凝り性な人の特徴|こだわりが強い人の恋愛と仕事における長所と短所を紹介!

こだわりが強すぎる自分に悩んでいる方へ。この記事では、凝り性な人の性格や行動、恋愛の特徴から、長所&短所、向いている職業まで詳しく解説します!

「凝り性(こりしょう)」の意味とは?

「凝り性(こりしょう)」の意味とは?

凝り性という言葉は「物事に熱中して、度が過ぎるほど徹底的にしないと満足できない性質」という意味を持ちます。

性格を表す際には、熱中しやすく、一つのことに深く集中する傾向がある人を凝り性な人と言います。

もっとも、全ての物事に対して夢中になるわけではなく、強いこだわりを見せるのは趣味など自分の好きなことのみです。


【診断】凝り性な人の特徴|共通点とは?

凝り性な人の特徴

「凝り性な人の行動にはどんな特徴があるの?」

「自分に当てはまるところがないかチェックしたい」

凝り性という言葉はよく聞くけれど、どんな特徴があるのかわからない人も多いでしょう。

そこでここでは、凝り性人の特徴をご紹介します

自分が凝り性なのか知りたい人は、当てはまるところがあるかチェックしてみましょう。


【6つ】凝り性な人の性格の特徴とは?

周りから凝り性と言われる人はどんな特徴があるのでしょうか。

ここから、凝り性かどうかの診断に役立つ性格の特徴を6つご紹介します


特徴1. 完璧主義でこだわりすぎる

手が抜けない性格なので、好きなことにこだわりすぎてしまうのが凝り性な人の特徴。

自分が興味があることには徹底的に取り組みます。

例えばファッションにこだわりがあるなら、

  • 流行に流されず、自分の好きな服しか絶対に着ない
  • 自分好みの洋服が見つかるまで何件もお店を巡って、お気に入りの1着を探す

など、好きなもののためには努力と手間を惜しみません


特徴2. 几帳面すぎる

整理整頓などのルールが自分の中で決まっており、それが守られていないと気が済まないのも凝り性な人の特徴。

例えば、

  • 会社でプレゼンを行う時、プレゼン内容を事前に何度も何度も確認する
  • カバンの中に入れるモノ、入れる場所はいつも同じ

など、自分で決めたルールは絶対。細かいことにもよく気が付くので、仕事が丁寧でマメな人も多いです。


特徴3. 正直者で嘘がつけない

凝り性な人の特徴は正直で嘘がつけない

凝り性な人は自分が納得していないのに、周りに合わせて適当なことを言う人を嫌います。

例えば仕事の資料を作成していて、同僚や上司が「よくできている」と言っても、自分がまだまだできると思えば納得しません。

「まだ完成度が低いと思いますけど」と正直に思ったことを言ってしまいます。

裏表がないので周囲の人から信頼されますが、時には思ったことを言いすぎて相手を怒らせてしまうことも。


特徴4. とにかく頑固

凝り性な人はやると決めたことなどをとことんやらないと気が済まない性格で、人の意見に流されることがありません。

  • 自分が違うと感じたら誰に何を言われても聞く耳を持たない
  • やり遂げるまで絶対に諦めず、泣き言も言わない

など、意志の強さを見せるのも特徴の一つ。時には周囲の人を話を聞かずに突っ走ってしまうこともあります。


特徴5. プライドが高い

自分を良く見せたい性格からやりすぎてしまうのも凝り性な人の特徴。自分が任されたことに対して100点を出したいと考えています。

  • 負けず嫌いで、特に好きな事では絶対負けたくない
  • 自分の得意分野で他の人が褒められていても認められない

など、心の片隅に「誰にも負けたくない」というプライドを常に持っています。


特徴6. マイペース

凝り性な人は自分の好きな事だけ頑張ってしまうので、周りからはマイペースに見えます。

  • やりたいこととそうでないことが自分の中ではっきりしている
  • 納得するまで考えるので答えを出すのに時間がかかってしまう

などの性格から、興味のないことには手抜きが酷かったり、決断が遅くなったりするため「マイペースだね」と言われてしまいます。


【6つ】凝り性な人の行動の特徴とは?

凝り性な人の行動の特徴とは?

好きなことに凝る人の性格の特徴がわかっていただけたでしょうか。

続いては、凝り性がどうかの診断に使える、行動の特徴を6つご紹介します


特徴1. 好き嫌いがはっきりしている

凝り性な人は生まれ持った性分で、好きなことに対してはこだわりを見せる一方で、嫌いなことに対しては驚くほど無頓着だったりします。

  • 与えられた仕事によって、取り組む姿勢が全く違う
  • 趣味には何時間でも没頭できるが、嫌いな家事は手抜きばかり

など、「ちょっと極端じゃない?」と言いたくなるくらい好き嫌いがはっきりしています。


特徴2. 欲しいものへの浪費を惜しまない

こだわりが強い性格から、欲しいものがあると金額は気にせず買ってしまったり、全種類コンプリートするまでお金をつぎ込んだりします。

  • 金欠なのに限定品やレアものを見つけると我慢できない
  • 自分の理想を叶えるのに必要だと感じたら、高額でも衝動買いしてしまう

など、自分のこだわりを実現するための投資は惜しみません。


特徴3. 妥協しない

好きなものにこだわる分、やると決めたことなどに対する情熱が強いので、妥協したりすぐに諦めたりしないのが凝り性な人。

例えば、

  • トレーニングをすると決めたら1日もサボらない
  • 他の人にはできない仕事でも完璧にやり遂げる

など、プロの職人のようなこだわりを持って、粘り強く物事に取り組むことができます。


特徴4. ある程度極めたら飽きて次に行く

凝り性な人の行動の特徴とはある程度極めたら次に行く

凝り性な人は自己満足な性格なので、どこまでこだわるのかは自分で決めたいと考えています。

そのため、自分がもうOKと思ったタイミングで飽きてしまう、熱しやすく冷めやすい一面も。

  • あるアイドルに猛烈にハマっていたが、次に会った時には別のアイドルを応援していた
  • IT関係の仕事に憧れていたが、しばらくすると別の業種を志望していた

などのように、好きなものがすぐに変わる傾向があります。


特徴5. どうでもいいことは手を抜きがち

職人気質なので、得意分野では全力を出すものの、自分の興味のないことには身が入らないのも凝り性な人の特徴。

  • 趣味では細部までこだわりを見せてきちっと作業するのに、自宅は散らかり放題
  • やりたくないと感じる仕事は適当こなして上司に注意されてしまう

など、少し極端なところがあり、周囲の人を驚かせることも少なくありません。


特徴6. 集中すると周りが見えなくなる

凝り性な人は自分の世界を展開するタイプなので、好きなことに一度集中すると何時間も時間を費やしてしまうことも。

  • 食事や寝る間も惜しんでゲームをプレイし続けていた
  • パズルや模型が完成するまで何時間でも作り続けてしまう

など、好きなことに対しては驚異的な集中力を発揮して、周囲を気にすることができなくなります


【6つ】凝り性な人の恋愛の特徴とは?

性格や行動にちょっと癖のある凝り性な人ですが、恋愛においてはどのような特徴があるのでしょうか。

ここから、凝り性な人の恋愛の特徴を6つご紹介します


特徴1. 付き合うまでが長い

凝り性な人の恋愛の特徴とはは付き合うまでが長い

恋人に対してもこだわりが強く安定を望むので、付き合うまでに相手をしっかりと吟味します。

そのため、男性・女性ともに出会ってから付き合うまで時間がかかるのが特徴です。

  • 「もし結婚するなら」など深く考えすぎてしまい、出会ってから何年も友人以上恋人未満の関係が続く
  • 何度もデートを繰り返しているのに「ここはちょっと理想と違うな」と感じて、なかなか関係が進展しない

など、「この人だ」と決断するのにとても時間がかかります。


特徴2. 世間のモテるとズレていることが多い

独特の感性で周囲に流されない性格をしているので、好意を抱く人の感覚が少しずれている凝り性な人。

  • 「〇〇さんってかっこいいよね」と言っても全く周囲からの同意が得られない
  • 好きな女性のタイプを話すと「え?変わってるね」と言われてしまう

など、好きな男性・女性のタイプが周りに理解されないことも多いですが、本人は全く気にしていないのが特徴です。


特徴3. 好きな人の全てを知りたくなる

妥協できない性格なので、好きになった相手のことは何でも知りたくなってしまう凝り性な人。

  • 好きなタイプや過去の恋愛について質問攻めにしてしまう
  • 好きな人が何をしているのか気になって、たくさん連絡してしまう

など、「相手のことを深く理解したい」という気持ちから、押しが強く見えることが多いです。


特徴4. 絶対に浮気しない

凝り性な人は自分の好きなものには一直線なタイプなので、相手に裏切られない限り自分から浮気をしたりすることはありません。

  • 彼女さえいれば他の物は必要ないと考えている
  • 好きな男性に夢中になってしまい、他の異性とは自然と疎遠になる

などの特徴があるので、付き合っていても他の異性の気配がせず、一緒にいて安心感があります


特徴5. デートプランをあらかじめ決めないと気が済まない

凝り性な人の恋愛の特徴とははデートプランをあらかじめ決める

自分の時間を重要視していて無駄な時間を過ごすことが嫌いな凝り性の人。デートの時もだらだら過ごすのはあまり好きではありません。

そのため、

  • 「最初に〇〇をして、その後に△△をして〜」など入念な計画を立てて連絡してくる
  • 行列のできるようなお店には予約して行く

など、きちんと予定を決めて行動してくれるので、時間を持て余さず楽しく過ごすことができます。


特徴6. 喧嘩が長引きがち

凝り性な人は白黒はっきりつけたい性格です。喧嘩をして時間が経ったからといって曖昧な感じで仲直りすることはできません。

例えば、

  • どちらかが謝らずに仲直りすることは絶対にないと考えている
  • ただ謝っただけでは許してくれず、何が悪かったと思っているか聞いてくる

など、少し頑固で理屈っぽい一面もあり、喧嘩をすると仲直りするまで時間がかかります。


凝り性でいることのメリット&デメリット|良い点&悪い点とは?

凝り性でいることのメリット

ここまでの内容で凝り性な人の内面や行動の診断をしてきました。自分が凝り性なのか見えてきた方も多いでしょう。

特徴が分かってきたら、凝り性でいることのメリット・デメリットも知りたいですよね。

ここから、凝り性のメリット・デメリットを一緒に確認していきましょう。


【長所】凝り性でいるメリットとは?

凝り性の長所、凝り性で良かったと思う時はどんな時なのか。

ここでは、凝り性のメリットを4つご紹介します


メリット1. 集中力が高い

好きなことに対する執着が強く、夢中になることで高いパフォーマンスを発揮する凝り性な人。

好きなものに凝る時の研ぎ澄まされた集中力は誰にも負けません。時には、周囲の音や話し声が全く耳に入らなくなるほど集中することも。

しかし、あくまでも本人は好きなことをしているだけなので、周りが思うほど疲れも感じず効率よく作業を続けられます。


メリット2. 納得がいくまで結果を追い求めることができる

凝り性な人は、他の人なら見落としてしまうような細部にもこだわる長所があるため、仕事や制作活動で優れた結果を出すことができます。

妥協しない気持ちも強いので、仕事などで成果を求められた時には、結果が出るまで試行錯誤を繰り返して粘り強く努力します。

クリエイティブな仕事や、職人の技術が求められる仕事で高い能力を発揮できるのが凝り性のメリットです。


メリット3. 信頼してもらいやすい

凝り性でいることのメリットは信頼してもらいやすい

凝り性な人は強いこだわりと優れた集中力を持っているので、仕事などで得られる結果はクオリティの高いものである場合がほとんどです。

たとえ良い結果を得られなかったとしても、適当な仕事をせず最後までやり抜くことは変わりません。

妥協せず諦めない姿勢は「彼の仕事は信頼できる」と同僚や上司からの評価に繋がっていきますから、信頼を得やすいと言えます。


メリット4. 早く成長できる

夢中になると、寝食も惜しんでとことん突き詰める性格の凝り性な人。

好きな事に関しての執着心が強く、細かい部分までしっかりと見ているので、知識やスキルを吸収するスピードが段違いです。

また、こだわりがある分、自分の頭で深く考えて行動できるので、何も考えずに漫然と仕事をしている人に比べて、早く成長できます。


【短所】凝り性でいるデメリットとは?

様々なメリットがある凝り性。では、短所は一体どのようなものがあるのでしょうか。

続いては、凝り性のデメリットを4つご紹介します


デメリット1. こだわりすぎて進まない

凝り性な人はこだわりが強すぎて、一つのことに集中しすぎてしまう短所があります。また、妥協することもとっても苦手です。

細部にこだわるのは良いのですが、目の前のことに夢中で全体のスケジュール感を把握できていなかったということもしばしば。

妥協してとりあえず間に合わせることができないので、仕事の計画が遅れてしまうなんてこともあります。


デメリット2. ストレスが溜まりやすい

凝り性でいるデメリットとははストレスが溜まりやすい

自分の好きなことは何時間でも集中して楽しくできても、興味のないことはやりたくないのが凝り性な人。

しかし、就職したり、結婚したりして、仕事や家事など自分の好きではないことばかりやらされるとストレスに感じてしまうことがあります。

なかには正直に「やりたくない」という人もいますが、そうすると喧嘩になってしまうので、ますますストレスが溜まる悪循環に。


デメリット3. 視野が狭くなりがち

凝り性な人は好きな事を見つけて熱中すると周りが全く見えなくなってしまいます

さらに、自分の考えが強く前面に出てしまうので、他の人の意見に耳を傾けられなかったり、素直に聞くことができなくなってしまったりします。

興味の持てないことや苦手だと感じている事に関しては無駄だと考えているので、考え方や視野が狭くなってしまうデメリットがあるでしょう。


デメリット4. 他人との温度差にがっかりしてしまう

凝り性な人は、自分が凝り性だということを自覚しておらず、疲れ知らずに集中できることを当たり前だと思っています。

そのため、自分ができることをなぜ他人ができないのか疑問に感じて、周囲に高い要求をしてしまう短所があります。

他の人が適当にやっているのを見ていられず、温度差を感じてやる気を失ってしまうことも少なくありません。


凝り性になりすぎてしまった時の克服方法|解消するコツとは?

凝り性になりすぎてしまった時の克服方法

「最近の私、ちょっとこだわりが強すぎる気がする」

「凝り性が酷すぎる時はどう直せばいいの?」

いい面もたくさんある凝り性ですが、こだわりが強すぎて仕事や日常生活に影響がある場合は改善したいですよね。

自分の世界に夢中になりすぎて周囲の人に迷惑をかけるようなことがあってはいけません。

そこでここから、凝り性になりすぎてしまった時の克服方法をご紹介します。


克服方法1. 時間で区切るようにする

凝り性な人は、こだわりすぎて時間を忘れて作業してしまうことがあります。

ペース配分や時間の区切りをあらかじめ決めておくようにしましょう。

  • 「今日は〇時まで作業する」と作業に取り掛かる前に決める
  • 1時間作業したら休憩するようにタイマーをセットする

などをすることで、凝り性になりすぎるのを防ぐことができます。

スマホのタイマーや時間管理アプリを活用すると、時間管理が楽になるのでおすすめです。


克服方法2. 使えるお金を制限する

凝り性の人は自分の好きな物のためなら惜しまずお金を使ってしまう傾向があります。

ですから、趣味や好きなことに使うお金を制限するのも改善方法の一つです。

例えば、

  • 毎月趣味に使うお金は収入の〇%までと決める
  • クレジットカードの利用は控えて現金払いにする

などを実践してみましょう。

あらかじめ予算を決める事で他の事にもお金を使えるようになり、新しい趣味ができるなど視野も広がるかもしれません。

視野が広がれば、好きな事だけではなく他の事にも魅力を感じるようになり、凝り性な性格が改善する効果が見込めます。


克服方法3. 適度にストレスを発散する

こだわりが強すぎると自由に出来ないことがストレスになり、さらにこだわりたくなってしまうことがあります。

ストレスの解消法を身につけておくと、うまくいかなくても我慢できるメンタルを持つことができます。

ストレスの発散方法はたくさんありますが、

  • 背伸びなどストレッチして身体を動かす
  • 席を立って少し歩いてみる

などは、職場でも簡単にできるのでおすすめです。

適度に気分転換する時間を設けて、集中しすぎる癖を直していきましょう。


克服方法4. 妥協を覚える

凝り性になりすぎてしまった時の克服方法は妥協を覚える

ここまでやらないと気が済まないと考える習慣を変えていかないと凝り性からの脱却は難しいです。

「ここまでやれば良いだろう」と考え方を変えるようにしましょう。

うまく妥協できるようになるには、

  • 自分の気持ちよりも締め切りを大切にすることがプロであると考える
  • 自分のこだわりと相手の求めているものは必ずしも一致しない

ということを意識するのがおすすめです。

妥協することは悪いことではありません。ある程度でも合格点をもらえることを理解しましょう。


克服方法5. 自分に期待しすぎない

凝り性な人は他の人に比べて自分がやった方がハイクオリティなものを作れると思っている部分があります。

実際その通りなのかもしれませんが、一人で作業するので時間効率が悪かったり、仕事が多すぎて手が回らないなどデメリットもあるはずです。

ですから「なんでも自分でやった方がいいものができる」と思いすぎないようにしましょう。

自分が優れているという考え方を改めると、他の人に任せることができるようになって、こだわりすぎずに済みます。


凝り性な人に向いている仕事|適性のある職業とは?

凝り性な人に向いている仕事

凝り性という個性を活かした仕事がしたいと考えている方もいるでしょう。そこでここから、凝り性な人が向いている仕事を6つ紹介します

凝り性な気質があるなと自覚している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

凝り性な人に向いている仕事
  1. プログラマー
  2. 料理人
  3. 研究者
  4. 漫画家
  5. 芸術家
  6. ジャーナリスト
タップすると移動します

向いている仕事1. プログラマー

プログラム言語を駆使して、様々なシステムやソフトウェアを開発する職業のプログラマー。

読みやすいコードを書くことや使いやすいシステムを実現することなど、作る人のこだわりが成果に直結しやすい点が凝り性の人に向いています。


向いている仕事2. 料理人

レストランやホテルで腕を振るう料理人。食材を美味しく、見た目もよく料理するには、日々の研究が大切です。

また、技術の習得には積み重ねが欠かせない仕事であり、細かな作業を毎日繰り返すには高い集中力が必要

仕事に妥協を許さない凝り性の人向きな職業です。


向いている仕事3. 研究者

大学や企業などで、人々の暮らしを豊かにするための研究を行う研究者。

自分の研究に対してこだわりがないと、明確なゴールの見えない研究を続けていくのは困難なので適職といえるでしょう。

凝り性の人が持つ、問題が起きてもめげずにやり抜く粘り強さも向いているポイントです。


向いている仕事4. 漫画家

凝り性な人に向いている仕事は漫画家

子供向けから大人向けまで、様々な漫画雑誌に掲載する漫画を描く漫画家。

自分の作品を世に広めたいという強い気持ちと、絵を描くという繊細な作業を続ける器用さが求められます。

好きな事への情熱と几帳面さを併せ持つ、凝り性な人向きの職業と言えるでしょう。


向いている仕事5. 芸術家

彫刻・絵画・陶芸品などの美術作品を制作する芸術家。

凝り性な人の「満足いくまでとことん自分の作品に打ち込む性格」は芸術家にぴったりだと言えます。

決して妥協を許さない姿勢から、クオリティの高い作品を生み出すことができるでしょう。


向いている仕事6. ジャーナリスト

時事問題や社会問題を取材し、新聞やテレビなどのメディアを通じて報道するジャーナリスト。

徹底的に調べ抜き、丁寧な取材をする粘り強さが求められます。

凝り性な人は持ち前のこだわりの強い性格を活かして、他の人には真似できない質の高い記事やレポートを作り出すことができるでしょう。


凝り性な性格と上手く向き合って、仕事と恋愛に活かしていこう。

今回は『凝り性』という言葉の意味をはじめ、凝り性な人の性格や特徴について紹介しました。

「自分って実は凝り性なのでは?」と気になっていた方も、当てはまるところがあるかチェックすることができたのではないでしょうか。

凝り性はクリエイティブな仕事では素晴らしい成果を発揮できる可能性がありますが、時にはこだわりすぎが仇になることも。

この記事を参考に、凝り性な性格と上手に付き合っていきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事