短気な人の心理や特徴|キレやすい人との付き合い方や相性が良い人とは

仕事だけでなく、プライペートでも短気な人っていますよね。普段から常にイライラしているような男性や女性はどんな心理状態なのでしょうか。今回は、短気な人の特徴からキレやすい人と上手に付き合う方法、さらに短気な人と相性の良いタイプについて、詳しく解説していきます。

キレやすい短気な人っていますよね。

短気な人の心理や特徴

あなたの周りにすぐに怒りだす短気な人はいませんか。怒りのスイッチがどこにあるか分からないので、付き合うのに苦労しているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、短気な人の心理や傾向が分かれば、今までの悩みが解決できるかもしれません。今回は、短気な人の特徴と周囲にいる困った短気な人との上手な付き合い方について紹介します。


なぜあんなにキレやすいの?短気な人の4つの心理とは?

職場での家庭でも些細なことですぐに怒り出す短気な人はいませんか。何気ないひと言で急に怒り出すので、話しかける方としては気を遣ってしまいますよね。

短気な人の心理を知れば、何が原因で怒っているのか解決のヒントになるかもしれません。4つの心理を確認しましょう。


心理1. プライドが高く、傷つくのが嫌で自分を守りたい

短気な人が近くにいるとキレやすく周囲も扱いに困っていることも。キレやすいのは自分が傷つくのが怖いからです。自分を守るため、周囲に自分がキレやすく怖い存在であることを示しておけば、周りが気を遣ってくれます。

人から指摘されると「自分が間違えていることを認めたくない」「指摘されているのを人に見られたくない」と思っています。短気な人は怒ることで人からの指摘をしづらくしているのです。

【参考記事】はこちら▽


心理2. 自分が常に正しいと思いこんでいる

短気な人は頭が固く、人の意見を聞こうとはしないので、周囲の人は付き合い方に悩まされます。何か間違いを指摘するとプライドが傷つけられたと感じ、怒りだすことも。

恋愛や結婚においても短気な人は、パートナーが間違いを指摘したとしてもすぐにキレます。それは「自分の考えが1番正しい、間違っているはずはない」と思い込んでいるからです。

【参考記事】はこちら▽


心理3. 自信がないので、虚勢を張りたがる

怒りっぽくて気が短い人ほど、実は自分に自信がありません。周りに舐められたくないという気持ちが強く、自分よりも立場上や下と関係なく威張ったり怒鳴ったりするのです。

虚勢を張ることで、自分が小心者だということを周囲にバレないようにします。短気な人は自分でも自分が小心者で虚勢をはっていることを自覚していないことも多く厄介です。

【参考記事】はこちら▽


心理4. 自分の思い描く理想が叶わないと、自尊心が傷付けられたと感じる

短気な人の心理には「完璧でなければいけない」と考えている人もいます。完璧主義で理想が高く、常に自分にも周囲にもストイックさを求めているのです。しかし、自分の力不足で目標に達成しなければイライラします。

これが、周りの人が原因で達成できなければ「あいつのせいだ」といった感情が芽生え怒りだしたり、怒鳴ったりしてしまうのです。


すぐイライラしてしまう短気な人9つの特徴

ちょっとしたことですぐに怒り心頭してしまう短気な人は、一体どのような特徴があるのでしょうか。この章では、短気な人に見られる9つの特徴について紹介します。

あらかじめ特徴を把握しておけば、言動に気をつけたり、何かいわれてたりしてもスルーできるようになりますよ。


短気な人の「短所」となる特徴

短気な人は自分が「気が短い」「怒りっぽい」ということを自覚していません。この章では、短気な人の「短所」となる特徴について紹介します。

自分がもし当てはまったら、自分が気がついていないうちに周囲の人から「短気な人」と思われているかもしれません。


短所1. 他人の意見を受け入れない

短気な人の心理として「自分の考えが正しい」と思い込んでいるので、他の人からアドバイスをもらっても素直に受け入れようとしません

仕事だけでなく、結婚相手にも聞く耳を持たず、自分の意見を突き通すのでパートナーから「面倒くさい」「うざい」「頭が固い人」と思われてしまい、最終的に離婚に繋がることもあります。

パートーナーであっても意見を受け入れないので、短気な人は人付き合いが得意とは言えないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


短所2. 深い悩みや不安を抱えており、精神的に脆弱になっている

短気な人ほど仕事やプライベートで自分に嫌なことがあるとすぐにイライラしてしまったり、不安に襲われたりします。周囲からすれば、立ち振舞や見た目はいつも通りですし、何か変わった点があるとも感じません。

しかし、相手の些細な言動や行動で急に怒り出し、周囲も訳が分からず「あの人は短気」と、言われてしまうのです。精神的に不安定になっていることが周囲に分かってもらえず、キレる部分だけを短所と見られてしまうのです。


短所3. 神経質でちょっとでも嫌なことがあると、過剰に反応してしまう

怒りっぽい人や気が短い人の特徴に自分なりの決めたルールがあります。そのルールは他の人にはわからないので、うっかりスイッチを入れてしまうとすぐに怒り出してしまうのです。

例えば「AとBの手順はAから始める」と決めているのに、他の人がBから始めてしまうと短気な人は神経質な部分があるので、自分の思い通りに行かないと必要以上に反応してしまい、周囲からマイナスポイントと思われているのです。

【参考記事】はこちら▽


短所4. 小心者なので、「どうして認めてくれないんだ」と落ち込みやすい

短気な人は人前では怒ったり、怒鳴ったりと怖いイメージを持たれています。しかし、周囲から反発を受けたり対応が冷たかったりすると小心者なので心の中では酷く落ち込んでいることも

周囲から認めてもらえなければ、今までのキレることも勢いがあったはずなのに、急にしんみりと落ち込んでしまい自分の殻に閉じこもって周囲と会話をしようとしません。周囲からは少し指摘するとキレる、詰め寄れば殻に閉じこもるといった扱いずらさが短所と思われている部分です。


短所5. 親が短気で、幼少期に"我慢する"ことを学ばなかった

短気な原因の1つに幼少期での体験があります。身近にいる親が自分や他の人に対してすぐ怒りだすといったことを小さい頃から見ていると、知らずしらずのうちに影響してきます。

親も自分の子供がすぐに怒りだしても我慢させることを学ばせず、指摘もほとんどしないので、小さい頃の周囲環境も短所になります。


短所6, 何事に対しても気が早く、とにかくせっかちである

短気な人は周りのことはあまり考えず、自分本位で行動します。例えば、周りの人はもっとゆっくりと準備や移動をしたいのに「早く」「遅い」といった態度や言葉を出すことで、周囲からは「自分のことしか考えられない人」という印象を与えてしまうことも。

そういったせっかちで自分本意な行動が周囲からは短所と見られているのです。


短気な人の「長所」となる3つの特徴

「短気」と聞けばマイナスのイメージを抱く人も多いですが、見方を変えると自分には持っていない良いところがあるかもしれません。この章では、短気な人の「長所」の特徴について紹介します。

短気な人は怒りっぽくて怖いですが、実は良いところもありますよ。


長所1. 高い理想に対して、常に向上心を持って行動している

気が短い人と聞けばマイナスのイメージですが、実は自分にも他人にもストイックなだけなのです。例えば、仕事でチームリーダーに短気な人が着任した場合、理不尽に怒るというよりは、理想に近づくための行動がメンバーに出来ていない可能性があります。

理不尽に怒るのではなく、向上心を持ってより早く理想に近づくために自分だけでなく周囲を巻き込んで行動しているのです。ですから、ストイックではあるもののチームを引っ張る力もあります。

【参考記事】はこちら▽


長所2. 他人に流されない自分の強い考えを持っている

短気な人は自分が正しいと思っている部分があるので、よく言えば人の意見に流されることはありません。例えば、会議でも大多数の意見で決まりそうなことがあっても、自分が違うと思えばはっきりと意見を伝えます。

周囲からすれば芯の通った頼りになる存在でもあるので、仲間から慕われることもあります。恋愛でも周囲の意見に流されることがないので、信頼できる人と思われるのです。


長所3. 神経質であるがゆえに、細かいことに気がつく

短気な人は、自分にも他の人にもストイックであるために周囲の変化に敏感に気が付きます。仲間が仕事で困っていれば、いち早く異変に気づき相談に乗ったり、改善策を一緒に考えてくれることも。

神経質なことから、細かいことによく気が付くので大きなトラブルになる前に未然にミスに気がつくこともあるので周囲からは頼りにされることも多いのです。


短気な人との上手な付き合い方

「あの人が嫌」「すぐに怒るのは精神的にしんどい」こんな風に、短気な人がそばにいると、自分のメンタルも弱ってきてしまいますよね。しかし、仕事であればどうしても付き合わなければいけないものです。

次の章では、扱いづらい短気な人との付き合い方について紹介します。


付き合い方1. 短気な人がイライラする点を、しっかりと理解する

気が短い、怒りっぽい人は、イライラしやすいポイントが分かりやすいのが特徴です。突然キレることもありますが、理由もなく怒り始める訳ではありません。

短気な人が近くにいる方は何に怒りやすいのか探ってみましょう。しばらく観察していると何にスイッチが入りやすいのか傾向を把握できるようになります。

例えば、仕事のやり取りでレスポンスが遅くなるのを嫌う人は、先に「◯日までに返信します」とメールしておいたり、アポなしで急に自分の要件を話しかけてくることに怒る人は事前に「◯日の◯時に10分お時間頂けますか」といったことを伝えておくだけで相手のイライラを発動せずにすみます。


付き合い方2. 短気な人の長所に目を向ける

短気な人との上手な付き合い方は、相手の長所を考えてみることです。怒りっぽい部分や気が短い部分にばかり目が行きがちですが、短気な原因を考えていくと意外と繊細で向上心が高くストイックであることが分かります。

短気な人だからうざい、嫌いというのは簡単ですが、相手の良いところに目を向けるとその人を違った角度から見ることができます。


付き合い方3. 指摘する時は最初に共感して、「こうするともっと良くなるよ!」と改善点を優しく伝える

短気な人に対して、こちらも怒って伝えても、事態は悪化するだけです。怒りっぽい人は意外と繊細なので、周囲の人が「はい。はい。これはイライラするよね」と最初は共感してあげることが大切です。

相手が冷静になった時、改善*を伝えることで話を聞いてくれます。少し面倒くさい人ではありますが、こちらの付き合い方を変えるだけで扱いやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


付き合い方4. 適度におだてて、いつも気分良くさせておく

短気な人は意外とわかりやすい性格です。自分が正しいと考えているので、「◯◯さんは仕事が早くて助かります」というように、褒めることで気分が良い状態で仕事をしてくれます

また、一言伝えるだけで、その後の仕事がやりやすくなります。面倒くさいとは感じつつも、円滑に仕事を進めるためには相手の心理を把握し適度に褒めておくことが大切なのです。


付き合い方5. 怒らせると怖いので、なるべく関わらない

結婚している人は難しいですが短気な人、気が短い人とは距離を取るのも1つの方法です。怒りだすと怖いだけでなく対応にも困ります。一緒にいると精神的にもよくないので、短気な人とは付き合い方を考えましょう。

仕事でどうしても関わらなければいけないのであれば、最低限のコミュニケーションだけ取り、あとは何か言われても「また始まった」と軽く受け流すようにしましょう。


こんな人は付き合いやすい?短気な人と相性が良い人

マイナス面ばかりが目立ち、厄介に思われしまう短気な人ですが、誰とも性格が合わないというわけではありません

その組み合わせは意外すぎる!といった一見、アンバランスに感じるタイプが実は相性が良かったりするのです。


1. のんびりした性格の人

短気な人と意外と相性が良いのは穏やかなのんびりした人です。真逆なタイプですが、お互いに持っていないものがあるのでなぜか波長が合うことがあります。

短気な人にはせっかちな傾向があるので、のんびりした相手を見るとイライラします。しかし、相手も「そんなに急いでもしょうがない」「たまにはゆっくりするのもいいよ」と自分のペースを崩さないので相性が合うのです。


2. 謙虚な性格の人

謙虚な人は、控えめで物事を客観的に見ることができます。怒りっぽい人がそばにいても短気な原因を把握しているので、相手を上手にコントロールします

短気な人との付き合い方をよく知っているので「このことを伝えたら怒るだろう」と先回りし相手が怒らない言い方に変えたり、タイミングをズラしたりと対応を変えます。

【参考記事】はこちら▽


短気な人の特徴や心理を知って、上手に付き合っていきましょう。

短気な人はマイナスのイメージを持たれやすいですが、特徴を知ると意外とストイックで繊細な性格であることがわかります。短気な人は嫌われることも多いですが、付き合い方を知れば気難しい人ではありません。

もしも、職場で短気で苦手な人がいたら、今回紹介した付き合い方を試してみましょう。意外と相手の良い一面を知ることができるかもしれませんよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事