同棲カップルがうまくいく“5つのルール”|関係が長続きする秘訣とは

同棲を始めるなら、問題が起きずにいつまでも仲良しなカップルでいたいですよね。そこで今回は、同棲カップルの生活がうまくいく秘訣や決めるべきルール、同棲カップルの別れに繋がるあるあるな問題と対策を大公開!また、同棲前に知っておくと便利な部屋決めのポイントもご紹介します。

カップルで同棲する時に気をつけることを解説!

同棲カップルがうまくいく方法

多くの人が憧れる、大好きな彼氏や彼女との同棲。せっかく一緒に住むなら、毎日楽しく円満に過ごしたいですよね。

一体、どんなことに気を付ければ、同棲生活は上手くいくのでしょうか?

本記事では、同棲カップルの生活が上手くいく秘訣について解説していきます。

恋人と一緒に住む際の部屋の選び方についても紹介していきますので、彼氏・彼女との同棲を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


同棲カップルが円満な生活を送る6つの秘訣

付き合ってから長い年月が経った時、または結婚を意識し出した時に、同棲という選択肢は生まれてきます。そして多くのカップルが、同棲生活が上手くいくことを願っているはず。

まずはじめに、同棲カップルが円満な同棲生活を長続きさせる秘訣について紹介していきます。


円満の秘訣1. 同棲中でも感謝を口にする

一緒にいる時間が長くなると、何かをしてもらってもそれが当たり前という考え方になりがちです。

しかし感謝の気持ちを忘れてしまうと、お互いがお互いにとって大切な人という認識が薄れてしまいます。感謝の気持ちを忘れないためには、感謝を口にすることが大切。

どんな小さなことでも、「ありがとう」の言葉を忘れないようにしましょう。


円満の秘訣2. お互いのプライバシーは大切にする

どんなに好きな人や仲良しな人に対してでも、見られたくないものや知られたくないことはあります。

見られたくないものや知られたくないことを追求されると人は強いストレスを感じるため、相手のプライバシーに深入りし過ぎるのは禁物です。

同棲中であっても、お互いのことを干渉しすぎない適度な距離感を保つようにしましょう。


円満の秘訣3. 日頃からコミュニケーションを取り合う

一緒にいる時間が長くなると、恋人同士でも会話が少なくなってしまうことがあります。

特に疲れている時は、挨拶を省いたり会話の時間を短くしたりしがち。

しかしコミュニケーション不足は、すれ違いやトラブルの原因にもなります。

円満な同棲生活を長続きさせるためには、毎日のコミュニケーションを欠かさないのが大切ですよ。


円満の秘訣4. 休日をどう過ごすかを定期的に話し合う

休日の過ごし方は人それぞれであり、恋人同士であっても理想的な過ごし方は異なる場合があります。

休日はゴロゴロしていたいという人もいれば、積極的に外に出たいという人もいるでしょう。しかし休日の過ごし方があまりに違い過ぎると、恋人同士での喧嘩やトラブルにも発展してしまいます。

休日をどう過ごすかで揉めないためにも、休日の過ごし方は定期的に話し合いましょう。


円満の秘訣5. お互いの価値観は尊重し合う

同棲とはお互いの私生活を共有することであり、お互いの価値観が垣間見える機会が増えてきます。

価値観は人それぞれであり、恋人同士とは言え一致するものではありません。お互いがお互いの価値観を押し付け合うのではなく、理解し合う姿勢が大切です。

価値観を尊重し合うことで、お互いにとって居心地の良い空間が生まれます。


円満の秘訣6. 喧嘩した時のルールを決めておく

四六時中一緒にいて喧嘩をしないカップルなんてほとんどいません。喧嘩は起きるものと仮定して同棲生活を進めていく必要があります。

喧嘩をしてもすぐに仲直りできるよう、あらかじめルールを決めておきましょう。具体的には、「喧嘩をしたら必ず原因を話し合う」「必ず両方が謝る」などです。

仲良しなカップルほど、喧嘩した時のルールをしっかりと決めています。

【参考記事】はこちら▽


同棲カップルが決めるべき5つのルールを紹介!

同棲するのであれば、一緒に住む上でのルールをあらかじめ決めておくのが大切です。

とは言え恋人と同棲するのが初めてだと、どんなルールを決めておくべきなのかよく分からないですよね。

ここでは同棲カップルが上手くいくためのルールの決め方について解説していきます。


ルール1. お金の管理についてルールを決める

お金のトラブルは同棲生活の中でも非常に多い問題であり、最悪の場合、お金のトラブルが原因で別れに発展してしまうこともあります。

どちらが生活費を管理するか、どちらがどの費用を払うかなどのルールはあらかじめ決めておきましょう。

お金の管理についてルールを決めておくことで、お金のトラブルを事前に防げます。


ルール2. 家事の役割分担を決める

同棲生活を始めたら、2人で協力して家事を行なっていくのが普通です。

しかし、どちらか片方だけに家事を押し付けてしまうと、負担が偏ってしまいます。また役割分担を曖昧にすると家事が計画的にできなくなってしまい、それはそれで問題です。

家事の役割分担をしっかり決めておくことで、どちらか一方が負担を強いられることなく、円滑に家事を進められますよ。


ルール3. 生活リズムのズレによる対策を決める

特にお互いが違う職種の仕事をしている場合、お互いの生活リズムはズレがちです。

お互いの生活リズムがズレると、朝起きる時間や食事の時間など所々で問題が発生します。生活リズムのズレ自体は防ぎようがない場合もあるので、事前に対策を決めておくことが大切。

「晩御飯だけは必ず一緒に食べる」などのルールを決めておくことで、生活リズムのズレによるトラブルは減らせます。


ルール4. 友人など来客を呼んで良いか決める

一人暮らしの来客であれば誰にも気を遣う必要はありませんが、同棲生活の場合はパートナーに気を遣う必要があります。

恋人の友達が頻繁に遊びに来ることに対し、快く思わない人も多いので注意です。「友達を呼んで良いのは月に○回まで」といった具体的なルールがあると、来客によるトラブルは減らせますよ。

もちろん恋人の友達が家に来ることに対して何の抵抗もない人もいるので、しっかり話し合ってルールを決めましょう。


ルール5. 予定は共有のスケジュール帳に書き込むようにする

ご飯の用意の必要性、休日の外出予定などは事前に共有しておかないとトラブルになりがちです。

「そんなの聞いてなかった!」とならないよう、同棲生活をするにあたって共有のスケジュール帳を作るのがおすすめ。

共有のスケジュール帳があれば情報の共有漏れは減り、「知らなかった」が原因で喧嘩になるのを防げます。


同棲カップルの別れの原因に繋がる“あるあるな問題と対策”

同棲カップルの中には、同棲したことが原因で別れてしまった人たちも多くいます。一体、どんなことに気を付ければ、幸せな同棲生活は長続きするのでしょうか。

ここでは、同棲カップルの別れの原因に繋がるあるあるな問題と対策について解説していきます。


問題1. 結婚するタイミングを見失う

結婚は幸せなカップルのゴールでもあり、多くの人々の憧れでもあります。

しかし、長く同棲していると好きな人と一緒に暮らす新鮮さはなくなってしまい、結婚への意欲は薄れていきがち。そのままズルズルと時間だけが過ぎ、結婚するタイミングが分からなくなるなんていうパターンも多いです。

結婚するタイミングを見失うとどちらかが愛想を尽かし、そのまま別れてしまうなんてことも珍しくありません。


対策:事前に結婚までの同棲期間を決めておく

同棲を結婚に繋げられない主な原因は計画不足です。

「1年経ったら結婚」といった具体的な期限を決めておくと、ズルズルと同棲を続けてしまうリスクは少なくなります。

結婚を視野に入れているのであれば、同棲は結婚までの準備期間と捉えるのがおすすめです。


問題2. 同棲に慣れすぎて、マンネリ化してしまう

最初は幸せいっぱいの同棲生活ですが、時間が経つにつれどんな幸せにも慣れは訪れるものです。

更に時間が経つと幸せなはずの同棲生活は平凡な日常生活のように見えてきてしまい、ゆくゆくは不満を抱くようになってしまいます。

マンネリ化は好きな人と一緒に住む上での大きな悩みであり、同棲カップルが別れる際の原因の1つですよ。


対策:記念日やデートなど、今までにない新鮮さを取り入れる

マンネリは新鮮な気持ちを2人で共有することで打破できます。

具体的には全く未経験なデートをしてみたり、記念日をいつもより盛大にしてみたりなどです。

付き合い始めた頃のような新鮮さを感じることで、改めてこれからもずっと一緒にいたいと思えるようになります。

【参考記事】はこちら▽


問題3. 恋人と一緒にいるのが当たり前過ぎて、愛情を注がなくなる

愛情は相手のことを大切にしたいと思うからこそ注ぐものです。

しかし恋人と一緒にいる期間が長くなればなるほど、一緒にいるのが当たり前と思えてきてしまい、付き合い始めた頃のような愛情が注げなくなってしまいます。

相手に愛情を注げなくなると恋人としての関係を保つのが難しくなり、別れる原因にもなりがちです。


対策:スキンシップを取ったりと、日頃から愛情を伝えること

小さな愛情表現でも、日頃から行うことで相手に気持ちは伝わります。スキンシップや感謝の言葉、どんなに小さなものでも大丈夫です。

日頃から愛情を伝えていると、いつまでもラブラブなカップルでいられますよ。


同棲の部屋決めに、知っておくと便利な2つのポイント

恋人と一緒に住む上で重要となるのが部屋選びです。

同棲生活が上手くいくかどうかは、部屋選びにもかかっています。

ここでは、一緒に住む部屋決めの際に知っておくと便利なポイントについて紹介していきます。


ポイント1. 恋人との同棲におすすめな部屋の間取りは2DK

2DKとは、ダイニングキッチンに加えて2つの部屋がある間取りのことです。2DKであればお互いのプライベート空間を作れるので、お互いに干渉し過ぎるのを防げます。

また、1LDKの物件よりも家賃の相場が安いというのもおすすめできるポイント。恋人との同棲の際には2DKの物件を中心に探してみましょう。


ポイント2. 同棲で必要な初期費用は、だいたい家賃×5~6ヶ月分

だいたいの費用を知っておくことで、いくら引越し費用がかかるか、引越し後の生活費はどうなるかが想定できます。

目安としては、家賃×5~6ヶ月分くらいの資金は前もって準備しておきたいところ。2人で折半するのであれば、家賃×2~3ヶ月分を各々準備しておくようなイメージです。

勢いだけで同棲するのではなく、きちんとお金のことも考えつつ計画を立てましょう。


同棲しても長続きする仲良しカップルを目指しましょう。

好きな人と一緒に住むのは確かに幸せなことですが、同棲しているからこその悩みや不満も生まれてきます。

「恋人と同棲したいけど、上手くいくかどうか不安」という人も多いのではないでしょうか。

しかし、同棲生活がうまくいけば、結婚というゴールも見えてきます。本記事の内容が、同棲を検討しているカップルの1つの参考になってくれれば幸いです。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事