頭のいい人と悪い人の決定的な違い5選│賢い人の考え方や性格の特徴とは

世の中には男性も女性もたくさんの人がいますが、頭のいい人と悪い人が存在するのが現実。どうして頭のいい人と悪い人の差があるのか、今回はこの2人の違いを徹底解説!さらに、頭がいい人の考え方・話し方・会話・性格の特徴から、賢い人になる方法まで、詳しく紹介していきます。

頭のいい人と悪い人の違いって気になりますよね。

頭のいい人と悪い人の決定的な違い

最近、SNSでも話題になった『頭の良い人と悪い人の違い』をご存知でしょうか?

例えば、りんごを見た時、頭の悪い人は「赤い」「美味しそう」など、見たままの表現しか思いつきません。

一方で、頭の良い人は「青森産かな」「万有引力」「iPhone」など、関連するものを次々に連想していく、というものです。

なぜ、これほどまで頭の良い人と悪い人の違いが出てしまうのか、気になりますよね。

そこで、今記事では頭の良い人と悪い人の違いを考え方、話し方、物の見方などから徹底的に解明していきます。

さらに、頭の良い人を目指している人のために、賢い人になれる4つの方法も必見です。


【シーン別】頭の良い人と悪い人の違いとは?

頭の良い人と悪い人の違いには、具体的にどのようなケースがあるのでしょうか?

まず、頭の良い人と悪い人の違いを見分けるには、それぞれの考え方や話し方の特徴を掴むのが大切です。

ここからは、頭の良い人と悪い人の違いをシーン別に解説していきます。


① 物事の考え方に関する違い

まずは、特徴が出やすい考え方の違いから見ていきましょう。

普段の生活から、どのような思考パターンをしているかを比べると、頭の良い人と悪い人の違いが顕著になりますよ。

ここでは、頭の良い人と悪い人の違いを物事の考え方の差から詳しく見ていきましょう。


頭が良い人:論理的思考ができる

頭が良いなと思う人は、先のことを予め計算しているイメージがありますよね。

頭が良い人は、常に物事の道筋を考える「論理的思考」をしているという特徴があります。

こういう理由があるから、こういう結果になったというように、物事の過程をしっかりと見極めて、両者をつなげて考えられるのが論理的思考です。

簡単にいうと、1+1=2という計算を物事の考え方にも当てはめている、といえます。

【参考記事】はこちら▽


頭が悪い人:非論理的に考えてしまう

何かを見た時に、これは好き、これは嫌いというように、好悪で判断してしまう場合もありますよね。

それを、毎回のようにしてしまうのが、非論理的な頭が悪い人の考え方です。

もちろん、好き嫌いで判断するのは悪いことではありませんが、それで損をしてしまうこともあります。

例えば、嫌いな作業があるとします。それをすることにメリットがあると判断すれば、嫌いでもその作業をこなすでしょう。

一方で、非論理的な人は嫌いだからやらない、と決めつけてしまい、メリットを無視した判断をしてしまうことが多いです。

【参考記事】はこちら▽


② 会話に関する違い

頭の良い人と悪い人の違いには、論理的思考ができるかどうかの差があると分かりました。

では、その考え方は話し方にも影響するのでしょうか。

次に、頭の良い人と悪い人の違いを会話の面から詳しく解説していきます。


頭が良い人:端的に大事な要件を述べられる

論理的な思考ができる人は、無駄を徹底的に省いて考えることができます。

そのため、頭が良い人は、人に伝えるべき重要な事項だけを、要点を絞って人に伝えるのです。

賢いと言われるのは、自分の中でよく考え、何を伝えるべきか吟味した後に、会話しているからでしょう。

なぜ、Aという結果になったのか、その理由はBだから。

このように、日頃から道筋を立てて会話しているから、頭が良い人の話は端的で分かりやすいといえますね。


頭が悪い人:論旨からズレて、長々と分かりづらい話をしてしまう

一方で、考えがまとまらないまま発言をしてしまう人は、頭が悪い人に見られがちです。

頭が悪い人は、会話をしながら道順を立てて、次に何を話せば理解してもらえるかを考えられない人が多いです。

例えば、過程と結果をバラバラの順番に話してしまったり、話題が急に変わったりして、頭が良い人からすると「で、結局何が言いたいの?」と言いたくなるような発言をしてしまうことも。

また、すぐに感情論に走ってしまいがちなのも、頭が悪い人の特徴といえます。


③ 仕事に関する両者の違い

頭の良い人と悪い人の違いは思考だけではなく、会話にもあらわれていますね。

では、職場では頭の良し悪しはどう影響するのでしょうか?

ここからは、頭が良い人と悪い人の仕事に関する違い、を詳しく解説していきます。


頭が良い人:計画性を持って、優先順位の高いものから順々にこなす

職場で同じ作業量のはずなのに、残業をしている人を尻目に悠々と定時で帰っていく。

そんな人は、物事に優先順位がつけられる、頭が良い人の可能性があります。

例えば、仕事量が多い場合。頭が良い人はまず、それぞれにどのくらいの時間がかかるか計算して、スケジュールを立てます。

計画を立てて、やるべきことから順序良く進めるので、ミスも少なく、効率的に仕事を終わらせることができるのです。

【参考記事】はこちら▽


頭が悪い人:無計画でスタートし、就業時間内に終えられない日もある

とりあえず手あたり次第、目についた仕事をやろうとして、全部うまくいかない。

これが、考えなしに非効率的なことをしてしまう、頭の悪い人の特徴といえます。

例えば、職場で仕事量が多い日に「計画を立てる暇があったら、少しでも作業を進める」と言って、無計画に手をつけてしまいがちです。

時間を計算して計画を立てていないから、あと何時間で終わらせるという意識が少なく、ダラダラと作業してしまったり、やるべきことを忘れてしまうこともあります。

結局、ミスが多く、やるべきことは忘れていて、時間までに終わらなかった、という結果に陥ってしまうのです。


④ 物の見方や視点に関する違い

頭の良い人と悪い人の違いは、仕事にも大きな影響を与えてしまうようです。

そうなると、頭の良し悪しで物事に対する見方がどう変わるか、も気になりますね。

ここからは、頭の良い人と悪い人の物の見方や視点の違いについて、詳しく解説していきます。


頭がいい人:物事を俯瞰的な視点で捉えられる

問題を発見したり、問題を解決する能力が高いのも頭の良い人の特徴といえます。

なぜなら、常に物事を高い視点から広い視野で見つめて、客観的に考えているからです。

例えば、会社では自分の立場は置いておいて、働いている人全員の視点の考えを想像し、それぞれに問題がないかを見ています。

そのため、選択肢が非常に多く、問題をすぐに見つけたり、そもそも問題になるような失敗が少ないのが特徴です。

俯瞰的な見方ができる人は、物事を広い視野で多角的に捉える能力が備わっているといえます。


頭が悪い人:物事を客観的に見れず、主観だけで判断する

自分の意見だけを強く推したり、他者のことは眼中にもないのが頭の悪い人の特徴といえます。なぜなら、常に自分からの視点でしか物事を捉えられず、視野が非常に狭いからです。

選択肢が狭まり、自分に都合の良い考えばかりを選んでしまうことになります。

その結果、他者とトラブルになったり、自分だけが失敗してしまう、ということも少なくないでしょう。

もし、アドバイスを受けても、視野が狭いせいか受け入れられないというケースもあります。


⑤ 話し方に関する両者の違い

頭が良い人と悪い人の違いは視野の広さにもあらわれているのが分かります。

では、視野が異なると、口調にも影響があるのでしょうか?

ここからは、頭が良い人と悪い人の話し方に違いがあるのかを解説していきます。


頭が良い人:常に冷静な口調で会話ができる

いつも穏やかな話し方で的確な指示を出してくれる上司がいるとしたら、優秀な人に見えますよね。

会話では、常に落ち着いていて、冷静な口調というのも頭が良い人の特徴といえます。

なぜなら、内容が伝わりやすいのはもちろん、賢い人は無駄な争いや、事を荒立てることを好まないからです。

もし、トラブルが発生した時でも、慌てずに状況を伝えることで、冷静に解決できるというメリットもあります。


頭が悪い人:感情的に話すことが多い

少しのことでイライラしたり、怒りっぽい人がいると周りの雰囲気も悪くなりがちです。

話し方に冷静さがなく、感情的な話ばかりする人は、頭の悪い人だと思われてしまうでしょう。

例えば、このタイプの上司がいると、失敗した理由を精査することなく、感情のままに部下を怒ってしまうことも多いです。

客観的に考えられないためか、自分がミスをした部下の責任を負わなければならない、という1点しか考慮していません。

その結果、よく考えもせずに見当違いの怒り方をしたり、失敗をカバーすることを忘れていたりします。


ぜひ参考にしたい「頭の良い人」の特徴

頭の良い人と悪い人の違いとして、頭の良い人は口調も穏やかで信頼できる反面、頭の悪い人は感情的になりやすいようですね。

では、信頼されるような頭が良い人になるためには、どうすれば良いのでしょうか?

次に、ぜひ見習いたい「頭の良い人」の特徴を詳しくご紹介します。


① 頭が良い人の「考え方」

理解力が高かったり、頭の回転が速い人に憧れている人もいるでしょう。

では、そんな賢い人になるためには、どうすれば良いのでしょうか?

ここからは、頭が良い人に共通している考え方について、詳しく解説していきます。


1. まずは全体像を把握し、そこから論理的思考をする

感情は関係なしに、冷静に物事を考えられるのが頭が良い人です。

頭が良い人には、広い視野で全体を把握してから、順序立てて答えを導くという考え方のパターンがあります。

さまざまな物事を論理的思考で考え、常に理由と結果を理解しているからこそ、できる考え方です。

また、人の話をちゃんと聞いて、どう答えれば正しく伝わるか考えながら会話できるのも、頭が良い人ならではといえます。


2. 時間を重要視しており、タイムマネジメントに力を入れている

仕事ができて、プライベートも充実している人は羨ましいですよね。頭が良い人は、とことん無駄な時間をカットして、効率よく終わらせる努力を怠りません。

やるべき目標をしっかりと定めて、効率的にこなしていく「タイムマネジメント」を行い、時間を有効に使うのです。

そのため、頭が良い人には、仕事を効率的かつ確実に終わらせて、十分なプライベート時間を確保している人が多くいます。


3. 目先ではなく、常に数手先を見越して行動するのを意識している

突然起きた出来事にも、落ち着いて臨機応変に対応できる人は頭が良い人といえます。

ビジネスシーンなどで求められる、数手先を見越した行動ができるように、頭が良い人は、常にこの先に何が起きるか考えているのです。

例えば、普通の人は、突然トラブルが起きた時に、慌てふためいてしまいますよね。

一方、頭の良い人は、先に起こりそうなトラブルや事故を、予めすべて想定し、対策をとっています。そのため、何があっても冷静に考えて行動できるのです。

これができるのは、頭の回転の速さに加えて、広い視野で論理的思考ができるから、といえます。


② 頭が良い人の「会話」に関する特徴

話していて面白かったり、興味深い話が出来る人は頭が良いと感じますよね。

では、頭が良い人の会話は、なぜ理解しやすいのでしょうか?

ここからは、頭が良い人の会話に関する特徴をさらに詳しくご紹介していきます。


1. なるべく分かりやすく簡単な言葉で話すのを心がけている

頭の良い人はコミュニケーション能力が高いのもポイントといえます。

なぜなら、頭が良い人は誰にでも分かりやすいように言葉選びをしているからです。

一度伝わらないと感じたら、より分かりやすい言葉に変更して、説明し直してくれることも。

これができるのは、豊富な語彙力と相手の立場に立って考えられる客観性があるから、といえます。

円滑なコミュニケーションを図ると、相手からの印象も良くなる、というメリットを理解しているからこそ、自然にできる行動でしょう。


2. 人の話を聞いて、「つまり◯◯って認識でOKですか?」と要約して聞き返す

自分が話した内容を相手が理解してくれた、と分かると安心しますよね。

頭が良い人は「つまり○○って認識でOKですか?」と会話しながら、相手の話を要約することがあります。

これは、認識のズレが起きないよう、より正確にコミュニケーションを図ろうとしているのです。

また、話しを聞いていて、少しでも分からない点があれば、どんな些細なことでも質問します。

自分のことを理解しようという気持ちが感じられると、話しているほうも気分良く話せますよね。

その結果、頭の良い人ともっと話がしたい、話していると面白いと思わせられるのです。


3. 知識が豊富で、言葉のボキャブラリーが多い

分からないことを聞いたら、まるで辞書のように正確な答えをくれるのも頭が良い人の特徴です。

頭が良い人は、雑学から専門的なことまで、豊富な知識があるという特徴があります。

なぜなら、普通の人より好奇心旺盛で視野が広いため、新しい言葉をあえて使ったり、取り入れた知識を積極的にアウトプットしているからです。

さらに、豊富な知識同士が頭の中で関連付けされているので、状況に合わせて的確なコメントができます。

このように、頭が良い人は、コミュニケーションを円滑にするボキャブラリーを意識的に身に着けているといえるでしょう。


③ 頭が良い人の「性格」に関する特徴

頭が良い人は、会話でのコミュニケーションを大切にしているのが分かりますね。

これなら、人間関係も良好になりそうですが、性格も良い人が多いのでしょうか?

続いて、頭が良い人に共通している性格の特徴をご紹介します。


1. 好奇心が旺盛で、何事に対しても興味や関心を示す

街中で新しいお店を見つけたらとりあえず入ってみたり、売れている商品のデザインを見てヒットした理由を考えたり、いつも多方面にアンテナを張っているのが頭が良い人の特徴です。

頭が良い人は、好奇心旺盛な性格をしていることが多く、その結果、知識も豊富になるといえます。

なぜなら、実際に体験することによって得た知識は、机で勉強しただけの知識よりも理解が進み、記憶としても定着しやすいからです。

頭が良い人に聞くと大抵のことは答えてくれるのも、幅広い分野に興味や関心を持っているのが理由といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


2. プライドが高く、頑固な性格の人も多い

頭が良いからといって性格にも全く難がないとは言い切れません。

実は、頭の良い人は少し頑固な性格をしている人もいます。

例えば、自分が得た知識に絶対の自信がある場合、反対の意見を頑なに受け入れない、というケースが起こりがちです。

また、冷静に論理的思考ができるからこそ、感情論だけで熱く語られると理解しようとしない場合もあります。

頭の良い人はプライドが高くて付き合いづらい、と感じてしまう人もいるかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


3. キチッとした性格で、段取りや事前の準備に力を注ぐ

頭が良い人ほど仕事の本題に取り掛かるまでに時間をかけるものです。

頭が良い人は、きっちりとした性格で、物事を順序立てて論理的に考えられるからこそ、準備にはしっかり時間を使うという特徴があります。

これは、細部にまで問題がないか確かめてから、時間を有効に使って終らせることができるか考えているからです。

段取りや準備をしっかりするのは、ほどよく几帳面な性格といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


④ 頭が良い人の「話し方」に関する特徴

豊富な知識があって、几帳面なだけでは頭が良い人とはいえませんよね。

では、頭の良い人だと感じるのは他にどのような要素があるのでしょうか?

ここからは、話し方でわかる頭が良い人の特徴を詳しく解説していきます。


1. 説明が論理に基づき非常に分かりやすく、説得力や信憑性が高い

誰が聞いても理解してもらえるように、話し方にも配慮ができるのも頭が良い人の特徴です。

頭の良い人の話は、難しい言葉をいっているわけではないのに、やけに信じられたり、説得力があるなと感じるケースも多くあります。

なぜなら、論理的な説明を中学生でもわかるような言葉に置き換えて話しているからです。

多くの人に理解してもらえる話にこそ価値がある、と認識している人は頭が良いといえるでしょう。


2. 時間を大事にする人なため、長い話もコンパクトにまとめて話してくれる

無駄を徹底的に省く性格から、要件は短い時間で正確に伝える、という意識があるのも頭が良い人の特徴です。

長くなりがちな話も短くまとめることで、分かりやすく、より時間を大切にできるというメリットがあります。

例えば、校長先生の話が長いと感じるのは、時間を有効に使おうとしているのではなく、決められた持ち時間を全部使って話そうとしているからでしょう。

本来なら要約できる部分をあえて回りくどい表現にしているため、結果にたどり着くまでが長く感じてしまいます。

一方、頭が良い人は、予定を立てて動いていることが多いので、限られた時間の中で、どう正確に伝えるかを常に意識しているという違いがあるのです。


頭が悪いのを脱却したい!頭が良くなる勉強方法やコツとは?

頭の良い人と悪い人の違いを確認すると、頭が良い人にはメリットが多いのが分かりますね。

では、頭が良い人になるにはどうすれば良いのでしょうか?

最後に、これをすれば頭が良くなるという勉強法やコツをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


1. 一番手軽で効果的な勉強方法が「本を読むこと」

普段から本をあまり読まないという人も多いのではないでしょうか。

実は、手っ取り早く頭が良い人になりたいなら、本を読むのが一番良い方法といえます。

なぜなら、頭が良い人で読書量は月に300冊という人もいるほど、本を呼んで理解することと頭の良さは直結しているからです。

本を読むことでさまざまな視点で物を見て、違う立場からの考え方を知り、専門的な知識を得るなど、まるで実際に体験したような経験を積むことができるのも本の魅力といえます。

読み慣れていないと数をこなすのは難しいので、まずは1週間で1冊読むことを目標にして、慣れたら徐々に本数を増やしていくのがおすすめです。


2. 時間の重要性を認識し、タイムマネジメントを覚えて時間を有効活用する

「時は金なり」とはよくいったもので、時間とお金は同じくらい大切ですよね。

ただ、時間が大切なのは知っていても、実際に時間を管理して有効に使えているかどうかは別になります。

頭が良い人は、タイムマネジメントを行って時間を有効に使っているのです。

まずは、やるべきことをリストにして、自分の能力ならどのくらいの時間がかかるか見極めてから、予定を立てます。

やる気が続くように優先順位をつけたり、頭を使う作業を午前中に終わらせたり。

目標を立てた上で、計画通りに進むように時間をコントロールするのが、上手にタイムマネジメントをするコツです。


3. 数ある物から重要度を見極める力を養い、優先順位高い順に物事をこなす

頭が良い人は物事を客観的に見る力があります。

感覚的に自分がやりたいからやるのではなく、優先順位が高い物事から手をつけるという見極めが大切です。

例えば、大手インターネット関連会社の創設者も「優先順位をつけることが効率的な成果をあげることに繋がる」と重要視していたほど。

そのためには、常にメリット・デメリットを把握して、自分がいま本当にするべきことを客観的に考えましょう。

また、自分がやっていた作業を放り出してでも、優先順位が高い仕事をするためには決断力も必要になってきます。


4. 何事からも学びを得られるよう、周囲に対し興味や関心をもつこと

頭が良い人は「勉強しなければならない」という義務感で勉強していません。

普段の生活で触れたさまざまなことから学び、新しい知識を得ることで喜びを感じています。

頭が良い人に限らず、知識欲というものは、程度に個人差はありますが、本来誰にでもあるものです。

そのため、興味がないから人の話はあまり聞かない、流行っている物事を知ろうと思わない、というのは成長を妨げている原因かもしれません。

頭が良い人になるためには、周囲にアンテナを張り巡らせ、流行や他人が関心を持っているものに敏感になることも大切といえます。


頭がいい人になって、周りから頼りにされる人になりましょう。

頭の良い人と頭の悪い人の違いは、考え方や時間に対する価値観に差があるから、と分かりましたね。

実は、生まれた時から頭の良い人は0.001%にも満たないのです。

そのため、賢い人の良い部分を見習って、努力すれば頭が良い人に見られる可能性は誰にでもあります。

頭が良い人になりたいと感じた時が、新しい自分に変われるチャンスかもしれませんよ。ぜひ参考にして、皆から頼りにされる頭の良い人を目指してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事