【男女別】若く見える人に共通する15の特徴|実年齢より若く見られる習慣とは

あなたの周りに年齢よりも若く見える人はいませんか?自分も可能であれば、できるだけ若く見られたいと思いますよね。そこで今回は、若く見える男女に共通する特徴を15個解説していきます。また、実年齢よりも若く見える人が行っている習慣も紹介するので、悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

実年齢よりも「若く見える人」って羨ましいですよね。

若く見える人に共通する15の特徴

「見た目よりも若く見られたい!」と思っている人は意外と多いはず。確かに、会社や芸能人にはいつまでも若く見える人っていますよね。

そこで今回は、若く見える人の共通点や逆に老けて見える人の特徴、そして若く見える人に近づくための対処方法をまとめてご紹介します。

簡単に実践できることばかりなので、ぜひいつまでも若く見える人を目指してみましょう。


【見た目よりも若々しい!】実年齢よりも若く見える人に共通する15の特徴とは?

見た目よりも若く見える人には、どのような共通点があるのでしょうか?

まずは、いつまでも若く見える人の15の共通点をまとめてご紹介します。自分に当てはまるところや取り入れたいところをチェックしてみてくださいね。


【男女共通】実年齢よりも若く見える人の7つの特徴

実年齢より若く見える人には、共通点があります。そこでまずは、実年齢よりも若く見える人に多い7つの特徴を具体的にご紹介します。若く見える人はどのようなことを実践しているのか、ぜひチェックしてみましょう。


特徴1. いつも笑顔を絶やさない

男性女性問わずいくつになっても生き生きとしている人は、それだけでも若々しい印象を受けます。特に、笑顔を絶やさない人はいつも明るい印象を与えるので、年齢よりも若く見えるはず。活発で近くにいたいとも感じますよね。

また、笑顔でいることでネガティブな思考や発言を遠ざけるので、若々しさを保つことができます。


特徴2. 生活習慣が整っており、健康的な体作りをしている

年齢を重ねるごとに、健康管理や体調管理は重要なポイントとなります。

特に、若々しさを保つには、偏った食生活や睡眠不足はNG。栄養バランスが崩れると体調不良の原因となるのはもちろんのこと、肌のハリやツヤが失われます。

また、年齢と共に低下する体力を支えるには、質の高い睡眠が欠かせません。規則正しい生活や基本的な生活習慣が身についているからこそ、若く見えるのです。


特徴3. 運動や筋トレを日課としている

若く見える人は筋トレやランニングなどの運動を日課に取り入れています。年齢に合った体力作りを習慣化していることで、太ったりたるんだりすることのない魅力的なスタイルを維持しているところも特徴です。

また、年齢とともに衰える体力を補うことも忘れていないので、どのようなシーンでも腰が重くなることがなく、テキパキとした動きができます。


特徴4. ボソボソではなく、ハキハキと声を張って話す

自分に自信がなく頼りない印象を受ける人からは、若々しさを感じられないですよね。若く見える人は自分に自信を持ち、しっかりとした意見や信念を持っているので、人前でもハキハキと話せます。

堂々とした姿は、男女問わず憧れの的となるはず。年齢を重ねても自分自身に自信が持てるように、自分磨きを怠っていないのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 年齢を言い訳にせず、常に高い目標に向かって努力している

若く見える人は、アラフォーになっても常に新しく挑戦したいことや目標を掲げることを忘れていません。「もうチャレンジできない」と諦めることなく、常に新しい自分にグレードアップできるところがポイント

目指す姿があるので仕事や趣味にも前向きに取り組み、自然とプラス思考の発言が多くなります。いつまでもチャレンジを忘れないことも、若く見える人の特徴なのです。


特徴6. 恋をしている

いくつになっても恋は自部を成長させてくれるもの。恋をすることで、いつまでもときめきを忘れることがありません。

恋をすることで、日常の些細なことにも「楽しい」「幸せ」と感じられるようになります。心から幸せだと感じることで、内側からキラキラすることが可能。いくつになっても、輝ける恋をしたいものですよね。


特徴7. ネガティブではなく、いつも周りを明るくするようなポジティブな性格

ライフステージに合わせて変化していく心や体を受け入れながら、常にプラス思考の性格であることも若く見える人の特徴です。

物事を悲観的に考えない性格なので、一緒にいるだけで楽しくなります。また、周囲にもいい影響を与えるため、自然と人気者になっていることも少なくありません。周囲を巻きこみながら、楽しく過ごせるところも大きな魅力の一つです。

【参考記事】はこちら▽


実年齢よりも若く見える「女性」の5つの特徴

続いて、実年齢よりも若く見える女性の特徴を具体的にご紹介します。女性の場合は、メイクやファッションが年齢を左右するもの。若く見える女性は、どのようなことに気を遣っているのか、ぜひ参考にしてみてください。


特徴1. トレンドを押さえたファッションコーデをしている

年齢を重ねるとトレンドや流行に疎くなるもの。「自分には似合わない」「オシャレに気を遣う必要がない」と諦めてしまいがちです。

若く見える人はいくつになっても、トレンドを押さえたファッションコーデを心がけています。アラサー、アラフォーと年齢に合わせたトレンドの取り入れ方も上手で、思わず真似をしたくなってしまう人もいるでしょう。


特徴2. 髪に艶やボリュームがある

女性の第一印象を左右する、髪のお手入れにも抜かりがありません。ツヤやボリュームがなくならないよう、定期的にヘアサロンでのお手入れをしています。

白髪やボリュームダウンが気になる場合は、それをカバーするヘアスタイルにチェンジすることも。若く見える人は、今の自分を一番綺麗に見せる方法を常に取り入れているのです。


特徴3. シワやほうれい線がなく、肌が綺麗

肌は年齢を感じさせてしまうポイント。だからこそ、年齢に合わせた入念なスキンケアが大切ですよね。若く見える人に共通しているのは、肌が綺麗であること。シミやすくみがなく、透き通ったような印象を与えます。

また、シワやほうれい線も目立ちにくく、加齢を感じさせないところも大きな魅力。若く見えるように、見えないところで日頃のスキンケアにも力を入れているのです。


特徴4. 脚にむくみなどがなく、細身のスタイルを保っている

年齢を重ねるごとに基礎代謝量は落ちるため、自然と太りやすくなります。お腹周りに脂肪がつきやすくなったり、むくみやすくなったりするのはそのためです。

しかし、若く見える女性は細身のスタイルを維持できるように、ストレッチや筋トレなどの運動を取り入れています。自分の理想のスタイルを維持できるように努力を怠りません


特徴5. ド派手なメイクではなく、ナチュラルメイクにする

自分に合うメイクを知っているのも、若く見える女性の特徴です。年齢を重ねると目立つシワやたるみを隠そうと濃いメイクをすると、かえって老けて見えてしまう原因に。特に、ファンデーションを重ねてしまうと、年齢を感じさせるメイクになります。

若く見える女性は、自分の長所を活かすナチュラルなメイクが身についており、薄いメイクでもシワやたるみが気になりません。


実年齢よりも若く見える「男性」の4つの特徴

続いて、実年齢よりも若く見える人男性の共通点をご紹介します。見た目や立ち振る舞いなど、実年齢よりも若く見せるためには様々な努力をしていることが伺えます。ぜひ、ポイントをチェックしてみてくださいね。


特徴1. 白髪や薄毛などの対策をしたり、有名な美容室に行ったりと髪に気を配っている

男性の場合、加齢とともに気になるのが髪型です。人によっては白髪やボリュームダウンが目立つこともあるでしょう。「歳を取ったから仕方ない」とそのまま放置してしまえば、若々しい印象から遠ざかってしまいます。

若く見える男性は、有名や美容室などに通い髪型にこだわっている人が多いです。薄毛や白髪をカバーする髪型やヘアアイテムを取り入れて、若く見える努力をしています。


特徴2. 背筋がピンと伸びている

第一印象を左右するポイントとなる姿勢。背中が丸まっていたりどちらかに傾いていたりすると、どこか頼りない印象を受けます。若く見える男性は姿勢が印象を左右することを分かっているので、背筋を伸ばして胸を張った状態で立つことができます。

歩き方や座り方など所作が綺麗で、年齢を感じさせない動作が身についているところも特徴です。


特徴3. 清潔感のある服装を心掛けている

年齢を重ねるごとに、疎かになりがちなファッション。「もう歳だし、何を着ても同じ」だと考え、数着のスーツやコーデを着回している男性も多いのではないでしょうか。

若く見える男性は、いくつになっても清潔感のある年相応のファッションを心がけています。アラサーやアラフォーなど、世代ごとのトレンドを取り入れながら、自分の見せ方にもこだわることができます。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 常に新しいことに果敢に挑戦している

「若いうちは夢を追ったものだよ」「20代は目標がたくさんあった」などと、何かにチャレンジすることを昔話にしてはいけません。

若く見える男性は、いくつになっても自分で目標や理想を掲げて、チャレンジすることを止めません。年齢や立場を言い訳にしないで、自分にしかできないことを追求できます。だからこそ、若々しいエネルギーや発想を絶やすことがないのです。

【参考記事】はこちら▽


【今から実践できる】他の人から若く見られる”6つの習慣”

実年齢よりも若く見せたい!という人のために、ここからは若く見られるための6つの習慣をご紹介します。どれも簡単に実践できることばかり。今の自分に足りていないと感じることを、ぜひ取り入れてみてくださいね。


習慣1. 若い世代に人気の美容院で、髪を整える

髪型は第一印象を左右するポイントでもあるので、今のイメージを払拭するためにも思い切って、イメージチェンジをしてみましょう。

できれば、トレンドのヘアスタイルを取り入れられる若い世代から人気を集めている美容院がおすすめ。気になる悩みをカバーしながら、今までとは違う自分に生まれ変われるはずです。


習慣2. 毎日スキンケアを行い、肌に潤いを与える

加齢を感じるポイントとなるのが、肌のシワやたるみ、ほうれい線です。これらが1日でなくなることはありませんが、保湿ケアや肌の弾力アップケアをすることで、少しずつ軽減することはできます。

3日坊主にならないように、毎日洗顔後や就寝前にはスキンケアを怠らないようにしましょう。自分に合ったスキンケアを使うことで、より効果を高められますよ。


習慣3. 筋トレをして、綺麗な肉体を作り上げる

加齢とともに太りやすくなってしまうのは仕方ないこと。だからこそ放置しないで、今の体型を維持できるような体作りをすることが大切です。

定期的に筋トレやランニングなどを取り入れるといいでしょう。自分一人ではなかなか続かない人は、ジムなどに通い、仲間やコーチとともにトレーニングをしてみるのも一つの方法です。

【参考記事】はこちら▽


習慣4. 実年齢からー5歳くらい若いファッションをする

いつも同じファッションや同じ色合いばかりになっている場合は、トレンドを取り入れたファッションにチャレンジ!

特に、−5歳くらいのファッションコーデを意識してみると、今までの自分とは違う装いに仕上がります。どのようなファッションをするべきか迷う場合は、雑誌や店員さんのアドバイスを参考にしてみるといいでしょう。


習慣5. カラオケで20代と若い世代に人気の曲を歌う

アラサーやアラフォーになると、同年代の人とばかり遊んでしまいがち。しかし、それでは若いエネルギーや文化に触れることができません。

そこで、20代を始め、自分よりも若い世代と一緒にカラオケやご飯に行き、異なる世代の文化や考え方に触れてみましょう。きっと、今までにない新しい発見や刺激があるはずですよ。


習慣6. 適切な食事と質の高い睡眠で、新陳代謝を上げる

年齢とともに、基礎代謝量や体力はどうしても落ちてしまうもの。そのまま放置すると、若く見える人からは遠ざかってしまいます。

そこで、基礎代謝量を維持できるよう適度な睡眠とバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

また、できるだけ規則正しい生活を心がけて心身ともに健康な生活を送れるように配慮することも大切です。


【若く見られたい人は要注意!】実年齢より老けて見えてしまう人の共通点とは

最後に、実年齢よりも老けて見えてしまう人の共通点を具体的にご紹介します。

一つでも当てはまる項目があったら、要注意!老けて見えているかもしれません。

今から改善するだけでも、若々しい自分に近づくことができます。


共通点1. 椅子に座る時や立ち上がる時に「どっこいしょ!」と言う

若く見える人は動作や所作が綺麗で、無駄のなくスマートな印象を受けます。一方、老けて見えてしまう人は動くときに「面倒くさいな」「どっこいしょ」などと、いちいち余分な一言を付け加えてしまいます。

周囲からは「腰が重いんだな」「面倒くさがりなんだな」と受け取られてしまい、実年齢よりも老けて見られてしまいます。


共通点2. バブル期などの古い時代の髪型&メイクをしている

アラサーやアラフォーの老けて見えてしまう人に多いのが、自分たちが若かったころのメイクや髪型で止まっている人です。

今もなお、バブルを感じさせる派手な口紅や厚塗りのメイク、髪型などをしているところが特徴。

トレンドはどんどん移り変わっていくため、ずっと同じメイクや髪型をしているだけでも時代を感じさせてしまいます。


共通点3. いつも表情が渋く、眉間にシワを寄せたりしている

表情に変化がなく無表情だと、感情の起伏が伝わってきません。明るさや活気も感じられないので、年齢よりも老けて見られるポイントに。

また、いつも眉間にシワがよったままだと表情も険しく「何を考えているのか分からない」「怒っているのかもしれない」と思われてしまうことも。人から見られているということを意識していないことも原因です。


共通点4. 歯が黄ばんでおり、白さがない

どれだけ年齢を重ねても、口元は目に留まるポイント。白さのない黄ばんだままの歯は、年齢を感じさせてしまいます。歯が虫歯のまま放置するのは論外。一緒に話している人の目にも留まります。

また、唇が乾燥していたり、ひび割れたりしていても、顔全体の印象が老けて見えることに。口元のお手入れを怠らないようにしましょう。


共通点5. 肌がカサカサになっている

年齢とともに肌の水分保持力が衰えるため、カサカサと乾燥しやすくなります。だからといって乾燥したまま放置すると、さらに肌の潤いが低下してシワやたるみが目立つように。ハリもなくなるため、顔色もくすみやすくなります。

このように肌が乾燥することで連鎖反応が起こるので、顔全体の印象が老けて見えてしまうのです。


共通点6. 寝不足で、クマが目立っている

活気のある健康的な雰囲気を感じられないと、年齢よりも老けて見られてしまいます。特に、目の下のクマやたるみは、老けて見えてしまうポイント。

顔全体がくすんで見えるだけでなく、不健康な印象を与えます。顔のパーツの中でも目に付く部分だからこそ、年齢を感じさせる状態で放置すると若々しい印象からかけ離れてしまいます。


”若く見せすぎると痛い若作りに見えてしまう”ので、やりすぎには注意すること!

「周りから若く見られたい!」「年齢よりも若い自分でいたい」と思うあまりやりすぎてしまうと、痛い若作りになってしまうことが。

例えば、アラフォーが原宿ファッションにチャレンジするなど、明らかにかけ離れた若作りには注意が必要ですよ。


いつまでも元気で若々しくあり続けましょう。

今回は、若く見える人の共通点や若く見える人の習慣、そして老けて見える人の特徴をまとめてご紹介しました。若く見える人は、いくつになってもキラキラした自分でいられるように、地道な努力をしています。

今からでも遅くありません!ぜひ、できることから取り入れて、いくつになっても若々しい憧れの自分を手に入れましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事