綺麗なお母さんと言われる人の特徴|美人ママであり続ける方法とは?

綺麗なお母さんと言われる人の特徴を知りたい女性へ。本記事では、綺麗なお母さんと言われる人の特徴から、美人で可愛いママであり続ける方法や習慣まで解説します。

綺麗なお母さんと言われる人の特徴|外見や振る舞いから診断してみよう!

綺麗なお母さんと言われる人の特徴

「可愛いママさんの外見や振る舞いが知りたい」

「綺麗なお母さんと言われる女性の共通点って?」

せっかくなら「美しい母親になりたい!」と願う人は多いのではないでしょうか。

ここでは、"綺麗なお母さん"と言われる女性の特徴をご紹介します。

美人ママの見た目や習慣などを把握して参考にして見てください。


特徴1. 毎日きちんとメイクをしている

女性は、メイクをした時とすっぴんでは、大きく印象が異なります。

朝から身だしなみに力を入れる時間に余裕があるママは、魅力的に見えるものです。

具体的な診断基準としては、

  • 口紅やリップで艶やかな唇を保っている
  • しっかりとアイメイクで目元を美しく見せている
  • ファンデーションできめの整った肌をキープしている

などメイクをきちんとしているほど、「〇〇君のお母さんは若々しくて美人」と思われやすいでしょう。


特徴2. 髪の毛にツヤがあって手をかけている

髪は女の命と呼ばれるパーツであり、年齢を重ねても変わりはありません。

ママになっても美しい髪を保っていると、女性らしさや美しさを感じさせます。

例えば、

  • ブラッシングが行き届いていて指通りの良い髪の毛
  • ヘアオイルやクリームによりしっとりと潤いのある艶やかなヘア

など、毎日しっかりと髪の毛にも手をかけていることが、綺麗なお母さんの共通点と言えますよ。


特徴3. 服装にも気を遣っている

TPOに配慮しつつファッションを楽しんでいるママは、若々しく見え、いわゆるおばさんっぽさが出にくいのです。

どのような服装かと言うと、

  • 毎日同じようなファッションではなく、その日の気分に合わせてコーディネート
  • 統一感のあるカラーやスタイルでおしゃれにまとめている

など、考えるのがめんどくさいからと適当に済ませないのが、子供が自慢できるお母さんの特徴と言えます。


特徴4. トレンドに敏感でおしゃれを楽しんでいる

家事や子育てをしていると、楽で動きやすい服装になりがちです。

しかし、お決まりの服だけではなく、トレンドを意識したおしゃれを楽しんでいると、美しく見えるでしょう。

例えば、

  • 流行のシルエットやカラーを取り入れた服装
  • 芸能人のコーデを真似たファッション

など、おしゃれなお母さんに対し、周囲も「おしゃれでいつも綺麗」と感じやすいですよ。


特徴5. スタイルが良い

育児や家事に追われていると、体型に気を配れなくなってしまう女性も少なくありません。

しかし、スタイルも若いころと引けを取らないくらい完璧に維持していると、美意識の高さから美人なお母さんと見られるでしょう。

具体的な診断基準は、以下の通りです。

  • くびれのあるウエスト
  • ひきしまったヒップ
  • 高い位置にあるバスト

スタイルがいいお母さんだと、子供も友達に「お母さん若々しくて素敵だね!」羨ましく思われるなど、鼻が高いですね。


特徴6. 姿勢が良くて凛としている

猫背で丸い背中や、背筋がきちんとのびていない状態だと、だらしない感じに見えてしまいます。

一方で、背筋がシャキッと伸びていると、若々しさが感じられて綺麗なお母さんという印象を持たれやすいです。

歩く時はもちろん、パソコンに向かっている時なども、常に姿勢が良い状態をキープしていると、

「〇〇さんのとこのママは凛としていて、美人に見える」

と言ってもらえますよ。


特徴7. いつも笑顔で人当たりが良い

優しそうな雰囲気を持っていると、周囲に魅力的で綺麗なお母さんだと感じさせます。

具体的には、次のような特徴があります。

  • イライラすることがあっても、決して態度に出さない
  • どんな時も笑顔を忘れない
  • 人付き合いが得意で、誰とでも上手くやれる

子供に対しても穏やかな態度なので、いつも笑っていて可愛いお母さんというイメージになるのですよ。


特徴8. 良い香りがする

女性らしさを大事にし、香りにも普段から気を遣っているのは、美意識の高い証拠と言えます。

身にまとっている匂いが良い香りだと、周囲からも素敵なお母さんとして好印象を抱かれやすいです。

例えば、

  • せっけんのようなナチュラルな香り
  • 柑橘系のさわやかな香り

など、香水をはじめ、シャンプーやボディソープなどの香りにもこだわっているのが、綺麗で素敵なお母さんの共通点ですよ。


特徴9. 健康的で顔色が良い

綺麗なお母さんは、つね日頃から体に良い食事や適度な運動などをして、上手にストレスを発散させています。

健康にも気を遣っているので、顔色も良く見えてより美人な印象に。

具体的には、普段から次のようなことを心がけています。

  • 不足しがちな栄養をサプリメントで摂取している
  • 野菜もたくさん食べてバランスの良い食事をしている
  • 毎日ジョギングやウォーキングをしている

代謝がいいので肌も健康的で艶やかなことが特徴です。


特徴10. 対応に余裕がある

焦りや不安などが感じられないママは、堂々としていて美しく見えます。

周囲への対応にも余裕があり、決して取り乱すことはありません。

例えば、

  • 店員が間違えて食事を運んできても、怒らずに丁寧に対応する
  • 子供に対してもイライラせずに、落ち着いて言い聞かせられる

そのような余裕のある振る舞いを見て、雰囲気から美しいお母さんと感じるケースもありますよ。


綺麗なお母さんでいるメリット|子供に与える影響とは?

周囲が羨ましいと思うような美人ママには、魅力的な特徴が多くありました。

綺麗なお母さんでいると、どんな良いことがあるのでしょうか。

ここからは、見た目や性格が良いお母さんでいるメリットについて確認していきましょう。


メリット1. 我が子にとっての憧れの存在でいれる

生活に追われて美への興味が減退するお母さんも多い中、いくつになっても美しい外見を維持しているママは格別です。

毎日メイクもしっかりして、おしゃれで生き生きとした母親を見て育つ子供は、自然とその背中を追いかけるように。

母親が綺麗だと、「自分もこんな大人になりたい」と憧れを抱かれるのがメリットです。


メリット2. 周りのママ友や子どもからも人気者になれる

気が付いたらいつも輪の中心にいることも多い、綺麗で可愛いお母さん。

ママ友の集まりはもちろん、学生時代の仲間たちと会っても、いつもみんなに慕われます。

「どこの化粧品使ってるの?」

「その服可愛い~!」

など、華やかな雰囲気に周囲が反応せずにはいられません。

周りから「綺麗」と言われることも多いため、人付き合いに前向きになれて、人気者になりやすいのも良い点です。


メリット3. 今よりも自分磨きにやりがいが持てる

綺麗なお母さんでい続けるために、様々な挑戦や努力をする女性は多いです。

例えば、

  • ダイエット
  • エステ通い
  • メイクの勉強
  • パーソナルジム通い

など、日々自分磨きをするのが楽しくてたまりません。

周囲から「〇〇ちゃんのママは綺麗だよね」と一目置かれることで、美意識も高くなり、さらに綺麗になれるのです。


メリット4. 周囲の人たちと良い関係でいられる

ママ友との関係性は、時としてストレスになることも。

しかし、綺麗なお母さんは良い雰囲気を醸し出しているため、話しかけやすい感じがあります。

そのため、美人で振る舞いも可愛いママでいると、気づくとすぐに周囲と仲良くなれてしまうことも多いです。

コミュニケーションも自然に増えて、周りと良い関係性が築きやすいのでしょう。


綺麗で可愛いママになる方法|いつまでも美を保つ習慣とは?

「みんなから羨ましいと思われるようなママになるには、どんな行動や仕草をすればいい?」

「見た目が印象的な美しいお母さんになる方法が知りたい」

など、美貌を維持する習慣について、気になる女性は多いのではないでしょうか。

ここからは、綺麗で可愛いママになる方法について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


方法1. 定期的に美容室へ行く

伸び放題の髪や白髪まじりの髪は、だらしないという印象を与え、生活に疲れているように見えてしまいます。

一方で、艶のあるサラサラな髪は、美しい女性の象徴で、魅力的なお母さんと思われ愛やすいでしょう。

育児で忙しい中でも1~2ヶ月に一度は美容院に行って、髪型を整えたりカラーをするのがおすすめです。

ただし、あまり派手なカラーを入れると、ケバケバしく見えてしまうこともあるので気を付けましょう。


方法2. 自分に似合うメイクを知る

顔の印象は、メイクの仕方一つで大きく変わってくるケースもあります。

自分に合わないやり方をしてしまうと、年齢よりも老けて見えることも。

顔のパーツの特徴や肌の色などに合わせて、自分に似合うメイクを知ることが大切です。

例えば、

  • 一重の場合は、ブラウン系を使って立体感のあるアイメイクをする
  • エラが張っている顔には、光と影を作るような小顔メイクをする

など、コンプレックスをカバーして可愛く見せるのが、自分に合ったメイクをするコツですよ。


方法3. 保湿ケアを怠らない

洗いものなどでガサガサになった手や、紫外線の影響をもろに受けた肌などは、老いを感じさせます。

普段からの保湿ケアを念入りに行うことで、若々しい美人ママに。

具体的な保湿方法は、

  • 洗いものを済ませた後は必ずハンドクリームを塗る
  • ヒアルロン酸やセラミドなどの保水力の高い成分が入った化粧品を使う

などで、週に一回程度は、保湿成分がたっぷり入ったフェイスパックも行うと、周囲にも「肌が綺麗!」と印象づけやすいですよ。


方法4. 毎朝自分のことにも時間をかける(髪型、メイク)

子供のお世話や家事は大変ですが、自分の時間も作ることが大切です。

毎日、15分や30分でも早く起きれば、髪やメイクにかける時間が増えて女性らしさが増すでしょう。

早起きをすると、

  • 髪の毛にアイロンをかけられる
  • アイメイクに時間が取れる
  • 編み込みなど手の込んだ髪型ができる

のようなことができるように。

できるだけ朝一番に自分のことをする時間を作ると、一日中綺麗なお母さんでいられますよ。


方法5. 食べるものにも気を付ける

普段何気なく食べているメニューですが、栄養が偏っていると、美しいスタイルや肌を保てなくなるケースも。

自分が食べているものについて、健康的な視点を持って選ぶことが、綺麗なお母さんになるための近道になります。

どんなことに注意すべきかと言うと、

  • お菓子やジュースなど、糖分を取りすぎないようにする
  • 揚げ物中心の生活にならないようにする
  • 野菜をたくさん取るようにする

などで、栄養バランスの良い食生活を心がけることが大切ですよ。


方法6. 適度な運動をする

忙しい日々に追われていると、運動をする機会も減ってしまい、体がたるんだりストレスを溜めやすくなったりします。

毎日、適度に運動をすれば、体が引き締まるだけでなく、心もリフレッシュされるでしょう。

具体的には、

  • 踏み台昇降運動
  • ジョギング
  • ウォーキング
  • ヨガ
  • 縄跳び
  • スクワット

など、特別なアイテムがなくても、隙間時間を使ってできる手軽な運動だと続けやすいですよ。


方法7. ちょっとしたお洒落を忘れない

いつもワンパターンなファッションでは、どこにでもいるお母さんと言えます。

上から下までばっちり決めるのは難しいかもしれませんが、ちょっとしたお洒落をするだけでも雰囲気が美人に見えることも。

おすすめの方法は、

  • スカーフを巻いてみる
  • 帽子をかぶってみる
  • ピアスやイヤリングをつけてみる

などで、周囲の目を惹きつけるようにアクセサリーを使って魅せるファッションを工夫するといいですよ。


方法8. トレンドに敏感でいる

子供が生まれると、独身時代のようにトレンドを意識することが少なくなる女性も多いです。

そのような中で、年を重ねても最先端の情報に敏感なお母さんは、おしゃれな人に見え、魅力的に感じるでしょう。

例えば、

  • 流行りのカフェやレストランに詳しい
  • 人気の芸能人をよく知ってる
  • 最新の電化製品の情報を把握している
  • 流行りのファッションを取り入れている

など、どんな話題にも食い込んでいくことがポイント。

普段からSNSのトレンドなどを随時チェックしておくのがおすすめです。


方法9. TPOに合わせた服装をする

お母さんとして様々な場所に顔を出すことがありますが、雰囲気に合わないファッションをしていると浮いてしまうもの。

周りからの反感を買いにくく、常識のあるおしゃれをしてこそ、綺麗なママだと思われます。

具体的には、次のようなTPOに合わせた服装がおすすめ。

  • 保護者会など教育関連の場に行く時には、清潔感のある綺麗目なファッション
  • ママ友の集まりには、流行を取り入れたカジュアルな服装

TPOに合わせながらも、小物などで個性を出していくことで、おしゃれ感が出やすいですよ。


方法10.いつも笑顔を心がける

いつもイライラしている感じが伝わってきたり不愛想だったりすると、雰囲気的にも決して可愛いお母さんには見えません。

逆に、いつも笑っていると親近感が湧き、話しかけやすい雰囲気があるように感じるでしょう。

そのため、挨拶をする時や世間話の際に、基本的には常に笑顔でいたほうが印象はよくなります。

ただし、作り笑いのような不自然な表情にならないように、あくまでも自然な笑顔を心がけましょう。


方法11. きちんとした姿勢を意識する

背中がしっかり伸びておらず丸くなった状態だと、疲れていたりだるそうだったりと、ネガティブな印象を周囲に与えてしまいます。

背筋をシャキッと伸ばすことを意識すると、凛とした品のあるお母さんに見られやすいでしょう。

普段から、次のようなことを意識するのがおすすめ。

  • 座った時は椅子に深く腰かけるようにして背筋を伸ばす
  • 歩く時は前傾姿勢にならないように胸を張る

もし、自分が猫背気味だという人は、整体などに定期的に通うのも一つの手ですよ。


方法12. 体調管理をしっかりする

頻繁に体調を崩していると、痩せたり顔色が悪くなったりして不健康に見えるため、外見の美しさが半減してしまう可能性も。

自分でしっかりと体調管理を行うことで、健康的な魅力のあるママとして認識されるはずです。

例えば、

  • 睡眠時間を6時間以上は取るようにする
  • 適度な運動を毎日行う
  • 栄養バランスを考えて三食取る

などで、疲れがたまった時には、家族にサポートしてもらうなどして無理をしないようにしましょう。


方法13. 指先まで手入れをする

指は何かと目につきやすい箇所で、育児で忙しいと手入がおろそかになりやすいもの。

指先の細かな所にも手入れが行き届いていると、綺麗なママという印象を持たれやすいでしょう。

セルフネイルで美しい指先をデザインしたり、ネイルサロンに通ったりするのもあり。

水に強いタイプのネイルにすると、洗い物をしても長持ちしやすいですよ。

また、ダメージのある爪なら、時にはネイルをお休みして、爪専用の美容液で栄養を補給してあげるのもおすすめです。


方法14. お風呂上がりのケア

自分へのケアが充分でないと見た目に表れてしまい、育児疲れした母親という雰囲気が出てしまいます。

自分を労わるためにも、毎日お風呂上りにボディやスキンケアを行うと良いでしょう。

例えば、

  • パックやマスクなどのシミやシワ対策の集中ケア
  • 全身にボディクリームを塗る
  • 顔や体、頭皮などのマッサージをする

など、毎日の日課にすることで、潤いのある肌やスタイルの維持につながるでしょう。


綺麗なお母さんを目指して、お子さんの"自慢のママ"を目指しましょう!

綺麗なお母さんの外見や仕草、性格といった特徴をはじめ、美人ママになる方法をご紹介していきました。

「見た目や振る舞いを変えて、可愛く美しいお母さんになりたい」という方も、どんな行動や工夫をすべきかが把握できたのではないでしょうか。

子供にも周囲にも一目置かれるような、綺麗なお母さんを目指しましょう!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事