付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴│円満な関係を長続きさせる秘訣とは

大好きな恋人ができてラブラブな時期が終わり、少し関係が落ち着いてくる、付き合って3ヶ月という時期。実は付き合って3ヶ月目は別れるカップルが多いと言われています。そこで今回は、付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴から長続きさせるコツまで、詳しく解説します。

付き合って3ヶ月って、カップルの分岐点なんです。

付き合って3ヶ月で別れるカップル

実は、付き合って3ヶ月で別れるカップルが多いといわれます。

どうして3ヶ月で破局を迎えるのでしょうか?

また恋愛を長続きさせるには、魔の3ヶ月目をどのように乗り越えればいいのでしょうか?

今回は、恋愛における3ヶ月の意味と重要性について、3ヶ月で別れるカップルの特徴について説明していきます。恋愛の中に潜む落とし穴に気づく手助けになるかもしれませんよ。


「付き合って3ヶ月」で別れるカップルが多い理由

付き合って3ヶ月で別れるカップルが多いのは、何か理由があるはずです。

相手の悪い部分が見えてきたり、出会った頃の新鮮さがなくなってきたりなど色々な理由が考えられます。

別れる理由を1つずつ探っていけば、恋愛を長続きさせるヒントが見つかりますよ。


別れる理由1. 付き合ってみて相手の悪い部分が見えてきたから

付き合い始めたばかりのカップルはラブラブで、お互いのことをよく知らないまま愛し合います。相手を理解するよりも、好きだという情熱の方が強いのです。

しかし、その情熱を勢い良く持ち続けることはできません。

付き合って3ヶ月ぐらいすると出会った頃の情熱が落ち着いてきて、お互いの性格や考え方がわかってきます。

出会った頃はわからなかった相手のクセや欠点が見えるようになると、熱が冷めて別れるカップルが増えるわけです。


別れる理由2. 同じことを繰り返す関係にマンネリ化し、飽きてきたから

どのような事でも長く続けているとマンネリ化して飽きてきます。恋愛でも同じで、出会った頃のラブラブをずっと持ち続けることができません。

なぜ続かないかというと、毎回デートを重ねていくうちに新鮮さが失われるからです。相手の好みや考え方がわかってきて、ミステリアスな部分がなくなります。

これは一般的な傾向で、恋愛の倦怠期に差し掛かるのが出会って3ヶ月ぐらい。倦怠期に入ってしまうと、デートをするのも面倒になり、言い訳を考えて誘いを断ったりするため、別れのきっかけになります。


【参考記事】はこちら▽


別れる理由3. 目移りをして、他に好きな人ができてしまったから

ラブラブな恋愛期間を経て3ヶ月ぐらいたつと倦怠期に差し掛かり、デートもマンネリ化して飽きてきます。

恋愛熱が冷めてきた頃に他の異性と出会ったりすると、目移りしたり、新しい異性の方を好きになることも。

なぜ目移りするかというと、新しい異性の方に新鮮さを感じるからです。

3ヶ月ぐらい付き合うとお互いのことが大体わかってくるので、新しい異性と出会った時にこれまで付き合ってきた人とは別の魅力を感じてしまいます。

ここで冷静に踏みとどまれないと、別れることになりますね。


【参考記事】はこちら▽


別れる理由4. そもそも妥協で付き合っていて、相手を好きになれなかったから

恋愛には色々なケースがありますが、もともとそれほど好きではないのに付き合っていた場合は、3ヶ月ぐらいで破綻することが多いです。

なぜ妥協して付き合うのかというと、人間は人恋しくなることがあるから。

きっかけは妥協であっても、付き合っていくうちに情熱的に愛し合うこともあります。

ただし3ヶ月ぐらい経って倦怠期に入った時、妥協で付き合い始めたカップルは情熱の冷め方が早いのです。

相手を好きで付き合い始めたわけではないので、意外と別れる決断も早くなります。


【参考記事】はこちら▽


別れる理由5. パートナーの束縛が激しく、気持ちのバランスが合わなかったから

好きになってラブラブになると、お互いに相手のことがわかってきます。

慣れも手伝ってお互いに遠慮がなくなると相手を束縛したりワガママが増えてきて、別れてしまうケースが多いのです。

出会った当初は魅力的だと思っていたことが、3ヶ月ぐらい経つと相手のワガママだったり自己主張の強さだったりが見えてきます。

次第に相手の性格や気性が負担になって、お互いの気持ちのバランスが合わなくなってしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


別れる理由6. 自分と価値観が合わないことがわかってきたから

価値観が違うと、物事に対する考え方が違ってきます。

事あるごとに意見がぶつかり、いがみ合うことが多くなってラブラブな関係は長続きしないことになります。

付き合って3ヶ月経つとお互いの価値観がわかってくるので、別れるケースが多くなるのです。

価値観というのは基本的な考え方のこと。例えば遊びより仕事を大切にしたいという人と、仕事より遊びを大切にしたい人とでは価値観が違います。基本的な考え方が違うと衝突も多くなります。


もしかして倦怠期?付き合って3ヶ月目で別れるカップルの10の特徴

誰でもラブラブな時はいつも相手と一緒にいたいと思います。

しかし、実際に付き合って3ヶ月で別れるカップルが多いのは、なぜでしょうか。

色々な理由が考えられますが、その中でも知っておくと役立つ、3ヶ月で別れるカップルの10の特徴について説明します。 


特徴1. 出会ってから付き合うまでの期間が短かった

じっくりと愛情を育てる過程が抜け落ちてしまったカップルは、3ヶ月で別れることが多いです。

熱烈な愛情で結ばれたカップルは熱が冷めるのも早いといわれますが、愛情を育てる時間がないのが原因です。

出会いから付き合うまでの期間が短いと、3ヶ月でお互いに飽きてしまいます。じっくりと愛情を育てる期間がないので、うわべだけの恋愛になりやすいからです。

出会ってから付き合うまでの期間が短かい時は特に注意が必要です。


特徴2. 一緒にデートをしても会話が盛り上がらなくて、楽しくない

恋愛当初はお互いに知らないことが多く、会話をしているだけで楽しいものです。デートをするたびに相手のことがわかり、会話も盛り上がります。

3ヶ月経つとお互いのことがわかってしまい、デートをしても話す話題がなくなって会話が盛り上がりません。

これも3ヶ月で別れるカップルの特徴です。

なぜ3ヶ月で会話が盛り上がらなくなるかというと、相手を知ろうとする努力が足りないから。

人間は3ヶ月で全てがわかるほど底が浅くありません。話せば話すほど話題は見つかるものです。


【参考記事】はこちら▽


特徴3. お互いに対して興味や関心が薄まってきた

付き合って3ヶ月たつとお互いに慣れてきて、相手の性格や気持ちがわかってきます。

相手の姿や考え方を冷静に見られるようになると、今まで魅力だと思っていたことがそれほどでもないとわかるわけです。

3ヶ月というのは、情熱的だった恋愛期間が終わって相手のことを客観的に見られるようになる時期にあたります。

相手に対する新鮮さが失われて興味や関心が薄まり、別れにつながるのです。


特徴4. パートナーの嫌なところばかりが目についてしまう

付き合い始めて3ヶ月たつと、お互いのことがわかってきて出会った頃の新鮮さがなくなってきます。マンネリを感じるようになり、相手の嫌なところが目につくようになるのです。

例えばしつこくデートに誘われると、以前は嬉しかったのに嫌なところに思えてしまうのもマンネリ感があるからでしょう。

食事をしたあとの支払いを割り勘にしていたのも、相手がケチだからと深読みしてしまうのです。

出会いから3ヶ月目頃が倦怠期になるので、パートナーの嫌なところばかり目についてしまいます。


特徴5. 生活リズムが合わなくて、会う回数が減ってきた

出会いから3ヶ月経つと恋愛も落ち着いてきて、それぞれの生活リズムを取り戻したくなります。

お互いの生活リズムを大切にしようとすると会う回数が減り、徐々に恋愛感情が冷めてくるので別れることが多くなるのです。

学生なら授業をきちんと出て、暇な時間にデートをしようと思うはず。でも恋愛に夢中になっている時は相手と会うのが最優先なので、授業に出るよりデートを選ぶでしょう。

3ヶ月経つとお互いがマンネリ化して自分の生活の方を大切にし始めるので、それが別れにつながります。


特徴6. 金銭面で片方に負担がかかりすぎている

3ヶ月経つと恋愛熱も落ち着いてきて、初めの頃のような情熱が薄らぎます。

それまで片方だけがデートや食事の支払いをしていると、それを負担と感じるようになり別れるきっかけになるのです。

割り勘にしようと言えばいいのですが、それが言えない場合は別れることに。

金銭的に負担を感じるのは主に男性ですが、男にはプライドがあるので割り勘を言い出せないのです。

金銭的な負担は生活を圧迫するので、かなり切実になり別れてしまうのです。


特徴7. いちゃいちゃしすぎたり、連絡を取りすぎている

恋愛関係が長く続かないのは、お互いに新鮮さを感じなくなり、マンネリを感じるからです。3ヶ月で別れるカップルの特徴に、いちゃいちゃしすぎたり連絡を取りすぎるということがあります。

なぜこれが特徴なのかというと、必要以上にいちゃいちゃすると新鮮さが急速に薄まるから。

1日何回も電話をしたりメールのやりとりをしていると、またかという感情が起こってきて相手を避けるようになり、別れてしまうことに繋がります。


特徴8. 2人の間でネガティブな発言が多い

人間の性格は十人十色、様々です。恋愛当初は相手の性格がよくわかりませんが、3ヶ月経つとわかってきます。

お互いにポジティブで前向きな性格だと恋愛も長続きしますが、反対にネガティブな性格は長続きしません。

お互いがネガティブだと会話も弾みませんし、恋愛感も後ろ向きになります。

これでは2人で愛情を育ていこうという気分にはならないのです。

3ヶ月で別れるカップルの特徴の1つが、ネガティブな発言や考え方をすることなんです。


【参考記事】はこちら▽


特徴9. 「結婚したい!」と言って関係を進めることを相手に求め過ぎている

恋愛関係が破綻する原因の1つは、相手を束縛しすぎるということです。お互いに好きになって付き合い始めて3ヶ月たつと、相手に束縛されていると感じることがあります。

その典型的な例が、結婚したいという言葉。

まだ付き合って3ヶ月ぐらいしか経っていないのに、結婚を持ち出されると束縛感を感じます。「結婚したい!」という言葉も3ヶ月で別れるカップルの特徴といえますね。

相手のことを考えず、一方的に感情が高ぶってしまうと結婚を口にする傾向があります。


【参考記事】はこちら▽


特徴10. 3ヶ月経って、遠距離恋愛が辛いということがわかった

遠く離れた恋人同士が週に一度のデートのために会いに行くというのは、とてもドラマチックです。恋愛当初は遠距離であることが、2人の関係をより強くする要因だったはず。

3ヶ月経つと遠距離恋愛が破綻しやすいのは、心身ともに遠距離の辛さが身に染みて会いにいくのを辛く感じるようになるからです。

恋愛関係になってから3ヶ月目は倦怠期と言われており、ドラマチックな要素が薄れて負担感が重くのしかかる時期でもあります。会う回数も次第に減ってきて別れに至るのです。


【参考記事】はこちら▽


付き合って3ヶ月以降も円満に関係を続けることが出来る11個のコツ

3ヶ月で別れるカップルもいれば、3ヶ月以降も恋愛関係を続けるカップルもいます。

なぜ、このような違いが出るのでしょうか。

実は、長く恋愛関係を続けるコツが色々あるんです。その中でもすぐに役立つ11個のコツについて説明しますね。


ポイント1. 相手の存在を当たり前だと思わないようにする

恋愛関係を長く続けたいのなら、お互いに相手を大切だといつも思うことが大切です。恋愛をして3ヶ月経つとデートをするのが当たり前という感覚になり、マンネリに陥りやすくなります。

マンネリに陥ると、新鮮な感じがなくなって相手とデートをするのが当然と思いがち。3ヶ月以降も良い関係を続けたいのなら、相手の存在を当たり前だと思わないことです。

もしかしたら相手を失うかもしれないと思えば、1回1回のデートが貴重だと思えるようになります。


ポイント2. いつも同じ場所ばかりではなく、いろんなデートへ出かけてみる

マンネリと倦怠感は恋愛にとって大敵です。だいたい3ヶ月たつとこの傾向が出てきて、別れるカップルが多くなります。

これを避けるには常に新鮮な感覚を維持することが重要で、その1つの手段としてデートの場所をいつも変えるというやり方があります。

いつも同じ場所で会っているとマンネリになりますが、色々な場所でデートするとそれだけで新鮮な気持ちになり会話も弾みます

3ヶ月以降も恋愛を長続きさせるコツは、デートの場所を変えることですよ。


ポイント3. 二人で楽しめる共通の趣味を模索してみる

3ヶ月で別れるカップルで多いのが、お互いの趣味が違うという点です。趣味が違うと会話が弾まなくなり、お互いの気持ちがすれ違うようになります。

しかし、共通の趣味があると、3ヶ月目の恋愛倦怠期を無事に乗り越えられます。共通の話題があるので楽しく過ごせますし、お互いに趣味を深めることで関係も強くなるでしょう。

恋愛関係を長く続けるコツは、彼女と彼氏で共通の趣味を持つことです。


ポイント4. 記念日やイベントごとを大切にする

恋愛を円満に長く続けるためには、いつも相手への思いやりが大切です。思いやりというのは目に見えないので、形にすることがポイント。

例えば、二人が出会った記念日にはレストランで食事をするとか、相手の誕生日にはプレゼントを贈りましょう。さり気なく身につけられるペアグッズもおすすめ。

二人の記念日やイベントを大切にすれば、その都度お互いの愛情を確認できるのでマンネリにならずに済みます。これが恋愛を長続きさせるコツですね。


【参考記事】はこちら▽


大きなプレゼント1回より、小さなプレゼントを何回もあげることが大事

二人が出会った記念日や、相手の誕生日にプレゼントを贈り合うのは素敵なことです。恋愛関係を長続きさせるコツは、思いがけない時にプレゼントを贈ることでしょう。

誕生日や出会いの記念日はプレゼントをもらえるとわかっていますが、思いがけない時のプレゼントは印象が強くなります。

大きなプレゼントでなくてもいいので、小さなプレゼントを思いがけない時に何回もあげるのが効果的ですよ。

例えば新しいスマホケースや、ハンカチ1枚でもいいんです。ちょっとした心遣いを感じさせる小さなプレゼントは相手に新鮮な喜びを与えますよ。


ポイント5. 相手の悪い部分を受け入れてみる

付き合い始めてから3ヶ月経つと、相手の悪い部分も見えてきます。それを嫌だと感じて拒み始めると、別れる方向へ向かいます。

良い部分ばかりの人間はいませんし、誰にも悪い部分はあるものです。3ヶ月付き合って嫌な部分が見えてきたら、それを受け入れてあげるのが愛情でしょう。そうすれば相手も自分の悪い面を受け入れてくれるはず。

相手の悪い部分も受け入れるのが、恋愛を長続きさせるコツです。


ポイント6. 気に障ることがあったら、喧嘩ではなく、落ち着いて話合う

出会って付き合い始めた当初は、お互いに好き合っているので嫌な面には気づきません。3ヶ月たつと嫌な面が鼻につくようになり、それが原因で喧嘩になることもあります。カッとなって喧嘩すると、言葉が乱暴になって相手を傷つけてしまいます。

恋愛を円満に長く続けるには喧嘩のやり方を気をつける必要があり、冷静に落ち着いて話し合うのがコツです。


【参考記事】はこちら▽


「許せないこと」「大切にしたいこと」を共有し合う

恋愛関係も3ヶ月経つと相手のことがわかってくるので、喧嘩になることもあるでしょう。何気ない一言や振る舞いが許せなかったりした時は、冷静になって話せば理解し合えます。

何が許せなかったのかを話し合えばお互いにそれを共有できるので、相手も気をつけるようになります。話し合ってそれぞれが大切にしたいことを確認し合い、共有することも恋愛を長続きさせるコツです。


ポイント7. 「ありがとう」「ごめんね」を素直に伝える

日本人は気持ちを言葉にするのが苦手ですが、感謝や謝罪の気持ちは言葉にしないと伝わらないことがあります。

素直に「ありがとう」や「ごめんね」を言える人間は心の大きさを感じさせます。心の大きな人間は誰からも好かれます。

恋愛関係を長く続けるコツは、感謝や謝罪の気持ちを素直に相手に伝えることです。

特に、彼氏の場合はプライドを気にするので謝ることができませんが、自ら過ちを認めて素直に「ごめんね」と言えば、彼女の好感度はより上がるでしょう。


ポイント8. 恋人に完璧を求めず、ありのままの姿を受け入れる

付き合い始めた頃は恋愛感情が高ぶっているので、一緒にいるだけで幸福になれます。3ヶ月たつと恋愛感情も落ち着いて、相手の欠点や嫌なところが見えるようになります。

3ヶ月で別れるカップルに多いのが、相手に完璧を求めすぎること。欠点や嫌な部分を自分のために直してほしいと思い始めると、別れにつながります。

この世に完璧な人間はいないので、欠点や嫌な部分があるのは仕方ありません。大事なのは完璧を求めようとせずに、相手のありのままの姿を受け入れること。それが恋愛を長続きさせるコツです。


【参考記事】はこちら▽


ポイント9. 長く付き合っているからと言って、愛情表現を疎かにしない

何事も長く続けていると、それが習慣になって怠惰になる傾向があります。恋愛も同じ事で、長く付き合っていると「言わなくてもわかるだろう」という思いが強くなります。

付き合って3ヶ月たつと情熱的な思いも薄れて、倦怠期に入ります。それを上手にクリアするには愛情表現を疎かにしないこと。

毎日「愛してる」という必要はありませんが、相手の心が離れそうだと感じる時には素直に愛情表現してください。上手な愛情表現ことが、恋愛を長続きさせるコツなんです。


【参考記事】はこちら▽


ポイント10. 毎日「おはよう」、「おやすみ」のLINEやメールを送る

日常的な挨拶は他人との大切なコミュニケーション手段です。毎朝会社に出勤して「おはよう」と挨拶するだけで、気持ちは通じ合います。恋愛関係でもコミュニケーションはとても大切です。

LINEやメールなど連絡が何もないと、嫌われたのかもしれないとか好きな人ができたのかもしれないなど、いらぬ想像をしてしまいます。

特に付き合い始めてから3ヶ月たつと、デートする機会も減ってきます。

それをカバーするためにも一言でいいので、毎日「おはよう」とか「おやすみ」とメールすること。これも恋愛を長続きさせるコツです。


【参考記事】はこちら▽


ポイント11. 遠距離恋愛で会えない時は、2週間に1回電話をする

遠距離恋愛のカップルは付き合い始めて3ヶ月ぐらい経つと、遠距離であることを負担に感じ始めます。無理をして遠距離にもかかわらずデートを続けると、負担に耐えられなくなって別れてしまうケースが多いです。

そんな遠距離恋愛のカップルが関係を長続きさせるコツは、頻繁にデートをするのではなく2週間に1度電話をすること。

電話ならお互いに負担になりませんし、コミュニケーションがとれます。1ヶ月に1度ぐらい会う方が却って新鮮で、長続きするものです。


付き合って3ヶ月の壁を超えて、長続きカップルになりましょう。

付き合って3ヶ月で別れるカップルが多い理由や別れるカップルの特徴、恋愛を長続きさせるコツについて解説してきました。

どんなに熱烈な恋愛でも3ヶ月目には倦怠期に入ります。それを知っていれば別れを回避するための対策がとれますので、この記事を参考にして実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事