精神年齢が高い人の特徴|落ち着いた内面の大人になる成長方法とは?

子供っぽい!精神年齢が低い!と言われても、どうすればいいかわからないですよね。この記事では、精神年齢が高く、大人っぽいと言われる人に共通する特徴を16個紹介します。精神年齢を高める方法も併せて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

精神年齢が高い人の特徴|大人っぽい人の共通点とは?

精神年齢が高い人の特徴

そもそも、精神年齢が高いってどういう意味?
落ち着いてる人って、どんな人なの?

精神的に成長したいと思いながらも、特徴的な言動や振る舞いがよく分からない人も多いのではないでしょうか?

本記事では、『精神年齢が高い人の特徴』について、詳しくご紹介していきます。

大人っぽい人の態度を把握して真似をすれば、魅力的な人間性が身に付き、恋愛や仕事も上手くいきやすいですよ。ぜひ参考にしてみて。


特徴1. トラブルが起きても動じない

精神年齢が高い人は人生経験が豊富なことから、トラブルが起こったとしても、落ち着きを持って対処すればなんとかなるという考え方をします

例えば、仕事上で部下が大きなミスをしたとしても、怒鳴り散らすようなことはありません。的確な指示をして、ミスにより発生した問題を解決したり、これから起こり得る状況を回避したりします。

想定外のトラブルに見舞われてもイライラした態度を取りません。落ち着いて振る舞うようにしていますよ。


特徴2. 自分のことは自分で決められる

人に流されることなく、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかをはっきりと分かっているのも大人っぽい人です。

具体的には、親に大学に行くように言われたからなんとなく行くという人がいる一方で、精神年齢が高い人は

将来一流のシェフになりたいから、大学には行かずに自分でお金を貯めて、イタリアに修業に行く!

自分の決定に対して覚悟があります

このように、他人の決定ではなく、自分自身の決定に従って物事を進めていく傾向がありますよ。


特徴3. 心にゆとりがある

精神年齢が高い人の特徴は心にゆとりがある

精神年齢が高い人は、周囲と自分を比較しても意味がないと思っています。

自分は自分、人は人

という割り切った考えが軸にあるため、他の人の言動に振り回されることはほぼありません。

例えば、周りの友達が次々と結婚しても、「今は仕事が楽しいから没頭したい。結婚は後で良いかな。」といったように、結婚に焦ることはありません。

自らの行動にゆるぎない自信を持っているため、常に余裕があって落ち着いてるのです。


特徴4. 話をよく聞いてくれる

自分のことよりも、人の気持ちを優先してしまうのも、大人っぽさが際立つ人の共通点です。誰かの役に立つことは、価値がある行動という心理が根底にあります。

例えば、初めてデートをする時でも、相手が心地よく話ができるように聞き役に徹する傾向に。相槌も上手で、「うんうん、それで?」と相手が話をしやすいように気を遣ってくれます。

自分の話をあまりせずに、相手の気持ちを理解しようとするので、周囲からもよく相談されることが多いですよ。


特徴5. 自分を客観視できている

精神年齢が高い女性や男性ほど、冷静に自分の姿や言動について考える傾向に。

感情や目先の利益などは一旦横において、第三者目線でありのままの自分を捉えています。

例えば恋愛で好きな人に振られてしまった時でも、

自分の言動に悪い所はあったのかも…。
あの時の発言がまずかった。さすがに気をつけないと…!

など、落ち着き払った態度で反省をするのです。

精神的に不安定になって、相手を責めるようなこともありません。


特徴6. 「やばい」「だるい」などの言葉を使わない

精神年齢が高い人の特徴はヤバい・だるいを使わない

精神的に大人な人は、汚い言葉を使うと周囲から下品だと思われて評価が落ちることをよく理解しています。

言葉一つで自分の印象を下げてしまうのはもったいないので、丁寧な言葉を使うように心がけているのでs。

例えば

「やばいって、まじありえない」
「だるすぎてもう無理」

など、精神年齢が低く捉えられる若者言葉は使いません

本当に驚いたよ
かなり疲れていて難しいかもしれない

など、落ち着き払った丁寧な言葉遣いをします


特徴7. 未来を見据えて行動できる

精神年齢が高い人は、時間を無駄にしたくないという気持ちがあります。そのため、最終的にどうなりたいかなどゴールを決めて、その未来に辿り着けるように着々と行動するのが特徴です。

「2年後に留学をしたいから、毎月5万円ずつ貯金をして、毎日英語の勉強をする」

というように、自分が思い描いた未来を実現するために具体的なプランに沿って有言実行する傾向がありますよ。


特徴8. 同情ではなく共感させてくれる

大人っぽい女性や男性は、人の話を聞くのが得意。しかも、どのような話が相手のためになるのかを理解しています

例えば恋愛が上手くいっていないという話をされた時は、普通だったら「可哀そうに…」と周囲から同情されそうなもの。

しかし、精神年齢の高い人からは、

「恋愛は失敗があるから成長できる。むしろ改善すべきポイントが分かったから、後は直すだけだよ!」

のように、相手が思わず「確かに…。」と感じてしまうような言葉が出てきます。


特徴9. 根拠のある自信を持っている

精神年齢が高い人の特徴は根拠のある自信を持っている

精神的に落ち着きのある人は、経験や実績を重ねているので、根拠のある自信を持っていて、考え方の軸がブレません

言動も一貫しており、自分が何をすべきかが明確です。

仕事で新たなプロジェクトを任されたとしても、過去の成功体験により、どのようにリーダーシップを取って業務を進めるべきかを分かっています。

なんとなく湧いてくる自信ではないため、周囲からも余裕がある大人に見られやすいですよ。


特徴10. 店員さんに対して横柄な態度を取らない

精神年齢が高い人は、人は平等で、店員や客で上下がないという考えを持つ傾向に。

カフェやレストランなどで店員さんに対して横柄な態度を取ることが、周囲や一緒にいる人を嫌な気持ちにすることを知っています。

例え、自分がオーダーしたものと違う料理が運ばれてきたとしても、店員に対して怒鳴ったり暴言を吐いたりしません

「オーダー内容が違うので、もう一度確認してもらえますか?」

と謙虚な姿勢でお願いをします。


特徴11. 親しい間柄でも礼儀を大切にしている

精神年齢の高い女性や男性は、友人を大事にしたいという思いが強め。

大人になっても良い関係性が築けるように、親しき中こそ礼儀を大切にしなければいけないと感じているのです。

具体的には、友人に相談に乗ってもらったら

「話を聞いてもらえて本当に気持ちが楽になった。ありがとう!」

感謝の言葉をきちんと伝えるなど。

また、自分と友人の価値観が違ったとしても、なるべく共感しようと努め、否定はしません。


特徴12. いじられることに対して耐性が高く、切り返しが上手い

精神年齢が高い人の特徴はいじられ耐性がある

精神年齢が高い人は、感情をコントロールするのが上手で、多少いじれたくらいでは不機嫌になりません。

もはや、自分の対応次第で相手との仲を深められると考えています。

例えば「食べるの好きそうだもんね。」とぽっちゃり体型をいじられたとしても平気。むしろ

「焼肉ごちそうしてくれたら、目の前ですごい食べっぷり見せてあげますよ!」

そんなふうに上手に切り返して、場を和ませることができますよ。


特徴13. 落ち着いた服装をしている

精神年齢が高い人は、なるべく目立ちたくない心理から、落ち着いたカラーリングやテイストの服装を好むことが特徴です。

  • 男性の場合
    モノトーンや襟付きの大人っぽい服を着用し、知的で清潔感のある雰囲気でまとめている

  • 女性の場合
    ミニスカートよりもロングスカートやパンツスタイルを選び、上品なコーディネートが多い

など。


特徴14. 友人の愚痴を言わない

精神的に成熟した人は、せっかく出会えて仲良くなれた友人を失いたくないという考えが強い傾向に。

元々ネガティブな発言は少ないものの、やはり友人同士で集まった時には仕事の愚痴などがこぼれることはあります。

ただ、信頼関係を重視しているので、友人をターゲットにした悪口や過剰ないじりはしません。

たとえ他の人が友人について愚痴を言っていたとしても、聞き流したり「私はそうは思わないけど」とフォローしたりしますよ


特徴15. 家族を大事にしている

精神年齢が高い人の特徴は家族を大事にしている

精神年齢の高い人は、家族と良い関係性を築きたいと考えています。

  • 毎年母の日にはプレゼントを贈る
  • 離れて暮らしている両親にマメに連絡をする
  • 疎遠になった兄弟との仲を修復しようと試みる

など、家族間でも感謝の気持ちを伝えられる関係性を保っています

特に社会に出てからは、兄弟や姉妹、両親など、以前はそこまで話をしてこなかった相手のありがたみを感じて、精神的に大人になっていく傾向がありますよ。


特徴16. 感情を押し殺すことができる

精神年齢が高い落ち着いた人は、時にはグッと我慢しなければならない場面もあると考えています

あからさまに理不尽と思える状況が起きても、上手く対応する傾向に。

例えば、上司に自分のミスではないのに責められたとしても、反論したい気持ちを抑えて我慢できます

落ち着いた態度を装って、話を流したりその場を丸く収めたりしますよ。


精神年齢を高める方法|落ち着いた大人になるコツを解説!

精神年齢を高める方法

どうすれば精神年齢が高い人に見られるかな?
大人っぽい雰囲気になれるように具体的な対策が知りたい!

そう考える方も多いのではないでしょうか。

幼稚な考えのままでは、人間関係や恋愛でもなかなか上手くいかないことが多く、精神年齢は高めておきたいところ。

ここからは、精神年齢を高める方法を紹介していきます。


方法1. 新たな視点を増やす

精神年齢が低い人にありがちなのが、周囲の考えを受け入れずに不機嫌になったりしてしまうこと。

精神年齢を高めるために、様々な人の意見を積極的に聞いてみましょう!

自分と違う考えについて深く観察すれば、他の意見を聞き入れられる余裕が身につきますよ

具体的な対策としては、

  • 部下や先輩上司の意見を聞く
  • 家族や友達に相談する
  • 啓発本を読む

など、第三者の言葉に耳を傾けることがポイント。

その際に一つの視点に影響されすぎると偏った考えになり兼ねないので、複数の意見を比較してみましょう。


方法2. 物事の背景を常に考える

精神年齢が低い人ほど、物事の表面的な部分しか見えてないことも。

そこで大切なのが、物事の背景をしっかりと考えること。

「なぜこうなったのだろう?」

と毎回考えるようにすることで、より知的な行動や振る舞いができるようになります。

例えば、

  • 問題が起こったそもそもの原因は何かを追究する
  • 第三者目線で、自分の言動を振り返ってみる

など、どうしてそうなったかを考える癖をつけると良いですよ。


方法3. 自分のToDoリストを作る

精神年齢を高める方法はto doリストを作る

無意識のうちにやりたいことだけやって、なんとなく生きていては、幼稚に見られがち。

重要なのは現状の自分を知って、嫌なことでもやるべきことをやれる人間を目指すこと。

特に、ToDoリストを作ることで、後回しにしていた事柄や逃げていた現実に立ち向かえるようになりますよ

例えば、

  • 今年中に○○の資格を取る
  • 親に旅行をプレゼントする
  • 転職先を探す

など。

自分の都合の良いことばかりではなく、なるべく避けたいと思っていることもしっかりと具体的に書くようにしましょう。


方法4. 積極的にいろいろな友人と会う

昔ながらの友人は一緒にいて心地良いのは事実ですが、価値観や礼儀を気にしなくなってしまうことも。

友達が幼稚であれば、自分も幼稚のままになってしまうのです。

なので、友達以外にも様々な人と会う機会を作りましょう。自分とその人との差を感じたり、刺激を受けたりするきっかけとなり、心の成長に繋がりますよ。

  • 同窓会を企画して旧友と会う
  • サークル活動に参加する
  • 尊敬する人に連絡を取って会いに行く

など、積極的に人と会うこと。

出会いを重ねることで人としての魅力が増していき、精神的に大人になっていきますよ


方法5. 失敗したことをメモする習慣をつける

人によっては思い出したくない失敗。

しかし、過去の失敗は自分を成長させるためにかなり大事

まずは失敗をしっかりと受け止めること。加えて、失敗をメモすることで同じミスを繰り返さないようになる上に、戒めにも。

このような行動が、あなたの精神年齢をグッと高くしてくれます。

メモに書く内容は、

  • 日付
  • 失敗内容
  • 反省

など簡単でOKです!

時々ミスを振り返って気をつけようとする大人を目指してみてくださいね。


精神年齢が高い”魅力的な大人”になるよう努力してみて!

精神年齢の高い人は魅力的に見える

精神年齢の高い女性や男性の特徴をはじめ、大人っぽい考え方ができるようになるコツについてご紹介してきました。

「雰囲気が落ち着いてる魅力的な人に憧れる!」

という方も、努力次第で精神的に成長することはそう難しくありません

恋愛や仕事でも精神年齢の高い人は魅力的に見えるので、ぜひ本記事を参考にして、今日から変わる努力をしてみましょう!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事