時間の無駄が多い8つの習慣。無駄を無くして効率良くする方法とは?

仕事やプライベート関係なく、「もう少し効率的に過ごしたい」と思う瞬間ってありますよね。時間を無駄にしてしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか?そこで今回は、時間の無駄が多い人と効率がいい人の違いを解説すると共に、時間の無駄をなくす方法についてレクチャーしていきます。

時間の無駄が多い人っていますよね。

時間の無駄が多い8つの習慣

時間はいくらあっても足りなくて、なるべく時間の無駄遣いを避けたいと思う方は多いのではないでしょうか。

しかし、無駄を無くして効率よくする方法を考えるのはとても難しいですよね。

そこで今回は、時間の無駄遣いを無くして効率よくする方法を探している人のために、時間の無遣いが多い人の習慣や解決方法などを解説します!


時間の無駄遣いが多い人の習慣とは?

時間の無駄遣いを無くしたいのになかなか無くせずに困っている人は多いと思います。まずは、時間の無駄遣いが多い人の習慣を理解すると原因が見えてきますよ。

ここからは、時間の無駄遣いが多い人の8つの習慣を具体的に解説していきます。


習慣1. 仕事などの優先順位を考えない

やみくもに仕事をこなすと効率が悪い場合があります。優先度が高いものは集中できる時間にやったり、低いものはスキマ時間にやってみたり、うまく時間を調整すると効率的に仕事をこなせます。

仕事に優先順位をつけないと集中できないのに、優先度が低い仕事ばかり取り組んでしまうと、いつの間にか時間がなくなってしまい、無駄な時間を過ごしてしまいます。


習慣2. 目標を設定しない

時間を無駄にする人は順序や逆算をしていくのが苦手です。例えば、目標設定をせずに仕事をこなすと順序立てて行動できなかったり、逆算して仕事を達成できないなどの非効率な行動になりやすいでしょう。

時間の無駄遣いをする人は目標設定の重要性を理解していないので、目標設定をせずにとりあえず行動をする習慣がついています。


習慣3. 他人の意見に左右されてしまいがち

自己肯定感が低く主体性がない人に見られる傾向です。他人に意見を言われると「あの人の意見の方が正しいかも」「自分が間違っている」などと思ってしまい、自分の考えと多少違っても逆らえません。

時間の無駄をする人は、他人の意見に左右されてしまい、自分の考えや意思を貫けずに意味のない行動をしてしまう習慣を持っています。


習慣4. スマホばかり見ている

時間の無駄をする人は無意識に時間を無駄にしがちです。スマホを気づくと無意識に触わり、SNSやメールの確認であっという間に時間が過ぎていて「こんなはずじゃなかったのに」と感じる経験があるはずです。

スマホばかり見ているのは意識的ではなく、無意識に見ていて習慣化しているので時間を無駄にしています。


習慣5. インプットしただけで終わってしまっている

インプットするのは何かをアウトプットするためなので、アウトプットをしないと意味がないので成果が出せません。せっかく勉強をしているのに試験を受けなかったり、練習をして試合に挑まなかったりする人ですね。

完璧にインプットしてからアウトプットをしようと思っていて、いつまでもアウトプットしない人は無駄な時間を過ごす習慣がついています。


習慣6. ダラダラと何もせず過ごしてしまう

目的が明確化していなくて気持ちの切り替えが下手な人に見られる傾向です。例えば休日に予定がなく寝て過ごしたり、少しだけダラダラするつもりが何もせずに過ごしたりします。

時間を無駄にするのは、目的がないため行動の原動力が見つけられなかったり、休憩のつもりでダラダラしたのに、自己管理が下手で何もせずに過ごしてしまう習慣がついている可能性が高いです。


習慣7. 失敗したことをいつまでも反省する

時間を無駄にする人は、気持ちの切り替えが下手で引きずってしまう特徴があります。仕事などでミスをしていつまでも「何がいけなかったのか?」と反省してしまい、中々改善するために行動ができず時間を無駄にしがちです。

ミスは改善しないと意味がないですが、気持ちの切り替えが下手なので、ミスを改善するために行動できないため無駄な時間を過ごす習慣がついています。


習慣8. 自分と他人を比較して落ち込む

周囲を気にしすぎる人は余計なことを考えてしまうため、時間を無駄にする傾向があります。例えば、仕事で自分だけ上手くいかずに周囲は上手く言っていると思ってしまう人などが当てはまりますね。

自分と他人を比較してリードされていて差がつくと落ち込んでしまい、気持ちが下がり効率が悪くなる人は無駄な時間を過ごす習慣があります。


反対に時間を効率的に時間を使う人の習慣とは?

時間の無駄遣いが多い人の特徴を解説しましたが、反対に時間を効率的に使う人の習慣はどのような習慣があるのか気になりますよね。

時間を効率的に使う人の習慣を理解すれば、時間をうまく使えるようになるかもしれません。

時間を効率的に使う人の6つの習慣について、解説していきます。


習慣1. 作業の効率化を常に考えている

時間を無駄にしたくない人は合理的主義です。作業の効率化を常に考えていて、「どうやったら早く終わるのか?」「時間を無駄にしたくない!」など、念頭に入れて行動するでしょう。

時間を無駄にしないためには効率化を重視するのが大切だと理解しているので、むやみに行動はせずに作業効率を考えてから行動する習慣があります。


習慣2. スキマ時間を自己投資に使っている

効率よく時間を使う人は、時間を大切にしていて少しでも何かを得ようと考えます。例えば、休憩中、移動中、トイレなどのちょっとした時間も、スマホなどを使って情報収集やタスクの確認の時間に使って時間を省く癖がありますね。

日常でちょっとした時間は必ずあるもので、時間を大切にする効率のいい人はスキマ時間を自己投資に使う習慣があるでしょう。


習慣3. 目標までのスケジュールを管理している

作業効率を考える人は手順や順序を大切にします。目標を達成するためには、スケジュール管理が欠かせないと理解しているので疎かにせず、作業をする前にどのようなスケジュールで達成するのかを考えて無駄な時間を省く工夫をするでしょう。

時間を効率的に使う人は、目標までのスケジュールを管理して無駄を無くす作業と省く作業をする習慣を徹底しています。


習慣4. 思い立ったらすぐに行動に移している

迷っている時間が無駄なことを理解していて、効率が良い人は思い立ったらすぐに行動して時間を無駄にしません。例えば「旅行に行こう!」「親孝行をしよう!」と思ったらすぐに行動。

効率的に時間を使う人は、思い立ったらすぐに行動しないと結局やらなかったり、後回しにする傾向があるのを理解しているので早めに行動をします。


習慣5. ON/OFFを明確に分けている

効率のいい時間の使い方ができる人は、切り替えがうまく時間を無駄にしません。例えば、会社の作業時間と休憩時間をしっかり設けて休憩時はしっかり休み、作業時間中は集中する大切さを理解しています。

人はON/OFFを明確に分けていると中途半端な時間が減るので効率がアップします。そのため、切り替えをうまくして時間を省く習慣を身に着けているでしょう。


習慣6. できないことはできないと割り切っている

優先順位をしっかり把握して無駄を省く。効率のいい時間の使い方ができる人は、できない場合はできないと割り切る重要性を知っているので、むやみに行動はしません。

例えば、会社の仕事を多く抱えていた場合、急に仕事を頼まれてもできない場合はしっかり断り、できる範囲で仕事をこなします。効率が良い人は取捨選択をうまくして効率よく作業を終わらせて時間を省く習慣をつけています。


時間の無駄をなくすための9つの方法

時間の無駄遣いが多い人と時間を効率的に使う人の習慣を解説しましたが、具体的にどのような方法で時間の無駄をなくしていくのかを一緒に考えていきましょう。

時間の無駄をなくすための9つの方法を解説したいと思います。


方法1. まずは時間の無駄と思ったことを振り返ること

時間の無駄をなくすためには自分の無駄にしている時間を把握しましょう。まずは時間の無駄と思ったことを振り返ってみてください。

例えば、「ゲームをしてしまった」「ダラダラ過ごしてしまった」など時間の無駄をして後悔した場面を思い浮かべて、紙などに書き出してみるとわかりやすいですね。

自分の無駄にしている時間を把握すると、同じ場面になった時に「また無駄にしているな」と感じるため、気をつけるようになります。


方法2. 失敗から学んだことを次に活かそうと意識する

時間をなぜ無駄にしたのか原因を考えます。失敗を活かして次は時間をどうやったら無駄にしないのかを考えていきましょう。

例えば、「前回は休日に予定がなくダラダラしたから、次の休日は予定を立てておこう」などと具体的に休日の過ごし方の改善策が必要ですね。

失敗から学んだことを次に活かせば、同じ失敗を繰り返さず後悔する時間の削減ができます。


方法3. 後回しではなく、今できることは今やる

やらなければいけないことは、いつか裁かなければいけないので思い立ったらやるべきです。人は「今度やろう」と思っているといつまでも後回しになってしまうので、「今やろう」という気持ちに切り替えましょう。

後回しではなく、今できることは今やるとタスクが溜まらないのでタスク管理をしなくて済み、結果的に時間の削減もできる上に、無駄を省く習慣がつきます。


方法4. 時にはやらない判断もすること

時間の無駄をなくすためには、取捨選択が必要です。仕事をたくさん抱えていると全てやらなければいけないと思ってしまいがちですが、自分でやらなくてもいい仕事はたくさんあるはずです。

例えば、会社なら部下に任したり、外注してみたり…と、自分でやらない方法はたくさんあるでしょう。やらない判断をすると時間の無駄を削減できて無駄をなくす習慣がついてきます。


方法5. 一つのことに集中して取り組む

複数のことを一気にやろうとすると、あれこれ考えて頭の中が整理できずに中途半端に終わってしまい、時間を無駄にしてしまう場合が多いです。

一つのことに集中して取り組み確実に終わらせるとわかりやすくなるので、整理する必要もありません。時間の無駄を削減したければ、一つのことに集中して取り組む習慣をつけましょう。


方法6. 目標を定めて、逆算して計画を立てる

目標を立てずに行動を起こすと無駄な時間を過ごす場合が多くあります。目標を定めて、逆算して計画を立てるといいでしょう。

例えば恋愛でも結婚をしければ逆算をして、交際を経て出会いを求めて、出会いを見つけるには自分磨きをしたりと具体的に期限を決めて逆算すると成功率が高くなります

無駄な時間を過ごさないためには目標を定めて、逆算する習慣をつけるべきです。


方法7. 重要度が高い仕事などに優先して時間を使う

優先順位をつけると順序や計画を立てられるので仕事はスムーズに進みます。仕事には重要度がそれぞれあるので、重要度が高いものに優先して時間を使いましょう。

重要度が高い仕事を残しておくと、常に頭の隅にあって気になってしまうので、先に終わらせていくとストレスが減り、あれこれ考えずに時間の無駄をなくす習慣がつきます。


方法8. 一番時間がかかっている物事の効率化を図る

物事には難易度があるので、時間がかかるものとかからないものがあります。まずは一番時間がかかっている物事の効率化を図りましょう。なぜ時間がかかってしまうのかを考えて、難易度が高い物事から終わらせます

時間がかかり難易度が高い物事が効率化を図れると、残りの難易度が低い物事はストレスなく作業ができるので時間の無駄がなくなりますよ。


方法9. 集中力が切れた時は一旦仕事などをストップして休む

人はずっと集中して作業はできないので、リフレッシュするのは大事です。集中力が切れた時はしっかり休憩をとるサイクルを作ります。

例えば、単純作業を1時間ぐらいやったら10分休むなど、時間を決めて休憩するとメリハリもつきます。

集中力が切れた状態で作業をしてもミスが多くなったり、違うことを考えたりするので休憩をするのは無駄をなくす習慣です。


時間を無駄にしてしまう原因を改善していきましょう。

時間の無駄遣いが多い人の習慣や、効率よく時間を使う人の習慣、どのように時間の無駄をなくすのかの具体的な方法を解説しました。

急に全てを改善して時間の無駄をなくすのは難しいと思いますが、少しずつでも自分の生活に取り入れることで時間の無駄をなくして人生や仕事に活かせるはず。

少しずつ改善して時間の無駄をなくして、今後の人生を豊かに楽しいものにしていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事