上から目線な人の話し方や性格の特徴とは。上から目線を改善する方法を大公開!

無意識に誰かを蹴落とすマウンティング女子や男子によくある「上から目線」。あなたの職場にも出現していませんか?今回は、上から目線と言われる男女の話し方や性格の特徴から、上から目線な人への正しい対処法を大公開。また、自分が上から目線と感じる人のために、改善策を紹介していきます。

上から目線の人っていますよね。

上から目線の男

上から目線な言い方をされて、不愉快な気持ちにさせられた経験はないでしょうか。上から目線な人は男性女性を問わず、案外どこにでもいるものです。

できればあまり関わりを持ちたくないものですが、社会生活を送る上では避けられない場面も出てきますよね。

今回は、上から目線な人の心理や特徴、上手な対処法を大公開。

さらに、「もしかしたら自分にも上から目線な部分があるかもしれない」と感じる人のために、改善策や直し方についてもお伝えしていきます。


そもそも「上から目線」の意味とは

「上から目線」という言葉には、「偉そうな態度や言い方をすること」「実際はそうではないのに自分の方が上の立場であるかのような接し方や喋り方をすること」という意味合いがあります。

上から目線な人とは、相手が自分と同等や下の立場の相手にもかかわらず、偉そうな言い方をしたり、見下すような態度を取ったりする人のことを表します。

相手に対して、「高圧的」「傲慢」「態度がでかい」といった印象を与えるのが、上から目線と言われる人の特徴でもあります。

また、「上から目線」という言葉は、「あの人と話すと上から目線で疲れる」「どうしていつも上から目線なんだろう」などの使い方をします。

使う相手に対して批判的な意味を持つ言葉であることを覚えておくといいでしょう。


どうして上から目線なの?上から目線の人の心理とは

上から目線な人の心理や考え方を知ることで、上手な付き合い方のヒントが得られることもあるかもしれません。

上から目線と言われる人が、どうして偉そうな態度や見下したような話し方をするのか、まずはその心理を紐解いていきます。


1. 極度の負けず嫌いで自分が勝っていないと気がすまない

上から目線の人は競争心が強いため、自分が勝っていないと気がすまないという意識が根底にあります。極度の負けず嫌いであることから、とにかく周囲に負けたくない気持ちが常に先行してしまうのです。

そのため、自分の方が上であることを知らしめるために、相手を見下すような喋り方をしたり、他の人の意見をねじ伏せるような言い方をしたりする傾向が多く見られます。

和やかな会話を遮って自分の知識をひけらかす、長々と自慢話を続ける、というのも上から目線の人が取りがちな言動。「誰にも負けたくない」という負けず嫌いの心理が無意識に働くためです。


【参考記事】はこちら▽


2. 自己承認欲求が強く、本当は周囲に認めてほしい

上から目線になってしまう原因として、自己承認欲求が強い心理状態であることが挙げられます。「本当は周囲に自分のことを認めて欲しい」「すごいと言ってもらいたい」、そんな理由によって、上から目線な態度や話し方になってしまいます。

周囲から褒められたり認められたりする経験が少なく、抑圧された人生を送ってきた人は、自己承認欲求が強くなると言われています。

成長過程で抑圧された反動によって自己承認欲求が高まり、周囲から認めて欲しい一心で上から目線になってしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


3. 常に自分が正しいと思っている

「絶対に自分が正しい」と、自分に強い自信を持っていることで、上から目線な態度や言い方になる人もいます。自己肯定感が強く、自分自身の能力を優れていると確信しているため、強気な喋り方や偉そうな言い方になってしまうのです。

上から目線の人は、「正しいことを言っているわけだから、文句を言われる筋合いはない」「正しいことを言って何が悪い」と思っているので、人を傷つけるような言い方をして周囲の反感を買うこともしばしばあります。

自分の正しさが絶対であるという考えを持っているため、つい偉そうな上から目線になってしまうのです。


4. 自信がないから、あえて大きく見せようとしている

上から目線な言動を取る人の中には、自分に自信がないため、あえて大きく見せようとして偉そうな喋り方や見下したような話し方をするタイプの人もいます。

実際は、自分の中に誇れるものや優れていると実感できるものがなく、それを他者から見抜かれて見下されるのが怖くて虚勢を張っているのです。

自分が有利に場を制したいという気持ちから、見下すような上から目線で接したり、何でも知っているような口ぶりで話したりすることが多く、それが原因で周囲から嫌われることも。

また、「自信がないことを知られたくない」「相手からバカにされたくない」という気持ちが強いほど、上から目線になってしまうという傾向もあります。


5. プライドが高く、単純に見下されるのを嫌がる

上から目線な話し方をする人は、「自分は上の人間である」という思いや、「人より上の立場でいたい」という気持ちが人一倍強いため、プライドが高くなりがち。

自分が優れた存在であることを周囲の人に認識してもらいたい欲求が高く、見下されることを極端に嫌います。

また、見下されること以外にも、周囲と対等な扱いに対して強い抵抗感を示すこともあります。

その結果、周囲に対して「自分は優秀である」と誇示しようとして、ますます上から目線な話し方や態度になってしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


当てはまるかチェック!上から目線の人に共通する特徴とは

「上から目線」と言われる人たちには、似たような特徴があるのをご存知でしょうか。ここでは、上から目線の人に共通する特徴について、「話し方」「性格」の2つのテーマに分けて、詳しく解説していきたいと思います。


上から目線の人の「話し方」に共通する特徴

まずは、上から目線な人の「話し方」に共通する特徴について、具体例をいくつか挙げていきます。上から目線な話し方は、周囲から嫌われる原因になってしまいます。

無意識にそんな話し方をしていないか、普段の自分の話し方と照らし合わせてチェックしてみましょう。


周囲に助言されても「でも」や「だって」と素直に聞き入れない

上から目線な人はプライドが高い人が多いため、他の人の話に口出しをすることはあっても、自分がアドバイスされることは好みません。

丁寧にアドバイスされたとしても、「でも」「だって」「いや」というような否定の言葉を繰り返し、今の自分がいかに正しいかを強く主張します。

上から目線な人は負けず嫌いな性格でもあることから、「アドバイスを素直に聞き入れる=負け」だと思っている節があります。それによって、仮に周囲のアドバイスが有益なものであったとしても、素直に受け入れることができないのです。


「自分が、私が、俺が」と自己主張が人一倍強い

上から目線な人の話し方の特徴として、「自分が、私が、俺が」と自己主張が人一倍強いことが挙げられます。

周囲の行動に割り込んで「〇〇さんはこっち、△△さんはそっち、そんなに時間ないからね」とその場を仕切り始めたり、他の人が話しているのに「以前同じようなことがあってさ」と自分の話題にすり替えたりと、自己主張が激しいことで周囲に不快感を与えることもしばしばあります。

上から目線な人は、自分自身の主張で周りが動いたり、自分が中心になって会話が進むことを非常に好みます。そうすることで自分が周囲より上の立場であるように感じられて満ち足りた気分になるからです。


英語やカタカナなど、横文字や難しい言葉をやたらと使いたがる

上から目線の人が会話をするとき、英語やカタカナの専門用語など、横文字や難しい言葉をやたらと使いたがる傾向が見られます。「自分はこんな言葉を知っている」と知識をひけらかすことで、相手より上の立場であることを示したいからです。

「その言葉は初めて聞いた」「どういう意味の言葉なんだろう」と相手が反応するたびに、優越感に浸っています。

時には、「そんな言葉も知らないんだ」というような見下した態度を取ったり、頼まれてもいないのに「教えてあげる」と言葉の解説を始めたりすることも。

相手より自分の方が優れている」と実感したいがために、専門用語や難しい言葉をやたらと使いたがるのです。


人の立場や気持ちを考えずに好き勝手発言する

「上から目線」と言われる人には、相手の立場や気持ちを考えずに発言するという特徴があります。「こんなこと言ったら相手を不快にさせてしまうかもしれない」と普通の人なら躊躇してしまう言葉でも、悪気なくさらっと発言してしまいます。

上から目線な人は、人より上の立場でありたいと思う気持ちが強すぎるため、相手に対する思いやりや気遣う気持ちが欠けてしまっているのです。

また、上から目線の人は、自分は常に正しいと絶対的な自信を持っている人も多く、「正しいことを言って何が悪いの」と、平然と人を傷つけるような発言をすることもあります。自己中心的な発言になりがちなのも、上から目線な人の話し方の特徴です。


まずは否定から話し始めることが多い

会話をするとき、まずは否定から話し始めることが多いのも、上から目線な人の特徴。

相手がまだ話をしている途中であったとしても、「それは違うんじゃないの」「間違ったこと言ってるって気付いてないみたいだね」などと否定的な言葉を投げかけたり、一方的に批判的な意見を述べたりします。

上から目線の人は、相手をねじ伏せたいと思う気持ちが強いため、基本的には否定から会話を始めがちです。相手の話を否定して持論を述べることで、相手より自分が上の立場であることを誇示しようとします。


上から目線の人の「性格」に共通する特徴

続いては、上から目線の人の「性格」に共通する特徴について解説していきます。男性女性を問わず、上から目線な性格は、周囲から嫌われる原因やトラブルの元になってしまいます。自分自身にも上から目線な部分がないか、重ねてチェックしてみるといいかもしれませんね。


プライドが高く、人のことを見下しやすい

上から目線の人の典型的な性格に、プライドがとても高く、人のことを見下しやすいことが挙げられます。「自分は常に上の立場でいたい」「自分は人より優れている」という意識が強いため、無意識に人のことの見下す癖がついてしまっている人もいます。

また、人に見下されるのを極端に嫌うため、自分をよく見せようとして偉そうな話し方をしたり、相手の話を屁理屈でねじ伏せてしまうことも。そんな性格が災いして、周囲の人から距離を置かれ、孤立してしまうこともあるようです。

上から目線の人はプライドが高いため、発言を撤回したり謝罪したりすることは少なく、壊れた人間関係を修復するのは難しいといえるでしょう。


話を盛ったり、つまらない見栄を張ったりしがち

上から目線の人は、周囲の人から賞賛されたり注目を浴びたりすることが大好きです。「すごいですね」「自分にはできそうにありません」などの言葉を言われることに強い快感を覚えます。

上から目線の人は周囲からの反応を期待するあまり、つい話を大きく盛ったり、つまらない見栄を張ったりしがちです。

仕事上のちょっとした出来事に脚色を加えて成功談にしたり、自分が異性にモテた話を大げさに話したりするなど、「自分はすごい」というイメージを周囲に印象付けようとします。


なにかと自分の自慢話をしがち

「上から目線」と言われる人は、自己承認欲求が強い性格であることから、なにかと自分の自慢話をしがちです。

例えば、複数の友達でその中の一人の悩み相談に乗っているとき、まだ話の途中にもかかわらず「自分も同じようなことがあったけど、上手に解決できた」と会話に割って入り、そのまま自分の自慢話にすり替えてしまうのも、上から目線な人がやりがちな言動の一つです。

自己承認欲求が強く、人から賞賛されたいと常に思っているため、周囲の気持ちやシチュエーションを考えずに自分の自慢話ばかりをしてしまいます。


【参考記事】はこちら▽


人には厳しいのに自分には甘い

上から目線の人は自分自身の能力に絶対的な自信を持っていることが多く、自分の行動や発言が正しいものであると確信しています。

そのため、客観的に見れば間違っていることであっても本人は誤りとして受け入れず、しまいには周囲の人のせいにしてしまうことさえあります。

また、自分に甘い評価を正当化し、周囲の人には厳しい指摘や口出しをするのも、上から目線の人の特徴です。

上から目線の人の性格に「自分に甘い」という特徴があるのは事実ですが、本人にはその認識は全くありません。常に自分は正しいと自信を持っているだけなのです。


人を素直に祝福したり、褒めたり出来ない

周囲の人が何か成功を収めたとしても、心の中でそれを認めたくないという心理が働き、「もっとこうしていれば良い結果が出せたのに」「自分ならもっと上手くやれた」などと、ケチをつけたりダメ出しをしてしまいます。

上から目線の人にとって、人の成功を祝福したり褒めたりするのは、相手のことを自分と同等か上の立場だと認めることになるので、プライドが許しません。仮に本心では相手のことを素晴らしいと思っていても、素直に口に出すことは出来ないようです。


誰にでもすぐに張り合おうとする

上から目線の人は競争心が強く、負けず嫌いな性格のため、誰にでもすぐに張り合おうとします。仕事の成果など、ある程度の結果が求められるものだけでなく、日常の些細な出来事に関しても競争心が働きます。

上から目線の人は、「常に人より上の立場でいたい」「優秀であることを周囲に認めさせたい」という気持ちが非常に強いため、周囲の人が褒められたり、「すごいですね」と言われたりするのを目の当たりにすると、張り合おうとして反射的に行動を起こしてしまいます。


上から目線に陥りやすい主な原因はなに?

上から目線の人が相手を見下すような態度や、偉そうな話し方をしてしまうのには、一体どのような理由があるのでしょうか。

ここでは、なぜ上から目線に陥ってしまうのか、その主な原因について詳しく解説していきます。


原因1. 人よりも自分が優れていると過信しているため

「上から目線」と言われる人は、自分に自信があり、人よりも自分が優れていると思い込んでいます。

実際にその人自身が人より優れているかどうかはさておき、「自分は人より優れている」と疑うことなく信じきっているので、無意識に人を見下すような言動になってしまいます。

周囲の人を不快にさせるよう発言をしたり、高圧的な態度をとったりしても、「自分の方が立場が上だから問題ない」と悪びれる様子もありません。

「自分は人より優れている」という自信が、実際はただの思い込みで過信であることに本人が気付くまで、上から目線な言動を変えるのは難しいといえるでしょう。


原因2. 根本的に相手のことを信用していない

上から目線に陥りやすい人は、極度の負けず嫌いであったり、自己承認欲求が強かったりするなど、どちらかというと周囲との円滑なコミュニケーションを築くのが苦手な傾向があります。

周囲との信頼関係を築くことが難しく、「相手より優位な立場でいたい」「見下されるようなことは絶対にあってはならない」という気持ちだけが先行して、上から目線になってしまいます。


原因3. 相手の立場になって物事を考えられないから

上から目線の人は、「人より上の立場でいたい」「自分が正しい」という意識が強すぎるあまり、相手の立場になって物事を考える姿勢が欠けてしまっています。

「こういう言い方をしたら嫌な気持ちにさせてしまうかもしれない」と事前に想像することができないため、平然と見下すような喋り方や偉そうな言葉遣いをしてしまう特徴があります。

上から目線の人は、基本的に自己中心的な思考が強く、相手の気持ちを考えるのが苦手。まずは、相手の立場になって物事を考えることの必要性を理解してもらう必要があるでしょう。


原因4. 正しければ何をしてもいいと考えがちである

「正しければ何をしてもいい」という考え方が原因で、上から目線な態度や言葉遣いになっている人もいます。上から目線の人は自分のことが正しいと思っており、「自分は正しいから偉い」と確信している場合があります。

また、周囲との人間関係の重要性を認識していない面もあるため、同僚や年上の人に対しても上から目線な態度になることも。

一般的にはとても失礼な行為にあたりますが、上から目線の人にそれを注意しても、「正しいことを言って何が悪い」と平然と言い返してきたり、不服な態度をとられたりします。


【参考記事】はこちら▽


原因5. 自分の価値観や基準を人に押し付けやすいから

何か相談したわけではないのに一方的なアドバイスをしたり、上から目線で口出ししたりと、何かしら積極的に介入してくるのは、自分が優れているという優越感に浸りたいから。

正しいと思うことを相手に押し付けることにより、その相手より自分の方が優れていると感じるためです。

上から目線の人が、アドバイスを断られたり、口出しを否定されたりするようなことがあれば、「そんなやり方じゃダメ」「いつか後悔する」などと何度もしつこく食い下がってきます。

上から目線の人にとって、正しいと思う価値観や基準を否定されるのは、自分を下に見られているのと同様のことでありプライドが許さないのです。


【参考記事】はこちら▽


上から目線な態度や話し方を改善する方法

自分自身に上から目線な部分があるのは自覚しているけれど、どのような直し方をしていいのか分からない、という人もいるのではないでしょうか。

ここでは、上から目線な態度や話し方を改善する方法について、詳しくお伝えしていきます。


改善方法1. 正論を述べるだけが正しい事ではないと理解する

上から目線な態度や言葉遣いの直し方として、まずは価値観を変える必要があります。正論を述べることは悪いことではありませんが、それは自分以外の人にとって正しいことであるとは限りません。

自分にとって「正しいこと」があるように、それぞれの人に「正しいこと」があることを理解しておきましょう。

自分だけが絶対に正しいという考え方を持っていると、無意識に上から目線な言動として表れてしまうので注意が必要です。

自分の意見を述べる際は、謙虚で柔軟な姿勢を心がけ、周囲の人の気持ちなどを考えた上で発言することが大切ですよ。


改善方法2. 相手の立場や心情を思って発言や行動に移す

上から目線になりやすい人は、「人より自分の方が優れている」と、周囲に誇示したい気持ちが強いものです。そのため、自分が発言することだけに満足して、他の人の気持ちを考えられないことが多いといえるでしょう。

上から目線を直したいなら、何か発言する前に「これを言われたら相手はどう思うだろうか」と、一旦考える癖をつけることが必要です。

考えてもピンとこない場合は、自分が同じことを言われたらどんな気持ちになるのかを想像してみると分かりやすいかもしれません。普段から、相手の立場や心情を思いやって発言や行動に移すことを心がけましょう。


【参考記事】はこちら▽


改善方法3. 自分の主観で決めつけて話したりしない

上から目線な態度や話し方の人は、自分に自信があり、絶対に自分が正しいという主観で物事を判断します。自分が正しいと思うことを上から目線でアドバイスしたり、一方的に口出ししたりしてしまうのはそのため。

「自分の方が立場が上である」「自分は絶対に正しい」という意識が強く、それが上から目線な言動として表れてしまうようです。

上から目線をやめたいと思うなら、自分の主観や決めつけで話をするのを改善する必要があります。相手の意志を尊重したり、柔軟に意見を取り入れたりすることを覚えるのが大切です。


改善方法4. 年令や性別に関わらず、謙虚な姿勢で接することを意識する

上から目線な人は、「正しい自分は偉い」「正しければ何を言ってもいい」という考えを持っていることから、友達や家族はもちろん、同僚や年上の人に対しても、見下したような言動をとりがちです。

また、自分より年下の人や相手の性別によって、上から目線な言動がさらにひどくなることもあります。上から目線な言動が習慣化している人は、無意識に見下すような態度や発言をしてしまうので、周囲への接し方をしっかり見直す必要があります。

相手の年令や、男性女性の性別に関わらず、謙虚な姿勢で接することを普段から意識しましょう。


改善方法5. 人の長所や優れているとこを探す癖をつける

「自分は人より優れている」という考えを強く持っていると、自然と周囲の人を下に見てしまい、短所や劣っている部分ばかりが目に付くようになります。上から目線な言動をやめたいと思うなら、人の悪い点だけでなく良い点にも目を向ける癖をつけましょう。

つい上から目線になってしまう人は、人の長所や優れている部分を見つけ、それを本心から認めることが大切です。自分以外の人の良い点を素直に認め、尊重する気持ちが生まれると、上から目線な態度や話し方も徐々に改善されていくことでしょう。


上から目線の人の上手な対処法を教えて!

上から目線の人は男性女性を問わず、案外どこにでもいるものです。上から目線の人と接するのが嫌で仕事をやめたいと思ったり、友達関係を解消したいと考えたりした経験がある方もいるのではないでしょうか。

ここでは、上から目線の人と接する際の上手な対処法について、詳しく解説していきます。


対処法1. 自慢話が多い人は、適度に相槌を打って上手に聞き流す

上から目線の人は、人より自分が優れていることを周囲に認めて欲しい心理が強いため、自慢話が多くなります。会話を乗っ取って自分の自慢話にすり替えたり、どんなに自分がすごいかを延々と話したりするので、周囲の人はうんざりしてしまいます。

しかし、「すごいですね」と称賛したり、詳細を質問したりすると、自慢話を余計に長引かせてしまいます。

また、上から目線の人の自慢話を否定するような発言や、自分も負けじと自慢話をするのは衝突の恐れがあるので避けるべきです。

そんな時は適度に相槌を打ち、話に深入りせず聞き流すのが一番ですよ。


対処法2. 自分に自信がないんだなと余裕を持って接してあげる

上から目線な態度や話し方をするのは、プライドが高いものの実は自分に自信がなく、それを見抜かれたり見下されたりするのが嫌で虚勢を張っている可能性もあります。

人に対して上から目線で接して、自分の方が立場が上であると示すことでしか、自分の価値を見出せません。そのような人から何か言われても、真に受けたり気にしたりする必要はありませんよ。

「よほど自分に自信がないんだな」と、気持ちに余裕を持って接してあげると、例え上から目線で話されてもあまり気にならなくなります。


対処法3. 上から目線を逆手に取り、褒めることで相手を上手に転がす

上から目線な人は、男性女性を問わず自分のことを褒めてくれる人や認めてくれる人が大好きです。その反対に、自分のことを貶す人や意見を聞き入れない人に対して、厳しく当たったり、ひどく見下したような態度をとったりする傾向があります。

上から目線な人と対立すると、それが大きなストレスになることもあるので、上から目線を逆手に取り、褒めることで相手を上手に転がすのも一つの手です。

「〇〇さんは仕事の進みが人より早いですね」「一緒のチームにいると心強いです」などと、しきりに褒めて得意な気分にさせておくと、ますます仕事に励んだり、面倒な事でも進んで引き受けたりしてくれます。


【参考記事】はこちら▽


上から目線の人は上手に対処していきましょう。

上から目線な人の心理や特徴、上手な対処法、そして、自分が上から目線と感じる人の改善方法について、詳しくお伝えしました。

上から目線な話し方をされると嫌な気持ちになるものですが、もしかしたら自分も気付かないうちに上から目線になっていることがあるかもしれません。

普段の言動が上から目線になっていないか、一度振り返ってみるのもいいかもしれませんね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事