カップルの理想的な身長差とは?身長差別にカップルのあるあるな特徴を解説

カップルの理想的な身長差が気になる方へ。今回は、カップルの理想の身長差から、身長差カップルならではのあるあるやメリット、デメリットまでを詳しくご紹介します。好きな人や恋人との身長差に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

カップルの理想的な身長差ってどのくらい?

カップルの理想的な身長差

カップルなら気になる、彼氏と彼女の身長差。彼氏が彼女よりとても背が高いカップルに憧れることもありますよね。しかし、身長差がありすぎると、デメリットになる可能性も。

そこで今回は、カップルの理想的な身長差が何センチ位なのか、身長差カップルのメリットとデメリット、上手くいく秘訣についてお送りしていきます。

身長差カップルならではのあるあるとは、どのようなことがあるのでしょうか。


そもそも“身長差カップル”って何センチ差以上なの?

世間一般では、彼氏の方が女性より背が高いカップルを身長差カップルと呼ぶことが多いです。

何センチ差があれば身長差カップルというのか明確な基準はありませんが、5cmを超えて10~20cm程度身長差があれば、理想的な身長差カップルと言っていいでしょう。

カップルの中にはさらに身長差が広がり、25cmや30cm差がある身長差カップルもいます。


カップルの場合、理想的な身長差って何センチ差くらい?

カップルの理想的な身長差は、昔からよく言われているのが15cmです。並んで歩く時のバランスが良いことから、理想的だと言われています。

しかし、ハグは20cm、キスは12cm、手を繋ぐなら15cm以下など、シチュエーションによって理想的な身長差が異なるのも事実。

女性がヒールを履くことを考慮に入れるとバランスが変わるため、一概に何センチが理想的だとは断言できないともいえるでしょう。


身長差が10cm未満カップルのあるあるな特徴とは

並んで歩く時の身長差が5cmを超えると、身長差カップルだと言われることが多くなります。ここでは、身長差が10cmまでの身長差カップルのあるあるな特徴をピックアップしました。詳しく見ていきましょう。


特徴1. ヒールの高い靴を履いたら、ほとんど目線が変わらない

身長差が10cm未満のカップルの場合、もともとの身長差があまりありません。女性の靴にはヒールが5cm~10cmあるものもあり、身長差が少ないと彼女がヒールを履くことで彼氏との身長差がほとんどなくなり、同じ位の目線に。

本当は彼氏の方が少し身長が高くても、ヒールを履くと目線が同じ位になるのは、身長差が少ないカップルならではのあるあるです。


特徴2. 身長差があまりないため、手をつないだり腕を組んだりしやすい

彼氏と彼女に身長差が少なく、同じ位の身長のカップルの場合、肩の高さや肘などの位置、腕の長さも同じ位です。身長差が大きいカップルのように無理な体勢にならなくても、自然に手をつないだり腕を組んだりできます。

全身のバランスが似ていて体のパーツの位置が同じ位の高さにあるため、自然な姿勢を維持したまま、日常的なスキンシップが可能です。


特徴3. 顔の距離も近いため、立ってキスをするのも苦にならない

彼氏と彼女の身長差が10cm未満カップルのメリットは、目線と同様に顔の高さも同じ位な点です。背伸びしたり屈んだりなどの無理な姿勢を取らなくてもキスをしやすく、たとえ立ったままであってもスムーズにキスできます。

一緒に歩いていても横を向くだけで彼女の顔があるので、自然な体勢でキスでき、身長差が大きいカップルが感じるような大変な思いをすることもありません。


身長差が20cm未満カップルのあるあるな特徴とは

カップルの身長差が10cm~20cmになると、周りの人から「彼氏背が高いね」「理想的なバランスだね」などと言われることが増えてきます。

身長差が10cm以上20cm未満のカップルのあるあるを紹介していきます。


特徴1. ヒールを履いても身長差に余裕がある

カップルの身長差が10cmを超えると、彼女がヒールを履いても彼氏の方が背が高いことがほとんど。

一般的なおしゃれ靴は、ヒールの高さは5cm程度であることが多く、身長差が10cmを超えていれば、彼女がヒールを履いても彼氏の身長を追い越すことはありません。

彼女が彼氏の身長を追い越すのではないかと心配せずともおしゃれを楽しめるので、恋人として理想的な身長差ですよ。


特徴2. 頭一個分くらいの身長差はあるため、女性が基本上目遣いになる

カップルの身長差が20cm近くあることで、彼氏の顔の位置は彼女の20cmほど上になります。頭一個分位の身長差はあるため、彼女が彼氏の顔見る時は顔を見上げなければなりません。決して甘えているシーンでなくても、必然的に上目遣いに。

女性の上目遣いが好きな男性は多く、彼氏と目を合わせるだけで上目遣いになっていることで、彼氏から可愛いと思われやすいです。


身長差が20cm以上あるカップルのあるあるな特徴とは

カップルの身長差が20cm異常になり、25cmや30cmになってくると、周りから見ると「やけに身長差があるカップルだなぁ」という印象になりがちです。

身長差が20cm以上のカップルならではの特徴あるあるを紹介していきます。


特徴1. 手を繋ごうとすると不格好になるため、基本は腕を組む

カップルの身長差が20cmを超えてしまうと、体のバランスは大きく違います。手を繋ごうとしても、まるで親子が手を繋いでいるかのようなバランスになり、あまりカップルらしくありません。

恋人繋ぎを楽しみたくても、少し不格好になってしまうため、手を繋ぐよりは腕を組むことが多いです。

無理矢理手を繋ぐと見た目のバランスはもちろん、体に負担がかかりやすいこともあって疲れるので、腕を組むようにしています。


特徴2. 身長差があるとハグされた時に、安心感や包容力を感じやすい

20cm以上の身長差があるカップルならではのメリットは、ハグをする時です。彼氏が彼女の全身を、上から大きく包み込むような状態になるため、彼女は彼氏から守られているんだなという安心感を感じやすくなります。

手を繋いだりキスをする時には少し大変でも、ハグするだけで幸せを感じやすくなるのは、身長差が大きいカップルならでは。

【参考記事】はこちら▽


身長差カップルのメリットとデメリットは何があるの?

身長差が大きいカップルには、身長差が少ないカップルにはない良さもあれば、苦労していることもあります。ここでは、身長差が大きいカップルならではのメリットやデメリットを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


身長差カップルならではのメリット

彼氏と彼女の身長差が大きいからこそ、付き合っている時はデートなどで楽しめることもあります。身長差カップルだけが楽しめる、身長差カップルならではのメリットを紹介します。


メリット1. 女性の上目遣いや背伸びしてキスなど、憧れたドラマのワンシーンっぽいことが行える

恋人同士のキスする時の理想的な身長差が15cmと言われていますが、なかなかそれほどの身長差があるカップルはいません。恋人同士の身長差が大きいことで、女性からの上目遣いや背伸びしながらのキスなど、みんなが憧れるようなことを体験できます。

自然に恋人として接するだけで、ドラマに出てきそうなことを行え、いつもドキドキしながら過ごせるのです。


メリット2. ヒールが高い靴を気にせず履ける

彼氏との身長差がほとんどないと、彼氏の身長を追い越してしまわないか心配になり、ヒールを履きたくても履けません。女性のおしゃれなデザインの靴はヒールの方が多いので、できればヒールを履きたいと思う女性は多いですが、ヒールの高さの分だけ身長差も縮まってしまいます。

例えば30cm身長差があれば、5cmヒールを履いても身長差は25cmと大きく開いたまま。彼氏と彼女の身長差が大きいことで、ヒールの高さを気にせず靴のおしゃれを楽しめるメリットがあります。


身長差カップルならではのデメリット

デートしている姿はドラマのワンシーンかのような身長差カップルですが、身長差が大きいことでの悩みもあります。

ここでは、彼氏と彼女の身長差が大きいカップルならではのデメリットを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


デメリット1. あまりにも身長差がありすぎると、見上げすぎて首を痛めやすい

周りからバランスが良いと、憧れの目で見られることも多い身長差カップルですが、身長差が大きいと体への負担が大きくなってしまいます。

特に、身長差が25cmや30cmに及ぶ、彼女が彼氏を見つめるだけで大きく見上げることになり、首を痛めてしまうことも。

相手を見つめるのはカップルとして自然なことですが、それだけで体を痛めてしまうのは辛いですよね。


デメリット2. 手が繋ぎにくい、キスがしにくいなど、スキンシップが取りづらい

カップルの身長差が大きすぎると、顔や手などの体の各パーツの位置が大きく違います。手を繋いだりキスをするのも無理な体勢になってしまいがち。周りの人からの憧れの対象にもなる背伸びしてのキスも、本人同士にとっては辛い体勢です。

気軽にスキンシップを取りたくても、体格の差があり体に負担がかかるので、気軽にスキンシップを取れません。


身長差カップルでも上手くいく秘訣は?

恋人になった男性がたまたま自分より背が高かったという女性は、身長差によるデメリットをどう乗り越えていこうか悩むところでしょう。

最後に、身長差カップルでも上手くいくための秘訣について紹介します。


秘訣1. 身長差は気にせず、相手の中身に目を向ける

恋人とあまりにも身長差が大きいと、付き合っていくのが大変かなと不安を覚える女性もいるでしょう。男性と付き合っていく上で大切なのは、相手といて楽しいかや幸せな気持ちになるかなどの、性格や内面に関する部分。

見た目ばかりを気にすることなく、相手の人間性に魅力を感じているかどうかをしっかり見極めることが大切です。


秘訣2. 身長差の有無にかかわらず、相手を思いやる気持ちを常に持ち続ける

身長差があってもなくても、付き合っていく上で恋人を大切にできなければ、長く付き合っていくことはできません。彼氏または彼女のどちらかが自分勝手なことばかりしてしまうと、相手が我慢しなければならず、付き合っていくことが辛くなってしまいます。

身長差があるなら、スキンシップを取る時にはお互いしんどくないか労りあうなど、思いやりを忘れずに付き合っていくことが重要です。


秘訣3. 二人だけの掛け合いや呼び名をつけて楽しむ

恋人と身長差が大きい場合、努力しても直せることではないため開き直りも大切です。二人だけで通じる呼び名をつけたり、夫婦漫才かのようにネタにして掛け合いを楽しむなど、楽しみ方はいろいろです。

例えば、背の高い彼氏がわざと彼女を「背伸びた?」などといじって二人で楽しむなど。身長差が大きいことを苦にするのではなく、逆に楽しむようにするといいでしょう。


身長差を楽しんで、より仲良しなカップルを目指してみて。

彼氏との身長差があると、周りから憧れの対象になるような面もあれば悩みの種でもあります。好きな人が自分よりとても背が高い人は、うまく付き合っていけるか考えてしまうこともあるでしょう。

大丈夫かなと不安になるかもしれませんが、お互いに思いやりを忘れなければ、きっと楽しんでいけるはず。

恋人との身長差を楽しんで、ドキドキするようなお付き合いを楽しんでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事