【自己診断】職人気質な人の特徴とは|頑固な性格に向いてる仕事を解説

職人気質な人って具体的にどんな人?と気になったことはありませんか。本記事では、職人気質な人の理解を高めるために、職員気質の意味から人の特徴、恋愛傾向、長所・短所、向いてる仕事まで徹底解説!さらに、自分や周りの人が職人気質か判断できる診断項目と上手な付き合い方も紹介します。

職人気質って、どんな人か気になりますよね。

職人気質な人の特徴・恋愛傾向・向いてる仕事

仕事や取引先の人と接する時によく聞く「職人気質」という言葉。でも、そもそも職人気質がどんな人を指すのか分からない人も多いですよね。

そこで今回は、職人気質という言葉の意味から、職人気質な人の特徴を性格面と行動面から紹介していきます。また、職人気質な人がどんな恋愛をするのか、恋愛面の特徴まで詳しく紐解きます。

自分や周りにいる人が職人気質の人かどうか気になる人も、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。


そもそも「職人気質」とはどんな意味?

職人気質とは、自分の持っている腕前や技術に自信があり、頑固ではあるけれども仕事には実直な姿勢で取り組む気質を指します。

また、職人気質の読み方は「しょくにんかたぎ」です。「しょくにんきしつ」とよく言われますが、「きしつ」と読む場合は個人の性格を指すことが多いです。

個々の腕前や技術が必要で、黙々と作業に打ち込む一方で、自分のやり方は変えない頑固さがあるのは、職人の世界独自の気質です。

これになぞらえ、職人のような気質を持っている人を指す言葉として使われています。


「職人気質」って褒め言葉なの?

実生活においても、人を形容する時に「あの人は職人気質だから」と使うことも多いです。

頑固で自分のやり方を変えない、周りのアドバイスなどは受け取らない様子を職人気質と呼ぶことも多いです。けれども、その根本には自分の技術や仕事ぶりに自信があり、仕事にまっすぐに向きあう姿勢を持っているからこそ。

よって、仕事ができて実直な姿勢で取り組んでいる気質を指す褒め言葉として使われることがほとんどです。


どんな人が多い?職人気質な人の特徴10個

職人気質とは褒め言葉としても使われることが多い、人の気質を指す言葉と分かりました。

それでは次に、実際に職人気質な人にはどんな特徴があるのか、性格と行動それぞれでの特徴を合計10個見てみましょう。


職人気質な人の「性格」の特徴とは

職人気質の元となるのは、仕事に向き合う頑固さや実直さといった性格面の特徴も多くあります。

具体的な職人気質の人の性格面での特徴を7つご紹介します。周りにいる職人気質の人の性格と照らし合わせて見てくださいね。


職人気質な人の性格1. プライドが高く、自信を持っている

職人気質の人は仕事に対するプライドが高く、他人から口出しされるのを嫌う人が多いですが、これは自分が今までやってきたことに裏打ちされた実績があるからです。

誰よりも努力し、実際に結果や成果を残してきたため、自分の仕事に対する高いプライドを持っているのも特徴の一つ。

自分自身の経験や努力に対する自尊心の高さがある人も多くなっています。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の性格2. とても気難しい

職人気質の人は、自分の腕前や技術には独自のこだわりを持っています。仕事に対する姿勢からやり方まで、自分の中で一定のこだわりがあり、他人にはなかなか理解されにくいため、気難しい性格であるのも特徴です。

自分の考えを大切にしているため、相手に合わせるのが苦手。他人に「付き合いづらい人」と思われてしまうことも多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の性格3. 頑固で自分の考えを曲げない

自分の技術や仕事など、絶対的な自信のある領域には自分だけのこだわりを持っているのも職人気質の人の特徴です。

自分のやり方を大切にしているため、他人からの助言や意見をされても、絶対に受け入れない、曲げない部分も持っています。

考えを曲げない頑固者の一面もありますが、それだけ仕事に対して信念を持っていると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の性格4. 自分にも他人にも厳しい

職人気質の人は、「一度引き受けた仕事は必ず行う」「手を抜かない」など、仕事に対して真摯に向き合っています。

ところが、自分だけでなく他人にも同じ出来栄えや姿勢を求めてしまうため、自分だけでなく他人にも厳しい性格となって現れるでしょう。

意見だけでなく、目線も他人に変えられない特徴もあるのが、職人気質の人です。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の性格5. ぶっきら棒で愛想がない

職人気質の人は、仕事の成果や自分の評価を決めるのは人柄ではなく、仕事の結果が全てと考えています。

自分の評価=仕事の評価であり、評価は人付き合いではなく自分の成果で得たいため、人に媚びて評価を上げようとすることもありません。

人付き合いに対しても必要最低限にとどめ、基本的に媚びないため笑顔が少なくぶっきらぼうな印象も与えやすいです。


職人気質な人の性格6. 自分の成すことに責任を持っている

どんな分野で働いている職人気質の人でも、自分の技術力に自信があり多くの実績を積んでいるため、高いプロ意識をもって仕事に取り組んでいます。

一度請け負った仕事は必ずやり遂げる意志や、求められた以上の成果を出そうする気持ちなど、高い責任感を持っているのも特徴の一つ。

少し難しい仕事でも、依頼してくれた人の期待を裏切りたくない気持ちから最後まで諦めずに取り組むでしょう。


職人気質な人の性格7. 素直で自分に正直

仕事に対して真摯に向き合っている職人気質の人は、仕事を含めて曲がったことが嫌いで考え方もまっすぐです。

嘘をついたり、人をだましたりといったことがない一方、自分に正直で素直すぎるため、思ったことは隠さずにそのまま伝える性格でもあります。

オブラートに包んだ表現をしないため、性格がきつそうに見えますが、素直で実直な性格ゆえそうなってしまうのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の「行動」の特徴とは

職人気質の人は、まっすぐで頑固、プライドが高いといった性格的な特徴がありますが、いずれも自分の仕事や腕前に自信があるからこそ。

仕事への自信は、職人気質な人の行動の特徴にも現れます。具体的な職人気質の人の3つの行動の特徴を見てみましょう。


職人気質な人の行動1. 失敗にめげずに、何度もチャレンジする

仕事に対する真面目さや、自分に仕事を依頼してくれた人への期待を裏切りたくない気持ちから、失敗をしてもめげない、諦めずに何度でも挑戦できる打たれ強さを持っています。

新しい仕事でも積極的に取り組みますし、たとえ失敗してしまっても失敗を活かし、成功するまで何度でも仕事に取り組むでしょう。

諦めない意志の強さや、失敗を恐れない強さから、試行錯誤を繰り返して仕事に向かう行動として現れるのです。


職人気質な人の行動2. 几帳面で仕事などを丁寧にこなす

仕事にも自分の気持ちにも正直、真摯に取り組む職人気質の人。真面目でまっすぐな性格は、丁寧、几帳面に行う仕事ぶりにも反映されています。

指示や依頼された内容通りの出来栄えにするのはもちろん、それ以上に丁寧でしっかりと行うことも多いです。

真面目な性格から仕事にも人にも嘘をつけないため、いつでも仕事をごまかさずに丁寧に行うでしょう。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の行動3. 常に手を抜かずに行動する

職人気質の人は仕事には常に100%以上の成果を出したいと思っているため、どんな仕事でも決して手を抜かずにやりとげるでしょう。

妥協や中途半端の状態が許せない完璧主義者の一面も持っていますが、これは与えられた仕事をきちんとこなしたいという気持ちがあるから。

例えやりなれた作業や簡単な仕事でも、絶対に手を抜かないでしょう。


職人気質な人の恋愛傾向をレクチャー

職人気質といえば、仕事の出来栄えや職業的な側面を表す言葉のイメージがありますが、実は職人気質だからこそ、恋愛にも独特の特徴が現れやすいです。

具合的な職人気質の人の恋愛傾向を4つご紹介します。

職人気質だからこそ意外にモテる、かっこいいと思われる要素をぜひチェックしてくださいね。


職人気質な人の恋愛傾向1. 好きになったら一途

自分自身や仕事など、大切な物に対してはまっすぐな職人気質の人。恋愛に対しても同じで、好きになった相手に対しては一途で、決してよそ見をしません。

他の相手と好きな人を比べることもしないので、浮気や不倫といった気持ちの浮つきがないのも、職人気質の人の恋愛傾向として多くなっています。

浮気の心配がない誠実な恋愛傾向から、モテることもたくさんあります。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の恋愛傾向2. 不器用で恋愛に奥手

元々自分の信念や意見を曲げるのを嫌う職人気質の人は、人の気持ちを推し量らなければいけない、時には相手に合わせる必要もある恋愛を苦手としています。

常に正直な行動をしたいため、恋愛での駆け引きも上手にできません。

仕事ではすばらしい腕前を発揮する器用な人でも、恋愛では不器用や奥手になってしまうことも職人気質の人には多いです。

【参考記事】はこちら▽


職人気質な人の恋愛傾向3. 自分に理解を持ってくれる人を好む

自分の仕事のやり方、考え方に独自のこだわりを持っている職人気質の人は、他人に合わせるのが苦手なため、他人からはぶっきらぼう、不愛想と理解されないことが多いです。

よって、本当の自分を理解してくれて愛してくれる人を恋愛に求める傾向にあります。

自分自身や仕事ぶり、性格など内面も外面も受け入れてくれて、理解してくれる人との恋愛を楽しみたいと思っているでしょう。


職人気質な人の恋愛傾向4. 自立心がある人との相性が良い

職人気質の人は、一度やろうと思ったことをやり遂げようとすると、他のことがおろそかになりがちです。

自分が仕事などに取り組んでいる時でも、相手は全く気にせず自分のペースを保つ、自立心のある人と相性が良いと言えるでしょう。

一緒の空間にいても、お互いに干渉せず、ペースを崩さずにいられる恋愛関係がぴったりです。


職人気質な人の長所と短所は何がある?

独自の考え方や世界観も持っている職人気質の人は、その気質が人付き合いや実生活の上でも影響が出やすいです。

次に、職人気質な人の長所と欠点をご紹介します。

周りにいる上司や同僚で、職人気質な人がいたら、ぜひ当てはまる長所や欠点がないか見てみてくださいね。


職人気質な人の長所とは

どんな仕事でも安心して任せられる、一途に仕事に取り組む姿はかっこいい職人気質の人。

周りから見ていてもかっこいいと思われる、時には異性にモテる要素ともなる職人気質の人の長所をまずは見てみましょう。


職人気質な人の長所1. 他人に流されない強い芯を持っている

職人気質の人は、自分の意見や信念、こだわりや仕事に対する絶対的な自信を持っていますが、これは簡単なことではゆらぎません。

人に何かを言われてもコロコロやり方や意見を変えたりせず、常にしっかりと自分を保っていられるでしょう。

周りに流される、自分を見失わない意志の強さや、一本芯の通った気質な長所の一つです。


職人気質な人の長所2. 嘘をつけない

職人気質の人は、物事にも人間にも真摯に向き合っているため、とても正直で素直です。

常に仕事にも真正面から向かいたいため、どんな人にも嘘をつきません。もはや、嘘をつこうと思っても嘘をつけない性格とも言えます。

人をだましたり、嘘をついてごまかしたりしようとする気持ちが元々ないため、誠実で実直な人柄が信頼を得られやすく、恋愛でも異性にモテるメリットになるでしょう。


職人気質な人の短所とは

職人気質な人は、仕事のやり方や考え方にこだわりを持っているからこそ、時に短所や欠点として出てしまうことがあります。

次に、職人気質だからこその短所を紹介します。

周りの職人気質な上司や同僚で、苦手だと思うところがある場合、短所に当てはまっているかどうか見てみましょう。


職人気質な人の短所1. 頑固で融通が利かない

自分の考えや意見、仕事のやり方には自信やこだわりがあり、周りの意見には流されないのが職人気質の人です。

仕事以外の面でも、他人の意見を聞き入れることは少ないため、周りに合わせられず頑固で融通が利かない、めんどくさい性格として出てしまうことも。

柔軟性や協調性がなく、なかなか人と合わせることができない、人付き合いの上での欠点として表れてしまうでしょう。


職人気質な人の短所2. 夢中になりすぎて、周りが見えなくなることがある

一度決めたことは、諦めずに最後までやりとげる根気と集中力が発揮できる職人気質の人。

ところが、仕事や作業に夢中になりすぎると、食事や睡眠を忘れたり、周りが見えなくなってしまったりすることも多いです。

就業時間が過ぎて、明日やれば良い事でも中断できずに夢中で続けてしまうことも多く、「空気が読めない人」と思われやすい欠点もあります。


職人気質な人に向いてる仕事は、どんな職業?

職人気質な人は、仕事や物事、さらに人間に対しても真摯に向き合う、一つのことを決めたら抜群の集中力と根気を発揮する、といった特徴を持っています。

これらの特徴を発揮できる職業につけば、職人気質を活かして自分の才能を開花させたり、大きな成果を挙げたりもできるでしょう。

ここからは、具体的な職人気質の人に向いている職業を5つ解説します。


向いてる仕事1. 料理人

一つの物事にじっくりと腰を据えて行うことが得意な職人気質の人は、技術力を日々向上させる必要のある職業が向いています。

一長一短では終わらない、腕前を常に磨き続けなければいけない料理人もその中の一つです。

厳しい修行に耐えられる強さや、料理人としての真面目な実直さを保ち続けなければいけないところも、職人気質の人向きといえるでしょう。


向いてる仕事2. 芸術家

職人気質の人は、仕事はスピードよりも品質や成果に重点を置いています。

利益ではなく、自分の納得できる物を常に作り出せる芸術家は、職人気質の人向きの職業の一つです。

クリエイティブな分野でも、職人気質の人は自分独自のこだわりや世界観を発揮し、一つの作品が作り終わるまで黙々と向き合うことができるでしょう。


向いてる仕事3. 研究職

新しい物を作り続けるだけでなく、綿密かつ丁寧さが求められる作業を黙々と行うことも職人気質の人に向いています。

一つの作業に没頭することが多く、さらに細かく丁寧な作業を繰り返さなければいけない研究職も、職人気質の人向けの職業の一つ。

一つの研究にじっくりと夢中になって取り組めるだけでなく、丁寧さが必要な作業も抜群の集中力でこなせるでしょう。


向いてる仕事4. 大工

職人、という言葉がぴったりな職業の一つである大工は、まさに職人気質の言葉通りの仕事が求められる職業。

家や建物を、一つの妥協も許さずに丁寧に作れるため、1ミリのミスが建物全体に影響を与えてしまいやすい大工仕事でも、人が安心して住める住居作りに繋がります。

人に求められた成果以上の物を作ろうとするので信頼も得られやすく、腕の良い大工として活躍できる可能性が高いです。


向いてる仕事5. エンジニア

新しい物を生み出す上で、今までの知識や技術力が必要になるエンジニアも、自分の腕前を磨き続けようとする職人気質の人に向いている職業の一つです。

正しい作業をしなければ、物やプログラムが動かないため、丁寧で真面目に作業をする職人気質の人の気質が発揮できます。

自動車や重機など、実物を作り出すエンジニアから、IT土方とも言われるシステムエンジニアまで、色々な分野で活躍できるでしょう。


自分や周りの人が職人気質か診断してみよう!

職人気質の人の特徴や性格を踏まえて、「もしかしたら自分は職人気質なのではないか」「あの上司や同僚は、職人気質といえるかもしれない」と思う人も多いです。

次に、自分や周囲の人が職人気質かどうかを診断できる項目を紹介します。

同じ職場の人や自分自身が当てはまるか、ぜひ診断してみましょう。


診断1. 自分で決めたことは、最後までやり遂げようとする

職人気質の人は仕事に対するプロ意識の高さを持っているため、どんなことでも自分で決めたことは簡単に諦めません。

どんなことがあってもやり遂げようとする人は職人気質であると言えます。

難しい仕事でも投げ出さずに根気強く取り組める人、時には周りが見えなくなるくらい作業に没頭してしまう人などが該当します。


診断2. 思いついたことを行動に移すのが早い

仕事で最高のパフォーマンスを出す上で、考えている時間すらもったいないと思うのも、職人気質の人の特徴です。

一度思いついたことや、やろうと思ったことがあれば考える暇なく、行動に移すスピードが早ければ早いほど職人気質であると診断できるでしょう。

思い立ったら仕事や作業モードにすぐ切り替えができる、器用な人も多くなっています。


診断3. トレンドには興味がない

自分のこだわりややり方には信念があり、周りに流されないのが職人気質の人。

流行や他人の意見に左右されることがないため、今何が流行っているかが分からない、トレンドには興味がなければないほど職人気質な人と診断できます。

自分のやり方は何があっても変えない姿勢から、世の中の流れを汲むことをめんどくさいと思う人も多いでしょう。


診断4. 周囲からの評価を気にしない

初期人気質の人は、仕事の成果に対して評価よりも自分が納得できる成果や品質であるかを重視する傾向にあります。

仕事の出来栄えは、周りではなく自分が決めるものだと考えている人ほど、職人気質であると言えるでしょう。

同じ仕事でも報酬や依頼した人との人間関係などは度外視し、ただ納得できる成果を収めるように動いています。


診断5. 手を抜くのが苦手

職人気質の人は、どんなことでも妥協せず100%の成果に仕上げたい完璧主義な一面を持っています。

仕事の大小や重要度などに関係なく、どんなことでも手を抜くのが苦手な人ほど、職人気質の傾向が強いと診断できるでしょう。

少しくらい手を抜いても良い仕事でも、常に全力で取り掛かないと気が済まない人が多いです。

【参考記事】はこちら▽


診断6. 凝り性である

頼まれたことや仕事に対して、求められている成果以上の物を返したいと思っているのも職人気質の人の性格の一つ。

仕事だけでなく、実生活でもできるだけ素晴らしい出来栄えを求めようとする、凝り性の一面がある人ほど、職人気質であると言えるでしょう。

趣味や遊びの範囲でも、やりこまなければ気が済まない、といった一つのことに夢中になりやすい傾向があります。


周囲にいる職人気質な人との付き合い方を紹介!

自分自身が職人気質ではなく、職場など周囲にいる職人気質の人がいる場合、頑固や気難しさなどで「接するのが難しい」と思う人も多いです。

最後に、周りにいる職人気質の人との上手な付き合い方をご紹介します。

職人気質の人と接する方法を知れば、より良い人間関係も築けるでしょう。


職人気質な人への接し方1. 尊敬していることを示す

職人気質の人は、自分の持っている技術や腕前、仕事ぶりには何よりも誇りを持っています。

職人気質の人が自信を持っているポイントを素直に褒めたり、尊敬したりしているのを伝えると、自分の仕事を認められたと感じてとても喜ぶでしょう。

「あなたなら仕事を安心して任せられます」など、信頼や尊敬の気持ちを込めて接するのも有効です。


職人気質な人への接し方2. 伝えたいことをまとめてから話す

職人気質の人は、嘘がつけず実直な性格の人が多いため、回りくどい表現や無駄な時間が嫌いです。

伝えたいことは包み隠して伝えるのではなく、こちらも正直に具体的に、かつまとめて話すようにしましょう。

こちらの求めていることや伝えたいことをすぐに話すようにすると、いつでも真剣に話を聞いてくれるはずです。


職人気質な人への接し方3. 自分から話を聞くようにする

職人気質の人は、自分の考えやこだわり、信念を一番に考えて行動しています。

人の意見に合わせたり、空気を読んで行動したりするのが苦手なため、職人気質な人から積極的なコミュニケーションは取ろうとしません

もしも相手と接する時には、こちらから話しかけるなど、働きかけるようにすれば、徐々に距離を縮められるでしょう。


職人気質な人への接し方4. 仕事など真剣に行っていることを示す

自分に対してはもちろん、他人にも同じ目線で厳しくしてしまうのが職人気質の人。

その分、きちんと仕事をしている人や、まじめで誠実な姿勢を持っている人は認めてくれるでしょう。

仕事を真剣に行う、仕事で使う道具を大切に使う、ルールをきちんと守るなど、言葉ではなく仕事に真摯な姿勢や行動で見せるのも有効です。


職人気質な人への接し方5. むやみやたらに持ち上げようとしない

職人気質の人は、自分の仕事や腕前を認められるのをとても誇らしく思います。

逆に自分に媚びて来たり、大げさに持ち上げてきたりする人に対しては、「バカにされているのかもしれない」と感じてしまうことも多いです。

機嫌を損ねてしまうことも多いため、相手を尊敬する気持ちはもちつつも、過剰に褒めるのは厳禁です。


職人気質な人と上手な人間関係を築きましょう。

職人気質の人は、仕事にも人間関係にもまっすぐで真剣に向き合おうとする姿勢を持っています。だからこそ、自分の信念を曲げないため、時には頑固や扱いがめんどくさいとも思われてしまいやすいでしょう。

職人気質の意味を始め、特徴や長所短所、さらに上手な接し方を覚えておいて、職人気質の人と良い人間関係を築いてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事