告白されたけど迷っている女性へ。どんな男なら保留にしないで付き合うべき?

女性が男性から告白されたとき、素直に嬉しいと感じる相手だけでなく、予想外で困惑してしまい、返事に迷う相手がいますよね。今回は、告白されたときの正しい返事の仕方や保留にするときの注意点をレクチャー。また、特別好きじゃなくても告白されたら付き合うべき男性の特徴まで詳しくお教えします。

告白されたけど、悩んでいる女性へ

保留にしないで付き合うべき男性

好きな人から“告白”されたら嬉しいですよね。

しかし、特に意識していなかった男性から急に告白されたら、返事に迷う場合がほとんどなのではないでしょうか?

そこで今記事では、告白された時の正しい返事の仕方や保留にする際の注意点を詳しく解説していきます。

パターン別の返事の仕方や付き合う時に見極めるべきポイントも合わせて紹介するので、そちらもチェックしてくださいね!


告白された場合、主な着地点は大きく分けて3パターン

告白された後、あなたの行動次第で結果はおおよそ3つのパターンに分かれます。

告白された経験が少ない女性はどうしよう、と悩んでしまいますよね。

まずは落ち着いて、告白された場合における着地点のパターンを把握しておきましょう。


1. OKして相手とのカップルが成立するパターン

相手の容姿が好みだったり、付き合ってみたいと思える要素がある人ならOKしてカップルを成立させましょう。

好きな人から告白されたら迷わずにOKですよね。

ほとんど知らない人だったら即OKというわけにはいきませんが、性格や素性をある程度知っている男性ならカップルになってみるのも“アリ”です。

戸惑ってしまいがちですが、付き合ってみると分かることも沢山ありますよ


2. 相手の告白を断り、付き合わないパターン

悪い人ではなさそうだけれども、好きじゃないタイプの人だったり、友達としてしか見られないタイプの人に告白されるケースもあります。

その場合は正直に告白を断って、付き合わないことにしましょう。

想定もしていなかった相手に告白されると、最初は戸惑ってしまいますよね。

断るのも勇気がいるかもしれませんが、相手に無駄な期待をさせて、どっちつかずになってしまうのは良いことではありません

相手を観察して、付き合うのは違うと感じたら思い切って断りましょう。


3. 一応OKしてみて、様子を見極めていくパターン

元から親しい男性ではない限り、付き合ってみないとわからない部分が多いのも事実です。

そのため、一応OKして、付き合ってみてから判断するというパターンもあります。

告白されたからとりあえず付き合ってみたら、思いの外相性が良くて結婚まで進展したという人もいるようです

それまで全く意識をしていなかったのに、告白されたら好きになるという女性も少なくはないとか。

嫌な感じがしない相手なら素直に返事をして、とりあえず付き合ってみるというのも手かもしれませんね。


どうするのが正解?男性から告白されたら時の対処法

突然男性から告白されたら大抵の女性は動揺してしまいますよね。

告白されたことない女性や告白された回数が少ない女性はなおさらです。

嬉しい気持ちがある反面、相手によっては驚いたり、戸惑ったりしてしまうでしょう。

告白されたらどうするのが正解なのでしょうか。

ここでは、男性から告白された時の正しい対処法をケース別にまとめています。


対処法1. 当然ながら、好きな人に告白されたのであればすぐにOKする

前から好きだった男性や気になっていた男性から告白されたら、嬉しくてすぐにOKする女性がほとんどなはず。

憧れの男性と両想いだったと分かったら、おおげさにいえば天にも昇る気持ちになるでしょう。

好きな人に告白されたら、すぐにOKするのは問題ありません

もし、迷うケースがあるしたら好きだけれど、他にも女性がいると噂がある男性の場合でしょうか。

噂はあくまで噂と割り切っても良いのですが、もし気になるのであれば保留にして様子見するのも手ですよ。


対処法2. 他に好きな人がいる場合、誠実にお断りする

下手に嘘をついたり、返事をせず曖昧にしてしまうのはトラブルの元になりかねません。

告白されたこと自体は嬉しくても、本命が他にいる場合はちゃんと正直に話して断りましょう。

他に好きな人がいる、と伝えられると大抵の男性は諦めてくれます

なかなか断れない性格の人も少し勇気を出して、本当のことを伝えてあげましょう。

そのほうが後腐れなく、お互いすっきりと関係を断ちやすくなりますよ。


対処法3. 好きでも嫌いでもないなら、まずはお友達から始めようと提案する

断るほど嫌な気はしないけれど、好きかといわれると何ともいえないという人は結構いるのではないでしょうか。

好きか嫌いか迷った結果、どちらともいえないと感じたら友達から始めるのも方法の1つかもしれません。

お友達から始める提案をすると、男性側もまだ自分を好きではないのかなと、ある程度は納得してくれるでしょう。

関係としては良好に進みそうです。

少し曖昧な答えになってしまいますが、正直な気持ちをいうのが一番かもしれませんね。


対処法4. 告白されて動揺している場合、冷静に考えるためにも一旦返事を保留させてもらう

告白されると相手の顔が見られなくなったり、相手のことを無意識に考える時間が長くなったりします。

動揺して冷静さを失っている場合もあるので、答えをすぐに出すのではなく、少し考える時間をもらいましょう。

例えば、断ってしまうと相手を傷つけるかもしれないから、告白された空気に飲まれてしまってOKしてしまう、など告白された状態では相手をしっかり見て判断できない場合もあります。

返事を保留させてもらえば、自分の気持ちをじっくり整理できます。

また、相手を客観的に見る時間もできるので、冷静な判断ができるようになるでしょう。

迷っているなら焦る必要はありません。


対処法5. 特別嫌と感じる相手でなければ、とりあえず付き合ってみる

答えに迷っているのは相手をよく知らないからではないでしょうか。

本性が分からないと不安にもなりますよね。嫌な感じの人でなければ、相手を知るためにもとりあえず付き合ってみるのも手です。

告白されて嬉しいと感じるなら、相手の男性をそこまで嫌とは思っていない可能性があります。

今まで意識していなかっただけで、告白されたら好きになるという場合もあるとか。

先入観が少ない分、付き合ってみたらすごく良い人だった、ということもあるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


告白された時の正しい返事の仕方は?

告白されて返事は決まったけれど、どういう言葉で返せば良いのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。

告白された回数が少ないならなおさらでしょう。

告白された時に使いたい正しい返事の仕方の例をパターンごとにご紹介します。


返事の仕方1. 両想いの場合、「私も好きでした。こちらこそよろしくお願いします」と快諾する

告白された時、あなたにも好きな気持ちがあるのなら、素直に「私も好きでした。こちらこそよろしくお願いします」と快く返事をするのが良いでしょう。

告白されて嬉しかったと正直な気持ちを伝えるのもおすすめです。

シンプルな返事ですが、両想いだったことが相手にも伝わるのがポイントです。

恥ずかしいと感じる場合は電話やLINEで返事をしても良いですが、できれば直接会って話したほうが真剣な気持ちが伝わりやすくなりますよ。


返事の仕方2. 好きかは別としてOKする場合は、「これからよろしくお願いします」と告白を受け入れる

好きかはまだ分からないけれど、とりあえず付き合ってみる場合は「これからよろしくお願いします」と心を込めて伝えましょう。

こちらもシンプルですが、誠実で好印象を与えやすいのがポイントです。

告白されたらストレートにOKの返事をして、カップルになってみるのも良いかもしれませんね。

付き合ってから会う回数を重ねると意外な相手の魅力が見つかる場合もありますよ。


返事の仕方3. 断る場合は、「気持ちは嬉しいけどごめんなさい」と含みを持たせず、ハッキリと断る

付き合いたいと思えない男性だったら「気持ちは嬉しいけどごめんなさい」ときっぱり断るのが大事です。

思わせぶりな返事はせずに、ちゃんと断ることで告白をしてくれた相手にも失礼になりません。

はっきり断るのは怖いという人もいるでしょう。

それでも、星の数ほどいる異性の中からあなたを選んでくれたことに正直な気持ちを示すのは大切かもしれません。

トラブルを避けるために「気持ちは嬉しいけど」と前置きするのがポイントといえます。


返事の仕方4. ひとまず親しくなって見極めたい場合、「お友達からで良ければ」と返答する

まずは「お友達からで良ければ」と答えるのも1つの手です。

断るほど嫌な相手ではないけれど、付き合うには相手のことを知らな過ぎて迷う、という人もいるでしょう。

あまり意識していなかった相手に告白されると嬉しい反面、驚きのほうが大きくなってしまいますよね。

いきなり彼氏彼女として付き合うのではなく、友達から始めると相手の本質が見極めやすいです。

最初はあまり男性として魅力を感じない人でも、一緒にいたら好きになったというケースも少なくはありません。

【参考記事】はこちら▽


告白されて付き合うか迷う場合、ここだけは見極めておきたい部分とは?

男性に告白されて返事に迷う時は、女性から見て男性のどのような点が引っかかっているのでしょうか?

今までに告白されたことない女性や告白された回数が少ない女性は、喜びよりも先に驚きがきてしまい、困惑してしまいがちです。

そこでここからは、告白されて付き合うか迷ったら、これだけは確認しておきたいという部分をご紹介します。


ポイント1. 相手が恋人とは常に一緒に居たい or あまり会えなくてもOKのどちらタイプか?

まずは、相手が恋人と時間がある限り一緒に過ごしたいタイプか少しくらい会えなくても気にしないタイプか見極めましょう。

この点が違うだけで、どんなに魅力的な異性でも付き合いきれなくなってしまうと良います。

デートの回数が多すぎると断るのも一苦労。少なすぎても物足りない。

お互いにストレスなく交際するためにも、どれくらいの頻度で会える人なのか事前にきちんと把握しておくべきです。

いままでに付き合った人数が多い女性ほど見極めも上手なのだとか。

ひとまずは1ヶ月ほど付き合ってみてから、判断するのも良いかもしれませんね。


会える頻度だけでなく、あらかじめ理想の連絡頻度を聞いておくのもおすすめ

付き合う前にどれくらい会えるか聞くのも有効な手段です。

仕事が休みの日や自由な時間がどれくらいあるかは聞きやすいでしょう。

加えて、これくらいの連絡頻度が好ましいというのも聞けたらベストです。

ひと月に連絡する回数があまりに頻繁でも困りますし、逆に回数が少なすぎても不安になりますよね。

連絡頻度を聞くと、答えによってフィーリングが合うタイプの人かおおよその判断がしやすいのもポイントです。

【参考記事】はこちら▽


ポイント2. 金銭感覚が似ているかも見極めておきたいポイント

金銭感覚の違いも見極めたいポイントといえます。

告白されていざ付き合ってみたら、デート代をケチりまくる男性だったなんてケースも少なくはありません。

その分、貯金をしているなら良いけれどギャンブル癖があったり、趣味で浪費している節があったりする男性の場合も。

将来、結婚などを考える人は相手のお金の使い方をしっかりと見極めるべきです。

遊びにお金を浪費できるほど収入がある人だったとしても、裏で借金をしていたり、貯金が全くなかったら将来性がなさすぎますよね。


ポイント3. デートする事を踏前て、「インドア派」 or 「アウトドア派」かを把握しておく

デートをすることを考えて、予め相手がどちらのタイプが確認しておきましょう。

意外にも意見が分かれるのがデートはインドア派かアウトドア派かという点です。

例えば、あまり外に出るのが好きじゃないのに毎週のように旅行に連れまわされると、最初は楽しくても回数を重ねるごとに疲れてしまうケースも。

一方で、毎回室内で一緒にいるだけというのも刺激が少なすぎるという女性もいるでしょう。

付き合っていて楽しいかどうかは、デートや旅行などの楽しみをどれだけ共有できるかにあるともいえます。


ポイント4. 幸せになるためにも、やはり性格や価値観が合うかもしっかり見極めたいところ

付き合うのは良いけれど、できるだけ早く将来的に幸せになれる男性と巡り合いたいとも思いますよね。

付き合った人数が少ないうちは、相手の価値観や性格を見極めにくいかもしれません。

将来結婚や出産するのを考えて、相手の価値観や性格が自分と合っているのかしっかりと確かめていきましょう

まずは会話を重ねて性格を掴み、気が合うようでしたら一緒にデートをすると相手の価値観が徐々に分かってきますよ。


ポイント5. いざという時に頼りになるか?相手の誠実さもきちんと見極めたい

女性がピンチの時にちゃんと助けてくれる男性かどうかも重要といえます。

いざという時に逃げるような不誠実な男性は付き合う前にお断りしましょう。

誠実さが分かるポイントとして、欲求のままに行動していないか、常に思いやりを持っている人かどうか、などがあります。

欲求のままに行動しがちな人は平気な顔で浮気をしたり、人の気持ちを考えなかったりする場合も。

常にあなたの言動を覚えてくれていて、思いやりのある行動ができる人は誠実であるといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合うか迷う場合、こんな相手なら付き合うべき!と言える男性の特徴

世の中には告白されたら好きになるというケースもありますが、好みではなくても付き合うべきという場合があります。

付き合うか迷ってしまう場合にはどう判断すれば良いのでしょうか?

最後に、こんな相手は付き合うべきという男性の特徴をご紹介します。


特徴1. 一緒に居て心が安らいだり、楽しいと感じたりする男性ならOKした方が良い

相手がそのような男性だと判明したら、迷わず付き合ってみるのがおすすめです。

いわゆるフィーリングが合う相手、というのは付き合う人数や回数を重ねていても出会えるかは分かりません。

もし、容姿がタイプではなくても一緒にいるだけで落ち着けたり、特に面白い話をしていなくても楽しい気分になれる男性なら付き合ってみましょう

想像以上に良いカップルになれるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 純粋に見た目がストライクな男性は付き合うべき

性格などは付き合ってみてから吟味しても遅くはありません。

性格や金銭感覚などはまだ分からないけれど、顔や容姿がストライクな男性に告白されたという場合もOKするべきといえるでしょう。

好きなタイプの男性に告白されるというのは非常に幸運といえます。

そうそうないチャンスと考えて、迷わずに付き合ってみても良いかもしれません。

ただし、評判が悪い男性ではないか予め確認はしたほうが良いでしょう。


特徴3. 誠実で自分に対して尽くしてくれそうな優しい男性

誠実さや優しさは人間の本質的な部分なので、大人になってからはなかなか変わりにくいといえます。

自分に対して真摯に向き合ってくれる男性というのは貴重な存在でしょう。

誠実で尽くしてくれる男性に告白されたら、とりあえず付き合ってみるのが良いですね。

大抵は良い関係へ発展するでしょう。ただし、尽くされすぎると疲れてしまう場合もあります。

良い人でも合わないと感じたら別れる決断をするのも大事です。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 仕事も真面目で収入も安定しており、結婚後の生活まで明確に想像できる男性

仕事がしっかりできて、真面目な男性は結婚に結びつきやすい相手といえます。

将来安定した生活を送れそうな頼りになる男性に告白されたら、迷わずOKしたいところです。

今は結婚なんて、と結婚をまだ考えたことがない女性でもとりあえず付き合ってみるのがおすすめです。

結婚後の生活が想像できれば、将来幸せになる可能性がグッと近くなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 本気で自分を好いてくれて、いつまでも変わらぬ愛情を注いでくれそうな男性

一途に自分を好きでいてくれる男性に告白されるのは千載一遇のチャンスといえます。

一緒にいて嫌な感じがしない人ならぜひとも告白にOKしましょう。

自分だけを本気で愛してくれる男性とはなかなか出会えるものではないので、関係を大切にしたいですね。

いつまでも変わらない愛情を注いでくれそうな男性なら結婚も視野に入れてお付き合いしてみましょう。

くれぐれも口ばっかりの男ではないかには気をつけてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


告白された時は相手と今後も一緒にいれると想像できるのが大切

女性として男性に告白されたという経験は嬉しいことですよね。

その反面、付き合うべき相手か迷ったり、断るのに勇気が必要だったり、嬉しいだけではない部分もあります。

告白されたら、将来を見据えて付き合っていける相手かどうか見極めるのがポイントです。

性格や価値観などは付き合うまで分からない部分も多いです。

嫌な感じがする相手ではなかったら、きちんと付き合うべきか見極めて、幸せな恋愛ライフを送りましょう!

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事