じるような辛い恋愛しかできない可能性があります。

恋愛以外ならどんなことでもいいので、自分だけで考えて、他人の評価がなくても満たされるものを見つけてください。

それが精神的な自立に繋がり、依存から抜け出せる方法です。


対処法3. 別れたいと思うならすっぱり別れて、いい人が現れるまで恋愛を休む

好きだった人から離れる決断をするのは辛さを伴うかもしれません。しかし、良くない恋愛をして疲れたなら、その相手と別れるのが一番の対処法ともいえます。

なぜなら、一緒いるだけで疲れるようなら、すでに相手とは相性が良いとはいえない状態だからです。

修復不可能とはいえませんが、続けても良い関係になるとは考えにくいのではないでしょうか。

別れたいという気持ちに嘘をつかず、すっぱりと別れましょう。疲れを癒すためにも、次の恋が始まるまでは恋愛を休むことも忘れずに。


【参考記事】はこちら▽


対処法4. 仕事や趣味など、恋愛以外でも楽しめるものを見つける

なにも、恋愛だけが人生の全てではありませんよね。

一度、彼氏や恋愛のことは忘れて、仕事や趣味を目一杯楽しむのも、良い対処法といえます。

資格を取ってスキルアップするもよし、たまっていた映画のDVDを見るのもよし。恋愛で疲れて悩んでいたのが嘘のように、時間を有効に使えますよ。

心から楽しいと思えることを思う存分にしてみて、疲れが癒されてから、ゆっくり恋愛しても遅くはないでしょう。


対処法5. 適度に彼氏と距離を保ち、自分のプライベートの時間を作る

束縛されがちな彼女は、彼氏と離れる勇気が必要です。

彼女の方から距離をとることで、束縛しがちな彼氏のためにもなります。

なぜなら、彼女からやんわりと拒絶されたことで、彼氏にも考え直してもらうチャンスができるからです。

このように、恋愛に疲れた時は距離をとってプライベートの時間を作るのも、良い対処法といえます。

別れるという選択もありますが、ひとまず距離をおいてみることで、お互いの気持ちを再確認できる機会にもなるでしょう。


対処法6. 無理してまで彼氏に合わせたり、尽くしたりするのをやめる

するべきだからするという義務的感情と、恋愛感情とは違います。

尽くしすぎてしまう人は、彼女として彼氏にするべきことは一切ないと考えてみてください。

あなたがしているのは「するべきこと」ではなく、あなたが彼氏と本当に「したいこと」でしょうか?

自分だけが我慢していると辛い恋愛になって、そのうちに疲れてしまいます。

無理に合わせるのをやめて、自分の意見をちゃんと伝えてみましょう。


対処法7. 友達と遊んだり、旅行にでかけたりしてリフレッシュをする

いくら好きな相手だとしても、彼氏とばかり遊んでいると疲れもします。

たまには、誰かと付き合う前の気持ちに戻って、友達と遊んだり旅行に行くのも良い対処法といえるでしょう。

恋愛に疲れたと感じるのは心が休養を欲しているからかもしれません。恋愛疲れを感じたら、無理に悩んでないで気分をリフレッシュするチャンスともいえます。

彼氏から少し離れて、友達と遊んだり、旅行に行ったりして思いっきり楽しみましょう。


【参考記事】はこちら▽


疲れたと感じることなく、幸せと思える恋愛とは?

疲れる恋愛にも対処法があると分かりました。

しかし、できれば最初から疲れたと感じることがない恋愛をしたいと思いますよね。

そこで、最後に疲れると感じることがない幸せな恋愛の条件をいくつかご紹介します。


幸せな恋愛1. 素を出せて、自分のダメな部分も受け入れてくれる男性と付き合う

いつまでも、自分を取り繕ったような恋愛をしているようでは、疲れたと感じる恋愛から抜け出せません。

自分の弱点やダメな部分を全て認めて、受け入れてくれる男性と付き合うようにしましょう。

お互いに、隠し事や無理をする必要もなく、一緒にいて安心感のある相手かどうかが見極めるポイントです。

この人なら本当の自分をさらけ出すことができる、という相手と恋愛するのが幸せのカギといえます。


【参考記事】はこちら▽


幸せな恋愛2. 精神的に自立しており、お互いに自分の時間も大事にできる恋愛

自分だけで満たせるものがある同士の恋愛は、幸せな関係に発展しやすいといえます。

なぜなら、一緒にいて他のことをしていても心地が良い関係、というのは、信頼し合っている同士にしかないものだからです。

相手がいないと楽しくない、1人では楽しいことが何もないという人は、誰かに依存しがちになります。

尽くすことだけが恋愛だと考えていると、お互いが疲れたと感じない幸せな恋愛をするのは、難しいでしょう。

お互いのプライベート時間を確保しながら、行きたい時にデートもできるようなカップルが、一番幸せなのではないでしょうか。


幸せな恋愛3. お互いに相手を思いやる気持ちを持ち、意見を尊重しあえるカップル

精神的に余裕がある、大人なカップルになることが幸せな恋愛への近道です。

人それぞれの考えや意見があり、それを尊重し合えるかどうかがポイントといえます。

本当に思いやりがある人は、自分のことを大切にします。

理由としては、自分のことを大切にできないのに、他人のことを大切にできる、とは思えませんよね。

常に自分を大切にしつつ、相手の気持ちになれれば、疲れたと感じることもないでしょう。


幸せな恋愛4. 心配性な女性の場合、安心できる真面目で誠実な男性と付き合う

付き合っていて不安になるような男性とは、長くは付き合わない方がいいかもしれません。

いつも彼氏の夜遊びや浮気が心配で夜も眠れない状態では、安心できませんよね。

心配性だと自覚できている女性は、真面目な雰囲気の男性を選ぶのが、幸せな恋愛になる秘訣です。

いかにもモテそうな男性は、誠実そうに見えても実は女好きで苦労するというケースもあります。

疲れたと感じない恋愛がしたいなら、誠実な男性と付き合うのが大事なポイントといえるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


幸せな恋愛5. 寂しがり屋で依存しやすい女性は、包容力のある器の大きい男性を探してみる

どうしても、依存体質が治らない女性もいるでしょう。

それならば、依存しすぎても嫌われにくいように、包容力がある男性を探すのが、疲れたと感じない幸せな恋愛を掴む秘訣です。

いつも、落ち着いていて謙虚、さりげない気遣いができる男性は包容力が高い、といえます。

また、器の大きな男性なら、少しくらい寂しがり屋で依存しがちなところも、受け入れてくれやすいのがポイントです。

包容力がある男性を探すのは、大変かもしれませんが、苦労に見合った素敵な恋愛になるかもしれませんよ。


【参考記事】はこちら▽


恋愛に疲れた時は、ちょっとひと休みしてみて。

恋愛に疲れた時は、恋愛なんてもうしたくないと感じるほど、思い悩んでしまう場合もあります。

しかし、前向きに考えれば、今の彼氏との関係を見直す良いチャンスともいえます。

月並みな表現ですが、世の中には魅力的な男性はいくらでもいます。もしかすると、今よりも相性が合う男性に出会えるかもしれませんよ。

恋愛に疲れた時はひと休みして今回紹介した恋サプリを試してみて。心が落ち着いてから恋愛に疲れていたなんて嘘だと思えるような、幸せな恋を探してみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事