「マブダチ」の意味とは?マブダチと呼べる友達の特徴/作り方を解説

マブダチって聞いた事はあるけどどんな意味なのか気になりますよね。そこで本記事では、マブダチとはの意味の部分から、類語や語源、「マブダチ」と「親友」の違いまで解説!さらには、マブダチと言える人との関係の特徴や、マブダチを作り方をお教えします。

そもそも「マブダチ」の意味とは?

マブダチの意味とは

「マブダチ」という言葉は昔ヤンキー漫画やドラマで流行し、耳にしたこともある人は多いのではないでしょうか。

マブダチとは、1970年代後半若者の間でツッパリブームの流行があったことで、特別仲が良い友達を意味する言葉として若者を中心に幅広く普及した言葉です。

そもそも、マブダチの「マブ」という意味は「本当の」という意味の形容詞から取られています。その部分に「友達」のダチという部分が組み合わさり、「マブダチ」という言葉が誕生しました。

主に若者を中心に使われ流行していましたが、大人でも親友を表現する時に「俺達(私達)マブダチ」と当たり前のように言われることもあります。


使い方は?マブダチを使った例文をご紹介

「あの二人って本当にマブダチだよね」・・いつでもどこでも、一緒にいる二人を見て仲良しであることを伝える時に使います。

「俺たちマブダチだろ?」・・マブダチであることは確認する必要はないものの、何かお願いしたい時に使うことも。

「うちらって、マブダチだもんね」…女子同士の会話ではよくあること。親友であるか急に不安になって確認したいときに使うことがあります。


「マブダチ」の由来や類語は?

マブダチとは聞いたことがあるものの、実際どんな由来で誕生したのか、そもそもどんな成り立ちでできたものかということを知らない人も多いのではないでしょうか。

ここからは、マブダチの由来や類語について詳しく紹介します。


マブダチの由来/語源や成り立ちは?

マブダチの由来は、「まぶい(眩い)」という言葉と同じく、的屋の隠語として使われていました。

元々、「まぶい(眩い)」は江戸時代から盗賊の隠語として「美しい・いい」の意味で使われ、その後明治で的屋の隠語として使用されたという経緯があります。

また、マブダチという言葉が流行したきっかけは、ツッパリブームがあったことで不良グループの間で使われ、世間一般的な言葉として広まりました。


マブダチが流行したのはいつ?きっかけは?

マブダチが流行した時期は、1970年代後半からで、きっかけは3つあります。

①1983年に日本のロックバンド、横浜銀蝿ファミリーの杉本哲太さんが発売した「マブダチ」というシングルが発売したこと。2009年にはCD化し「マブダチ」というタイトルとしてアルバムリリースをしました。

②大人気マンガ「聖闘士星矢」の作者でもる車田正美さん。コミックとして1983年『真友仁義(マブダチじんぎ)』 が発売されました。

③2004年に発売された結婚闘魂行進曲『マブダチ』。紅白出場経験もあるロックバンド、氣志團が作る友達へ向けたウェディングソング。

歌や漫画など、これら3つの事柄が繋がって、「マブダチ」という言葉が大流行したのです。


マブダチの類語は?マブダチに似た意味の言葉

ズッ友:「ずっと友達」という意味で、主にギャルを中心に使われている類語。今のプリクラでも「ズッ友」というスタンプがあるほど、若い人を中心に使われています。

ニコイチ二人で一人という意味。そのぐらい仲の良い関係ということを表す表現。女子が使うことの多い類語。

相棒嬉しい時も辛い時も共に過ごす仲間のこと。女子が使うというよりは男性が使うことが多い類語。幅広い世代に使われています。

BFF:海外ドラマがきっかけで使われるようになった類語。意味は「Best Friend Forever」(永遠の親友)です。主に、高校生などティーン世代が使う表現。


「マブダチ」と「親友」は何が違うの?

特別仲が良い友達と聞くと、「親友」という言葉が浮かぶと思いますが、マブダチと親友は何が違うのでしょうか?

実は、「マブダチ」も「親友」も基本的に意味は同じなんです。

しかし、マブダチの方がより近い存在で気軽に言いやすい印象を与えます。「俺たち親友」と聞くと、どこか堅苦しい印象を受けますが、「俺たちマブダチ」と言うと、ヤンキー用語という印象が強く、より砕けた表現になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


実際にどんな友達?マブダチと言える人の特徴9つ

マブダチという意味は何となく知っているものの、具体的に「マブダチってどんな人?」と疑問に思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。ここからは、マブダチと言える人の特徴について紹介します。


マブダチの特徴1. 自分の全てをさらけ出すことが出来る

一口に友達といっても、「遊び友達」「家族ぐるみでの友達」など友達の関係は様々ですよね。

マブダチと言える相手は、自分が素の状態でいられる相手のこと。例えば、2人きりになったとしても「沈黙が気まずい。会話を続けなくちゃ」と思うことがなく、相手に気を使わず自分が自然体でいられる人のことを指します。

「この人と一緒に居ると気を使わない」と思える相手こそ、真の友、マブダチなのです。


マブダチの特徴2. 相手のことは何でも知っている

マブダチと言われる相手は、相手の良いところも悪いところも全てひっくるめて、お互いがお互いのことを把握しています。

過去の恋愛で傷ついたこと、仕事で大きなミスをしたことなど自分が傷ついたり、恥ずかしかったりするシーンをマブダチは見てきているので、相手が何を考えているのかが手に取るように分かっていることも。

マブダチは、自分のこと以上に相手のことを心配しているので昔のことも鮮明に覚えているのです。


マブダチの特徴3. 常に一緒に時間を過ごし、苦楽を共にしている

マブダチは楽しいことばかりを一緒に過ごす友達ではありません。長い時間お互いの楽しいこと、辛いことを見てきています。そのため、どんな時も自分のことのように相手を心配したり、喜んだりということが素直にできるのです。

マブダチはただの友人ではなく、一緒に過ごす時間が長いからこそ自然とできた強い絆があります。


マブダチの特徴4. 相手の悪い部分を受け入れることができる

「この人は何を言っても通じない」「もう呆れるぐらい迷惑」と周囲が嫌がる相手であっても、相手のことを助けたり、心配したりするのがマブダチ。周囲からは理解されなくても、「この人は自分がいなきゃダメだ」と自然と思わせる不思議な絆があるのです。

相手のことを全て受け入れる覚悟を持てるのが、マブダチの特徴です。


マブダチの特徴5. 家族のようなかけがえのない存在

長い年月を一緒に過ごすともはや、友人、友達とは言えないそれ以上の関係になります。一緒にご飯を食べたり、時には一緒に寝たりと家族と思えるような密度の濃い時間を過ごすことで、自然と友達という枠を超えてかけがえのない人になるのです。

血は繋がっていなくても、人生の大事な時期を過ごした相手とは家族のような強い絆で繋がります。


マブダチの特徴6. どれだけ親しくても礼儀は守る

マブダチだからといって、お互いが適当な関係になることはありません。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、お互い「ここはしっかりとしなきゃダメ」という部分はしっかりと守ります。

例えば、プレゼントを貰った時は「親友だから当たり前」という態度ではなく、お礼や感謝の言葉を伝え、お返しをするのです。お互いが当たり前の関係ではないと理解しているので、礼儀をしっかりと守ります。


マブダチの特徴7. お互いに尊敬している部分がある

自分にはできないことや持っていないことを相手が持っている場合、素直にリスペクトできることが大切。

相手を尊敬しているからこそ相手のアドバイスに耳を傾けたり、指摘されたことを素直に認めたりできるのです。お互いが尊敬し合うことで、困ったことがあった時でもいつでも駆けつけられるいい関係が保てます。


マブダチの特徴8. 異性であっても恋愛関係にはならない

知人や友達の関係である場合、何かのタイミングで恋愛関係に発展することもあります。しかし、マブダチになると恋愛関係へとなることはありません。それは、異性という関係を超えて、家族同然の仲になっているから。

長い間、お互いのことを見てきているので相手を家族であり、兄弟のような感覚で捉えているので恋愛感情が起こらないのです。


マブダチの特徴9. 何が起きても相手を見捨てることはしない

マブダチの特徴は、周囲が「この人は面倒な人」と突き放したとしても、「この人は自分が守らなくちゃ」と見捨てない人のことです。

一人暮らしをして風邪を引いた時、失恋をした時など心や体が弱っている時に、真っ先に駆けつけてくれます。

自分が困っている時は、どんな時でも助けに来てくれるのがマブダチです。


生涯を共にする「マブダチ」を作る4つの方法

友人や友達はたくさんいるけど、マブダチと呼べるような人はいないという人は、意外と多いのではないでしょうか。

最後に、「マブダチを作りたい!」と思っている人に実践して欲しい4つの方法を紹介します。

マブダチを作るには、まず自分から素直になることが大切ですよ。


マブダチを作る方法1. 相手のためになることであれば、言いづらい事でも伝える

相手に言いづらいことは、言わなくても表面上は関係を構築できます。しかし、それでは上辺だけの付き合いになり、相手も自分も本音では話せません。

大人になると、なかなか周囲から指摘されることが少なく、自分のことを指摘してくれる相手は貴重です。

指摘された内容が納得できるからこそ、「この人なら信頼できる」と相手が感じてくれて、そこから腹を割って話す仲になり、自然とマブダチになるのです。


マブダチを作る方法2. 嘘をついたり、駆け引きをしない

マブダチになるためには、飾らない自分を見せることが大切です。相手にはいつも自然体な自分を見せて、自分を大きく見せたりマウントを取ったりするようなことをしないようにします。

嘘をつかないことで、相手は「本音を自分に話してくれている」と今まで以上にあなたのことを信頼するのです。

自分が自然体でいることで、相手も「この人となら自分の気持ちに素直になれる」と相手の素の部分を見ることができ、今まで以上に深い関係になります。


マブダチを作る方法3. 常に相手の事を考えて行動をする

マブダチを作るには、自分本位の行動ばかりをしないことが大切。マブダチの関係を築いていくには、「◯◯だったら、これについてどう思うかな?」と相手の立場になることが必要です。

相手を思いやることで、自然とその行動が相手にも伝わり信頼関係が築かれていきます。

最初は自分が行動を起こすことが多くても、次第に相手も自分のために悩み相談など行動を起こしてくれるようになりますよ。そうやって、ギブアンドテイクの関係を自然とお互いに構築していくことで、マブダチと言える存在になるでしょう。


マブダチを作って楽しい毎日を送りましょう。

昔、流行した「マブダチ」という言葉も意味を知ることで、より愛着が湧きますよね。

「マブダチとはヤンキーだけしか使わないもの」と思われがちですが、親友に対して使える言葉です。親友ではなく、一緒に遊ぶ友達なら多いという人も、この記事を参考にして、ぜひ友達から一歩関係の深い「マブダチ」を作ってみてください。

心から信頼できる親友が1人でもできるだけで、心が豊かになること間違いなしですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事