幼稚な人の特徴13選|周りにいる精神年齢が低いへの対処法を解説

いつまでも経っても幼稚な人っていますよね。そこで今回は、幼稚な人の特徴や原因から、幼稚でいるデメリットや幼稚な人への対処法まで、詳しくご紹介します。さらに、自分が幼稚と言われた時の改善法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

幼稚な人に悩まされることってありますよね。

幼稚な人との付き合い方

年齢の割に幼稚な友達や職場の上司に苦労した経験ってありませんか。「いい年して子供っぽい…」と思うこともあり、話が通じないなんてこともありますよね。

今回の記事では、幼稚な人の特徴や言動、幼稚な人に振り回されないための考え方や対処法を詳しくご紹介します。

周囲にいる精神年齢が低い人に苦労しないよう、ぜひチェックしてみてください。


前提として「幼稚」の意味とは?

幼稚とは、「年齢が幼いこと」や「考え方や行動が未発達なこと」を意味します。

「あの人は幼稚だ」と表現する場合は、年齢の割に考え方や行動が未熟というネガティブな意味で使われることが多く、あまり肯定的な意味合いで使われることはありません。

大人に対して「幼稚」という表現を使う時は、基本的に悪口と解釈されるでしょう。


幼稚と思われやすい人の特徴5選|精神年齢が低い人とは

幼稚な人ほど、自分が幼稚であるという自覚が無いケースが多いですよね。

ここでは、幼稚と思われやすい人の特徴を、発言や行動、性格から分析して、特徴別に解説していきます。

特徴を理解することで、どういう人が幼稚であるか客観的に分かるようになるので必見です。


幼稚な人の特徴1. 言葉遣いや言動が子供っぽい

大人は、職場やフォーマルな場面などでは、状況に応じた言葉遣いを求められます。しかし、幼稚な人は、その場に適した言動が取れないため、周囲の人から浮く傾向があります。

例えば、年上の人に向かって、敬語を使えずに友達口調で話して注意されたり、職場の上司の前で「疲れた」「眠い」などと思ったことをすぐに口に出してしまったりする人は、幼稚な人という印象を持たれてしまうでしょう。


幼稚な人の特徴2. 短気な性格で感情的になりやすい

幼い子供は自分の感情が上手にコントロールできないので、嫌なことがあると辛抱できずに、すぐにイライラします。大人でも、幼稚な人は精神年齢が低く、行動が子供っぽくて短気です。

気に入らないことがあると、すぐ感情的になったり、途中で投げ出したりしてしまうのは、自分の感情をセルフコントロールできないから。精神が未成熟で感情のコントロールが下手ということも幼稚な人の特徴と言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幼稚な人の特徴3. 気持ちの切り替えが遅い

失敗は誰にでもあるもの。大人であれば、なぜ上手くいかなかったのか客観的に考え、なるべく早く切り替えようとします。

しかし、幼稚な人は物事を主観的な側面からしか見られないので、失敗という事実にとらわれがち

そのため、気持ちの切り替えが遅い人は、”物事を客観視できない幼稚な人”と思われやすくなってしまうのです。


幼稚な人の特徴4. 利己的で協調性がない

大人になって責任のある立場にいれば、自分のことばかり考えていてはダメですよね。周囲と意見をすり合わせて協力し合い、時には自分の意向を抑えられるのが大人の態度。しかし、幼稚な人にはそれができません。

子供っぽい人は、あまり責任感がなく、自分さえ良ければいいと思いがちです。利己的で協調性がないのは、幼稚と思われやすい人の特徴と言えます。


幼稚な人の特徴5. 嫌なことがあるとすぐ顔や態度に出す

大人になると多少嫌なことがあっても、グッと気持ちを堪えて、感情を表に出さないよう制御します。なぜなら、感情を素直に出すことで人間関係が壊れたり、場の空気が悪くなることを理解しているから。

しかし、幼稚な人は、自分の感情をコントロールできないために、嫌なことがあれば、すぐに表情が曇ったり、態度が悪くなったりします。

その結果、人から「大人の対応ができない子供っぽい人」というレッテルを貼られてしまうケースが良くあります。


【シチュエーション別】周囲から幼稚と思われやすい人の特徴

日々の生活の様々なシチュエーションの中で、幼稚だなと思われてしまう人はどんな人なのでしょうか。

ここでは、カップルや職場での人間関係で幼稚と思われる人の特徴を、男性・女性に関わらず紹介していきます。


幼稚と思われやすいカップルの特徴

幼稚なカップルと大人なカップルは一体どこに違いがあるのでしょうか。

幼稚なカップルの特徴的な部分をピックアップしながら、どんな言葉のやりとりや行動によって、子供っぽく見えてしまうのかを詳しく解説していきます。


幼稚なカップルの特徴1. 記念日を”必ず”一緒に過ごさないと気が済まない

幼稚なカップルは、誕生日や付き合った記念日などに「絶対に一緒に過ごす」という強制的なルールを作ったりします。なぜなら、相手の都合を考えず、自分の欲求ばかり満たそうとするからです。

大人のカップルなら相手の都合を考慮して予定を決めますが、幼稚なカップルは自分勝手な予定を相手に強要します。

大人カップルからすると、「相手のことを配慮しない付き合い=子供のような恋愛」と捉えられてしまうのです。


幼稚なカップルの特徴2. SNSでラブラブ自慢する

大人のカップルは二人の幸せを他人に公開するものではないとわきまえているので、SNSでのアピールは控えます。

しかし幼稚なカップルは、自分達の幸せを周囲に見せつけて見栄を張りたいと思っています。そのため、ラブラブ自慢をしようとして、SNSにラブラブ投稿をしたりすることが多いです。

優越感や承認欲求などが抑えられないため、SNSで自慢投稿をしてしまうのです。


幼稚なカップルの特徴3. 喧嘩のたびに「別れる」と言って、結局一緒にいる

大人のカップルは喧嘩をしても、冷静に話し合い、問題解決することができます。特に既婚者であれば、簡単に「別れる」などとは言いません。その言葉の重みや、実際に別れた時の大変さを想像できるからです。

しかし、幼稚なカップルは些細な喧嘩でもすぐ感情的になり、後先考えずに「別れる」と宣言してしまいます。

ですが、大した理由で喧嘩をしていないことが多いので、だいたいは仲直りして一緒にいるもの。そのため、周りの人から、場当たり的な発言をする幼稚なカップルと思われてしまうのです。


幼稚なカップルの特徴4. 「私(俺)のこと好き?」と愛情を確認しすぎている

大人のカップルはそれぞれが自立しているので、相手に依存した恋愛をすることはありません。愛情を求めるよりも与えるのを重要視します。

幼稚なカップルにおいて特に女性は依存心が強く、愛情をもらうのが優先事項。愛を確認したくて、「私のこと好き?」などと頻繁に聞くようになるのです。

愛情を与えるよりも愛されることばかりのカップルは、大人カップルからすると精神が未熟で幼稚な人達だと思われてしまいやすいです。


職場で幼稚と思われやすい人の特徴

職場でも子供みたいなことを言う人っていますよね。先輩上司だったり部下であったり…。では、職場で「あの人は幼稚だ」と言われてしまう人はどんな人なのでしょう。

ここでは、仕事の中で幼稚な発言や行動をする人の特徴をタイプ別に見て、幼く見えてしまう原因が何かを確認していきます。

自分の会社の同僚が該当しないか、想像しながら見ていきましょう。


職場にいる幼稚な人の特徴1. 何事も受け身で自分からアクションを起こせない

職場で上司からの指示が無いと何もできない子供のような人っていますよね。そういう人は幼少期から優しい親が何でもしてくれたので、自ら考えて行動する習慣が身に付いていない人です。親がいないと何もできない子供のような行動を取ってしまうという特徴があります。

仕事では、誰からの指示がなくても、やるべきことを探し出し、自立的に業務を遂行する能力が求められます。そのため、常に受身で自発的に行動できない人は幼稚だという印象を持たれやすいのです。


職場にいる幼稚な人の特徴2. やりたくない仕事は全力で拒否をする

性格や精神年齢が幼い人は、組織の一員であるという責任感や連帯感が薄く、自分が楽をしたいわがままな人。だから自分の苦手な作業や、面倒臭いと思う業務を全力で断ったりします。

一人前の社会人であれば、自らが多少の苦労をしても、職場の仲間や会社の利益を優先して行動します。それができない人は自己中心的で未熟な人間だと思われてしまうのです。


職場にいる幼稚な人の特徴3. 上司の場合、機嫌が悪いと部下にそっけない態度をとる

理性で感情を制御できず、気分で言動が変わってしまう年上の上司っていますよね。こういうタイプは機嫌が悪い時に、部下に冷たく接したり、八つ当たりをしてくる人です。

上司という立場であれば、どんな状況でも自分の感情に左右されずに、部下のことを考えて、柔和な対応をする必要があります。

そのため、自分の機嫌でそっけない態度を取るような上司は、部下から幼稚な人だと軽蔑されてしまうのです。


職場にいる幼稚な人の特徴4. 職場内の人の悪口で盛り上がっている

どの職場でも年上の同僚や上司の陰口を言う人はいるものです。

しかし、良識ある人は、周りの人が悪口を言っていても、それに同調することはありません。なぜなら、他人を中傷するとチームの空気が悪くなるリスクがあると予測できるからです。

反対に幼稚な人は、同僚が悪口を言っていると、ついつい便乗してしまいます。それは、自分の悪口で盛り上がることで仲間意識を得ようとするためです。会社にとってチームの結束は大切。そのことを知らずに感情に任せて悪口を言ってしまうので、幼稚な人だと思われても仕方ありません。


きっかけは何?幼稚と思われてしまう原因

では、一体何が原因で、幼稚と思われるようになってしまうのでしょうか?

それには、生い立ちや性格、考え方などが影響しているようです。ここでは、人として幼く見られてしまう原因を4つにまとめて紹介しています。


幼稚に思われてしまう原因1. 両親に優しく育てられたから

自分勝手でわがままばかり言い、周りに迷惑をかける人は幼稚だと思われますよね。子供の時から両親に甘やかされてきた人に多く見受けられ、自分の思い通りにならないと我慢ができない性格です。

両親に優しく育てられたのが原因で自己中心的になってしまった人は、周囲の人から幼稚な人だと思われてしまうでしょう。


幼稚に思われてしまう原因2. プライドが高く、自分の考えが正しいと思っているから

成熟した人は他人の意見を尊重することができます。

一方、幼稚な人は、自分の考えが認められないのはプライドが許さないため、自分の意見ばかりを押し通そうとしてきます。また、自分の意見が正しいのに通らないのはおかしいとも考えます。

プライドが高くて自分の意見が通らないと駄々をこねるのが、幼稚な人だと思われる原因の一つです。


幼稚に思われてしまう原因3. 視野が狭く、自分の事しか考えられていないから

物事を俯瞰して見れる人は周囲のサポートもしっかりできるので、責任感のあるデキる大人に見えますよね。

逆に視野が狭くて自分以外に関心がない人は、周りに配慮ができない無関心で無責任な人に見られるので、幼稚に思われます。

視野が狭くて気配りできない人が幼稚に見えるのは、自分の事しか考えていないからだと言えるでしょう。


幼稚に思われてしまう原因4. 周囲がどうにかしてくれると、甘い考えを持っているから

幼稚な人は何かトラブルがあった時、自分で解決方法を考えることをしません。今まで誰かに助けてもらって生きてきたので、他力本願でどうにかなるという甘い考えがあるのです。

しかし、年を重ねるにつれて、自立心も磨かれていくはず。そのため、歳をとっても自己解決能力が低ければ、自立心のない未熟な人間だという印象を持たれてしまいます。

周囲がどうにかするという考えがある以上、幼稚な人間と思われ続けてしまうのです。


幼稚だと何がダメなの?精神年齢が低いと起こり得るデメリット

幼稚な人の特徴や原因を見てきましたが、幼稚であることは何が悪いのでしょうか。一つにまとめると、精神的に幼いと人生で損をすることが多くなるからです。

ここでは、考え方や行動が未熟なために発生する具体的な4つのデメリットについて解説していきます。どんな点で損をするのか、チェックしてみましょう。


幼稚であるデメリット1. 一緒にいると気疲れするため、距離を置かれやすい

気分屋で感情の起伏が激しい人と一緒にいると、誰だって疲れてしまいます。気疲れする相手とは自然と疎遠になっていくものです。

幼稚な人は感情を上手くコントロールできないので、機嫌が悪い時は、平気で相手に八つ当たりをしたり、冷たい態度を取ったりします。

いくら友人でも、気分次第で接し方が悪くなるような人とは、付き合いたくありませんよね。そのため、幼稚な人は、人間関係が長続きせず、距離を置かれてしまいやすいというデメリットがあるのです。


幼稚であるデメリット2. 責任感がないため、仕事で昇格や出世が難しい

職場で昇進するためには、上司から評価される必要があります。評価されるためには、まずは自分に課せられた目標を達成し、会社の業績に貢献することが重要です。

例えば、営業マンであれば、売上目標を何が何でも達成しなければなりません。しかし、精神的に未熟な人は、責任感がなく、組織の利益より自分が楽することを優先してしまい、売上目標に届かないような状況でも平気で仕事をサボったりします。

そのため、目標を達成することができずに評価が得られにくいため、昇格や出世が難しくなるのです。


幼稚であるデメリット3. 自己中心的なため、異性からモテにくい

男性、女性関わらず、モテる人というのは、相手に気遣いができるものです。しかし、幼稚な人は、相手のことよりも、自分のことばかり考えて発言や行動をしてしまうため、異性から敬遠されてしまいます。

例えば、自分勝手にスケジュールを立てたり、一方的に連絡をしてきたりするケースです。

思いやりの無い行為は相手に嫌われます。そのため、自己中心的で未熟な人は恋愛の面においても損をすることが多いのです。


幼稚であるデメリット4. 実年齢と精神年齢のギャップに悩む機会が増える

例えば、20代よりも50代の男性の方が、常識的で礼儀を心得ていると一般的には思われるでしょう。年を増すごとに精神年齢も上がって当然ですよね。

しかし、幼稚な人はいくつになっても、中身は幼いままなので、年齢を重ねても大人の振る舞いができるわけではありません。

そのため、実年齢が上がるたびに自分の精神年齢とのギャップに苦しむ機会が増えるのです。


恋人や職場の上司など、身近に幼稚な人がいる時の対処法

もし、あなたの身近にいる人が幼稚だったら大変ですよね。相手の性格や考え方を変えることは簡単にはできませんが、上手な接し方がわかれば、あなたに降りかかるストレスも軽減されることでしょう。

この項目では、職場の上司や恋人が幼稚な人だった場合の効果的な対処方法を4つをお伝えします。


幼稚な人への対処法1. 幼稚な人と割り切ってドライに接する

気分次第で理不尽なことを言う幼稚な相手にイラッとすることもあるでしょう。そんな時は、感情的に反論したくなるのを抑えて、大人の対応を徹底してください。

感情のコントロールができない相手とはまともな話し合いができる見込みがないため、正論を話しても否定されたと逆上するだけです。

幼稚な人と割り切って相手にせず、冷静に対処するのをおすすめします。


幼稚な人への対処法2. 必要最低限の会話だけして、なるべく距離を置く

幼稚な人とは話をしているだけで気疲れしてしまいますね。そういう人は、一緒に会話をしていても内容が稚拙で自分の興味のあることや、自慢話、他人の悪口などを一方的にしゃべります。

こちらが、話題を変えてもお構いなしに自分の話したいことばかりをしゃべり続けるので、何も得るものがなく、時間の浪費に終わってしまうだけ。

関わっても生産性がないと感じるなら、なるべく関わらない方がお互いのためです。


幼稚な人への対処法3. 友達や恋人の場合、相手を思いやる大切さを教える

いつも自分勝手な振る舞いをして周囲の反感を買う恋人や友人がいるなら、彼らの幼稚なところを叱るのがあなたの役目です。本当に大事な人なら、相手を思いやる大切さに気づかせてあげましょう。

恋人や友人を諭す時は、何が悪かったのか、どうすれば相手を思いやれるのかを具体的にアドバイスすると効果的。思いやりの大切さを教えることが、大事な人への何よりの対処法です。


精神年齢は上げられる?自分が周囲から幼稚と言われた場合の対処法

万が一、あなた自身が周りの人から「幼稚だ」と言われたらどうでしょうか。

未熟な点を改善して、幼稚なイメージを払拭したいと思うはずです。

ここでは、精神的な年齢を上げて、少しでも幼稚さを改善していくための実践的な方法を解説していきます。


精神年齢を上げる方法1. 言葉遣いや所作など、一般常識を勉強してみる

幼稚と言われる原因の一つとして、日頃の言葉遣いや所作が非常識で子供っぽく見られることがあります。逆に言うと、常識的な言動を取れば、精神年齢が高いと思われるわけですね。

正しい言葉の使い方や振る舞いをするためには、まずは「TPOに応じたマナー」を知ることです。

一般常識やマナーについて書かれた本などを読んで学習し、実際に学んだ通りに行いましょう。学習と実践を繰り返して、徐々に大人の対応を身に付けてください。


精神年齢を上げる方法2. 過ぎたことを気にせず、未来のことにフォーカスする癖をつける

精神的に未熟な人は気持ちの切り替えが下手です。一度失敗すると、いつまでも悩んでしまいます。

気持ちの切り替えを上手にするためには、過去は変えられない、変えられるものは未来だけだという視点を持つことが重要です。

とはいえ、すぐにそのような考え方に持っていくことは難しいもの。思い悩んだら、未来に気持ちを向けようと意識しましょう。そうすれば切り替えが上手になり、精神年齢を上げることにも繋がります。


精神年齢を上げる方法3. 自制心を鍛える

幼稚な人は、自分の欲求をコントロールすることが上手くありません。

生まれ持っての性格もありますが、目標を定め、自分を律して努力し続けるという経験に乏しいのが主な原因です。いろいろな欲望や誘惑を我慢して、自分で立てた目標に到達すれば、強い達成感を得られます。

達成感を得ることが習慣になると、自分の欲求を律してでも目標に近づこうとするようになって自制心が鍛えられるのです。そうなれば、結果的に精神年齢の向上も実現できます。


幼稚な人に振り回されないよう上手に対処しましょう!

今回の記事では、年齢の割に考え方や行動が幼稚な人について、その特徴や幼稚になってしまう原因を解説しました。

もし、職場の上司や恋人が幼稚だったら、頻繁に顔を合わせなければいけないので大変ですね。

しかし、幼稚な行動を取る原因を理解して、適切に接してあげれば、幼稚な人とも上手く付き合っていくことは可能です。また、自分が幼稚な人の特徴に当てはまる場合は、考え方や感情のコントロールを改善して周りから嫌がられないように気をつけていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事