頭の回転が速い人の特徴10選|頭が回らない原因&速くする習慣とは

頭の回転が速い人に憧れたことってありませんか。今回は、頭の回転が速い人の10個の特徴を大公開!また、回転が遅い人との違いや原因、頭の回転が速い人が行っている習慣を解説します。理解力がある人の習慣を真似して、ぜひ頭の回転が速い人を目指してみてくださいね。

頭の回転が早い人になりたい方へ。

頭の回転が速い人の特徴

一般的に、頭の回転が速い人は頭の良い人、頭が切れる人というイメージがあります。また、単に賢いだけでなく、話上手・仕事ができるなどのニュアンスも含んでいることが多いです。

そんな頭の回転の速い人になるには、実際にどんなことをすれば良いのでしょうか。

この記事では頭の回転が速い人の特徴や、頭の回転が遅い原因、速くする習慣などをご紹介します。


頭の回転が速い人の特徴10選

頭の回転の速い人の特徴

頭の回転が速い人とは言っても人のイメージが様々。一口に頭の回転が速い人といっても、様々な特徴を持っている人がいます。

では、実際に頭の回転が速い人とはどんな人のことを指すのでしょうか。ここでは頭の回転が速い人の特徴をご紹介します。


頭の回転が速い人の特徴1. 話し方が早口で、会話のテンポが速い

早口の人はそれだけ頭の中で様々なことを考えています。また、それを実際に言葉に出して展開することが可能です。

人より先のことを脳内で考えていることも多いので、つい早口になり会話のテンポが速くなってしまうことも。

「もうちょっとゆっくり話して欲しい」と言われたら、頭の回転が速い人の話し方になっているのかもしれません。


頭の回転が速い人の特徴2. 相手の話に対する理解度が高い

頭の回転が速い人は、相手がたとえ口下手で情報量が少ない人との話でも、その話の中から相手の言いたいことを頭の中で整理します。そのため、相手の話をすぐに理解できるのです。

頭の回転が速い人は理解力が高いため、会話のテンポが速くなります。すぐに話が済んでいるように感じられるのはこのため。また理解度が高いことから、仕事が早いとも感じられるでしょう。


頭の回転が速い人の特徴3. 物事に対して臨機応変に対応できる

頭の回転の速い人は物事に臨機応変に対応できる

物事は常に変化します。頭の回転が遅い人は、その変化についていけず戸惑うことも。

しかし、頭の回転が速い人は、その変化に臨機応変に対応できます。それは物事に対しての理解が深く、頭の中で考えるのも早いからです。

たとえトラブルが起こったとしても、対応を素早く考えられるのも頭の回転が速い人の特徴といえるでしょう。


頭の回転が速い人の特徴4. 話をすぐにまとめようとする

頭の回転が速い人は、話しながらも常に頭の中で考えています。そのため自分の頭の中で出した結論をすぐに披露してしまいがち

また、頭の回転が速い人の話し方は早口なので、頭の回転が遅い人はなぜそうなったか分からず戸惑うことも。

しかし、頭の回転が速い人は、無意識に話をすぐにまとめようとする傾向にあります。そのため、大勢の人が集まる会議や仕事上の打ち合わせでは注意が必要な場合も。


頭の回転が速い人の特徴5. 知識習得を欠かさず行っている

頭の回転が速い人は、知識習得に関しても貪欲なことが多く、知識量が多いため、物事か理解できやすくなります。そのため普段から本を読んだり、新しい習い事をしたりなど、普段から知識を吸収していうことが多いです。

「この人何でも知っているな」「このジャンルにも詳しいのか」と感じる人は、頭の回転が速い人の特徴といえるでしょう。


頭の回転が速い人の特徴6. 記憶力に長けている

頭の回転の速い人は記憶力に長けている

得た知識や経験をしっかり脳内に留めておき、それを次の経験に活かす方が多いようです。記憶力に長けているということは仕事はもちろん、私生活でも役に立ちます。

些細なことでも覚えていることが多く、「こんなことも覚えているの」と驚かれることも。そのため頭の回転が速い人は、様々な場面で活躍が期待できるのです。


頭の回転が速い人の特徴7. 好奇心が旺盛で、様々な事象に興味を持つ

頭の回転が速い人は、様々な知識や経験を得たいと思っていることが多いです。そのため好奇心旺盛で、色々なことに興味を持ちます。

それは、一見自分の趣味や思考とは正反対だと思うことにも及ぶのです。そのため、周りからは、多趣味な人だと思われる場合もあるでしょう。またその物事について深く知りたいと思うため、知識量も増えます。

この豊富な知識量と経験が頭の回転が速い人の武器と言えるでしょう。


頭の回転が速い人の特徴8. 頭の中で情報を整理できるため、マルチタスクがこなせる

頭の回転が速い人は、物事をこなすと同時に頭の中で情報を整理できる人が多いです。また作業をしながら他のことも同時に整理できるため、マルチタスクをこなせることも。そのため、頭の回転が速い人は仕事が速い、仕事ができる人が多いといえます。

また日常生活でも同様です。頭の中で常に情報を整理でき、マルチタスクがこなせることは家事や子育てにも役立ちます。


頭の回転が速い人の特徴9. 仕事に対して「効率化」を重視している

頭の回転の速い人は効率化を重視している

頭の中で情報を理解、整理できるため、仕事では効率化を重視します。タスクの納期や作業時間などを常に計算して仕事にあたる人が多いようです。

「今やらなければならないこと」「次にすべきこと」が明確なので、仕事に迷いがありません。そのため頭の回転が速い人は仕事も早い人が多いです。

効率化を重視するあまり、自分と同じようなペースを無意識に相手に求めてしまうことも。

【参考記事】はこちら▽


頭の回転が速い人の特徴10. 優先順位を決めている

物事の優先順位を素早く決めることができるのも特徴のひとつで、今何が必要で、何が不必要なのかを頭の中で理解、整理できます。そのため、あまり迷うことなく物事に対処できるでしょう。

また、優先順位が決まっているため、マルチタスクの速度も速いのが特徴。何か決断を迫られた時でも、優先順位がはっきりしているため決断が速いです。


頭の回転が速い人と頭の回転が遅い人の違いとは?

頭の回転の速い人と遅い人の違い

頭の回転が速い人の特徴をご紹介しましたが、頭の回転が遅い人との違いはどこにあるのでしょうか。どんなところで差がついてしまうのでしょうか。

そこで、頭の回転が速い人と頭の回転が遅い人の分かりやすい違いをご紹介します。


頭の回転が速い人と遅い人の違い1. 仕事をすぐに覚えるかどうか

頭の回転が速い人は記憶力に長けている人が多く、理解力も高いため、仕事をすぐに覚えます。しかし頭の回転が遅い人は理解するまで時間がかかってしまうので、頭の回転が速い人に比べて、仕事の覚えが悪いと感じることも。

また、仕事をどんどん効率化させていくのも、頭の回転が速い人と遅い人との違いといえるでしょう。


頭の回転が速い人と遅い人の違い2. 決断力があるかどうか

頭の回転が速い人は優先順位がはっきりしています。そのため急に決断を迫られる時でも、すぐに結論を出すことが可能です。

一方で頭の回転の遅い人は、決断を迫られてから何を優先すべきか考えることが多いです。そのため結論を出すのが遅く、決断力が無いと思われてしまうことも。

さらに、考えている姿が優柔不断と捉えられる場合もあります。


頭の回転が速い人と遅い人の違い3. 面倒くさがりな性格かどうか

頭の回転の速い人と遅い人の違いは面倒くさがりかどうか

頭の回転が速い人は貪欲に様々な知識や物事を吸収していく人が多いです。しかし、面倒くさがりな性格では、そもそも物事や知識を吸収する意欲がありません。それが結果的に頭の回転を鈍らせる原因となっています。

頭の回転が遅い人は、面倒くさがってあまり新しいことに手を出さなかったり、物事を深堀しなったりするので知識が増えません。それが結果的に頭の遅さに繋がるのです。


頭の回転が速い人と遅い人の違い4. 仕事など物事を取り組む際に無駄があるかどうか

頭の回転が速い人は物事に取り組む際に優先順位をつけて、高い方から処理していきます。またもっと効率の良い方法が見つかれば、変化を恐れることなくどんどん効率化させるでしょう。結果、無駄のない仕事ができるのです。

しかし頭の回転が遅い人は、どれから手をつけて良いか分からない、または自分のやり方に固執してしまい、結果的に無駄が多くなることも。「無駄がある」ということに気が付けるかどうかも、頭の回転が速い人と遅い人の違いといえます。


頭の回転が速い人と遅い人の違い5. 物事に対して先読みができるかどうか

物事を理解していれば、ある程度先を読むことも可能です。そのため先読みして準備をしたり、処理をしたりすることもできます。

しかし、頭の回転が遅い人は、物事を理解するのに時間がかかり先読みまで時間を回せません。その結果、頭の回転が速い人の方が処理が早いのです。

まずは無理に先読みしようとはせず、物事を理解してから先に進むことが大切ではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


【どうして頭が回らない?】頭の回転が遅い原因とは

頭の回転の遅い理由

どうして自分は頭が回らないのだろう、頭の回転が遅いのだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。頭の回転はある程度訓練によって早くすることも可能です。

まずはその前に頭の回転が遅い原因にはどんなものがあるのかご紹介します。


頭の回転が遅い原因1. 他人とのコミュニケーションが少ない

頭の回転が速い人は知識量も膨大です。そのため他人と話が合いやすくコミュニケーションを良く取る人も。他人とコミュニケーションを取るということは、他人の考え方や経験を吸収できるということです。

頭の回転がの遅い人はコミュニケーションが少ないため、他人の考え方に触れる機会が少なくなります。それが結果的に、物事の考え方を狭めることにつながってしまうのではないでしょうか。


頭の回転が遅い原因2. 自己否定ばかりで自分に自信がない

自分に自身が無い人は自分磨きを「どうせ無駄だろう」と考えがちです。そのため、新しい知識や経験がインプットされず刺激もありません。

それでは頭の回転がどんどん鈍くなってしまいます。急に自分に自信をつけるのは難しいです。

しかし、頭の回転を良くする努力をすることで、結果的に自信を持つことに繋がります。

【参考記事】はこちら▽


頭の回転が遅い原因3. 知識量を増やそうとしていない

頭の回転の遅い理由は知識量を増やそうとしない

物事を理解したり、何かを決断したりする際には知識が必要です。また多角的な面から判断するのにも、知識は必要です。

そのため知識量が少ないと考えるのに時間がかかってしまいます。面倒くさがったり、どうせ自分には必要ないと決めつけて知識量を増やさないのは頭を遅くする原因といえるでしょう。

これは仕事だけでなく、プライベートにもいえることです。


【頭の回転が速くなる!】頭の回転が速い人が日頃取り組んでいる習慣

頭の回転の速い人が日々取り組んでること

頭の回転が速い人も生まれつき速いわけではありません。では頭の回転が速い人が普段から取り組んでいる習慣はあるのでしょうか。

ここでは頭の回転を速くするために、行いたい習慣や普段から気を付けたいことなどをご紹介します。


頭の回転が速くなる習慣1. 運動や筋トレを行って脳を活性化させている

体を動かす習慣は、体内の血流を良くする効果があるとされています。血流が良くなると、脳までしっかり酸素が行きわたることに。

そのため、頭を動かしやすくなるといわれているのです。激しい運動が苦手な方は、まずはストレッチなどの軽い運動から始めてみましょう。

また運動をする習慣は健康維持や病気の予防にも繋がり、仕事や私生活にも良い影響をもたらします。

【参考記事】はこちら▽


頭の回転が速くなる習慣2. しっかり睡眠を取ること

睡眠不足の状態が長く続くと、脳が働くなる感じを体験した方も多いのではないでしょうか。

睡眠不足は脳にもダメージが蓄積されていくため、頭の回転が鈍くなってしまうのです。頭の回転を速くするなら、普段から規則正しい生活を心がけて、しっかり睡眠を取りましょう。

また睡眠の質を上げて、深い眠りを取ることも重要です。


頭の回転が速くなる習慣3. 学習した内容を口に出したりメモを取ったりしている

頭の回転の速い人は学習したことをメモする

頭の中だけで考えるが苦手な人は、最初は口に出したり、メモを取ったりするのがおすすめです。勉強する時に声を出したり、メモを取ったりすことで考えを整理しやすくなります。また、メモは勉強内容を後から確認することも可能。

頭の回転が速い人は自然とこの習慣がある人が多いとされています。初めは意識して行い、だんだんと習慣化させていきましょう。


頭の回転が速くなる習慣4. 知らいないことに関して、日頃から「なぜ?」と考える

頭の回転が速い人は知らないことに関しても積極的に知ろうとします。「なぜ?」と思う気持ちが、物後を深く理解するきっかけになるのです。それが結果的に知識量を増やすことに繋がります。

頭の回転を速くするなら普段から様々なことにアンテナを張っておきましょう。また疑問に思ったことをそのままにせず調べることが大切です。


頭の回転が速くなる習慣5. 常に新しい物事にチャレンジする

新しい物事にチャレンジしてみるのも頭を鍛えるチャンスです。頭の回転が速い人や頭が切れる人は、好奇心旺盛な人が多いとされています。常に新しい刺激を求めることで、脳に新しい知識を蓄積させるのです。

いきなり常にチャレンジするにはハードルが高く感じる場合もあるので、まずは新しいことを一つ始めてみてはいかがでしょうか。


頭の回転が速くなる習慣6. 他人とコミュニケーションを取る

頭の回転の速い人はコミュニケーションをとる

頭の回転を速くするなら、積極的にコミュニケーションを取りましょう。頭の回転が速い人は様々な人とコミュニケーションを取ります。これは人と話すことで頭を鍛えることにもつながるからです。

また、他人の言っていることを理解するには、数をこなすことも大事です。相手の言っている言葉や表情、仕草などから様々な情報を読み取りましょう。そうすることで頭の回転を鍛えることに繋がります。


頭の回転が速くなる習慣7. 様々なジャンルの本をたくさん読む

豊富な知識を得るには様々なジャンルの方を読んで勉強しましょう。本を読むことは脳を鍛え、頭の回転を速くすることにも繋がります。

また本を読むことで、知識量や話題も豊富に。

そうすれば、他人とコミュニケーションを取る際の助けやきっかけにもなります。自分の好きなジャンルはもちろん、今まであまり興味の無かったジャンルにも挑戦してみましょう。


頭の回転が速くなる習慣8. 脳トレアプリを利用する

アプリを利用するのもおすすめです。脳トレ用のアプリもたくさんリリースされています。またアプリは空いた時間にさっとやれるので、日常的に脳を鍛えるのにも便利。

スマホなどにいれておけば休憩時間や通勤時間に行えます。また動きや音もついているので脳に刺激を与えるのにぴったりです。

頭の回転を速くするなら、普段からアプリをやって脳を刺激しておきましょう。


頭の回転を早くして、仕事ができる人になりましょう。

頭の回転の速い人になって仕事が出来る人になろう

頭の回転が速い人の特徴などをご紹介しました。頭の回転が速い人や頭が切れる人は生まれつきではなく、普段から行っている習慣があります。

頭の回転が遅いのではと悩んでいる方も、その習慣を身につければ頭の回転を速くできる可能性がありますよ。あまり難しい習慣ではないので、取り入れやすいのも魅力です。

普段から習慣化して頭の回転を速くしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事