大人の対応の意味とは?嫌いな人にも怒らないスマートな対応力を身につける9つの方法

褒められた際に重宝する大人の対応の仕方を詳しく知りたい方へ。今記事では、褒められ時に効果的な大人の対応の仕方から、反対にNGな反応の仕方まで詳しくご紹介します!

大人の対応とは?どんな意味で使われる?

大人の対応とは?

大人の対応とは、一時的な感情に振り回されることなく、相手との関係性を壊さないようにとる対応のことを意味します。

例えば、子どもは感情的になるとすぐ態度に出してしまいますよね。平気で相手に酷いことを言ったり、物に当たったり…。

これは、子どもだから許されますが、大人がやってしまうと冷静さに欠けていると捉えられ、周囲の人は離れていってしまいます。

大人になれば周囲との関係性をうまく築かなければ仕事に影響が出てくることも。

そんな時、大人の対応をマスターしておくことで人間関係がもっとスマートになり、円滑に進むのです。


嫌いな人への大人の対応例|どんな接し方だと大人っぽいの?

嫌いな人への大人の対応例

「職場に嫌いな人がいるので、建前でも良い切り返しをしたい」

「取引先に苦手な人がいて、いつもどんな反応をすべきか迷う」

そうは思っても、具体的にどう対応すればいいかわからないですよね。

大人の対応ができないと、仕事に支障が出てしまうかもしれません。

ここからは、具体的にどんな行動が大人の対応といえるのか例を用いて特徴を紹介していきます。


対応例1. 嫌な顔を出さず笑顔で対応する

嫌なことを言われたときに我慢できず、感情が見た目に出てしまっていると、冷静に対応しているとは言えないですよね。

嫌いな人から嫌なことを言われたとしても、顔に出さず笑顔で対応するのが大人の対応です。

例えば、ノリで失礼なことを言われてしまった時。ノリとは言えど、嫌な顔をしそうになりますが、そこは笑顔で対応することでその場の雰囲気は壊れません。

特に職場では雰囲気が大切なので、これができる人はかなり大人の対応力があるといえるでしょう。


対応例2. 反論せずに受け止める

嫌いな人に反論してしまうと、勢いが止まらなくなって喧嘩になったり、場の雰囲気が悪くなってしまう可能性があります。

もし自分と全く違う意見を言われたとしても、反論せずにひとまず受け止めましょう。

例えば、職場の男性上司から言われたことに対して「でも〜」と言い返したりすると、相手の機嫌を損ねてしまうかもしれません。

そんな時は、何も言わずに相手の目を見て頷いてみるといいでしょう。ただ相手の意見を受け止めて、その場はうまく収まるように徹するのが大人の対応ですよ。


対応例3. わざとらしくなく、最低限の会話に留める

嫌いな人への大人の対応例は最低限の会話にとどめる

嫌いな人とわざわざたくさん会話をしようとすると、その態度があからさまに見えたり、ボロが出てしまうことで「嫌いだ」と思っていることがバレてしまうかもしれません。

周囲に影響が出ないよう調整しながら、必要最低限の会話で済ますことが大人な対応です。

最低限しか話さなければ、自分のメンタルも安定しますし、話はしているので相手に勘付かれることもないから一石二鳥ですよ。


対応例4. ムカついても絶対に怒らない

どれだけムカついたとしても、怒るような反応を見せてしまっては人間関係が崩れてしまうでしょう。怒りは言葉にしなくても、振る舞いやリアクションに現れてしまうので注意が必要です。

例えば、会社の部下が指示したことと全く違うことをしている時。

嫌いでない人なら「どうしたんだろう?」くらいで終わりますが、嫌いな人だと「指示したのになぜ?」とムカついてしまいますよね。

しかし、ここで怒らず我慢するのが大切。じっと堪えて、会社の空気を悪くしないようにするのです。

その上で相手を傷付けずに指摘したり、フォローするのが完璧な大人の対応力と言えますよ。


対応例5. 話しかけてきた時は無視しない

いくら嫌いな人だったとしても、無視してしまうとその場の空気が悪くなってしまったり、お互いの関係がこじれたりしてしまいますよね。

嫌いな人だろうと話しかけられたら無視をせず、しっかり返事や反応をすることが大切です。

職場で苦手な男性から話しかけられて、無視をしてしまいたくなるのはよくある話。

しかし、そこで我慢できずに無視してしまうとお互いの間に気まずい空気が流れ、自身も会社にいづらさを感じるようになるかもしれません。

建前だけでもいいので普通に返事を返したり、なんらかの反応を示すようにしましょう。


嫌いな人に対して大人の対応ができない人の“5つの特徴”とは?

苦手な人に対して大人の対応ができない人の特徴

「苦手な人に対してついつい嫌な感じが出てる気がする」

「苦手な人に対して変な振る舞いをしていないかな」

自分が大人の対応をできているのか、そもそもできるタイプなのかわからなくなりますよね。

そこでここからは、大人の対応ができない人の特徴を解説。

自分がどの特徴に当てはまっているのか確認して、大人の対応への適性を知りましょう。


特徴1. つい感情的になりやすい

つい感情的になってしまう人は、今まで感情的になることで自分のわがままを通してきた人だと言えます。感情を爆発させ、相手を従わせようとするのです。

例えば、立場が弱い部下社員のことを叱責して脅し、自分の思い通りに行動させようとしたり、妻に強く当たることで自分が上の立場にいると思わせたり。

このような人は、自分の思い通りにならないと納得いかず、すぐに感情的になってしまうので大人な対応ができません。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 短気ですぐに怒りやすい

短気ですぐに怒る人は、心に余裕がない人。心に余裕がないとどんな些細なことでも癇に障り、すぐに怒ってしまうのです。

確かに仕事にストレスを抱えていたり、世の中に不満を感じている人ほどちょっとしたことでもよく怒っている姿を見かけますよね。

飲食店で料理が届くのが遅かっただけで店員さんに怒り散らしている男性や女性は、全員心に余裕がないのでしょう。

周囲を冷静に見渡せる心の余裕がないため、大人な対応ができないのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 器が小さいから受け入れらないことが多い

苦手な人に対して大人の対応ができない人の特徴は器が小さい

男性や女性にかかわらず、自分と違う価値観を認められない人は一定数います。

自分の価値観が一番正しいと思っているため、自分とは違う価値観を持っている人の意見はどうしても受け入れられず、跳ね除けてしまうのです。

何を言っても「でも〜」と反論してくる人は、器が小さくて他人の考えを受け入れられない人だと言えるでしょう。

大人な対応ができる人は違う価値観も受け入れられますが、器の小さい人には受け入れることができないので、自分の価値観を押し付けようとするのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 周りを考えず空気が読めない

周りのことを考えず思った事をすぐ口にしてしまう人は、相手がどのような捉え方をするかまで思考が回らないです。自分の発言によって相手が傷つく可能性など、一切考えていません。

例えば、女性が男性から「会わない間に太った?」と言われて傷ついてしまうなど。空気を読めない人が原因で誰かが傷つくシーンは容易に想像できるでしょう。

周りのことを考えることをしないため、大人な対応とは程遠い発言をしてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 常に自分が正しいと思っている

常に自分が正しいと思っていると、言動は自然と自己中心的なものとなり、周りに一切の配慮がなくなります。

例えば、会社で何らかの問題が発生した時。自分に非があったとしても、常に自分のことを正しいと思っている場合は、なかなか非を認めようとしません。

言い訳ばかりして、自分の正当性を無理やりにでも突き通そうとするのです。

言い訳を無理やり突き通そうとした場合、口調はどんどん荒くなるもの。それでは、大人な対応とは言えません。


大人の対応力を身につける9つの方法|余裕を持って嫌いな人と関わるコツって?

大人の対応力を身につけるための方法

「どうやったら会社の苦手な人とうまくやっている?」

「なんであの人はいつもうまい切り返しができるんだろう…」

苦手な人に対してはなかなかスマートな対応をするのが難しいですよね。

一体、どんな考え方で人と接すればその対応力が身につくのでしょうか?

ここからは、大人の対応力を身につける具体的な方法を解説していきます。


1. 相手の話を頭ごなしに否定しない

相手の話を否定せず受け止めてみるように意識すると、不思議とだんだん否定的な言葉を発さないようになります。

注意するポイントとしては、相手の話を全て理解しなければならないわけではなくて、

「なるほど、そういう考え方もあるんですね!」

「私にはなかった考えです!」

とまずは受け止めるような言葉を伝えてみましょう。

話をする前から、相手の話を受け止めるような切り返しのセリフを常に頭に浮かべるようにしていると、自然と否定の言葉がでなくなりますよ。


2. 常に笑顔での対応を心がける

どれだけ嫌いな人に対応する時でも、笑顔で返事をしたり、反応をすることによって大人の対応ができます。

笑顔での対応を心がけることで、その場の雰囲気が悪くなりませんよ。

あなたがもし女性なら、苦手な男性から話しかけられたときに笑顔で対応することを意識してみましょう。

表情を変えるだけですが、それだけでも相手の反応が変わることでしょう。

なかなか笑顔で対応ができないという人は、口角を上げて、表情を柔らかくするところから始めてみるといいですよ。


3. 嫌いでも無視はしない

大人の対応力を身につけるための方法は嫌いでも無視はしない

どれだけ嫌いな相手だとしても、返事をせずに無視をしてしまうのは大人の対応とは言えません。無視は正直子供のやることです。

例えば、仕事で嫌いな女性社員から話しかけられたとしても、しっかりとリアクションをする。たった一言でも返事をするだけで空気が悪くならないで済みますよ。

返事すらしたくないという人は、うなづくなどの見た目でわかるリアクションをするだけでもしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


4. 褒められたら感謝の気持ちを伝える

嫌いな人から褒められたら「お前に言われたくない」なんて反抗したくもなるかもしれません。

しかし、反抗してしまうことで、嫌いな人との溝がさらに深まってしまう恐れが。

そうならないためにも、褒められたなら素直に感謝を伝えましょう。相手は褒めて良かったと思い、柔らかい空気になります。

「ありがとうございます」

「褒めていただけて嬉しいです」

など、シンプルな表現で問題ないので簡潔に感謝を返しましょう

加えて笑顔で対応することで、相手にとっては好印象。まさかあなたに嫌われているなんて思わないはずですよ。


5. 冷静に考えてから発言する

言葉の暴力は、あとから取り返しのつかないことになる可能性もあります。

一度でも感情的な言葉をぶつけてしまうと、これまで築いてきた人間関係を台無しにしてしまうでしょう。

冷静になるためには、言葉を発する前に一旦深呼吸することをおすすめします。深呼吸なら、仕事中だとしてもできますよね。

深呼吸を入れることで少し間が生まれるので、その間を使って口にする言葉を考えてみるようにしましょう。


6. 相手の話は最後まで聞く

大人の対応力を身につけるための方法は相手の話は最後まで聞く

相手が話している時に口を挟んでしまうと、相手の真意を聞かないままで勘違いしてしまうかも。

最後まで聞くことで相手の話の意味がわかったり、内容が理解できて、無駄な口論を避けられます。

例えば、ある男性社員がプロジェクトの説明をしている途中で「これってどういうことですか?」なんて口を挟んでしまうと、相手は「これから説明しようと思ってたんだよ」と嫌な気持ちになってしまうでしょう。

途中で口を挟みたくなったら、「話の最後に真意が隠れているかもしれない」と意識して待つようにしてくださいね。


7. 「器の広い大人」の役に徹する

自分を「器の広い大人」と思って、その役に徹することで嫌いな人と話している時は違う自分になれると思い込むというのもおすすめの考え方。

具体的には以下のようなことをするのがおすすめ。

  • 自分の身近にいる大人な人を徹底的に真似る
  • 自分の中で“大人な対応ができる人はこんな人”とイメージしてなりきる

まずはできることから少しずつやってみましょう。常に「器の広い大人」を意識することで、自分の理想の大人になれるはずですよ。


8. そんな考えもあるんだと学ぶ姿勢を持つ

いろんな考えがあることを理解できるようになると、自分とは違う価値観も受け入れやすくなるため、大人の対応ができるようになります。

まずは、病院の受付にいる女性が病状を「うんうん」と聞いてくれるように、聞き役に徹するところから始めるといいでしょう。

相手がその考えに至った理由を聞くことで、違う価値観からたくさんのことが学べるはず。

嫌いだと思っていた人のことを、もしかしたら好きになれるチャンスかもしれないので、前向きにトライしてみて。


9. 丁寧な言葉遣いを使う

大人の対応力を身につけるための方法は丁寧な言葉使いをする

乱暴な言葉遣いは、どうしても大人げなく見えてしまいます。大人な対応を目指すには丁寧な言葉遣いを心がけて。

相手に意見を言う時も、

  • 「ちゃんと説明しろよ」→「理解が追いつかなかったのでもう一度説明してもらえますか?」
  • 「クソみたいな考え方だな」→「私にはない考えで驚きです!」

と、意味合いは似ていても言い方を変えるだけで全然印象が違いますよね。

丁寧な言葉遣いを心がけることで、嫌いな人だけでなく周囲の人からの反応がガラッと変わるはずですよ。


大人な対応を覚えて、人間関係をもっと良くしていきましょう!

大人の対応が出来ない人は仕事に悪い影響を与える可能性が高い

大人な対応を取るのはものすごく難しいことですが、仕事やプライベートなど人間関係を大切にする上ではとても意味のあることです。

しかし、どうやったら大人の対応ができるのかがわからない人は多いはず。しかし、大人の対応ができないとなると、特に仕事に悪い影響を与える可能性が高いです。

最初から大人な対応ができる人はいません。1つずつ意識して、ゆっくりでもいいので大人の対応ができるようになりましょうね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事