「大人になる」ってどういうこと?大人の基準とあるあるな特徴を紹介

「大人になる」ってどういうこと?大人の基準とあるあるな特徴を紹介

大人になるってどういうこと?と疑問に思う時ってありますよね。本記事では、大人の基準から、大人になるとわかる16個のあるある、大人の恋愛を大公開!さらに、魅力的な大人の男性・女性の特徴も解説します。素敵な大人になるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「大人になる」本当の意味を知りたい方へ。

大人の基準&16個のあるあるを紹介

子供の頃に、自分が大人になったらどのような人になるのか想像したことってありますよね。しかし、どのような人が大人なのか、その基準や特徴などは、はっきりと分からなかったはず。

そこで、大人のなるための基準や大人だからこそわかることを紹介します。そして、魅力的な大人の特徴も紹介しますので、参考にして素敵な大人を目指してくださいね


大人になるってどういうこと?6つの大人の基準

20歳を超えたら大人になるかというと、そうではありません。年齢を重ねても大人に見えない人や大人に思えない人もいますよね。

それでは、大人になるとはどういうことなのか、6つの基準から一緒に考えていきましょう。


大人の基準1. 精神的に自立している

子供は自分を中心に考え、自分とは違うことを受け入れません。しかし、大人になると自分とは異なる考えや価値観がある人とも、上手に付き合っていくことが必須です。

そのため、精神的に自立していることが、大人の基準となります。自分勝手に考えない、相手を思いやるなど、自分と他人の違いを受け入れ、その違いを尊重することが大人の対応なのです。


大人の基準2. 金銭的にも自立している

子供を養うのが親の義務ですが、大人は誰かを養なっても自分が養われることはないです。つまり、金銭的にも自立していることが大人に求められる基準となるのです。

ただし、親と同居しているから金銭的に自立していないということではありません。家計にお金を入れたり、必要な費用を分担して支払っていたりすれば、金銭的に自立しているといえますよ。


大人の基準3. 自分一人でもきちんと生活ができる

自分でお金を稼いでいても、全てを趣味やギャンブルに使っていたら子供と変わりありません。大人は、収支計算や貯蓄など、お金の管理をきちんとしており、自分一人でもきちんと生活できる環境を整えています。

また、家事全般できることも大人に求められるスキルといえます。何があっても一人で生活していけるスキルを獲得することが、現実的な大人の基準なのです。


大人の基準4. 責任感があること

大人と子供の違いとなるのが、責任の所在です。子供はミスをしても親が責任をとりますが、大人は自分で責任をとらなければいけません

そのため、責任感を持ってさまざなことに臨む姿勢や責任感を持つことが、重要な大人の基準なのです。誰かに責任をなすりつけたり、責任から逃げたりする人を大人とは呼べませんよね。


大人の基準5. 世のため、人のために頑張れること

自分のために頑張るのは子供でもできます。しかし、世の中や他人のために頑張るのは、心にもお金にも余裕がないとできないため、大人だからこそできることなのです。

例えば、自分だけが美味しい思いをする考え方は大人の考え方ではありません。自分には得がなくても、困っている人を助けられることが素敵な大人の姿です。


大人の基準6. 一般常識を持っている

自分が一番正しいという自分ルールで行動するのは子供の考えです。一般常識を学び、周囲の人を困らせたり不快にしたりしないように行動をするのが大人なのです。

ただ、一般常識にも間違った価値観が含まれていることも少なくありません。正式という言葉に逃げずに、何が正しいのかきちんと考えることも、正しい大人の行動ですよ。


大人になるとわかる16個のあるあるな特徴

子供の頃は分からず、大人になったらからこそ、わかることもありますよね。そこで、大人になるとわかる16個のあるあるについて紹介します。

子供と大人の感性の違いからも、どんなことが大人の特徴なのかを考えてみましょう。


大人あるある1. 読書の大切さ

子供の頃は外で遊んだりゲームをしたりすることが楽しく、本を読む機会はありませんよね。しかし、大人になると本を一冊読み切る時間を作るのが難しくなります

また、言葉の選び方や表現方法、相手の気持ちを汲み取ることなど、本からはたくさんのことを学べます。そのため、大人になってから読書の大切さがわかることが多いのです。


大人あるある2. 新聞やニュースを読んだほうが人生に役立つ

子供の頃に読んだり見たりした新聞やニュースは、つまらなくて関わらなくても問題ありませんでした。ですが、新聞やニュースにはビジネスで重要な情報が掲載され、人生に役立つ内容が多く記載されています。

そのため、大人になってから初めて新聞やニュースの重要性に気づき、仕事などで活用するために読み始めたり見始めたりすることが多いですよね。


大人あるある3. 交友関係の幅が広がる

子供のコミュニティは学校や習い事など、狭い範囲の交友関係が基本となります。これは、行動範囲が限られているため、出会う人が少なくなるからです。

大人の交友関係も同様ですが、仕事先や出張先、趣味など行動範囲が広く多くの人と関わります。そのため、交友関係が大きく広がり、子供の頃よりも多くの人と関わっていると実感しますよ。


大人あるある4. 睡眠の重要性

子供は寝る時間を削って、好きなことをしていますよね。睡眠不足でも元気に過ごせるため、長期休みになると夜遅くまで起きて遊んでいることが多くなります。

ただ、大人になると睡眠をとらなければ疲労が回復せず、夜更かしが楽しくても翌日の行動に支障が出ます。身体の無理ができない大人だからこそ、睡眠の重要性が身をもってわかるのです。


大人あるある5. 時間の経過が早い

子供の頃は時間がすぎるスピードはとても遅く、1時間すら長く感じた経験ありますよね。しかし、大人になると1時間なんてあっという間に過ぎてしまいますし、1年がすぎるのも非常に早く感じます。

年々早くなる時間のスピードに、怖くなる大人も多いかもしれません。ただ、怖くなるほど大人が感じる時間の経過は早いからこそ、過ぎる時間を大切にしようと努力するのです。


大人あるある6. 健康がとても大切である

どんなことでもできた子供の頃とは違い、少しの体調の変化で苦しんでしまうのが大人の身体です。そのため、健康の大切さや重要性に気づくことが、大人になったと実感する瞬間ですよね。

また、大人になると病気をしても会社を休めなかったり、自分で病院にいかないといけなかったりと辛い場面が多くなります。こうした経験から、健康の大切さが身にしみてわかるのです。


大人あるある7. 努力しても成功しないことはある

夢や目標に向かって努力すれば叶うと信じて、日々頑張る子供の姿は大人には羨ましいですよね。それは、努力をしても成功しないなど、理不尽なことを体験し、知っているのが大人だからです。

しかし、努力は成功は直結しませんが、選択肢の幅を広げることも大人は知っています。1つの成功ではなく、複数の楽しい経験をできることが、大人の考える努力の成功なのです。


大人あるある8. お金で買えない幸せがある

お金があればどんなものでも手に入る、それが子供の考え方です。確かにお金があれば心を満足させられますが、大人になると欲しくてもお金で買えない幸せがあると気づきます。

恋人や自由な時間など、どれだけお金を出してもいいから欲しいと思った経験がありますよね。そのため、お金で買えない幸せほど、お金のある大人は求めてしまうのです。


大人あるある9. ファッションの傾向が変わる

子供は自分が思う素敵な服装を選びます。好きな人が着ていた、好きなキャラクターが書かれているなど自分の気持ちに素直なファッションセンスを発揮します。

大人になると、自分に似合っているか、周りからどう思われるのかなど、服装を選ぶ基準が変化します。

自分の好きなものを選ぶことは変わりませんが、大人になると徐々にファッションの傾向が変わりますよね。


大人あるある10. 意外と体力が減っている

どんなことでもできた子供時代とは異なり、案外何もできなくなっているのが大人です。特に、子供の頃できたことができず、少しのことで疲れる体力の少なさにショックを受けることもありますよね。

身体を動かす時間が減ったことが原因の1つですが、運動する時間を増やすこともできません。意外と体力が減っていることに気づいても、努力を諦めて受け入れてしまうのです。


大人あるある11. 周囲の結婚ラッシュに焦る

子供の頃は同じ年齢であれば、同じように人生が進んでいきます。しかし、成長していく中で徐々に人生の進み方がズレていき、一人一人の人生を歩んでいきます。

その中で、焦ってしまうのが周囲の結婚ラッシュですよね。結婚=大人というイメージが強いため、結婚していない自分と比較し、本当に大人として成長しているのか不安になってしまいます。


大人あるある12. 友達作りが難しくなる

自由に使える時間が多い子供の頃とは違い、大人になると自由な時間はどんどん短くなります。すると、知り合った人と仲良くなる時間や会う機会がなくなってしまいます。

そのため、親密になるきっかけや経験が得られず、友達作りが難しくなるのです。子供の頃は自然に友達が増えていったため、そのノウハウが分からず友達の作り方に悩んでしまうこともありますよね。


大人あるある13. 誕生日が素直に喜べない

成長を客観的に感じられる誕生日は、プレゼントも貰えるため子供にとってはとても楽しい1日です。しかし、大人になると年齢と現状を比較し、そのギャップに落ち込むことがります。

そのため、誕生日を素直に喜べなくなることも大人あるあるです。特に、仕事があると誕生日会などを開催することもなくなるため、いつもと変わらず過ごすことも多いですよね。


大人あるある14. 子供の頃の夢と遠ざかることが多い

子供の頃には大人になったら何をしたいか、自由に夢を描きます。大人になるとできることとできないことが分かり、様々な経験から次の目標を決めるのです。

この違いが、子供の頃描いた夢と大人の現実が遠ざかることに繋がっています。子供の頃の夢と違うことに落ち込むこともありますが、今だからこそ持てる目標も大切にしているのが大人です。


大人あるある15. 趣味など自分の時間が少なくなる

子供の頃は学校や習い事に時間を使いますが、休日や長期休暇など自由に使える時間が多いです。大人になると仕事やその準備に時間を使ってしまい、自由な時間を持てなくなります。

そのため、大人になると趣味など自分のために使える時間が少ないと実感します。お金はあっても趣味に没頭できないなど、大人なら一度は考えたことがある、あるあるな特徴です。


大人あるある16. 育ててくれた親に対する感謝の心を持つようになる

自分のために親が何かをしてくれるのは、子供の頃は当たり前に思います。また、自分の思い通りにならない親の行動に文句やイライラが募ることもあります。

しかし、大人になり一人で生活するようになると、家事や仕事の大変さが身に染みて分かります。それが、親への感謝に繋がり、育ってくれた親のことを大切に思うきっかけになるのです。


大人の恋愛ってどういうもの?

恋愛にも若い頃と大人との違いがありますが、どのような恋愛が大人の恋愛といえるのでしょうか?

そして、今の自分の恋愛と比較して、大人の恋愛ができているのかをチェックしてみてくださいね。


大人の恋愛1. お互いに依存しすぎない

大人になると自由に使える時間はなくなり、恋愛にかけられる時間も少なくなります。そのため、大人の恋愛では常に2人の時間を作るような依存した関係にはなりません。

また、お互いに精神的にも経済的にも自立していれば、相手がいなくても自分は生活ができます。そのため、恋人とは対等の関係を築きやすく、依存による上下関係が生まれないのです。


大人の恋愛2. 心から恋人のことを信頼している

恋人に依存する関係は、ルールや約束によって相手の行動を縛ってしまいます。不安を軽減するためには必要ですが、相手を信頼できないことが原因でもあります。

そのため、お互いに自立した大人のカップルは、恋人のことを心から信頼しています。過度な束縛をしなくても自分を好きだと信じているため、窮屈な恋愛にならないのです。


大人の恋愛3. 意見を言い合える

自分の意見が恋人と合わないと喧嘩になり、別れてしまうと考えると何も言えなくなります。しかし、大人は意見を言い合い不満なことを改善することが、良い関係を築ける方法だと知っています。

そのため、自分の意見を恋人にしっかりと伝えられます。そして、言葉や表現などに気を配り、相手を傷つけないように配慮して伝えるからこそ、喧嘩しても仲直りできるのです。


大人の恋愛4. お互いに刺激して高め合える

恋人の仕事のやり方や考え方を大切にするからこそ、自分の中に新しいアイデアなどが思い浮かびます。大人の恋愛は、お互いの言動が良い刺激となり、お互いが成長できる関係です。

また、恋人のことを大切に考えるため、間違った働き方や考え方には注意することもあります。常に肯定するのではなく、より良い方向へ導くためのアドバイスを行うのが大人の恋愛なのです。


大人の恋愛5. 将来(結婚)を想像した付き合いをする

大人の恋愛が学生などの恋愛と違うのは、お互いに自立しており、責任を負う関係であることです。つまり、お互いの合意があれば今すぐにでも結婚ができるため、将来を想像した付き合い方をします。

例えば、毎回高価な食事をしたり、無理に相手に合わせたりすることがなくなります。相手のことを思って行動しますが、あくまでも自然体で無理のない付き合い方が大人の恋愛のベースになるのです。

【参考記事】はこちら▽


大人の恋愛6. 自分の弱さをさらけ出せる

恋人に弱さを見せたくないのは、相手から嫌われてしまうのが怖いから。しかし、大人には相手の弱さやコンプレックスを受け入れてあげられる余裕があります。

そのため、恋人には自分の弱い所をさらけ出せるのが大人の恋愛の特徴です。お互いに自立し、頼ることも頼られることもできる関係が、大人の求める恋愛関係なのです。


大人の恋愛7. 恋人のことを好きになる過程も楽しむ

相手のことを100%好きになってから付き合うことは、正しい判断の1つです。ただ、初めから愛情がMAXだと、減点式で恋人を見てしまうことがあります。

そのため、大人の恋愛では100%好きじゃなくても付き合い、今よりも恋人を好きになっていく過程を楽しみます。

恋人の新しい面や素敵な姿を何度も発見していくのは、とても幸せな時間ですよ。


大人の恋愛8. 相手に期待しすぎない

恋人への理想が高すぎると、良い部分が見えなくなり、どうしても魅力的に感じなくなります。しかし、恋人が叶えられることには限度があり、全て自分の期待通りにはなりません。

相手に期待しすぎず、目の前の恋人の姿から素敵な特徴を見つけ出すことが、大人の恋愛の仕方なのです。自分の理想を貫くのではなく、今の相手の魅力を見つけ出してくださいね。

【参考記事】はこちら▽


魅力的な大人になりたい人必見!魅力的な大人男女の特徴

大人とは、自立していたり相手を信頼できたりと、様々な基準があります。そこで、周りの人から魅力的に見られる、大人の特徴を男女別に紹介します。

自分がなりたい大人の姿を見つけるためにも、一つずつ特徴をチェックしてくださいね。


魅力的な大人の男性の特徴とは

頼りがいのある姿や、落ち着きのある姿が大人の男性の魅力です。特に、仕事などで見せるリーダシップなどは、周囲から魅力的に映ります。

どのような男性の特徴が大人の魅力になるのか、詳しく解説していきましょう。


大人の男性1. 心に余裕を持っている

大人の男性は、仕事や社会の中で嫌なことや楽しいことなど、様々な経験をしています。そのため、どんな状況でも惑わされないような心の余裕を持っており、焦らずに冷静に対処できます。

特に、リーダーを任せられるような男性は、物事を捉える力が強く柔軟な解決策を実行できるのです。周囲を心配させない余裕のある態度は、信頼される特徴であり、目指すべき大人の男性の姿ですよ。

【参考記事】はこちら▽


大人の男性2. 細かい気遣いができる

大人の男性は自分のことは自分できるため、周りの人ができないことを助けようとします。周りの人の状況や変化に気を配り、細かな気遣いも欠かしません。

また、自分のキャパシティを把握し管理できるため、可能な範囲で部下の仕事などを引き受けます。周りにできないことを押し付けるのではなく、全員が力を発揮できるように職場環境を整備しているのです。


大人の男性3. 落ち着きがある

困難な状況に陥ると、解決しようと焦ったり不安になったりしてしまいます。しかし、焦って物事を考えても解決することはできず、一旦落ち着いた方が良い解決策が浮かぶこともあります。

そのため、大人の男性は落ち着いて行動する技術が身についています。冷静に物事を判断し、解決や改善を目指す落ち着きのある対応力は、部下からの信頼も厚く高いリーダーシップを発揮しますよ。


大人の男性4. 周りに流されない自分の芯を持っている

自分に自信がないと、周りからの意見や評判が良いと感じてしまいます。ただ、周りの意見や評判に流されてしまうと、自分の大切にしている考えや想いまで無くなるのです。

一方、大人の男性は自分が大切にしていることは、周りがなんと言っても曲げたり変えたりしません。周囲を大切にしますが、自分が最も大切だという軸がブレず、持ち続けることができます。

【参考記事】はこちら▽


大人の男性5. 行動力がある

子供っぽく見られてしまうのは、提案をしても自分で実行しない姿です。行動することには責任が伴うため、言うだけで何もしない男性は、責任をとらない情けない姿に見えてしまいます。

そのため、自分がした提案を自ら率先する行動力を持っていることが大人の男性の魅力的な姿です。そして、その実行力によって成功を収めれば、その魅力はより大きくなります。


魅力的な大人の女性の特徴とは

続いて、大人の女性の魅力について解説していきます。大人の女性の魅力には、美しさが大きく関係していますが、一方で家庭的な面が魅力になることもあります。大人の女性の魅力とは、どのような特徴なのでしょうか?


大人の女性1. 上品さを身につけている

言葉や行動がガサツだったり周囲を考えなかったりすると、子供っぽい女性だと思われます。それは、大人の女性が魅力的だと思われるのは、言動に美しさを感じるような上品さを身につけているからです。

例えば、周りに配慮した行動や相手を傷つけない言葉選びなどに気をつけると、周囲から大人の女性だと思われますよ。

【参考記事】はこちら▽


大人の女性2. 家庭的である

子供の頃からよく見ている姿であるため、母親=大人の女性というイメージを抱きます。その結果、家庭的な魅力ある女性を大人の女性だと感じる人が多いのです。

特に、男性は母親のイメージを恋人にも求めることがあります。そのため、料理が美味しかったり、家事を率先したりする姿に、大人の女性だと魅力を感じます。

【参考記事】はこちら▽


大人の女性3. おおらかで包容力がある

自分を許したり許容したりする姿に、大人の女性の魅力が現れます。つまり、おおらかで包容力がある女性ほど、大人の女性の魅力を感じやすいです。

これは、家庭的な魅力と同じように、母親のイメージが強いことが背景にあります。母親のように包み込む優しさが、大人の余裕を感じさせるため、大人の魅力になるのです。

【参考記事】はこちら▽


大人の女性4. 色気がある

女性が子供か大人か、外見的な特徴で判断すると、セクシーかどうかが大人の基準となります。男性を惑わすような色気を持っている女性からは、大人の魅力を大きく感じるのです。

ただ、これは胸が大きいなどの分かりやすい理由ではありません。ファッションやメイク、仕草など、直接的なセクシーさではない大人の色気は、性別に関係なく多くの人を魅了しますよ。

【参考記事】はこちら▽


大人の女性5. 言葉遣いが丁寧

その人がどれだけ知的かどうかを感じさせるか、判断できるポイントになるのが言葉です。相手を傷つけず、多様な表現をする言葉遣いや丁寧さに、大人の女性が持つ賢さを感じさせます。

さらに、言葉遣いが美しいと、言葉から気遣いや思いやりが感じられます。言葉遣いは会話という重要なコミュニケーション手段に欠かせないため、丁寧な言葉一つ一つに大人の魅力が現れるのです。


自分の理想とする大人を目指しましょう。

大人とは、自立したり責任を持ったり、自分の行動を律することが求められます。ただ、大人になると子供の頃の夢や希望と違うことに、落ち込んだり不安になったりすることもありますよね。

しかし、大人になったからこそ生まれた価値観や経験があり、それが今の夢に繋がります。そのため、子供の頃の夢に縛られず、今の自分の気持ちや夢を大切にしてくださいね

この記事を参考に、自分が理想とする大人像をもう一度見直してみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事