言葉遣いを綺麗に直す“5つの方法”|正しい言葉遣いを学べる本のおすすめとは?

言葉遣いを直す方法を知りたい方へ。本記事では、言葉遣いを直す方法から、言葉遣いを直すのにおすすめの本まで解説していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

大人でも間に合う!綺麗な言葉遣いに直す5つの方法とは?

言葉遣いを直す方法

「私って正しい日本語を使えていないかも…」
「もう社会人なのにビジネスシーンの言葉遣いが分からない」

美しい言葉遣いができるようになりたいと思っていても、今までしみついた言葉の癖は抜けないですよね。

では、どうしたら他人を不快にさせない言葉遣いができるようになるのでしょうか。

ここからは、大人として恥ずかしくないように言葉遣いを綺麗に直す方法を紹介します。


方法1. 年齢に見合った言葉を使う

正直、言葉遣いだけで、「今までどんな風に社会で生きてきたのか」「今までどんな暮らしをしてきたのか」「どんな人間なのか」まで評価されます。

そのため、年相応な言葉遣いをしていないと周りからはおかしな目で見られてしまうことも。

そんなことが起こらないように、年齢に見合った言葉を話すことを意識してみましょうい。

例えば、中学生や高校生なら、堅苦しい敬語を使う必要はありませんが、他人を不快にしない言葉選びは大切です。

社会人なら、今までの経験上、ビジネスシーンでも使えるような丁寧で綺麗な言葉を心がけましょう。間違えても「マジ」とか「ありえねぇ」とかは言っちゃダメですよ。


方法2. 周囲の人に教えてもらう

自分では言葉遣いがおかしいかどうかなんてわかりません。

そのため、「私の言葉遣いがおかしかったら教えてください」と周囲の人に協力を依頼するのが言葉遣いを直す近道です。

間違った言葉遣いがあれば、その場で直せるようになり、他人から直接注意されたことで記憶にも定着しやすくなります。

職場なら同僚や上司、中学生や高校生なら家族や友達など、一声かけておくようにしましょう。

伝えておけば、もしビジネスシーンで相手を不快にさせるような言葉を使ってしまったら、すぐにフォローに入ってもらえるというメリットもありますよ。


方法3. 本や新聞を読んで普段見慣れない言葉に触れる

本や新聞を読んで普段見慣れない言葉に触れる

本や新聞は正しい言葉遣いが使われているので、どんな言葉が綺麗で他人に不快感を与えないのかを知れますよ。

堅苦しい本は苦手と感じるなら、自分の興味のある文学小説でも良いでしょう。登場人物がどんな日本語を使用しているか確認し、音読して練習するのもおすすめ。

また、漫画やノベルでも良いので「文字を読む」という習慣を身につけると自然と正しい日本語を取り込んでいけますよ。


方法4. 言葉遣いが綺麗な友人と1日過ごしてみる

方言を使う友人と長く過ごすことで、自分にもその方言がうつるように、綺麗な言葉遣いもうつります。そのため、言葉遣いの綺麗な友人と過ごしてみましょう。

言葉遣いの綺麗な友達と言っても、少し年上の友人と話してみるのがおすすめ

人生経験が自分よりも長い分、素敵な言葉をたくさん知っていますし、逆に人の迷惑になる言葉を避ける技術も身に付いている人が多いです。

素敵な友人とたくさん会話して、自分も同じように美しい言葉遣いを練習してみましょう。


方法5. 思ったことをそのまま口にせず、一度考えて発言する

年齢を重ねるにつれて、どんな言い方をしたら相手を傷つけないか、を考えられるようになります。しかし、若い間は難しいこともあるでしょう。

そこで、思ったことをそのまま口にせず、一度考えて発言する癖をつけるのがおすすめです。

相手が目上、年上関係なく、言葉を口に出す前に、本当に適切な言葉かどうか考えてみましょう。

特に仕事においては、言葉一つで大切な仕事を失ってしまうことも。ゆっくりなテンポで話しても良いので、普段から綺麗な言葉遣いを心がけましょう。


今すぐ言葉遣いを直そう!綺麗な言葉遣いが身につく本のおすすめ5選

今すぐ言葉遣いを直そう!綺麗な言葉遣いが身につく本のおすすめ5選

日常的に綺麗な言葉遣いができるようになるには、まずはお手本となる言葉遣いを身につけておく必要があります。

先ほどもご紹介しましたが、正しい日本語を身につけるには「本」がおすすめです。

ここからは、言葉遣いを直すのに役立つおすすめの本を5冊紹介します。本の内容を活用して、素敵な日本語を練習しましょう。

おすすめの本
  1. 「○○」
  2. 「○○」
  3. 「○○」
  4. 「○○」
  5. 「○○」
タップすると移動します

おすすめの本1. 「美しい女性をつくる言葉のお作法」

美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法

読んですぐに使える具体的なシーンでの言葉遣いが紹介されています。

女性らしい、さりげない気配りと大人の対応が身につく内容となっているので、社会人はもちろん、学生にもおすすめ。

特に、これから心遣いのできる女性になりたい人や、就職の内定をいただいたので目上の人に対する正しい日本語を身につけたい人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 「恥をかかない敬語・言葉遣い」

恥をかかない敬語・言葉遣い (実例で覚えるスキルUP講座)

こちらの本には、ビジネスシーンで役立つ日本語が主に紹介されています。

来客、訪問、電話対応などの場面別、相手別に基本的な敬語の使い方、言葉遣いが説明されているので、仕事で恥をかきたくないビジネスマンに最適です。

また、毎日の挨拶言葉など日常的に使える社会人としてのマナーも掲載されているため、新入社員の研修を行うポジションの人もおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 「できる大人のモノの言い方大全」

できる大人のモノの言い方大全

一生使える素敵な言葉を紹介している本がこちら。

例えば、褒める、もてなす、断る、反論する、などといった状況別に活用できるフレーズがたくさん紹介されています。

恥ずかしくない大人になりたい中学生や高校生、日常会話とビジネス会話の切り替えが下手な人、初対面の相手と上手に会話する方法を知りたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本4. 「日本人なら身につけたい品性がにじみ出る言葉づかい」

日本人なら身につけたい品性がにじみ出る言葉づかい 人間関係を円滑にする温かくて美しい日本語がある (KAWADE夢新書)

Amazonで詳細を見る

タイトル通り、相手の心にスムーズに届くような、温かみのある言葉遣いが紹介されている本です。

単なる敬語を知るだけでなく、人情豊かな言い回しを身につけられます。意味や用途別に掲載されているので、必要な言葉を探しやすいのが特徴。

言葉にトゲがあり、相手を怒らせてしまう、優しい言葉をかけられない、と悩んでいる人が言葉遣いを直すのにぜひ読んでいただきたい一冊です。


おすすめの本5. 「ファイミー先生の言葉遣い間違えです!」

ファイミー先生の その言葉遣い間違いです!: 元ANA CAのマナー講師 元ANA CAのマナー講師ファイミー先生の (ビジネスマナーブック)

「お名前をいただいてもよろしいですか?」など、その言葉遣いがなぜ間違っているのかを具体的に解説している本です。ビジネスシーンでよく聞く言葉が紹介されています。

イラストが豊富に使われているので、文字だけの本は苦手な人でも読みやすいですよ。大人になってから話し言葉を学び直したい方、変な言葉遣いが気になる方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


普段の会話から気をつけて、綺麗な言葉遣いをマスターしよう!

普段の会話から気をつけて、綺麗な言葉遣いをマスターしよう!

言葉遣いは、一度身につけたら一生使えるスキルなので、できるだけ若いうちに学んでおきたいもの。

もし、今の自分の言葉遣いに自信がないなら、今回ご紹介した方法で未来の自分のために知識を蓄えてみましょう。空いた時間におすすめの本を読んでみるのもおすすめです。

少しの努力で、言葉遣いの素敵な自分に生まれ変わりましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事