集中力を高める方法|一つのことに集中できるようになるコツを解説!

集中力を高める方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、集中力が続かない主な原因から、集中力をアップさせる方法まで詳しくご紹介します。勉強や仕事、スポーツをする際に集中力を持続させたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

集中力を高めると、効率がグッと高まる。

集中力を高める方法

集中力をアップさせる1番のメリットは、仕事や作業の生産性が上がること

仕事や勉強に集中したいのについスマホを見てしまい、結果的に1つ終わらせるのに長時間にかかってしまうという経験をしたことがある方は多いはず。集中力を高めればどんな雑事も短時間で終わらせることができるようになるので、次々にやるべきことが完了します。

集中力を高めて、生産性を上げられるようになりましょう。


集中力が続かない主な原因とは?

集中が切れやすい時は、マルチタスクになっている可能性があります。マルチタスクとは、複数の業務を並行して行うこと。注意が散漫しやすいので、集中力が続かないことが多いです。

また、近くに音や映像があることも大きな原因。脳は無意識に周りの情報を拾い、作業とノイズの間で何度も作業を切り替えることに。その結果、集中力が持続できない状態になってしまうことも多くあります。

【参考記事】はこちら▽


集中力を高める方法|メリハリをつけて集中するコツを徹底ガイド

スポーツやテストで結果を出したいのに、集中力が足りなくて良い結果が出ないと悩んでいる方も多いはず。

そこでここからは、集中力を高める方法を詳しくご紹介します。

コツも一緒にご紹介していくので、ぜひ参考にして集中力を高めてくださいね。


集中力を高める方法1. やることを明確にする

「あれをしながらこれをして…」一見効率的なマルチタスクですが、どうしても注意が散漫になりがち。

そんな時は、一つずつ行うべきことを明確化してみましょう。

やることを細分化したり、優先順位をつけたりすると、あれこれ平行に取り組まずに一つずつ着実にこなしていけますよ。


集中力を高める方法2. 時間を区切って取り組む

人間の集中力は平均で50分、長くても90分程度しか継続しないといわれています。

時間を設けないと際限なくやってしまう恐れがあるため、時間を区切ってメリハリをつけることが大切です。

50分なら50分と決めていれば、その時間に近づけるように区切ることでメリハリがつくので、自然と集中力が身についていきますよ。


こまめに休憩をとるのも効果的

計画を立てても、想定通りにいかないこともあるでしょう。

そんな時はダラダラ続けずに、リフレッシュのために休憩を。作業のキリのいいタイミングや、45分〜1時間おきに小休止を挟むなど、こまめに休憩をとるのがおすすめです。休む時は休む、やる時は集中するという習慣をつけましょう。

休憩は良い気分転換になるため、その後の作業が捗りますよ。


集中力を高める方法3. 余計な情報は遮断する

手元にスマホがあると、つい手が伸びてしまうという方は多いはず。そして気がつけば時間が経ってしまい後悔することも。

スマホやテレビなど、気が散りそうな物はデスク周りや身の回りに置かないようにすること。余計な情報はシャットアウトするのも集中力を高めるのに最適な方法です。

気が散る物がなくなれば、自然と物事に集中できるようになりますよ。


雑音が気になるなら耳栓やイヤホンをするのもアリ

1人の空間でない限り子供の声や、外の工事の大人など集中力を妨げる雑音が入ってきますよね。ある程度は我慢できても、あまりにもうるさいと作業を諦めたくなる方も多いはず。

そんな時は、耳栓をしたり、イヤホンでヒーリングミュージックを流したりして、周囲のノイズを断ち切るのもおすすめ。

雑音がなくなれば、余計に気になったりせず、集中して作業を行うことができますよ。


集中力を高める方法4. 事前にイメトレをする

集中力ややる気をアップさせるためにスポーツ選手も行っているのが、イメージトレーニングです。

いつまでにどれくらい行うのか、また成功するイメージを明確に思い描きましょう。

イメージトレーニングはスポーツだけでなく、仕事や勉強でも効果を発揮します。できている自分を事前にイメージして、それに沿えるよう実行すれば、高い集中力で行動できるでしょう。


集中力を高める方法5. 規則正しい生活を心がける

お腹が空いたり、眠かったりすると集中力は低下しやすいもの。子供は特にこの傾向があります。

  • 日頃から3食しっかり食べる
  • 決まった時間に布団に入る

など、規則正しい生活を徹底しましょう。

決まった生活をこなすことで、不必要に意識が動かなくなり、注意が散漫することが少なくなりますよ。


集中力を高める方法6. 運動する習慣をつける

長い間集中して作業を続けると、精神的な疲労を感じます。すると、集中力を散漫にし、作業効率が大幅に低下してしまいます。

頭を使って疲れてきたと感じたら、ちょっとした運動をスケジュールに組み込みましょう。

運動はドーパミンの分泌量を増加させ、ドーパミンが増えると集中力がアップすると言われています。つまり、運動することで、集中力が高まるというわけですね。


集中力を高める方法7. 集中力に関する書籍を読む

書籍を読むことで、心理学、脳科学など、いろんな視点から「集中力」を学ぶことができますよ。

集中力を高めるコツが書かれた本はたくさん出版されているので、ぜひ読んでみましょう。


おすすめの本1. 自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

「本を読んでもどう行動に移せばいいかわからない。」知識は説明してくれているけど、どう実践すればいいかわからない本って時々ありますよね。

『自分を操る超集中力』は、すぐに効果の出る「ワーク」を掲載しています

ワーク通りに実践していくだけ。それだけで「超集中力」が身についていきますよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 脳が認める最強の集中力

脳が認める最強の集中力 最新脳科学が教える自分を劇的に変える習慣

「誰かの意見のような本は信じられない。」論理的な人であれば、科学的な根拠がほしいところですよね。

『脳が認める最強の集中力』は、現役の脳神経外科医が、脳と集中力の関係について書いた本です。

集中力が高まるメカニズムを脳の仕組みからしっかり知りたい方は、こちらの本をチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

『脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める』は、生活の中でできるちょっとしたことを習慣づけて、集中力を高めていくという内容。

「あれもこれもやりましょう」といった内容ではないので、少しずつですが無理なく集中力を高めていけますよ。

Amazonで詳細を見る


集中力を上げて、仕事や勉強などの効率を高めよう。

集中力があれば、仕事や作業の生産性が上がります。

集中力を高めるのは一見難しそうに感じますが、実は少し行動と意識を変えるだけで簡単にできるのです。

しかし、「自分にできるかな…」と不安に思う人も多いでしょう。

この記事を参考にして、できることから1つずつ試してみてください。継続していれば、いずれ高い集中力で行動できるようになりますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事