大切な人とは?失いたくない人の特徴&失わないために心掛けることを解説

あなたには大切な人がいますか?大切な人を大切にできているでしょうか?今記事では、自分にとって大切な人がどんな人なのか、特徴を解説するだけでなく、大切な人を失わないようにするためのポイントや日頃の感謝の気持ちを上手に伝える方法をレクチャーしていきます。

あなたには、失いたくない「大切な人」がいますか?

大切な人の特徴&失わないために心掛けること

自分にとって大切な人、大切にするべき人とは一体どのような人なのでしょうか。

改めて考えてみると、普通の友達や他の異性とはどう違うのか、上手く表現できないものです。

この記事では、『自分にとって大切な人とはどういう人か』『大切な人との関係を失わないようにはどうしたらいいか』などについて紹介していきます。

自分の大切な人が誰なのか見極めたい人や大切な人を失いたくない人、自分が相手の大切な人になるためにはどうしたら良いか悩んでいる人は、ぜひ参考にして下さい。


自分にとって大切な人とは?大切な人の特徴5つ

大切な人とは

自分にとって大切な人であるか判断するにはどのようなポイントがあるでしょうか。ここでは大切な人かを見極める5つの特徴についてご紹介します。

これから紹介する特徴を持つ人のことは、異性・同性問わず失うのが怖い、大切な人であると言えます。

自分がどのような人を大切だと思っているのか、見分けられる重要な要素となりますので、身近な人を思い出しながら確認してみましょう。


大切な人1. 利害関係を超えた繋がりを持つ人

その人の力になれるなら自分が損をしても気にならないと思える相手なら、それはただの友達以上の『大切な人』であると言えるでしょう。

大切な人とは、自然と利害関係を超えた関係になっていくものです。

逆に、自分に対して同じように尽くしてくれる相手であれば、あなたは『大切な人と思われている』と考える一つの基準になります。


大切な人2. 困った時に心の底から支え合える人

困った時に真っ先に思い浮かべる人は『大切な人』であるかどうかの大きな基準となります。

「頼りたい」と思った相手はあなたが心の中で大切にしている人だということです。

また、「助けてあげたい」「守りたい」と自然に思える相手なら、間違いなく大切な存在だと言えます。

逆にあなたが困っている時にいつも助けてくれる相手がいれば、あなたは相手からも大切な存在と思われていると判断する事ができますよ。


大切な人3. どんな時でも信用し合える人

大切な人はどんなときも信用出来る人

LINEやメールの返信が遅くても「怪しい」と思わず「後で必ず返してくれる」と信じて待てる相手とは、十分な信頼関係で結ばれていると言えますね。

このように、「この人の言うことなら信用出来る」という相手であるというのは、大切な人かどうかを見極める重要なポイントの一つです。

他にも『安心して内緒話が出来る』という友達なども、大切な人であると言っていいでしょう。言葉にしなくても通じ合える関係は、お互いかけがえのない存在だと思っている良い関係ですね。


大切な人4. 離れてしまう時に悲しいと感じる人

一緒にいる時間の終わりに、いつも名残惜しくなるような相手は、大切な人に違いありません。大切な人と1秒でも長く一緒に居たい気持ちになるのは、自然なことです。

プライベートで一緒に遊んだ後や、学校、職場で別れる時に『別れるのは悲しいな』という気持ちになる相手かどうかが、大切な人かを判断できる特徴の一つです。

明日も同じように会えるのに離れたくないと思う友達や異性がいれば、その人のことを大切に思っていると言っていいでしょう。


大切な人5. 多大な恩を受けた恩人

あなたが人生で困っている時に助けてくれた相手など、大きな恩を感じている相手のことは『大切な人』だということが出来ます。

いつか恩を返したいと思えるような相手は、失いたくない大切な相手の一つですね。

お金や物を貸してくれたというだけでなく、失恋や喧嘩で落ち込んでいる時に話を聞いてくれてありがたかったという相手も当てはまります。


大切な人を失わないようにするために心掛けたいこと

大切な人を失わないようにするには

心の中でいくら大切に思っていても、きちんと態度に示さなければ信頼関係を失う可能性があります。人間関係は一度失うと修復が非常に難しく、後々まで悲しい思いをしてしまうことになりかねません。

言葉や態度一つで、あなたと大切な人の関係が良い方にも悪い方にも動いてしまうのです。

では、大切にするべき人を失わないようにするための注意点とはどのような事があるかを見ていきましょう。


心掛けること1. 言葉と行動で想いを伝えてあげる

あなたがいくら心の中で大切だと想っていても、言葉や行動に表さないと相手は理解することが出来ません。

『大切に思っている』と伝えられて嫌な気持ちがする人はいないので、大切だなと思っている点、感謝している点などがあれば、その度に大切な人へ直接伝えてあげることが重要です。

友達などで感謝の言葉を口にするのが恥ずかしい場合は、手紙を送って気持ちを伝えるのも有効な手段ですね。

あまりしつこくなりすぎると相手の負担になる可能性もありますので、ここぞという場面でハッキリと想いを伝えられれば、より効果的なアプローチになります。


心掛けること2. 大切な人が本当に嬉しいと思うことをしてあげる

大切な人へ贈り物をしたり、食事をするなど喜ばれるような行動をするのもいい関係を失わないようにする効果的な方法です。決して自分本位にならず、相手が本当に喜ぶことをしてあげるのがポイントになります。

例えば、外出が好きじゃない相手を無理に食事や映画に誘うのはNGです。

甘い物が好きではない相手に、自分が好きだからといってお菓子をプレゼントしたりするのは『自分のことをわかっていないんだな』と思われ、かえって信用を失う結果となってしまいます。

相手が望んでいることをきちんと考えられるようにするのが一番の心がけです。


心掛けること3. 嘘は付かない

大切な人を失わないようにするには嘘をつかない

嘘を付かれると、相手は許してくれているようでも心の中で裏切られたと感じ、悲しい思いをしています。大切な人へは、たとえ些細なことでも『嘘をつく』事は絶対にしてはいけません

遅刻や寝坊をした際の言い訳などたとえ小さな事であっても、嘘をつくと相手からの信用は少しずつ減っていきます。

大切な人には常に誠実であるようにすることが、信頼関係を失わない重要なポイントになります。例え言いづらい事であっても、正直に話すようにしましょう。


心掛けること4. 大切な人を疑ったりしない

相手を疑う事から始めると、あなたに疑われたことにショックや怒りを感じ、関係が悪化してしまう可能性があります。

仲違いしたことが原因で、そのまま大切な人との信頼関係を失うという事にも繋がりかねません。万が一疑わしい場合でも、大切な人の言うことは最初から疑ったりしないようにしましょう。

いきなり問い詰めるようなことはせず、まずは一度相手の言い分をしっかり聞いて、本当であると信じた上で疑問点を聞くようにしましょう。


証拠がないのに疑ってしまったら、正直に話して謝ること

もしも相手の言うことが信じられず疑ってしまった場合は、後からでも良いのできちんと謝るようにしましょう。

相手はあなたに疑われたこと自体に悲しい思いをしていたり、怒っていたりするので、言い訳をせず謝罪の気持ちを伝えるのが大切です。

その上で、なぜ疑うようなことをしてしまったのか正直に伝えます。大切な人との信頼関係がきちんと成り立っていれば、相手もあなたの言うことに真摯に向き合い、耳を傾けてくれるでしょう。


心掛けること5. 見返りを求めたりしないこと

大切な人を失わないようにするには見返りを求めない

大切な人との関係を失うような事態を避けるには、ある程度損得の感情を捨てた関係でいられるかどうかも大事です。

自分が得をするから助ける、自分が損をするから助けないなどという行動ばかりしていては、相手もあなたを大切にできないと判断するでしょう。

見返りがなくても力になりたいと思える相手こそが、本当に大切な人であると言えます。


大切な人から大切にされたいと思ったら意識したい2つのこと

大切な人に大切にされるには

あなた自身が失いたくないような相手から「大切にされたい!」と望んでいる場合、ぜひ実践すべき行動があります。

友達や恋人など、”周囲に大切にされる人物になるために、以下の2つを意識してみてください。「守りたい」「力になりたい」と思わせる人には、きちんと納得できる理由と魅力が備わっています。

大切な人と良好な関係を維持するためにも重要なポイントになりますので、しっかり意識して行動してみましょう。


意識すること1. 自分のことを大切にする

自分を大切にしないということは、自分のことを信頼してくれている相手をもないがしろにする行為になります。自分で自分を大切にできない人の事は、相手も大切にできないのです。

まずは自分自身が自分を大切にすることから始めてみて下さい。自分を大切にすることによって、友達などの周囲にも優しく接することが出来る余裕が生まれるようになります。

周囲に優しく出来るようになれば、きっと相手もあなたを失いたくないと思い、自然と尊重してくれるようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


意識すること2. 大切な人を自分から大切にしてあげる

大切な人が困っていたり、悩んでいる場合は、自分から積極的に力を貸すよう行動しましょう。相手から大切にされたいと思うばかりでなく、積極的に自分から相手を大切にしてあげる気持ちが大切です。

相手が悲しい思いをしていたら寄り添ってあげたり、力になりたいという気持ちを言葉にして伝えてあげると良いでしょう。

日頃の感謝を手紙で伝えてあげても喜ばれます。

もし喧嘩になってしまった時でも、相手を失いたくないと言う気持ちをきちんと伝えるのが重要です。


大切な人に日頃の想いを伝える言葉とは

大切な人に伝える言葉はありがとう

日頃から相手を大切にするという気持ちを失わないように、感謝や親愛を込めた言葉を伝えることは非常に重要です。

ここでは大切な人へどのような言葉を伝えるべきか、具体的な言葉とその理由についてまとめています。

言葉にするのが恥ずかしいという場合は手紙に書くなどでも良いので、きちんと相手に届くように日頃の想いを伝えましょう。


言葉1. 「ありがとう」

何かをしてもらった時などは、どんな小さな事でも「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にして伝えるのが重要です。

相手に迷惑を掛けたり、時間を取ってもらったという場合も「ごめんね」と一緒に「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。

感謝をされて照れくさいことはあっても、嫌な気持ちになるということはありません。相手は自分を大切にしてくれていると感じ、喜んでくれます。


言葉2. 「愛してる」

女性は常に『大切にされたい』という想いを抱いている事が多いので、言葉や態度で「愛してる」と伝えると非常に喜んでもらえます

相手が男性の場合は、『こんなに自分を想ってくれる存在なら、守りたいな』という気持ちが湧いてくるでしょう。大切にする人が異性や恋人である場合は、「愛してる」という言葉をきちんと伝えるのが非常に大事です。

逆に、付き合いが長いからと言葉にしないでいると、相手からの愛と信用を失うことになりかねません。「愛してる」と伝えることを恥ずかしがらずに、大切な人を失わないようにするためにもきちんと伝え続けるようにしましょう。


言葉3. 「いつでも側にいるよ」

大切な人に伝える言葉はいつでもそばにいるよ

悩んでいる人は、誰かに味方になってほしい、共感してほしいという気持ちを抱えています。悩んだり落ち込んだりしてしまっている大切な人へは、「いつでも側にいるよ」という言葉をかけてあげましょう。

あなたが大切な人の味方であるとアピールすることで、相手を安心させることが出来ます

いい関係が築けている相手には、無理に色々と聞き出そうとするのではなく、そっと寄り添うような言葉をかけるだけで十分です。相手があなたに相談ごとを持ちかけたい素振りをみせたら、しっかりと向き合い一緒に悩んであげましょう。


大切な人を大切にできる人間になりましょう。

大切な人を大切に出来る人になろう

自分の大切な人を見極める方法や、関係を失わないようにするためにはどうしたら良いかを紹介しました。普段から何気なく接している相手でも、見つめ直すと大切な存在であるということを再認識出来たと思います。

日頃から大切な人へ感謝の気持ちを伝えるだけでなく、自分のことも大切にできないと信頼関係を長く続けることは出来ません。

大切な人との縁を大事にしつつ、自分も相手から大切にされるような存在となれるよう、日々意識して過ごしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事