仕事で信頼される人の特徴とは|周囲から信頼してもらうためのコツも解説!

信頼される人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、周囲から信頼される人の特徴から、周りの信頼を得るコツまで詳しくご紹介します。職場や友人関係など、周囲の人達から信頼を得たいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

周囲から信頼される人の特徴とは|共通するポイントを大公開

信頼される人の特徴とは

後輩が自分ではない人に相談をしていたり、友達が深刻な悩みをしていたけど知らなかった…なんて時、むなしくなりませんか?

人は誰かに相談されたり、頼られると自己重要感を感じられる生き物。誰にも信用されないと孤独感を感じてしまいますよね。

周りの人は頼られているのに自分は誰にも頼られない。そんな世界いやですよね。

この記事では、周囲から信用される人とはどんな人なのかを紹介していきます。自己重要感を感じつつ豊かな人生を送る参考にしてみてくださいね。


信頼される人の特徴1. 約束をきちんと守る

信頼される人は周囲の仲間を裏切るようなことはしない性格といえます。

どんなに、ささいなことでも、難しいことでも、一度約束をしたことは絶対に守ってくれる、信頼の厚い友達や同僚が身近に一人はいるのではないでしょうか。

約束をきちんと守ることで日々信用を積み重ねているので、周囲から信頼される人になるのです。


信頼される人の特徴2. 失敗を素直に認めて改善できる

何が正しくて、何が間違っているのかしっかり判断でいるのが信頼される人です。

仕事をしていても、自分の間違いに気づいたら、意地を張ったり、ごまかしたりしないで、素直に認めて改められる人がいますよね。

「この人なら物事を冷静に判断してくれるだろう」そんな評価をされて信頼されるようになっていくのです。


信頼される人の特徴3. 誰にでもフラットな態度で接している

人と接する時に先入観を持たないでコミュニケーションが取れるのが信頼される人の性格。

職場などにも相手が先輩でも間違いは指摘できるし、後輩でも正しい主張をすれば受け止めてくれるような人がいるもの。

目の前の相手を立場や状況で差別しないで、平等なコミュニケーションを心がけているので、周りから信頼を集めていきます。


信頼される人の特徴4. 仕事でしっかりと成果を出している

「どんな実績があるのか」というその人の実績は人物を判断する大きな材料になります。

職場でもどんなに立派なことを言っても、仕事で結果を残せない人は信頼を得にくいものですし、逆に言葉が少なくてもいつも成果を出している人は信頼されていくもの。

周囲が認めるだけの成果を出すので、周囲は能力を認めて信頼をするのです。


信頼される人の特徴5. 報連相を徹底している

組織の中ではチームワークが大切だと理解しているのが信頼される人の特徴といえます。

仕事をすれば、報連相を徹底して、連携を大切にしているので、上司としては「進捗状況がわかって安心」となります。逆に報連相を怠ると、「ちゃんと仕事が進んでいるのか不安……」と思われるもの。

仕事での明確さがあるので、上司や部下が連携を取りやすく、信頼も厚くなっていきます。


信頼される人の特徴6. 専門的な知識やスキルを持っている

何事にも周囲が認めざるを得ない実力の持ち主というのは信頼に値するもの。

仕事でも趣味でも自分が取り組んでいることに対しては、専門的な知識が豊富で、スキルも高いというプロフェッショナルな人がいますよね。

「これはこの人に聞けば大丈夫」「あの人に任せれば失敗はない」そんな評価をされる能力の高さが信頼につながるものなのです。


信頼される人の特徴7. 不平不満を口にしない

信頼される人はネガティブな発言が周囲に悪影響を与えることを理解しています。

職場などにも会話をすれば会社や仕事の不平不満ばかり口にして雰囲気を悪くする人がいるもの。しかし、信頼される人は余計なことはいわずに不平不満があれば行動をして改善をしようとします。

余計なことは口にせず、やるべきことをやる真面目な姿勢が周りから評価されるのです。


信頼される人の特徴8. やり始めたことは最後までやり遂げる

責任感が強く努力を怠らないのが信頼される人の性格。

恋愛関係でも「結婚に向けてお金を貯める」と一度決めたら、贅沢をやめて一生懸命に仕事に励む姿を見せるような恋人だと「この人について行けば大丈夫」と思えますよね。

「何事も始めたなら最後までやり抜く」そんな誠実な態度で物事と向き合えるので信頼をされるのです。


信頼される人の特徴9. 周りに気配りができる

他人の気持ちに寄り添って、相手のための行動ができる人が信頼を得ているケースは多いです。

職場などで上司から後輩まであらゆる人に対して、困っていることはないか、なにか悩みがないかなど気がついて、それを解決するための行動が取れる人がいるもの。

いつも思いやりを持って接してくれる姿を見て、周囲の人は「信じて大丈夫な人」と思うようになります。


信頼される人の特徴10. 主体性がある

人任せにすることなく、自分から積極的な行動をする人は頼りがいがあって信頼をされます。

仕事でチームでプロジェクトに取り組むときも、何をすべきか考えて、自分から率先して行動して仲間を引っ張るような姿を見せてくれるもの。

「誰かがやるだろう」ではなく「自分がやる」と主体的に行動をするので、周囲は「頼りになる」と信頼を寄せるようになるのです。

【参考記事】はこちら▽


周りから信頼を得るコツとは|最適な方法を解説

信頼される人になりたくても、「どこから始めたらいいんだろう」と実際に行動に移せていない人もいるでしょう。

ここからは周りから信頼を得るコツを詳しく紹介します。

周囲から信頼を得られる人になる第一歩を踏み出してみてください。


周りから信頼を得るコツ1. 周囲へ積極的にコミュニケーションをとる

自分のことを理解していない人は信用できません。逆に自分が知らない相手のことも信頼するのは難しいもの。

まずは周囲にいる人たちと積極的なコミュニケーションをとって、お互いについて理解を深めていくのがおすすめ。

たくさんコミュニケーションをとって、「お互いのことをよく知っている」という関係を築ければ、信頼してくれるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


周りから信頼を得るコツ2. 分からないことは素直に周りへ聞く

組織の中で一番困る人は、分からないことをそのままにして、自分の独断で勝手な行動を取る人です。

もし分からないことがあれば、それを認めて素直に周囲の人へ聞くようにしましょう。

分からないことを聞くのは恥ずかしいことではありません。むしろ「不明点はしっかり確認してくれるから安心」と信用へと結びつくのです。


周りから信頼を得るコツ3. 嘘をつかない

その場しのぎの嘘をついても、騙しきれるものではありません。たとえ一つでも嘘がバレたら信頼されることはなくなってしまいます。

何事にも正直にまっすぐに生きるようにしましょう。失敗などした時に、隠したくなる気持ちは分かりますが嘘をついてごまかしても、いずれバレてしまうもの。

嘘をつかないことで、「この人は正直で信用できる人」と評価を得られるようになりますよ。


周りから信頼を得るコツ4. 誠実に仕事へ打ち込む

社会人にとって仕事は欠かすことのできない大切な要素。これを適当にしてしまう人は周囲から評価されることはありません。

自分が従事している仕事には真摯に向かい合って、誠実に打ち込むようにしましょう。適当にこなしたり、投げやりな態度で向かい合うのは厳禁。

真剣に仕事をしている姿には誠実さが漂います。次第に周囲の人たちが信頼の気持ちを寄せてくれるようになるでしょう。


毎日の生活を意識して、信頼される人へ

今回は周囲から信頼される人の特徴と、周囲から信頼を得るためのコツを解説しました。

「みんなから信頼を得るためにはどうすればいいんだろう」と悩んでいる人もいるでしょう。

信頼を得るには周囲の人にも自分自身にも誠実に向かい合う姿勢が大切です。今回紹介した信頼を得るコツを参考にして、信頼を勝ち取ってくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事