付き合いたてカップルの不安を解消!大好きな恋人と長続きする方法とは

付き合いたてってどうしても不安になりやすいですよね。そこで今回は、付き合い始めたばかりのカップル特有の不安から、解消法や注意点まで詳しくご紹介します。付き合ったものの不安が尽きない!と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

付き合いたてカップルは幸せ?不安?

付き合いたてカップルの不安

大好きな人と付き合えたら、幸せな気持ちで一杯になると思いがちですが、実際は不安な気持ちを覚える人が多い様子。

今回は、付き合いたてのカップルがどうして不安な気持ちになってしまうのか、男女別の心理を解説すると共に、その不安を解消するための方法を紹介します。

付き合い始めて間もない恋人がいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも“付き合いたて”って、交際してからいつ頃まで?

「付き合いたて」がいつからいつまでを指すのか、明確な基準があるわけではありません。一般的には付き合い始めて1ヶ月から3ヶ月くらいの期間を「付き合いたて」と考える人が多いようです。

ただ、大事なのは二人が付き合いたてと考えているか、それともお互いにもう慣れてきたと考えているかです。遠距離恋愛などであまり会えないでいるなら「付き合いたて」の期間も長くなるでしょう。


【男女別】付き合いたての時に不安を感じる人の心理とは

続いては、付き合いたての時期に不安を感じる心理を男女別に解説します。自分が不安に感じてしまっているならそれはなぜなのか、あるいは相手が不安そうにしているならその原因を分析する手がかりにしてくださいね。


【男性】付き合いたてに不安を覚える心理とは

女性の本心や自分への本気度が見えなかったり、あるいはどれくらいのペースで二人の関係を進展させていくべきかに迷ったりなど、付き合いたての時期に男性がもってしまいがちな悩みについて、解説していきます。


男性心理1. 自分を本気で好いてくれるか不安に思っている

他人の心の中が見える人はいません。付き合っている人とはいえ、その心の奥深いところまでは見えないのです。彼女がどれだけ自分のことを好きでいてくれているのかは推測や想像で計るしかありません。

しかし、付き合い始めて間がない頃はまだ相手の性格や癖などを把握しきれていません。二人で過ごした時間の積み重ねが少ないうちはまだ判断材料が足りないため、彼女の「本気度」が計りきれず、不安に感じてしまうのです。


男性心理2. どれくらいのスパンで進展してすればいいのか迷っている

一般的に、男性は付き合っている彼女とのスキンシップを好みます。しかし、女性は人それぞれで、すぐにスキンシップを好む人もいれば時間をかけて関係を深めてからでないと抵抗感があるという人もいます。

男性としては手をつないだり、あるいはハグをしたり、身体的な接触をもちたいと思うものの、あまり急いでしまうと嫌な思いをさせてしまうかもしれないので、二人の関係を進展させていくことに不安を感じてしまうことがあります。


男性心理3. 自分と性格や価値観が合うのか不安に思っている

男性は視覚で女性を好みのタイプかどうかを判断するケースが多いです。そのため、顔が好みだったために告白し、付き合うことになったということが多くあります。

この場合、女性の内面をよく知らずに付き合い始めたということになり、付き合い始めて間もない頃は、自分と趣味や性格、価値観が合うのかどうかを不安に思ってしまうのです。


【女性】付き合いたてに不安を覚える心理とは

次に、付き合い始めて間もない頃に女性が抱いてしまいがちな不安な心理を解説します。女性の場合は自分の思いに対して男性がどう考えているか、長く付き合っていけるかどうかなどが悩みになってしまうことがよくありますよ。


女性心理1. 重いと思われないか怖い

男性、女性問わず、付き合っている恋人に愛されていると感じられれば嬉しいものです。

しかし、あまりに寂しい、会いたいという思いを強調しすぎると、彼氏は「この先どうなるんだろう」と考えてしまうかもしれません。

そういった彼氏の心情を、もちろん女性のほうでも想像できます。だからこそ、お互いの思いをこれから育んでいく付き合い始めの時期に重いと思われたくない、と不安になってしまうのです。


女性心理2. 長く付き合えるか心配に思っている

相手に嫌なところがあっても、それ以上に好きという気持ちが大きければ気になりません。ただ、逆に好きという気持ちよりも嫌なところが目についてしまうと我慢ができなくなってしまうかもしれません。

付き合い始めの頃は相手への好きという気持ちが強くて、性格や価値観が少々違っていても気にならないものです。しかし、時間が経ってくると、お互いの性格の違いが許せなくなってくることもあります。今は大丈夫でも、将来もちゃんとカップルとして続けていけるのか不安になってしまうことがあります。


女性心理3. 遊ばれていないか不安に思っている

自分が期待している思いやりなどを示してもらえないと相手の誠意に疑問をもってしまうことがあります。

男女によって、あるいは人それぞれ、心地良いと感じる恋人との距離感や振る舞いは違います。自分はもう少し口に出して思いやりを示してほしいと思っていても、男性は言葉にしなくても態度で示せば充分と思っているケースもあります。

男性としては特に悪気はないのですが、女性としては男性の本気度に疑問を感じてしまい、遊ばれているだけなのではないかと不安に思ってしまうことがあります。

【参考記事】はこちら▽


【男女共通】付き合いたてカップルならではの不安とは?

付き合いたてのカップルは、まだお互いの性格や価値観がよく分かっていないために相手が自分に何を求めているのか、相手がどのくらいの距離感を求めているのかが分からなくて悩んでしまうことはよくあります。

そこでここからは、付き合いたてカップルの男女それぞれに共通する不安を解説します。


付き合いたてカップルの不安1. どれくらい連絡をとればいいのか分からない

恋人と頻繁に連絡をとりたいと思う人もいれば、用事もないのに連絡などしたくないという人もいます。彼女のほうがもっと彼氏と電話で話したいと思っても、彼氏が電話が嫌いな人だった場合は無理につきあわせるとストレスになってしまうでしょう。

相手が電話やLINEでのやりとりをどう思っているのか、どのくらいの頻度で連絡をとるのがちょうどいいのかが分からないと不安になってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


付き合いたてカップルの不安2. デートの最適な頻度が分からない

恋人とできるだけたくさんデートしたいと思う人もいれば、時々でいいと思う人もいます。「もっとたくさんデートをしたい」と思うか、「今くらいでちょうどいい」と思うか、あるいは「もっと少なくていい」と思うかは人それぞれです。

どこに行くかによっても満足度は違いますから、デートの頻度をどれくらいにすれば、相手に喜んでもらえるのかは数を重ねないと分からず、付き合い始めには相手が満足しているかどうか不安に思ってしまいがちです。

【参考記事】はこちら▽


付き合いたてカップルの不安3. なかなか会えないと気持ちが冷めないか不安になる

会って一緒の時間を過ごしていると相手への思いを再確認できますが、会えない時間が長くなると、恋人のいない時間に慣れてしまうことがあります。長く付き合っていると、少々会えない時間があっても積み重ねてきた時間が二人の絆になってくれるでしょう。

しかし、付き合いたての時期に会えない時間が長くなってしまうと、さっと燃え上がった気持ちが、同じようにさっと冷めてしまうのではないかと不安になってしまうことがあるのです。


付き合いたてカップルの不安4. ありのままの自分をさらけ出して嫌われないか

相手が自分に幻滅してしまうかも、と考えると不安になってしまうのは当然のことです。付き合う前は、好きな相手との時間は特別な時間ですから、自分の一番いいところを見てもらって好きになってもらいたいと考えるもの。

しかし、付き合い始めたなら相手と過ごす時間が長くなり、それだけ「素」の自分を見せる機会が多くなります。

付き合う前に背伸びしていいところばかりを見せていた場合は、「ありのままの自分を見られて嫌われてしまわないだろうか」という不安をもってしまうことがあります。


付き合いたてカップルの不安5. 前の恋愛を引きずっていないか不安になる

恋人にとって自分が唯一の存在でなく、他の人間がまだ心の中にいるかもしれないと感じてしまうと心穏やかではいられないでしょう。

普段は意識しなくても、恋人はひょんなことで前の恋人と自分とを比べてしまうかもしれません。前の恋人とのちょっとした違いなどに気づいてしまうことがあるかもしれません。

別れたからにはそれ相応の理由があったはずですが、思い出の中の恋人と比べられたら、という不安は付き合い始めの頃にはつきものです。


付き合いたてカップルの不安6. 本気で自分を好きだと思ってるのか不安

自分から告白して付き合ってもらえることになったなら、相手の思いがどの程度のものなのかは想像するしかありません。

もしかすると、好きな気持ちはそれほど強くなかったけれど、嫌いではないから付き合ってみることにしたという程度の気持ちかもしれません。

相手が自分のことを本当に好きだと思っているのかどうか、確信がもてなければ不安になってしまうでしょう。


付き合いたてカップルの不安7. スキンシップをとっていいのか迷う

自分が相手ともっと触れ合いたいと思っていても、相手が同じように考えているとは限りません。好きな人と触れあえていると心が満たされる、できるだけたくさんスキンシップがしたいという人もいますが、相手は違う考えなのかもしれません。

自分と同じように相手がスキンシップを求めているのかどうか、あるいはもっと触れ合いたいと思っているのか、相手の好みが分かるようになるには時間が必要で、それまでは不安に思いながら相手との距離感を探っていく試行錯誤が続きます。


付き合いたてならではの不安を解消する方法をレクチャー

続いては、付き合いたての時期によくありがちな不安を解消する方法を紹介します。不安の原因を特定できたら、うまくコミュニケーションをとって、不安の多い付き合い始めの時期を二人で乗り越えるようにしてくださいね。


解消法1. 不安に思っていることを恋人へ相談してみる

連絡や会う頻度をどれくらいにするのが適切なのか分からないのが悩みなら、その悩みは一人では解決できません

もっとデートしたいと思っているのに、相手がどう思っているか分からないから何もしないというのでは、単に我慢をしているだけでなんの解決にもなっていないのです。

もしかすると相手も同じように考えているかもしれませんし、もし相手が今くらいの頻度がちょうどいいと思っていたとしても、モヤモヤした気分はすっきりさせられます。


解消法2. 自分磨きをして、自信をつける

自分が魅力的な人間になれれば、それだけ恋人にも今以上に好きになってもらえるでしょう。自分に自信がないと、どうしても相手が本心で自分のことをどう思っているのかが気になって不安になってしまうかもしれません。

仕事を頑張って収入を増やしたり、ファッションを磨いて今よりも素敵な外見になったり、自分に自信をもつことで不安が解消できることもあります。

【参考記事】はこちら▽


解消法3. 思い切って素直な自分をさらけ出してみる

好きになった人のことは、少しくらいの欠点なら気にならないものです。今までは知らなかった部分を知ったとしても、まるごと全部を含めて好きになってもらえることもあるでしょう。

これまでは好きな人の前ということで少し背伸びをして自分をよく見せていたという人も、思い切って等身大の自分を見てもらうことで今よりも一歩進んだ関係が築けるかもしれません。


解消法4. デートの頻度を増やして、恋人の性格や価値観を把握する

相手のことを知らないからこそ不安に思うのです。相手のことがよく分かっていないうちは、自分のどういう言動が相手にどう思われるか分かりません。

相手のことを知るには、今よりももっとコミュニケーションをとるのが最善で、そのためにおすすめする方法がデートです。

デートを繰り返していくうちに相手のことが今よりももっと分かるようになって、自然と不安感が解消していくでしょう。


付き合ったばかりのカップルが気をつけるべき注意点は?

付き合い始めは相手のことを好きに思うあまり、ついつい自分の衝動や欲求に突き動かされてしまいがちですが、そうした行動は相手に嫌がられてしまいがち。付き合い始めのカップルが気をつけておきたい注意点を解説します。


注意点1. 束縛や干渉をしない

好きな相手とはできるだけ近くにいたいですし、相手がどこで何をしているのかもついつい気になってしまいます。そういったことに全く関心がないようでも好きという気持ちを疑われてしまうかもしれませんが、度を過ぎると相手が息苦しさを感じてしまうかもしれません。

あまり束縛しすぎたり干渉しすぎたりすると「重い」と思われて相手の心が離れていってしまうかもしれませんよ。相手を信じてどーんと待てる心を持つようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. 昔の恋人の話をしない

自分を他人と比べられてその人の方が優れていると言われたら誰しもおもしろくないでしょう。まして、恋人が昔の恋人との話をいい思い出として話せば、多くの人が嫉妬したり腹を立てるはずです。

昔の恋人の話をすると相手が不安に思ってしまうので、そうした話はいくら面白い話でもできるだけ避けた方が無難です。


注意点3. 毎日会おうとしない

恋人の愛情を確認できるのは嬉しいものですが、それも程度次第ではあります。あまり好きという気持ちを前面に押し出しすぎると重いと思われてしまったり、お互いへの気持ちの大きさの違いに相手が気後れしてしまったりすることも。

好きな人とはできるだけたくさん一緒にいたいものではありますが、気持ちの押しつけにならないように、あまり毎日会おうとしすぎない方が良いでしょう。


ぜひ参考にしたい!恋人と長続きさせる秘訣とは

好き合っているカップルは、つい一心同体のような気分になってしまいがちですが、自分は自分、相手は相手であって違う人間。最後に、恋人との関係を長続きさせる方法について見ていきましょう。


長続きの秘訣1. お互いに尊敬し合う

人は誰でも自尊心をもっています。自分にはこんないいところがある、こんな取り柄がある、というところは評価してもらいたいはず。

相手のいいところはいいところとして、相手が得意なことは当たり前と思わずきちんと評価しましょう。相手を一人の人間として尊重し、尊敬の念を持ち続けていると関係を長続きさせやすくなります。


長続きの秘訣2. きちんと信頼関係を構築する

長くお付き合いを続けていると、必ずいつかトラブルが起こります。

彼氏が異性と二人きりで仲がよさそうに歩いているのを見たとして、もし過去にも浮気をしたことがある彼氏なら、たとえ仕事上の付き合いと言っても信じてもらうのは難しいでしょう。

相手がちゃんと自分のことを愛していて、決して浮気などしないと信頼してもらえるように普段から注意しておくことが関係を長続きさせるコツです。

【参考記事】はこちら▽


長続きの秘訣3. 言いたいことを素直に言い合う

相手への不満をもったまま関係を続けていても長続きはしません。そして、カップルはお互いに最も近い関係ですが、だからといって何も言わずにお互いの思っていることが伝わるわけではありません。思っていることは口に出さないと伝わらないのです。

考えていること、相手に不満に思っていることは口に出していくことが関係を長続きさせる秘訣です。


不安な気持ちを払拭して、幸せな日々を過ごしましょう。

付き合い始めは、特に相手の性格や価値観が分からず、相手の何気ない言動が気になったり不安になったりしてしまいがちです。しかし、それは相手も同じこと。

二人でよくコミュニケーションをとっていけば、お互いへの理解を深められて不安の原因を解消できるはず。記事を参考にしていただいて、不安定な時期を二人で乗り越えていってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事