付き合って1ヶ月のカップル必見!長続きのコツや倦怠期の避け方とは

付き合って1ヶ月が経ち、大好きな彼氏・彼女といつまでも仲良しでいたいと思う方へ。今回は、長続きのコツから理想の会う頻度、1ヶ月記念日に送るLINEやプレゼント、付き合って1ヶ月カップルが旅行やスキンシップなどどこまでOKかをレクチャー!さらに、倦怠期を避ける方法も解説します。

付き合って1ヶ月のカップルへ。

付き合って1ヶ月はどこまでOK?

付き合って1ヶ月はあっという間。楽しいと思う反面、この先もうまく行くにはどうすればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は付き合って1ヶ月を迎えたカップルが気になることや、この先も上手くいく方法をご紹介。「どうしよう」と思った時に乗り切る方法を知っておくと、不安も少し和らぎますよ。


付き合って1ヶ月。いつまでも長続きする7個のコツを大公開!

付き合って1ヶ月の頃というのはお互いのことを知り、距離を少しずつ縮めている最中ではないでしょうか。

付き合う前に比べたらグンと近づいてはいるけれど、ラブラブというまでには至っていないという人も多いかもしれませんね。

この先さらに絆を深め、いつまでも関係が長続きするための7個のコツをご紹介します。


コツ1. 日頃から「ありがとう」と感謝の言葉を言うこと

親しい人から何かをしてもらった時、身内意識が働いて「やってもらって当然」という気持ちになり、感謝の言葉を忘れがちになります。

付き合って1ヶ月という期間は、お互いのことがようやく理解できるようになった状態であり、「心の中では感謝している」「言わなくてもわかる」という言い訳は通じません。

長年付き合っているカップルの間でも、言葉に出して伝え合うことは大切といわれています。良い関係を長く続けたいなら、「ありがとう」と言葉に出して感謝の気持ちを伝えましょう。


コツ2. 自分磨きをして相手にとって魅力的な人になること

相手があなたとお付き合いをしようと思ったのは、おそらくあなたに興味を持ち、もっとあなたのことを知りたいと思ったから。

相手が「ずっとあなたと一緒にいたい」と感じるには、一緒にいて心地良いと思ってもらうことに加え、あなたに興味を持ち続けてもらうことが大切です。

そのためには、自分磨きを怠らないこと。「自分磨き」は外見だけではありません。いろんなことに関心を持ったり、新しいことを学んだりと内面を豊かにすることにも力を入れましょう。


コツ3. 相手の長所を言葉で褒める

付き合って1ヶ月ぐらいの2人には「言葉に出さなくてもわかるだろう」は通じません。相手について「いいな」と思ったところは、デートの時などにどんどん言葉に出して伝えましょう。

言葉に出して褒められると照れられてしまうこともありますが、褒められて気分を害する人はいないはず

ポジティブな言葉は相手を幸せにし、「この人とずっといたい」と思ってくれるでしょう。


コツ4. 相手の好き、嫌いを把握しようとすること

付き合って1ヶ月の頃は、まだ相手がどんな人か手探りの状態です。好きな場所は賑やかなところか静かなところか、積極的にスキンシップを取るのが好きなのか嫌いのか、一つ一つ確かめながら、相手がどんな人なのかを理解しましょう。

大切なのは「女性・男性だから、こういうのが好きだろう」という決めつけをしないこと。先入観で相手を見ることは、相手と誠実に向き合わないことに繋がります。


コツ5. 自分のプライベートを確保すること

毎日でも会いたくなるのが、付き合って1ヶ月ぐらいの気持ちでしょう。しかし、ずっと一緒にいると新鮮味が薄れていくのも当然です。

お付き合いを長続きさせたいと思うなら、自分だけのプライベートな時間も作りましょう。

LINEなどでつながっていないと不安という気持ちにもなりますが、スマホから離れる時間も必要です。


コツ6. 喧嘩をしたらなるべく早めに謝る

人と関わっていれば、喧嘩をすることもあります。喧嘩の原因はささいな内容であることが多いですが、謝るタイミングを失うと、2人の間で溝がどんどん広がって気まずくなってしまいます

付き合って1ヶ月で相手のことを十分に理解できていない間柄だと、そのまま消滅ということも。相手から謝ってくるのを待たず、自分から早めに謝って修復しましょう。

【参考記事】はこちら▽


コツ7. 記念日や誕生日のお祝いを大切にすること

付き合って1ヶ月ぐらい経つと、相手の誕生日についても知っていることと思います。また、「そろそろ付き合って1ヶ月か…」と意識することもあるでしょう。

誕生日や2人にとっての特別な日を一緒にお祝いすることは、2人の距離をグッと近づけてくれるだけでなく、相手が「私は大切にされている」と実感できる機会でもあります。2人の絆を深めるためにも、記念日や誕生日といった大切な日を覚えておきましょう。


付き合って1ヶ月のカップルの理想の会う頻度って?

付き合い始めると「どこまで頻繁にデートしてもいいのだろう」と考えたことはありませんか。社会人なら週に2~3回、学生なら週3回程度が、自分にも相手にも負担にならない頻度でしょう。

「毎日でも会いたい」という気持ちはわかりますが、お互いに仕事や勉強、アルバイトなど、恋愛以外にもやるべきことがたくさんあります。

また、友達や会社の同僚などとの付き合いも大切です。「恋愛だけに力を入れ過ぎて、他がおざなりになった」と言われないようにしたいですね。

【参考記事】はこちら▽


付き合って1ヶ月記念日に送りたいLINEの内容

「付き合って1ヶ月」を最初の記念日と捉えている人は多いのではないでしょうか。

特別なお祝いをするまではいかなくても、LINEで2人の最初の記念日を確かめあうと、これまでを振り返るとともに「これからも絆を深めよう」と改めて意識できるでしょう。

1ヶ月の記念にぴったりなLINEの文章例をご紹介します。


LINEの内容1. 「付き合って1ヶ月だね!これからもよろしくね!」

「付き合って1ヶ月」とLINEで文字にして送信すると、受け取った相手は改めて「ああ、1ヶ月なんだな…」と実感できるでしょう。それでいて文体はあまり重くないので、相手に心理的な負担もかけずにすむでしょう。

また、1ヶ月という節目をちゃんと覚えていてくれたあなたの好感度も、グンとアップしそうですね。


LINEの内容2. 「もっともっと〇〇のこと知りたい!」

相手のことをよほど嫌いでない限り、「自分に興味を持っている」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。

かなりストレートな表現なので、普段、面と向かって「もっと〇〇のことが知りたい!」と言ったり言われたりすることがなければ、送られた相手はちょっとドキッとするでしょう。

直接目の前で言われると対応に困ってしまう表現ですが、LINEなら嬉しいと思える表現ですね。


LINEの内容3. 「1ヶ月とても幸せだったな〜。これからも一緒にいれますように!」

付き合って1ヶ月の感謝の気持ちを入れつつ、これからのことも入れていて、上手な文章ですね。

文体もフランクなので、受け取った側も「同じ気持ちだよ」と共感でき、すぐに「私(俺)も同じだよ」と返信したくなりそうですね。

相手も「この人をもっと喜ばせてあげたいな」と、今後のお付き合いにも積極的になってくれるでしょう。


付き合って1ヶ月記念日に渡したいおすすめのプレゼント

付き合って1ヶ月の記念日。プレゼントを渡したいけれど、どこまでお金をかければいいのか、あるいは何を贈ればいいか迷うところですね。

付き合った期間とプレゼントの金額が比例するわけではありませんが、やはり高価なものは相手も遠慮してしまう可能性があります。

大学生なら3,000~5,000円、社会人なら5,000~1万円程度がちょうどいいでしょう。1ヶ月の記念におすすめのプレゼントを紹介します。


「彼氏」に贈る1ヶ月記念日のプレゼント

付き合って1ヶ月は、「まだ日が浅い」という感覚。手づくりのものや高価なものは、男性にプレッシャーを与えてしまう可能性があります。

プレゼントにおすすめなのは、細かい好みに左右されない小物で、少しだけ値の張る良いもの。

贈られた側も気軽にもらうことができ、それでいて、彼女から贈られたという特別感を感じることもできるでしょう。


プレゼント1. キーケース

車や家の鍵を収納できるキーケースは、自分ではわざわざ買わないけれど、もらえると嬉しいプレゼントです。実用品だけに贈る人のセンスがわかり、さりげなく「彼女」を感じることができる点もおすすめ。

また、もらった人が負担に感じない予算内でも、それなりに良いものが買えます。小物なので、彼氏の好みが詳細にわからなくても、商品のチョイスに失敗することが少ないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


プレゼント2. ネクタイ

彼氏が社会人なら、ネクタイを贈ってみてはどうでしょう。「自分ではどんなネクタイを選べばいいかわからない」という男性は意外と多いですよ。スーツ姿を見る機会が多いなら、彼氏の好みもだいだい把握できるでしょう。

個性的なものよりも、普段のビジネスシーンで使えるような柄を選べば、大きくハズす心配もありません

【参考記事】はこちら▽


プレゼント3. スマホケース

スマホケースも「自分では高いものを購入しないけれど、ちょっと高価なものならもらって嬉しいアイテム」でしょう。

プレゼントの予算なら、高級感のある革製や、落下に強い高スペックのものなどが買えます。

個性的なデザインのものは好みが分かれるので、彼氏の好みをつかんできるか自信がなければ、「ビジネスシーンで持っていても大丈夫なもの」「機能性にすぐれたもの」を基準に選ぶといいでしょう。


「彼女」に贈る1ヶ月記念日のプレゼント

女性は、彼氏と一緒にいる感覚を持っていたいもの。そういう意味では、身に着けるアクセサリーは喜ばれます。また、ペアグッズもカップルならではのプレゼント。

彼女の細かい好みがわからず不安な場合、アクセサリーはシンプルなものを選ぶといいでしょう。

ペアグッズは、持ちたい人とそうでない人ではっきり分かれるので、事前にリサーチも忘れずに。


プレゼント1. 定番の「ピアス」

男性と同様、身に着けられる小物はプレゼントの定番です。彼女が普段からピアスをしている人なら、ピアスがおすすめ。

ピアスはプレゼントの予算ならちょっと良いものが買え、もらう方も指輪に比べてライトな感覚で受け取れます

デザインによっては好みを知っておく必要がありますが、例えばシンプルなパールピアスのように幅広いシーンで活躍するものなら、失敗も少ないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


プレゼント2. 二人だけの「ペアマグカップ」

「お揃い」が好きな女性には、名入れサービスなどをしてくれるお店を利用し、2人だけのペアマグカップを贈るのもおすすめ。

カップを合わせるとキャラクターがキスをしているように見えるデザインなど、趣向を凝らしたデザインのものがあります。

日用品はさほど高価ではないので、彼女も気兼ねなく受け取ってくれるでしょう。「僕が〇〇の家に遊びに行ったら、使おうね」というメッセージも込めて渡せます

【参考記事】はこちら▽


プレゼント3. 女性のおしゃれアイテム「ネックレス」

ピアス同様、ネックレスも身に着けられる小物。ピアスは耳にピアス穴がない人には贈るのが難しいですが、ネックレスは金属アレルギーなどの特別な事情がなければ、選ぶ人を選びません。

幅広いシーンで活用できる、シンプルなデザインのものがおすすめ。2人でお揃いのものなら、「彼氏」を身近に感じることができて喜んでもらえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合って1ヶ月ってどこまでOK?

付き合って1ヶ月でスキンシップはどこまでOKなのか。とてもデリケートな問題です。気持ちが整っていないのに本能にまかせて進んでしまうと、失敗することが少なくありません。

心の準備は付き合っている時間にある程度比例するもの。個人差はありますが、ここで紹介する例は目安になるでしょう。実際は、相手とのコミュニケーションの中で「どこまでOKか」を探りましょう。


1. キス

付き合って1ヶ月でキスならいいと思っている人は、男女問わず多いようです。それは、キスがスキンシップによる愛情表現の第一歩だからと考えられます。

唇には末梢神経が集まっているため、お互いに触れ合うことで刺激しあって気持ちがよくなるそう。

付き合って1ヶ月という期間では、それ以上のスキンシップは抵抗がある人も、キスで気持ちがよくなることには肯定的になれるのでしょう。


2. キス以上のスキンシップ

付き合って1ヶ月で、キス以上に進むのは抵抗感があると考えている人は少なくありません。特に女性は慎重です。

「この人なら自分の心身を傷つけない」と確証が持てなければ、キス以上のスキンシップになかなか進めません。

男性は衝動でキス以上に進みたくなる傾向がありますが、どこまで進んで大丈夫か女性の心情を確認することを忘れずに。


3. 旅行

旅行に行くと日常から離れることができ、お互いの新たな一面が見られて新鮮な気分になりますね。ただ、付き合って1ヶ月でお泊り旅行に行くとなると、一夜を共にすることになるので、女性は慎重になるかもしれません。

また、絆が深まるという良い面がある一方、相手のことが見えすぎてしまうデメリットもあります。男性としてはつい、旅行に誘いたくなるところですが、まずはお互いのことを少しずつ知ることを優先しましょう。


4. 同棲

付き合って1ヶ月での同棲は、さすがにまだ早いと考える人が多いでしょう。付き合って1ヶ月という、ようやくお互いを知り始めた時期にいきなり生活をともにするのは、ハードルが高くなります。

同棲を始めると、お互いを束縛したり、自己をぶつけ合ったりと想定外のことがたくさん起こります。

2人で将来を共にすることを考えてからでないと、日常のささいなことを乗り越えるのは難しいかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


5. 結婚

「付き合って1ヶ月でプロポーズ」という話も聞きますが、ほとんどの人が早いと感じているのではないでしょうか。

お互いの結婚観や仕事観、将来の希望なども話し合ったうえで、プロポーズをする・受けるの判断をしたいもの。

さらに、結婚は本人たちの意思とは言え、現実的には2人の親の意見も無視できません。お互いのことをよく知ったうえで、プロポーズや結婚の話を進めましょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合って1ヶ月で倦怠期もあり得る…。倦怠期を避ける3つの方法

倦怠期とは、一緒にいることに慣れてしまって相手に対する気持ちが冷める状態のことです。

一般的に最初の倦怠期は付き合って3ヶ月後といわれていますが、一緒にいる時間が多ければ1ヶ月後でも倦怠期に陥り、そのまま別れる可能性も

ここでは、倦怠期を避ける3つの方法をご紹介します。


方法1. 互いの欠点をさらけ出す

付き合ってすぐはお互いに相手のいいところしか見えなかったのが、1ヶ月も経つと嫌な部分も目に付くようになります。

嫌な気持ちになるかもしれませんが、それが本当の相手の姿。自身も相手によく見られようと取り繕っていた部分があるかと思いますが、そろそろ欠点もさらけ出してみましょう。

お互いに相手の本当の姿と向き合うことで、絆を一段と深めることができますよ。


方法2. 相手を束縛しすぎないこと

相手を束縛すると一緒にいる時間が長くなり、相手に対する気持ちが冷めるのも早くなります。

また、誰かに行動をコントロールされると、その人から逃れたいという気持ちも芽生えてしまいがち。こんな状態では、やがてお互いの気持ちは離れ、別れが待っているでしょう。

一方の気持ちだけが強すぎては、恋愛はうまくいきません。2人の絆は2人で育てていくものと肝に銘じておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 二人で共有できる趣味などを始めてみる

倦怠期が来たということは、お互いのことを知るのに一生懸命だった時期が過ぎたことの現れです。

お互いに何が好きか、何が嫌いかということがある程度わかったら、2人で一緒に楽しめることを何か始めることをおすすめします。

共通の趣味ができればデートもさらに楽しくなりますね。最初から2人ともハマる趣味を見つけられるとは限りませんが、試行錯誤しても構いません。いろいろトライしながら、2人で楽しめる趣味を探しましょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合って1ヶ月で不安…。別れを避けるために注意したい6つのポイント

付き合って1ヶ月。楽しいはずなのに、「別れることになったらどうしよう」と思うこともあるでしょう。

不安のあまり、自分の気持ちを相手に押し付けていませんか。それでは、かえって相手を遠ざけてしまいます。ここでは、注意したいポイントを紹介します。


注意点1. 相手に依存しすぎないこと

恋愛を長く続けるには、お互いに自立していることが大切。いつも一緒にいないと不安になる気持ちはわかりますが、相手を頼りすぎるあまり束縛してしまうことになりかねません。

人は頼られたり縛られたりするとプレッシャーを感じるようになり、依存してくる相手から逃げたくなります。一緒にいない時間の過ごし方を考えましょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. 元恋人と比較しないこと

心の中で「前の恋人ならこうだった…」と比較してしまうと、直接ではなくても、それらしき発言をしてしまいます。

相手は「この人は元恋人のことをまだ考えているのかな」と不安になってしまいますよね。

2人の関係は、前の恋人との関係とは全く別のもの。ゼロから新たなカタチを作っていく気持ちで臨みましょう。


注意点3. SNSで勝手に相手との写真をUPしないこと

嬉しくなって、2ショットの写真などをSNSにUPしたくなりますよね。しかし、相手の了承を得ずに勝手に載せると、プライバシーの侵害になります。

相手にとって、SNSに自分の写真をUPされると不都合なことがないとも限りません。

そうでなくても、不特定多数の場で、自分の写真を載せられることに抵抗を感じる人はいます。UPしてもいいか確認を取ってから載せましょう。


注意点4. 相手の仕事や勉強の邪魔になるようなことはしない

相手には相手の生活ペースがある…恋愛をすると、そんな当たり前のことがわからなくなってしまいがちです。

なんでも言うことを聞くことが愛情ではありません。相手の仕事や勉強の邪魔になるようなわがままを言わないよう、気をつけましょう。

依存や束縛、自立の問題とも関連しますが、自分の思いをぶつけるだけでは、やがて2人には別れが訪れてしまいます。


注意点5. いきなり将来のことを語らない

「早く結婚したい」「子どもは〇人ほしい」と、2人の将来を一方的に語ってしまいがちな人は要注意。相手がついて来れていない可能性があります。

テンションのずれは、やがて別れを招くことに。2人の将来は2人で決めるものであり、相手の気持ちを尊重しなければ、ただの自己満足になりかねません。

相手の気持ちを確かめながら、将来のことを考えましょう。


注意点6. 「好き!」と過剰に愛情表現をしすぎないこと

目の前でも、LINEなどでも、とにかく「好き!」な気持ちを前面にアピールする人はいるもの。しかし、過剰な愛情表現は相手にとって重荷になることもあります。

愛情表現に限らず、全てのコミュニケーションは相手の気持ちを考えながら取るのが基本。

相手の気持ちを置き去りにして自分だけが突っ走っていないか、ときどき立ち止まって確認しましょう。


付き合って1ヶ月だからこそ、長続きするよう意識してみて!

付き合って1ヶ月が経ち、少しずつ相手のことがわかってくると、「これからもっと関係を深めたい」と思っていることでしょう。それと同時に、この先うまくいかずに別れてしまわないか不安に思っている人もいるかもしれません。

恋愛は2人で育てるもの。「スキンシップはどこまで大丈夫か」「将来のことはどうやって決めればいいか」いろいろ思いを巡らすことでしょう。

一人よがりにならないよう、相手の気持ちも気遣いながら、ゆっくりと絆を深めていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事