ストレス発散方法16選。ストレスを抱える原因&溜めないコツを解説

ストレスを発散したい時ってありますよね。本記事では、ストレスを発散する方法から、ストレス解消法でやってはいけないことまでレクチャー。さらには、ストレスが溜まる原因や、ストレスを溜めないコツをお教えします。この記事を読んでストレスフリーな人生を手に入れましょう!

上手なストレス発散できていますか?

ストレス発散方法16選

日々生活していると仕事や家事、子育てと、何かとストレスがたまりますよね。上手にストレスを発散できずに、溜め込んでしまっていませんか。

今回は、そんなストレスを発散するのに最適な方法を16通りご紹介します。ストレス発散法と合わせて、ストレスの原因や溜めないコツについてもお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。


ストレスの発散方法が分からない!おすすめのストレス発散方法16個

様々なことが原因で発生するストレス。ストレスが溜まっていると感じていても、ストレスの上手な発散方法がわからなくて悩んでいませんか?

ここでは、おすすめのストレス発散方法をご紹介します。発散方法はたくさん種類がありますので、自分に合ったものを取り入れてみてくださいね。


今すぐできるストレスの発散法

イライラや不満を感じてしまうストレスですが、できればすぐにでも発散したいと思いますよね。

まずは、ストレスを感じた時にすぐできる発散の方法についてお伝えします。お金や時間をかけずにすぐできることばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。


発散方法1. 気分転換に散歩する

散歩にはリラックス効果が期待できますので、ストレスを感じた際に散歩で気分転換することをおすすめします。

それまでイライラや不安でいっぱいだったのに、散歩を少しするだけでポジティブになり、ストレスを解消することもできます。

身体を動かすことでリフレッシュ効果があり、身も心もスッキリした感覚を味わえるはずですよ。


発散方法2. ガムを噛んだり、アメを舐める

ガムを噛んだり、アメを舐めることで、咀嚼刺激が得られストレス軽減が期待できます。ガムやアメにはそれだけでなく、集中力をアップさせる効果も。

スポーツ選手などが、試合前にガムやアメを口に含んでいる場面を見たことありますよね。

ストレス軽減だけでなく、集中力のアップもできるので、プラスアルファの効果を得られます。


発散方法3. 深呼吸をして気持ちを落ち着かせる

ストレスが溜まっている時には、呼吸が浅くなっているものです。イライラや不安に押しつぶされそうになった時には、一度立ち止まり、深い呼吸をしてみてください。

呼吸を深くするだけで気持ちが落ちつき、リラックス効果が得られるかも。深呼吸であれば手軽にどこでもできる発散法なので、様々な場面で取り入れてみてくださいね。


発散方法4. 無理にでも笑顔を作り、明るい気分にする

ストレスが溜まっているときは、どうしても顔がこわばりがちですが、そんな時は無理をしてでも笑顔を作ってみましょう。

顔を笑顔にすることで、不思議なことに、しばらくすると笑顔に似合う心持ちに自然と変わっています。

人は笑顔では怒れません。無理にでも笑顔になることは自分の心をコントロールする方法といえるでしょう。


発散方法5. スマホのゲームアプリで現実逃避をする

ストレスが多いと言われる現代ですが、最近ではスマホのゲームアプリにストレスを発散できるアプリも。様々な種類のゲームアプリがあり、中にはインストールが無料でできるゲームアプリもあります。

気分を落ち着かせるために、少し現実逃避をしてみるのもおすすめ。

無心になってゲームアプリを利用することで、ストレスとなることを忘れられるので、ストレス発散にはもってこいですよ。


発散方法6. イライラする気持ちを紙に書き出す

自分の気持ちを紙に書き出すことで、イライラをすっきりできるかも。紙に書き出す際には起こってしまった事実や自分が感じている思い、ストレスになっている原因に分けて書くのがポイントです。

紙に自分のストレスを吐き出すので、愚痴を聞いてもらう様な感覚になれます。

また、紙に書き出すことで、自分の思考も客観的に知れるので、多くの効果をもたらしてくれますよ。


発散方法7. 緑茶や紅茶を飲んでリラックスする

緑茶や紅茶には、気分を落ち着かせる要素があると言われています。これは緑茶や紅茶に含まれる成分テアニンによるもので、このテアニンにα波が含まれることでリラックス効果が発生するそう。

また、睡眠の質が改善されることも分かっていますので、ぐっすり眠りたい時にも最適です。気分が落ち着かない時には、緑茶や紅茶を飲みリラックスしてみてくださいね。


日常からストレスを発散!習慣にするべきストレスの発散法

普段からストレスがない状態にしておきたいですが、ストレス社会と言われる現代ではなかなか難しいことですよね。ここでは、日頃から意識したい、習慣にするべきストレスの発散法をご紹介します。


発散方法1. しっかりと湯船に浸かり、入浴の時間を確保をする

入浴による温熱作用や浮遊効果は高く、リラックスをすることができます。さらに、お気に入りの入浴剤などを使用し、リラックス効果をさらに高めていくことが可能に。

忙しいとシャワーだけになってしまったり、入浴時間が短くなってしまいがちです。ストレスだけでなく、体にもいい効果をもたらすといわれているので、入浴時間はしっかりと確保しましょう。


発散方法2. 毎日6時間以上は睡眠を取る

睡眠が不足してしまうと、イライラしたり不安定な気持ちになってしまいがちです。まずは、時間や質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

睡眠の時間には毎日6時間以上確保すること、深い眠りができる様に工夫をすることが大切。

良質な睡眠が習慣化できれば身体の調子を整え、ストレスの発生を未然に防ぐこともできます。


発散方法3. 休日は趣味に打ち込み、自分の時間を楽しむ

自分が好きな趣味がある人は、雑念を取り払い、黙々と趣味に打ち込むことでストレスを発散できます。仕事や人間関係でのストレスは発生しやすく、ついつい悩みストレスになってしまう人もいるでしょう。

プライベートな時間を確保できる休日に、自分の好きな趣味を打ち込むことでストレスの解消に。趣味に打ち込むことで新たな発見や出会いもあり、楽しい時間を過ごせますよ。

【参考記事】はこちら▽


発散方法4. 定期的にカラオケに行き、好きな曲を歌う

昔から知られるストレスの発散法として知られるカラオケ。好きな曲を熱唱することでストレス発生を防止する効果があります。

ストレスが溜まっている時は、大きな声を出したり、好きな歌を誰にも気にせず歌うことが大切。

カラオケが好きな人は、ぜひ普段からヒトカラに挑戦してみてくださいね。


発散方法5. 週一回はジムに行くなど、運動を習慣化する

軽い運動は、普段から精神的に良い効果をもたらしてくれます。運動をすることでポジティブな思考が生まれ、ストレスからの解放が可能に。

スイーツを食べたりするよりも幸福感が持続し、効果も目に見えるので、習慣化するのには最適な方法です。

運動は美容と健康両方に効果的なので、習慣化することで多くの変化が実感できるかもしれません。


発散方法6. 友人と定期的に会い、話しを聞いてもらう時間を作る

友人と会話をすることで、自分の中にある不満や不安を吐き出し、ストレスの発散に繋がります。思いのまま会話をすることで、リフレッシュ効果が生まれるのです。

自分の中だけで我慢してしまうことは、ストレスを溜めてしまう原因にも。仲のいい友人と定期的に会話をすることで、ストレスの発生を食い止められます。


発散方法7. 家の掃除をして、気持ちをスッキリさせる

家が綺麗になっていると、心地の良いものです。家が綺麗で整っていると気分が高まるだけでなく、達成感を得られる効果もあります。

一方、家が汚いとストレスが溜まっていく原因にもなり、悪循環をもたらしてしまう原因にも。

家の掃除を積極的にすることで、家族も気持ちよく過ごせることができ、一石二鳥の効果をもたらしてくれる方法ですよ。


発散方法8. 美味しい物を食べに行くなど、自分へのご褒美を作る

家にこもりがちだと、自分の内面にこもる不安や不満をためやすいものです。そうした思いを発散させるのには、好きな場所に行き美味しいものを食べるのがおすすめ。

特に専業主婦は、家にこもりがちになりますので、おしゃれなレストランに食べに行くことで気分を高めることができます。

たまには、自分へのご褒美として美味しいものを食べに行きましょう。


ストレス解消法でやってはいけない4つの事

ストレスを解消する方法には、様々な内容があることがご理解いただけたかと思います。ここでは、ストレス解消にしてはいけないことをご紹介

どれも行うことで逆効果となり、さらにストレスを生んでしまう原因にも。ストレス解消について詳しく知り、正しいストレス解消をする様にしましょう。


NG行為1. 暴飲暴食をする

人は、食べることで、楽しさや幸せを感じることができます。そのため、ストレスが溜ると暴飲暴食をしてしまう人も。

食べている瞬間は幸せでも、暴飲暴食をすることで余計にストレスを溜めてしまう結果に。胃にも負担がかかり、体型も崩れやすくなりますので、体にとっても良くありません。

体や心に負担をかける暴飲暴食をするのではなく、趣味や遊びに行ったりすることでストレスを発散する様にしましょう。


NG行為2. 衝動買いやギャンブルをする

衝動的におこなう買い物やギャンブルは、大きな後悔や被害をもたらすこともありますのでしない方が良いでしょう。

はじめはゲーム感覚だったとしても、のちに依存症になってしまう可能性もあります。

特に男性はギャンブル、女性は買い物にはまりやすい傾向にありますので、くれぐれも衝動的にならないようにしましょう。

強いストレスに見舞われた時は、他の方法でストレスを発散してみて。


NG行為3. 人や物に当たってしまう

人や物に当たってしまう行為は、他の人や物に危害を加える行為です。そうした行為が関係性や不幸をもたらしてしまうことは、言うまでもありません。

やりきれない気持ちを他に当たったとしても、決して解消することはできません。

ストレスが溜まった時は、人に迷惑をかけないで自分の中で解決できる方法がないか見つけてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


ストレスを抱えるのはなぜ?ストレスの根本的な原因5つ

あらゆることで発生するストレスですが、どうしてストレスが生じるのか気になりませんか。

ストレスにおいての根本的な原因を知れたら、あらかじめ発生を防げるかも知れません。ここでは、ストレスの根本的原因となる5つの原因をご紹介します。


原因1. 肉体的に本調子ではなかったり、疲れが溜まっている

年齢や環境が影響し、自分でもわからないうちに身体の調子を崩していたり、疲れを溜めているケースがストレスを引き起こすこともあります。

特に女性の場合はホルモン周期に左右され、精神的にも肉体的にも辛くなり、ストレスを溜めやすくなってしまうもの。

自分の体と向き合い、無理しないことがストレスを溜めないポイントです。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 仕事や恋愛が上手くいっていないため、自己嫌悪に陥っている

仕事や恋愛で不安や不満を抱えてしまうのもストレスのもとに。特に自分が悪いと自信をなくし、自己嫌悪になってしまうと多くのストレスを抱えてしまいます。

男性は仕事、女性は恋愛でストレスを抱えやすくなっていますので、自己嫌悪に陥らない様に気をつけましょう。

仕事や恋愛以外のことに目を向けると、ストレスから解放されることができますよ。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 周囲の人間関係に問題がある

会社や学校、ママ友など多くの場所でそれぞれの人間関係がありますが、身近な人間関係に問題があるとストレスの原因になります。

特に女性は限られた世界の中で人間関係を作りますので、その環境に合わないことで我慢し、多くのストレスを抱えてしまうことに。

男性の会社での人間関係にも言えることですが、限られた人間関係に縛られるのではなく、様々な場所で交流を築くことがストレスから回避する方法になります。


原因4. 仕事などで、大きなミスを犯してしまった

仕事などで自分が大きな失敗をし、周りに迷惑をかけてしまうと申し訳ない気持ちでいっぱいになりますよね。

その気持ちこそがストレスの原因に。故意でミスをしてしまったわけでもないのに、**自己嫌悪になりストレスとなってしまいます。


原因5. 自己主張が弱く、我慢をしやすい性格

自分に自信がなく発言を控えている人は、ストレスを抱えやすい傾向にあります。

しかし、何事も我慢しすぎてしまうと、過剰なストレスを受けてしまう原因にも。自分をさらけ出すまで行かないとしても、我慢のしすぎはよくありません。

これまで築いてきた人間関係を信じて、しっかりと自分に自信をもち行動する様にしましょう。


ストレスフリーな人に学ぶ、ストレスを溜めない5つのコツ

様々なことで発生しやすいストレスですが、できればストレスフリーな人生を歩みたいですよね。なかなか自分では日常をストレスフリーなものにするのは難しいかも知れません。

そこでここではストレスフリーな人が普段実践している、ストレスを溜めないコツをご紹介します。少しのコツでストレスから解放されることができますので、ぜひ参考にしてみてください。


コツ1. 他人と自分を比較しない

他の人の優れた部分を知ると自分と比較し、落ち込んでしまったりしますよね。

自分には他の人と違った自分の良さがありますので、わざわざ比較して落ち込む必要はありません。

特に女性は持ち物や見た目などで、他人と自分を比較する傾向にありますが、比較してもどうにもならないのです。

自分は自分、他人は他人と思い比較せず、比較する環境とも距離を置くことが必要です。

【参考記事】はこちら▽


コツ2. 休日に没頭できる趣味を作る

何もしていない時間があると、不安や不満を抱えてしまう人も。空いた時間にできる趣味を持つことで、没頭することができますので、ストレスを感じにくくなりますよ。

趣味はゲームの様な遊びでも構いません。楽しみながら趣味を続けることで、幸福を感じストレスを減らすことにも繋がります。時間を忘れて楽しめる趣味を持つ様にしましょう。


コツ3. 思った事は我慢せずに発言する

日本人には気を遣うタイプの人が多く、思ったことを我慢しがち。しかし、結果として自分がストレスを抱えてしまうのであれば、思った事をきちんと伝えた方が良いでしょう。

思った事を伝える事で相手に気持ちが伝わりますし、改善する事にも繋がります。気持ちを正直に伝えあえる間柄になれば、信頼関係を新たに築いていく事だって可能ですよ。


コツ4. 前向きな考え方を習慣化する

ネガティブで自己嫌悪になりがちな人は、ストレスを抱えやすい傾向にあります。ネガティブで自己嫌悪な考え方はストレスを生み出すだけです。

日頃から前向きな考え方を心がけることで、ストレスを抱えにくくなります。

最初は慣れなくて戸惑うかも知れませんが、前向きに考えることで自分に自信を持てますので、どんなことも一度ポジティブに考える癖を付けてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


コツ5. 信頼できる友人を作る

不満や不安を抱えた際に、自分一人で悩むことは過剰なストレスの原因の元になってしまいます。ストレスを上手に解消できないと、さらに深刻化してしまう傾向に。

不満や不安を吐き出せる友人がいることで、ストレスを解消できるようになります。一人でもいいので信頼ができ話しやすい、と思える友人を作るようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


ストレス発散をしつつ、そもそものストレスもなくしていきましょう。

誰もが抱えてしまいやすいストレスですが、原因や発散法を知ることで、いくらでも抑えることができます。

上手にストレスの発散ができないと感じるかも知れませんが、まずは考えすぎずに上手に気分転換することが、ストレスを溜め込まないポイント。

上手なストレス解消法を知り、ストレスフリーな日々を過ごせる様にしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事