若く見える人の特徴17選|年齢より若く見える魅力的な人になるコツ

男性も女性も、実年齢よりも若く見える人っていますよね。今回は、若く見える男女に共通する特徴から男女別の魅力を大公開!さらに、いくつになっても周りから若く見られるための方法をレクチャーしていきます。実年齢よりも若く見られる芸能人も紹介するので、目標にして頑張ってみてくださいね。

若く見える人って羨ましいですよね。

若く見える人の特徴

若く見える人はイキイキとして非常にアクティブで魅力的。ふわっとした概念ではなく、若く見える人とはどんな人なのか、年齢より若く見える女性や男性の特徴や共通点を具体的にあげて解説していきます。

若くいられる秘訣についても男女別に細かく紹介し、ロールモデルとなる有名芸能人も取り上げているので、若見え要素を取り入れてみてくださいね。


【男女共通】実年齢より若く見える人の特徴や共通点とは

若く見える人の特徴

実年齢より若く見える男女の特徴や共通点にはどのようなものがあるのでしょうか。

外見だけでなく行動スタイルや精神性など、イメージできるように具体的な例をあげて紹介します。男女問わず若々しさを保つために何が必要か細かく見ていきましょう。


若く見える人の特徴1. 非常にアクティブで、休日は基本的に外へ出かけている

若く見える人はフットワークが軽く非常にアクティブ、常に新しい刺激を求めていて、休日になれば外に出かけて何かを楽しんでいます。

若く見える人が持つ行動力は、健康的な身体と何かをしようとする意欲に満ちているから生まれます。

身体も気持ちも元気にあふれているから、外でいろいろ楽しんだり面白いことを見つけに行けるわけで、その生き生きした様子が年齢に関わらず周囲に若さを感じさせるのです。


若く見える人の特徴2. トレンドに敏感で流行りのアーティストやグルメ、スポットに精通している

若く見える人はトレンドに敏感で、世間で人気のアーティストやグルメ、これから来るスポットもよく知っています。新しいもの好きで、流行りのグッズやファッション、メイクをいち早く取り入れています。

新しい情報を常にチェックしているから、いつ話をしても新鮮で楽しくて、その場も明るくなります。常に新しい驚きに満ちているからこそ、周りの人が若々しい印象を受けるのです。


若く見える人の特徴3. 多趣味でイキイキとした人生を歩んでいる

若く見える人は多趣味

若く見える人は好奇心旺盛で、何ごとにも興味や関心を高く持ち続けています。いろいろなことを試しつつ極めてみたいというエネルギーや欲求に満ち溢れているので、多彩な趣味を持っていることもしばしばです。

何かに熱中できることを持つ人はイキイキとしていて若々しく見えます。熱中できる趣味がたくさんあることは、すなわちエネルギッシュで若く見えることにつながっていくのです。


若く見える人の特徴4. 謙虚な姿勢を常に持ち、自分より一回り以上若い人とも積極的に会話する

若く見える人は好奇心旺盛だからあらゆる方面から情報収集をします。一回り以上年齢の離れた若い人とでも積極的に話をすることで、自分の身になることなら受け入れてモノにしていこうとするのです。

たとえ自分より人生経験や知識がない若い人の言うことでも、世間のトレンドや動向の1つと判断すれば貪欲に聞き入れる姿勢があります。自分より年若でもバカにせず謙虚な態度で接するから若くいられるのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


若く見える人の特徴5. 基本的にポジティブ思考でいつも笑顔を絶やさない

若い人は未来や可能性に満ちあふれていて、チャンスがいくらでも転がっています。その結果として基本的にポジティブ思考で、多少のことにもめげずに前に進んでいきます。

ポジティブな人はいつでも笑顔で楽しそうで、いろんなことにチャレンジします。そのため、いろいろな人の目にとまって声をかけられるから、チャンスがたくさんもらえるのです。その好循環が若さを保っていけるのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


若く見える人の特徴6. 背筋がピシッとしており、姿勢が非常に綺麗

若く見える人は姿勢がきれい

猫背だと、たとえ若くても老けた印象がぬぐえなくなります。背筋がピシッととして、とても綺麗な姿勢だと、年齢が高めでも若々しく見えるから不思議です。

曲がった腰は古来から縁起が良いとされていますが、それは長寿や経験を積むことに対してのもの。人々からの尊敬を受けるデキた人ではなく、好感度の高い若々しい人でいたいなら、姿勢に気を遣ってキビキビ動くようにしましょう。


若く見える人の特徴7. 仕事も遊びも全力を尽くす素直さを持ち合わせている

若く見える人は仕事はもちろん遊びなど、あらゆることに対して全力を尽くそうとする真っ直ぐな気持ち、すなわち素直さを持っています。

今この時を楽しんだり、全うしようとする意欲や一生懸命さにあふれているから、いつでも真剣勝負でおろそかにすることがありません。

ただし、全力を尽くすにはそれができる体力も合わせて必要です。気持ち先行ではなく、体力づくりにも励みましょう。

【参考記事】はこちら▽


実年齢より若く見える女性の特徴

実年齢より若く見える人の特徴

次に、実年齢より若く見える女性の特徴を紹介します。

若く見える女性とは具体的にはどんな感じの人を言うのでしょうか。周囲からどう見られることが若く見られるということなのか、その点について詳しく見ていきましょう。


若く見える女性の特徴1. 30代、40代になっても、シワやくすみが少なく肌が非常に綺麗

年齢を重ねた肌の特徴として真っ先にあげられるのは、シワやくすみです。くすみは20代から気になり始めますが、特に30代、40代になってくると、シワやくすみが目立ち始めます。

30代、40代でもシワやくすみが少なくて、肌が非常に綺麗な人は若く見られます。肌のお手入れを入念にするのはもちろん、紫外線に気をつけたり、栄養に気を配って肌の若々しさを保つようにしましょう。


若く見える女性の特徴2. 無理な若作りをせず、年齢に合った髪型やファッションを楽しんでいる

『若く見える』のと『若作り』とは全く別つのもの。流行は10代や20代から発信されることが多いですが、そのまま取り入れるとチープで安っぽかったり、「痛い」と思われることも。

流行やトレンドをキャッチアップするのも非常に大事ですが、自分の年代の世間的なイメージというのもバカにできません。年齢が上になるほど流行をスパイスとして取り入れて現役感を出していくといいでしょう。


若く見える女性の特徴3. いつでもポジティブ思考で、笑顔が絶えず愛嬌がある

実年齢より若く見える女性は笑顔が絶えない

『女は愛嬌』とよくいうもの。いつもポジティブに笑顔でいれば、人から好印象を持たれることは間違いありません。

若い女性の武器は『愛嬌』です。これで人生を切り開くというポジティブさ、若く見える女性ならそんな印象を周りに与えることがあります。

能ある鷹は爪を隠すではないですが、愛嬌をもって人からかわいがられたり、引き立ててもらえる、若く見える女性はそんな特徴も持っています。

【参考記事】はこちら▽


若く見える女性の特徴4. 姿勢がよく、立ち姿がスラッとしている

昔の映画やドラマでは、真っ直ぐ立って頭に本を乗せて落とさないように歩くシーンがあります。立ち姿をスラっとさせることで爽やかで若々しい印象を与えられます。

昔は若い女性の修練として、ピシッと歩くのはもちろん、手先や足先にいたるまでの所作を美しく行うというのもありました。身体のすみずみまで意識することで気持ちに緊張感も出て、女性として若々しくもいられるのです。

【参考記事】はこちら▽


若く見える女性の特徴5. 童顔で年齢を重ねても幼さが残る顔立ちの女性

若く見える女性の中には、生まれつき童顔で年齢を多少重ねても幼さを感じる顔立ちの女性がいます。

これは努力で獲得できる能力とはまた違ったたぐいの『若見え』なので、あえて目指さなくても良いかと思いますが、若く見えるという点では得ともいえます。


実年齢より若く見える男性の特徴

実年齢より若く見える男性の特徴

続いて、実年齢より若く見える男性の特徴について紹介します。

若く見える男性とは具体的にはどんな人のことをいうのでしょうか。周囲からどう見られると若いと思われるか、その点を重点的に解説していきましょう。


若く見える男性の特徴1. 定期的に運動やトレーニングを行い、スマートな体型を維持している

若く見える男性の特徴に、若い頃のスマートな体型を維持していることがあげられます。オジサン体型では最新のファッションも着こなせません。健康面にも不安が出てくることでしょう。

体型維持には普段の節制が欠かせません。しかし、男性は仕事の都合やつき合いなどでままならないことが多く、若く見える男性は定期的な運動やトレーニングを行い、体型だけでなく体力を維持して若々しさを保っています。


若く見える男性の特徴2. フットワークが軽く、海やキャンプなどアウトドアが好き

見た目が若い男性は海やキャンプなど、アウトドア好きな人が多いです。アウトドアで遊ぶには、体力があって活動的でフットワークが軽くないとできません。そして日に焼けた姿は健康的で引きしまった印象で若々しく感じます。

サーフィンなどのマリンスポーツやフットサル、スノーボードのようなアウトドアスポーツは若い人にも人気。キャンプが趣味だと、若い女子からはサバイバル力がありそうだと意外と好印象です。


若く見える男性の特徴3. 肌にツヤがあり、シワやほうれい線がない

実年齢より若く見える男性はしわやほうれい線がない

男性で老けた印象を与えるのは、肌の色ツヤの悪さや顔のシワ、ほうれい線といわれる鼻の両脇にできる線です。

どんなに若くても顔色が悪くては不健康な老けた印象に。肌の色ツヤが良ければ年代に関わらず若々しい印象を与えます。

『顔のシワは男の勲章』というのはだいぶ昔の話で、現在はシワが少ないほうが若さをアピールできます。しかもほうれい線があると一気に老け顔に。たるみのない顔はスッキリ若くみえます。


若く見える男性の特徴4. いくつになっても服装や髪型にはこだわりを持ち続けている

オジサン世代になると、プライベートファッションに途端に無頓着になる人が出てきます。若いときにしていたファッションをそのまま続けているのもいただけません。

ある程度年を重ねると、自分に合ったファッションやサイズ感といったものを心得ているはず。男性は若い頃のファッションでなくても、上質な大人のブランドものを身に着けるだけで清潔感を出せます。

若いときと毛量や髪色の変化があっても、小まめな手入れで好印象に。自分の見た目に手間をかけるのもこだわりです。


若く見える男性の特徴5. 背筋がピンとしており、姿勢が良い

どんなにいいモノを身に着けていても、丸まった姿勢ではシャープさに欠け、老けた感じになってしまいます。背筋がピンとしていて姿勢がよければ、緊張感があってその人の中に活力が感じられ、誰でも若々しい印象を与えられます。

普段から猫背でないか鏡の前でチェックしたり、歩くときは意識的に目線を気持ち上げるようにすれば、姿勢をよくする方向に持っていくこともできます。デスクワークの多い人はパソコン作業中の姿勢にも注意しましょう。

【参考記事】はこちら▽


いつまでも若々しくいるためのコツや秘訣とは

若々しくいる秘訣

若く見える女性や男性の特徴を紹介してきましたが、今度はその若さを保つコツや秘訣をお伝えします。

周囲から若く見られ続けるにはどんなことをしたら良いのか、男女別に分けて詳しく解説するので日々実践してみましょう。


いつまでも若く見える女性でいるためのコツ

いつまでも若く見える女性でいるために何をすると良いのか、主に見た目を保つことに絞って実践してほしいことをいくつか提案します。メイクや髪型、若々しい身体の維持方法、顔周りで大事なパーツのケアについても解説していきます。

自分で行うケアだけでなく、場合によってはプロの手にお任せして結果を得ることもとても大事なこと。日々の努力とプロのメンテナンスを受けていつまでも若くあり続けましょう。


チークやグロスをメイクに取り入れて、血色のいい表情を作り上げる

イキイキした血色のいい表情は健康的な若々しさを演出します。顔が色白で青みがかっていたり、元々血色があまり良くない人でも、メイクでそんな顔を作り上げればいいのです。

年齢に関わらず顔の色ツヤが良ければ、若々しく見えてどの世代にもウケが良いです。ナチュラルな色味のチークを頬にふんわりのせて血色を良く見せたり、控えめにグロスをのせるだけでカサついた印象がなくなります。


日頃からヘアケアに力を注ぎ、自分に合ったヘアアレンジを心がける

いつまでも若々しくいる秘訣はヘアアレンジを心掛ける

顔に限らず、髪のツヤからも若々しさは感じられるもの。日頃からヘアケアに力を入れて髪のツヤを保ち、かつ自分に合ったヘアアレンジを心がけることで印象もガラッと変わります。

ただし、手をかけようにもベースとなる髪そのものが元気でなくてはいけません。バランスの良い食事で髪をベストコンディションに保つのもヘアケアの一部です。

ここで、自分に合った髪型を模索している人のために若く見える髪型やヘアアレンジの一例を紹介します。


面長な方はシルエットが綺麗に仕上がる「ボブ」がおすすめ

面長な女性におすすめするのは、横顔のシルエットがすっきり見えて綺麗に仕上がるボブです。面長をカバーすべく、前髪を作るのはマストになるでしょう。動きのあるアレンジもおすすめ。

ボブはセルフでアレンジもしやすい髪型なので、サイドのアレンジで遊んだりもできます。ハーフアップや後ろでまとめてサイドを降ろしてカールすれば、目線が散るので面長の印象を和らげられます。


30代・40代女性は、程良い若さを演出できるミディアムヘアがおすすめ

女性は30代や40代になると、体質が変わり毛量や毛質に変化が出てくることがあります。ミディアムヘアなら手入れもしやすくて、年齢からかけ離れない落ち感があり、程良い若さを出せるのでおすすめです。

ワンカールや外はねのアレンジは、ナチュラルな普段仕様の他、ランダムなカールでラフなスタイルにしたり、ふんわりさせて華やかにすることも可能です。ミディアムヘアはあらゆる女性のニーズに応えてくれます。


オン眉に抵抗がないなら、前髪を作ってみるのもアリ!

いつまでも若々しくいる秘訣は前髪を作るのもあり

新鮮さを出すためにトレンドのオン眉に挑戦して、前髪を作ってみるのもいいのでは?

オン眉ヘアは眉毛の上に前髪があるスタイルで、ぱっつん前髪のような一直線に切り揃えた髪型だけではありません。ナチュラルなスタイルや斜めに流したアレンジスタイルも存在します。

彫りが深くない日本人の顔に合いやすいし、おしゃれ感度も上げられるオン眉スタイル。ぜひ挑戦してみてください。


明るい髪色より落ち着いた少し暗めの髪色に染めるのを意識してみる

年齢によっては明るい髪色が肌の色味とは浮いてしまい、かえって肌のアラが目立ち老けた印象に見えることもあります。明るめの髪色が好みでも、少し暗い髪色に染めることで自分に似合うばかりか若見えまで叶うという一石二鳥の効果が望めます。

どうしても明るい髪色にしてみたいなら、おしゃれウィッグでたまに楽しむ程度にしておけば悪目立ちせず、周囲の人が抱くイメージにそれほど影響は及ぼさないでしょう。


フィットネスジムやヨガに通って若い頃の体型を維持する

いつまでも若々しくいる秘訣は体型を維持する

年齢を重ねると代謝が落ちて、どうしても若い頃の体型とは変わってしまいます。ある程度節制をすることで体型維持も可能ですが、若々しい人は何ごとにも貪欲で食べることにも興味があるから難しいといえます。

意識的にフィットネスジムに行ってエクササイズをしたり、運動が苦手ならヨガレッスンに通って健康的でしなやかな身体を維持しましょう。一人だと続けにくいので、友人や仲間と誘い合って通うのがおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


こまめにエステに通ったり、体や肌のケアを怠らない

生まれつき肌が丈夫だったり綺麗な人はいますが、そんな人でも年齢には勝てません。日々のお手入れを怠らない努力は必要ですが、ときにはプロの手を借りて自分をケアするのも大事です。

エステサロンでは技術のあるエスティシャンから、ケアだけでなく自分に合ったアドバイスを受けられることも。こまめに通うことで自分の体調の変化に気づいたり、季節のトラブルへの対策もできるでしょう。


笑顔を武器にするなら、歯をホワイトニングするのおすすめ!

若々しければ笑顔も魅力的に見えます。特に若く見える女性は笑顔と愛嬌が武器なので、笑った時に人が受ける印象にも気を使いましょう。笑った時に見える歯は意外と目立つものです。

歯は飲食物やタバコだけでなく、加齢によっても黄ばんでいくため、毎日の歯みがきに加えてホワイトニングするのをおすすめします。歯が白くて綺麗だと、爽やかで清潔感があり気分も良くなりますよ。


いつまでも若く見える男性でいるためのコツ

いつまでも若く見える男性でいるためには何をしたら良いのか、主に見た目を保つことに絞って実践すると良いことをいくつかお伝えします。髪型や服装などの身だしなみ、若々しい身体の維持方法、日々の節制方法まで具体的に紹介していきます。

見た目を整えるのは若く見える前提条件ですが、気持ち的な若さがなくなったら見た目もすぐに劣化してしまいます。外見と内面の両面のアプローチで若く見える秘訣を見ていきましょう。


スポーツジムに行って体を鍛える

いつまでも若々しくいる男性の秘訣はは体を鍛える

引きしまった筋肉質な身体を持つ男性は、女性からの人気が高いです。スポーツジムに通うのを習慣づけて、トレーニングに集中して取り組めば気分もスッキリ爽快になって、日々のストレス発散にもなります。

運動すると体幹が鍛えられて姿勢も良くなり、動きも俊敏になって、今までとは明らかに見違えてきます。代謝も良くなって健康的になるだけでなく、行動を起こすために必要な活力も得られます。

【参考記事】はこちら▽


髪型や服装など、年齢を重ねても身だしなみには気を配る

TPOや自分の体型にあったサイズの服を仕立てたり、最新の流行を追うのではなく、大人の男性向けブランドでトレンドを程よく取り入れたデザインの服を身につければ、年齢より若く見えます。

若いときと比べて毛質や毛量が変化したり、白髪が目立ってきたとしても、まめに手をかけて清潔感を出せば印象も変わります。他人の目を意識して身だしなみに気を配ることが若くいられるコツです。


お風呂上がりはきちんと保湿やスキンケアを行い、美肌を目指す

いつまでも若々しくいる男性の秘訣はスキンケアを目指す

毎朝の髭剃り後の顔のケアだけでなく、お風呂上がりにはボディの保湿やスキンケアをして、トータルな美肌を目指しましょう。

最近は肌の敏感な人でも使えるメンズコスメも出てきているので、気になる方は試してみると肌の調子も良くなるかもしれません。

意外と忘れがちなのが爪先の手入れです。やすりを使って爪の表面を整えれば自然な光沢が出て、何気ない所作もスマートに見えます。


アクティブに動き回るため、日頃から体力づくりに取り組む

若さを保つもとはアクティブな行動力にあります。そのために若い人に負けない体力づくりに日頃から取り組みましょう。

ジム通いは主に見た目を作り上げる目的で行くことが多いはずです。男性がジムで鍛えるのは、主に瞬発力を出すための筋肉トレーニングが中心。しかし、実際に何らかの行動を起こすときに必要なのは、スポーツ的な瞬発力ではなく持久力です。

持久力を養うにはジョギングなどのトレーニングメニューを取り入れましょう。


どんなことにも興味や関心を持てるよう、好奇心を持ち続ける

若々しくいられるのは、常に新しい刺激を求めていたり、新しい体験をする機会が多いから。若い人のように何ごとに対しても新鮮な気持ちで向かっていけると、人生を飽くことなく楽しんでいけることでしょう。

何ごとにも好奇心を持ち続け、どんなことにも新鮮な気持ちで興味や関心を持てていると、先入観なく物事をとらえることができ、何ごとにも意欲を持って突き進むことができます。


食事にも気を配り、お酒も飲みすぎないようにする

体型維持や健康的にいるためにも、栄養バランスが良い食事を取って、お酒もほどほどにするのがベストです。

若いときにスポーツをしていた人にありがちなのが、体力作りのために食事を多く取る習慣が抜けずにそのまま食べすぎてしまうこと。

健康診断で指摘されてからではいけません。自分一人で管理するのが難しいならパーソナルトレーナーなどのサービスを受けて、健康的な習慣と体型を獲得しましょう。


年齢を聞いて驚き!実年齢より若く見える有名芸能人

実年齢より若く見える芸能人

ここからは実年齢より若く見える有名な芸能人を5人ピックアップして紹介します。この5人の芸能人が若く見える理由はどこにあるのか個別に解説していきます。

若くいられるヒントがこの5人の中に見つかるかもしれませんよ。それではチェックしていきましょう。


若く見える有名芸能人1. 千葉雄大さん

男性にしてはかわいらしく甘いルックスで、ふんわりした柔らかな雰囲気が魅力の『ヌクメン』、『ぬくもり男子』の代表格の千葉雄大さん。

女性を癒やしてくれる年下的なかわいさが人気で、女性の癒やしとなるような優しさを持っているのも特徴。今までの若い男性観とはまた違ったタイプの芸能人で、普遍的でなく今の時代を反映した若い男性のロールモデルです。


若く見える有名芸能人2. 永作博美さん

童顔のかわいらしさが特徴の永作博美さん。年齢とルックスのギャップが大きく、実際の年齢を知ったら誰もが驚くほど。

元々の顔立ちは生まれ持ってのものだと思いますが、若々しい印象を保てるのは体質だけでなく、天真爛漫でかわいらしい性格もあいまって若々しくみえるのでしょう。

ルックスはもちろん、性格や仕草、トータルで持つ雰囲気で年齢を感じさせないのです。

【参考記事】はこちら▽


若く見える有名芸能人3. 安室奈美恵さん

元祖『コギャルの教祖』として90年代に一世を風靡し、2018年の引退まで『安室ちゃん』として人気を誇った安室奈美恵さん。若者向けカジュアルからモード系まで、幅広いジャンルの雑誌の表紙を飾るなど、あらゆる層に人気がありました。

安室ちゃんにしかできないエイジレスなかわいさ&カッコよさにみんなが酔いしれましたね。


若く見える有名芸能人4. 安達祐実さん

愛らしい容貌と演技力で名子役として名を馳せた安達祐実さん。もともと童顔のため大人になってもかわいらしさがあり、女優としてエイジレスに役を務めているそうです。

2歳から芸能生活を送っているので、自分の見せ方に長けていたり、美容系の知識もかなり高いということもあるでしょう。再婚したりとプライベートの充実もあってか、演技力もさらに磨きがかかったと評判です。


若く見える有名芸能人5. 福山雅治さん

福山雅治さんはミュージシャンとして数々のヒット曲を飛ばし、端正なルックスで俳優としても大活躍する女性に人気の芸能人。2015年に結婚したため『福山ロス』におちいる女性が続出しました。

当人は特に若く見えることを売りにしてはいないと思いますが、アラフィフになっても衰えることのない若々しさには驚嘆です。


若く見える人の特徴を知って、コツを取り入れていきましょう。

若く見えるコツを取り入れて行こう

若く見える人はエネルギッシュで活動的でイキイキしています。新しいことに興味や関心が高く、いろんなことを知っているから一緒にいて周囲も楽しいです。

若く見える秘訣はフットワークが軽くて体力があること、姿勢が良くて、トレンドをスパイスとして取り入れたファッション、男性は肌の手入れ、女性はメイクで若々しい表情を作ることです。

人生を楽しく過ごすために若さは必須。日々の努力で気負わないエイジレスな人を目指しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事