手を繋いで寝る心理とは?一緒に寝る時の彼氏/彼女の気持ちを大公開

彼氏や彼女、付き合う前の異性が手を繋いで寝る時、どんな気持ちなのか気になる時ってありますよね。そこで今回は、手を繋いで寝る彼氏と彼女の心理や、付き合ってない異性の心理を大公開!さらに手を繋いで寝ることによる効果や、手を繋いで寝たいと思った時の繋ぎやも紹介していきます。

手を繋いで寝る時の男女の気持ちを紹介します。

手をつないで寝る人

彼氏や彼女、付き合う前の男女が手を繋いで寝る時、相手がどんな気持ちでいるのか気になった経験ってありますよね。ストレートに本音を聞きづらいだけに、あれこれ想像を膨らませてしまうはず。

そこで今回は、手を繋いで寝る時の男女の心理を関係別に徹底分析!

さらに、手を繋いで寝ることで得られる効果や、手を繋いで寝たい時の上手な繋ぎ方も紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。


何を考えてる?彼氏が彼女と手を繋いで寝る心理

寝る時に恋人がわざわざ手を繋いでくるのは、深い愛情表現の一つ。具体的にはどんな心理状態でいるのかとても気になりますよね。

まずは、彼氏が彼女と手を繋いで寝る心理について詳しく解説していきます。


彼氏の心理1. いつまでも彼女と一緒にいたい

寝る時に手を繋ぐのは深い愛情の表れであり、心から彼女に惚れている男性によくある行動です。

本当に彼女のことが大好きで、これから先の人生もずっと一緒にいたい、眠っている時でさえもどこかで繋がっていたい、というような気持ちでいます。

彼女の存在を心の底から愛おしく思っており、ひと時も離れたくないのです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏の心理2. 愛情を感じて安心したい

彼女と手を繋ぐことで不安を和らげ、落ち着こうとしている心理状態です。

仕事で疲れていたり、何かトラブルがあって悩んでいる時というのは、どうしても気持ちが沈んでしまいがち。

特に寝る前は気持ちが緩みやすいため、普段しっかりしている男性であっても、彼女に甘えて癒されたい気分になります。

手を繋いで好きな人のぬくもりを感じることで、「自分にはそばで見守ってくれる人がいる」と安心したいのです。


彼氏の心理3. 彼女を独占していたい

彼女を他の男性に取られたくない」という独占欲寄りの強い愛情から、寝る時に手を繋ぐ男性もいます。

特に、普段から彼女に依存気味なタイプや、甘えん坊で寂しがりタイプの彼氏は独占欲が強く、たとえ寝ている間でも彼女を自分だけのものにしておきたい気持ちがあるようです。

また、彼女の近くに他の男性の影がある、彼女からの愛情が前ほど感じられない、などの不安から独占欲が高まり、寝る時に無意識に手を繋ぐ場合もあります。

【参考記事】はこちら▽


彼氏の心理4. 好きであることを伝えたい

彼女を本当に大切に想う証として、寝る時に手を繋ぐ男性も多くいます。

特に口下手な男性は、「好き」という気持ちをストレートに表現できないため、素直に言葉で表現できない分、せめて行動で愛情を伝えようとするもの。

心の中ではいつも彼女を大切に想っていることを、寝る時に手を繋ぐ行為によって表現していると考えられます。


彼氏の心理5. 彼女との関係をもっと深めたい

抱擁やキスと比べると、手を繋ぐのはとても優しい愛情表現です。

もし、寝る時にイチャイチャするわけでもなく彼氏がただ手を繋いできたら、「本当に大切にしたい」「もっと深く知り合いたい」という心理の表れと言えます。

ただ純粋に手を繋ぐだけで満たされるほど愛していることを、彼女に分かってもらいたいと思っているのです。


彼女が彼氏と手を繋いで寝るのはどんな心理なの?

寝る時に手を繋いでくる彼女の行動には、一体どんな心理が隠されているのでしょうか。続いては、彼女が彼氏と手を繋いで寝る心理の中から代表的なものを5つ解説します。

あなたの彼女の心理に当てはまるものがきっと見つかるはずですよ。


彼女の心理1. 彼氏の愛情を確認したい

彼氏にどう思われているか不安に思う心理から、寝る時に手を繋ぐ女性もいます。

例えば、喧嘩をした直後の場合、仲直りはしたものの本当にわだかまりが残っていないか心配になることがありますよね。

もし、「もう怒ってない?」と直接聞けば話を蒸し返してしまう恐れがあるため、手を繋いで彼氏の反応を確認することで、気持ちを探ろうとしているのです。

【参考記事】はこちら▽


彼女の心理2. 彼氏の温もりを感じて安心したい

仕事やプライベートで悩みや不安を抱えている時、彼氏に頼りたくなる女性は多いです。寝る時に手を繋ぐのには、不安を静め、安心感に包まれたい心理が影響しています。

女性からすると男性の手というのは、大きくて力強く、たくましさを感じるもの。

寝る時に彼氏の手を握ることで、守られているような安心感に包まれ、穏やかで落ち着いた気分になるのです。


彼女の心理3. 彼氏とイチャイチャしたい

寝る前に「今日あった楽しい出来事を話したい」「どんな一日だったか話が聞きたい」などと、イチャイチャしながらコミュニケーションを取りたがる女性は多いもの。

この場合のイチャイチャは下心ではなく、手を繋いでスキンシップを楽しみながら色々な会話をしたいということです。

彼氏が先に眠ってしまうのを防止するために、あえて手を繋いで意識を彼女側に向けさせようとする場合もあります。

【参考記事】はこちら▽


彼女の心理4. 彼氏に甘えたい

普段なかなか会えなくて甘えられなかったり、元々甘えん坊な性格の女性によくある心理です。

彼氏のことが大好きだからこそ、少しでも長く触れていたい、ぬくもりを感じて安心したい、という気持ちになります。

どこか体の一部に触れるだけでもぬくもりは感じられますが、手を繋ぐ方がより繋がっている感覚が得られるため、甘えたい欲求が満たされるのです。


彼女の心理5. 寂しい気持ちを埋めたい

彼氏になかなか会えなかったり、素っ気なさを感じていたりする時に、寂しさや不安を埋める手段として手を繋ぐ場合もあります。

特に寂しがりな気質が強い女性は、彼氏に依存しやすい傾向があるため、「そのうち彼氏が自分の元から去って行くかも」という強い不安を一方的に抱えていることも。

不安を払拭し、寂しい気持ちを埋めたい一心で、無意識に彼氏と手を繋ぐこともめずらしくありません。


付き合ってない異性が手を繋いで寝る心理はどんな気持ち?

付き合ってない異性が寝る時に手を繋いでくると、一体どういうつもりなのか気になってドキドキしてしまいますよね。

ここでは、付き合ってない異性が寝る時に手を繋ぐ心理について詳しく解説していきたいと思います。


付き合ってない異性の心理1. 付き合っていると感じている

カップルのような仲の良さでも、直接的な告白がなければまだ付き合ってない関係と考えるのが一般的ですが、中には「良い雰囲気=付き合っている」と勝手に判断する人もいます。

そのため、既に付き合っているものと思い込んで、恋人気分で手を繋いで寝ようとするのです。

相手にとっての彼氏や彼女が自分だと思っているので、寝る時以外でも手を繋ぐ、恋人のような振る舞いをする、というような言動が多く見られます。


付き合ってない異性の心理2. 異性として見てほしい

付き合ってないにもかかわらず手を繋いでくる行為には、ただの親しい友達の関係から一歩前に進みたい気持ちが込められている場合も。

もし、相手から嫌がられたり拒否されたりすれば、今までの良い関係を壊してしまう恐れがあるため、緊張や不安を抱えている状態とも言えます。

「異性として意識してほしい」という真剣な想いを、手を繋ぐことで伝えようとしているのです。


付き合ってない異性の心理3. 相手が自分を本命に思っているか知りたい

相手の反応をうかがったり、自分の気持ちを確かめたりする目的で、寝る時に手を繋いでくるパターンもあります。

相手が自分のことを恋愛対象として見てくれているかどうか確信が持てず、このまま恋愛を進めるべきか迷っている心理状態です。

手を繋ぐ行為を通して相手の感情を探り、もし、相手が自分を本命に思っているようなら、告白して付き合うことも考えています。


付き合ってない異性の心理4. 下心があって相手の反応を見てる

付き合ってないのに手を繋いで寝ようとする異性の中には、特別な恋愛感情はなく、ただ体の関係を狙っている人もいます。

緊張やぎこちなさを感じさせない慣れた雰囲気で手を繋いできたり、体を寄せてきたりするようであれば、遊び人の可能性が高いと言えるでしょう。

相手をどうにかその気にさせようと考えているため、まるで好意があるかのように振る舞ったりします。

【参考記事】はこちら▽


手を繋いで寝るといい効果があるってホント?

寝る時に手を繋ぐ行為は、分かりやすく愛情を伝える方法であり、二人の関係をさらに深める効果があります。

ここでは、手を繋いで寝ることで得られる嬉しい効果を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


手を繋いで寝る効果1. 喧嘩の仲直りがしやすくなる

手を繋いで寝る行為には、仲良くしたい気持ちや愛情を伝える効果があるので、喧嘩の仲直りのきっかけを作ることができます。

お互い意地になってピリピリしている状況や、謝りたくてもタイミングが分からない状態で手を繋ぐのは、二人の関係を修復するために有効な手段です。

手から伝わる温かなぬくもりも手伝って、無意識のうちに怒りの感情が和らぎ、素直に仲直りしやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


手を繋いで寝る効果2. 幸せな気分になる

寝る時に手を繋いでぬくもりを感じることで、相手の存在をより強く実感できます。

「愛する人がすぐ隣にいる」「自分には支え合える相手がいる」という幸せを再認識し、心が安心感や充足感で満たされるのです。

その結果、疲れや不安などのストレスが緩和され、リラックスした状態で幸せな気分に包まれながら眠りにつけます。


手を繋いで寝る効果3. 円満な関係が継続する

「好き」「愛してる」などの言葉を普段は口に出せなくても、寝る時に手を繋ぐことで、本当はいつも大切に思っている気持ちを伝えることができます。

つまり、寝る時に手を繋ぐ行為には、コミュニケーション不足による心のすれ違いを防止し、愛情や信頼関係をさらに強いものにしてくれる効果があるのです。

手を繋いだ時にお互いがギュッと握り返せば愛情を感じ合え、幸せな関係が長続きします。


恋人/付き合ってない異性と寝る時に手を繋ぐ方法とは

寝る時に手を繋ぐ相手の心理が分かったら、「今度は自分から手を繋ぎたい」と思う人もいるのではないでしょうか。

ここからは、そんな人に向けて、恋人や付き合う前の異性と寝る時に手を繋ぐ方法を詳しくレクチャーします。


男性が女性と手を繋いで寝る時の誘い方

寝る時に彼女や好きな女性と手を繋ぐなら、スマートにかっこよく決めたいものですよね。女性に好印象を与えるためには、一体どんな繋ぎ方が効果的なのでしょうか。

まずは、男性から手を繋ぐ時の上手な誘い方を解説するので、ぜひ実践してみてくださいね。


男性が女性と手を繋ぐ方法1. 男らしく何も言わずに手を繋ぐ

ただの友達ではなく男性として意識してもらいたい場合など、女性をドキッとさせたいなら、何も言わずに手を繋ぐ方法がおすすめです。

具体的に言葉にしなくても、手を繋ぐのに何か理由があるのは明白なので、女性から意識してもらえるきっかけになります。

女性と手を繋ぐ時は、体勢を変えようとしてもぞもぞ動いたり、そわそわした雰囲気を見せたりせず、スマートにサッと手を握るのがポイントです。


男性が女性と手を繋ぐ方法2. スキンシップを取ってから自然に繋ぐ

良い雰囲気でスムーズに手を繋ぐためには、女性の警戒心や緊張を解くことが大切です。

ちょっとしたスキンシップや楽しい会話でコミュニケーションを取り、手を繋ぎやすい雰囲気を作りましょう。

お互いの体の距離が近く、手を繋ぎやすい体勢の場合は、そのまま自然に手を繋ぐのもいいですが、「手を繋いでもいい?」とあえて確認するのも紳士的。

女性側は本命として丁寧に扱われている印象を受けるので、好意を持ってもらいやすくなります。


女性が男性と手を繋いで寝る時の誘い方

寝る時に女性から手を繋ぐ場合は、可愛らしさをうまくアピールすると、男性をドキッとさせることができます。

ここでは、男性と手を繋いで寝る時の上手な誘い方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


女性が男性と手を繋ぐ方法1. 顔を見ながら「手、繋いでも良い?」と可愛く誘う

ベッドで横になった体勢の女性の表情というのは、男性からすればとても色っぽく見えるもの。

顔をじっと見つめられながら「手を繋ぎたい」とお願いされると、思わずキュンとしてしまいます。

男性をもっとドキドキさせるには、少し恥ずかしそうな表情を浮かべながら謙虚な雰囲気で伝えるのがポイント。

普段の印象とギャップがあるほど、大きなインパクトを与えることができますよ。


女性が男性と手を繋ぐ方法2. 「はい!」と手を差し出す

ただ一言、「はい!」と言って手を差し出すのは、素直に手を繋ぎたいって言えないのが可愛いと男性に思ってもらえる誘い方です。

ぶっきらぼうな言動をしつつ本当は甘えたがっている様子は、男性の目にとても愛らしく映るため、「仕方ないな」と笑顔で手を繋いでくれるでしょう。

素直じゃないけど甘えたがりなタイプの女性に弱い男性は、結構多いものですよ。


手を繋いで寝て、愛情を再確認しよう!

寝る時に手を繋ぐのは、相手に対して深い愛情や信頼があるから。

愛情を感じ合いたい、もっと親密になりたい、というような気持ちの表れであり、相手に対して心を許しているサインと言えます。

自分から手を繋ぐのは少し勇気がいることですが、相手ともっと通じ合える関係になるために、時には勇気を出して自分から手を繋いでみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事