人たらしの意味とは|人たらしの特徴と好かれる人になる方法を大公開!

人たらしって良い意味?それとも悪い意味?と思う方へ。今回は人たらしとは?という意味の部分から、仕事や私生活での特徴についてレクチャーしていきます。褒め言葉として使われる「人たらし」な人がモテる理由や人たらしになる方法を大公開!

人たらし…ってどんな人を言うのでしょうか?

人たらしな人の特徴

「あの子は人たらしだよね。みんなからモテる理由が分かるなあ」。このように使われる「人たらし」というフレーズ。周囲から愛されている人を指す言葉ですよね。しかし、どんな人を人たらしと呼ぶのか知らない方も、意外と多いのではないでしょうか?

今回は、「人たらし」と呼ばれる人たちの特徴や考え方についてまとめました。「自分も人たらしになって、みんなに好かれたい!」「人たらしに近付く方法ってなに?」と思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。


そもそも「人たらし」とは?意味やきっかけは?

人たらしとは

意外にも「人たらし」は、「他人を騙す人」という意味が正式なんです。確かに、辞書で意味を検索すると「他人を騙すこと、人」と定義されています。

人たらしは漢字で表と「人誑し」となり、この「誑」に騙すという意味が含まれているのです。女性の心を弄び、相手を騙す男性のことを「女たらし」と呼ぶのも納得できますね。


人たらしが良い意味になったきっかけ

現在、「人たらし」は本来の意味と違い、良いニュアンスで用いられることが多いですよね。これは、戦国武将の「豊臣秀吉」にまつわるエピソードがきっかけ。

目上の武将や、部下からも信頼の厚かった秀吉。司馬遼太郎は、そんな秀吉のことを「人たらしの天才」と記しています。

それまで悪い意味で用いられていた「人たらし」に天才という言葉を加えることが、「周囲から愛される人」を表す言葉になるきっかけだったんですよ。


豊臣秀吉の話が有名

「人たらしの天才」とまで表現されるほど、人から愛されていた豊臣秀吉。

寒い冬、秀吉が織田信長の草履を懐で温めていた話は、多くの人の間で有名になっています。「寒い草履を履かせたくない」と思う小さな思いやりが、織田信長の心を掴んだと言われているんです。

現在「人たらし」と呼ばれている人々も、秀吉のようにさりげない気配りをしている人が多いのです。


【共通編】「人たらし」の8つの特徴

人たらしの8つの特徴

「人たらし」と呼ばれる人には、いくつか共通点があります。どんな共通点があるのか、詳しくチェックしていきましょう。


人たらしの特徴1. 常に笑顔で人と接する

まず、大きな共通点として挙げられるのが「いつもニコニコ、笑顔で人と接すること」。

どんな時でも愛嬌たっぷりの笑顔を絶やず、明るい人って魅力的ですよね。常に笑顔で振る舞う姿は、知らず知らずのうちに周囲の人を惹きつけているのです。

営業職だけでなく、どんな仕事でも最高の武器になります。だからこそ、人に信頼されるきっかけになるのかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


人たらしの特徴2. ポジティブな考え方を持っている

ポジティブな人は、その存在だけで周囲の人の気持ちも明るくしますよね。いつも前向きな考え方で、物事を進められるのも「人たらし」の共通点。

例えば、大事なプレゼンの当日に、大きなトラブルがあった場合。どうしても後ろ向きな気持ちになってしまいますよね。しかし、そんなピンチの時でも「大丈夫、頑張ろう!」と、周囲への気遣いができるのも「人たらし」の特徴なんです。

【参考記事】はこちら▽


人たらしの特徴3. 好奇心旺盛で人の話を楽しそうに聞く

人たらしの特徴で、好奇心旺盛で人の話を楽しそうに聞く

聞き上手で、相手の心を開かせる力を持っているのも「人たらし」の特徴。自分の話に興味を持たれるのは、誰しも嬉しいものですよね。

「人たらし」と呼ばれる人は、とにかく好奇心旺盛です。そのため「あなたと話すのって楽しいな」と、しっかり興味を示してくれるのです。キラキラした瞳で話を聞いてくれると、話す方もテンションが上がりますよね。


人たらしの特徴4. 同性異性かかわらずモテる

「人たらし」は、性別を問わず人気がある人が多い傾向にあります。

「男性の前だから、優しく話そう」「あまり好きなタイプじゃないし、雑な対応でいいか」。このように、知らぬ間に相手によって対応を変えてしまうことってありませんか。

しかし、「人たらし」と呼ばれる人たちは、決して相手によって対応を変えることはありません。そんな素直でまっすぐな部分も魅力のひとつなのです。仕事でもいろいろな年代からモテるのです。

【参考記事】はこちら▽


人たらしの特徴5. リアクションが面白いほど大きい

楽しいときには子供のように無邪気な笑顔を見せたり、驚いた時には目を開いてみたり。リアクションが大きく、他の人と違った反応を見せてくれるのも「人たらし」に共通する特徴。

嘘っぽいオーバーリアクションって、周囲からウザがられることも多いですよね。しかし、「人たらし」は素直で、嘘のない反応を見せてくれます。そんな無邪気で愛嬌たっぷりな性格も、周囲からも愛される秘密なんですよ。


人たらしの特徴6. 人間関係のためにはお金を惜しまない

人たらしの特徴で、人間関係のためにはお金を惜しまない

「人たらし」は、人懐っこくて周囲の人が大好き。「人間関係のためにはお金を惜しまない」という考え方の人も多いんです。

飲み会が続いてしまったときって、スケジュールはもちろん、出費も気になってしまいますよね。しかし、人と接することが大好きな「人たらし」は、かかる労力やお金を気にせず参加することが多いんです。


人たらしの特徴7. 誘いに対してのフットワークが軽い

「人たらし」と呼ばれる人たちは、周囲からの人気も絶大。休日や仕事終わりなど、誘いを頻繁に受けることも多いんです。

中には「次に一人で過ごす週末は3カ月後」「LINEや電話の通知がたまっている」なんて人もいるほど。また、周囲からの誘いを断ることが少ないのも「人たらし」の特徴といえます。

周囲の人が大好きだからこそ、フットワークも軽いのです。


人たらしの特徴8. 他人を上手に頼る

「人たらし」の人に多い特徴が、甘え上手であること。分からないことがあった場合は、「ここ、教えてもらいたいです」と素直に聞いたり、失敗したときには「間違えので、助けてほしいです」と頼ったり。

困ったときには、上手に人を頼って手伝ってもらうこともしばしばあります。素直な人柄である上に甘え上手なんて、愛されるに決まってますよね。


【職場編】会社内にいる「人たらし」の3つの特徴

別にとくべつ仕事が出来る訳でもないし、得意分野を極めている訳でもないのに何故か一目置かれる人って職場に必ず1人いますよね。

職場の人から人望が厚くて、気づいたら出世して周りを出し抜く人も珍しくないです。これぞ、まさしく人たらし。職場でよく見かける人たらしの人ってどんな行動や言動をしているか代表的な特徴を絞ってご紹介します。


職場の人たらしの特徴1. 朝挨拶の時に一言褒める

人たらしの得意技の1つは、褒めること。仕事中に褒めることはもちろん、朝挨拶をした時点で褒める人も見受けられますね。「おはよう!あれ?髪切った?似合うね!」とか「今日の服装似合ってるね!」とサラッと褒めてきます。

会社のいる時って、憂鬱な気分の時もあれば「今日は元気出ない日」もありますよね。

そんな時に朝一番に褒められたら、気分上がりますし仕事も捗りますよね。こういう気遣いが出来るのは、人たらしのなせる技。

【参考記事】はこちら▽


職場の人たらしの特徴2. 会社の人の悪口や噂話をしない

人の噂話や悪口を言う人って、軽薄だったり信用出来ない人に見られがち。人たらしは人間関係を重んじるので、どんなに周りが悪口や噂話をしていたとしてもそこに加わらないんですよね。

言ったところで別に誰も得しない話なので、むしろ興味が無いのかもしれません。悪口も噂話もしないだけで、「裏表が無くて信頼できる人」と信用の貯金がどんどん溜まって誰からも好かれやすくなるんですよね。

【参考記事】はこちら▽


職場の人たらしの特徴3. 意見が食い違っても“言い争い”を起こさない

真剣に仕事をしていれば、誰しも人と意見が食い違うこともありますし、どうしても譲れない時ってありますよね。

そんな時、つい感情的になって感情をぶつけてしまったり、言い争いに発展することも珍しくないでしょう。

人たらしほど、意見が食い違っても、まずは相手の言い分を聞いて「じゃあ、こうする?」とトゲのない表現で提案を示して会話の着地点を定めます。

自分の感情を上手くコントロール出来て、相手の気分も害さず話し合える心の広さを持っているので必然的に一目置かれるんですよね。


【恋愛編】異性における「人たらし」の特徴

人たらし力は、仕事だけでなく恋愛でも大に役立つスキルです。恋愛は相手ありきですが、自分の魅力の見せ方次第でその結果は左右されます。

ルックスも大切ですが、それよりも立ち振る舞いや行動1つで相手の気持ちを揺さぶることが出来ます。

つまり、恋愛スキルが高いんですよね。異性を惹きつける人たらしの特徴、気になりますよね。理由を聞けば納得かも?


恋愛で感じる人たらしの特徴1. 呼吸をするように好意を示してくる

恋愛をする時って、どうしても慎重になってしまう人もいれば恥ずかしさもあって好意を示せない時もありますよね。

でも、人たらしの人って好意を伝えることに躊躇がないんです。「今度2人で飲みに行こう」とか、「一緒に〜するなら◯◯だわ!」と“2人きり”というワードを使ったり、相手に特別感を与えるのが上手いんですよね。

「もしかして私(俺)のこと好きなのかな?」とつい色々考えてしまいそう。

【参考記事】はこちら▽


恋愛で感じる人たらしの特徴2. 好きな異性の前で弱みを見せてくる

つい異性の前でかっこつけたり、いつもの自分が出せないのも恋愛あるある。弱みを見せること=かっこ悪いという思い込みが強いせいか、本当の自分を出せず不本意な結果に終わることも珍しくないです。

人たらしは、その逆を行きます。かっこ悪い自分をさらけ出すことに躊躇しないので、異性から見ると「心を開いてくれている」と安心感を与えるんですよね。

出来ないこと or ちょっとした弱気を小出しにしてくるのでつい助けたくなるし甘えさせたくなる魅力を持っています。

【参考記事】はこちら▽


恋愛で感じる人たらしの特徴3. 一見普通のルックスで人に“警戒心”を与えない

美男美女の人は、一見得しますが時にはそれが仇となることも。「自分なんて相手にしてくれないのでは?」と高嶺の花扱いされてしまうんですよね。

それよりもクラスに最低1人はいる平凡のルックスの持ち主ほど、人たらしになりやすい傾向があります。「この人接しやすそう」と自然と相手の警戒心を解きますし、「良い人そう」と第一印象が良いんですよね。

特に恋愛において、“平均的なルックス”というのは大きな武器に。一見恋愛豊富に見えないけれど、深く接すると恋愛経験豊富な百戦錬磨タイプも潜んでいます。

【参考記事】はこちら▽



人たらしに習う!人に好かれる8つの方法

人に好かれる8つの方法

これまで、「人たらし」と呼ばれる人たちの共通点について探ってきました。せっかくなら、自分も周囲の人から愛される「人たらし」になりたいもの。

ここからは、人に好かれる「人たらし」になるための方法をチェックしていきます。


人たらしになる方法1. 相手の変化に敏感に気付く

まず重要なポイントは、相手に興味を持ち、変化に気付く力を身に付けること。相手の些細な変化に敏感に気付くことこそが、「人たらし」に近付く方法なのです。

前髪を切ったり、新しい靴を買ったり、男性・女性限らず気付いてもらえると嬉しいものですよね。


人たらしになる方法2. 礼儀や作法を重んじる

実は、礼儀や作法がしっかりしていることも重要なポイント。

一見「人たらしと礼儀や作法って、なんの関係があるの?」と思われがち。しかし、自分の周囲にいる、礼儀作法のしっかりしている人をイメージしてみてください。

周囲からの信頼も厚い人が多くありませんか?礼儀作法を重んじることは、魅力が増大するポイントでもあるんですよ。


人たらしになる方法3. 一歩先を行く、気配りをする

人に好かれる方法で、一歩先を行く、気配りをする

気配り上手は「人たらし」の必須項目。「困っている様子を見かけたらすぐに声を掛ける」「面倒なことも率先して引き受ける」など、周囲の人ができていない「当たり前のこと」を、きちんとできる人が多いんです。

また、当たり前の気配りに加えて、周囲の人が気付かない一歩先まで配慮することも人たらしの特徴。少しのプラスアルファが、周囲から愛される秘訣なのです。

【参考記事】はこちら▽


人たらしになる方法4. 相手の話に心から興味を持つ

自分の話を、キラキラした目をして身を乗り出して聞いてくれると、誰でも嬉しいもの。「人たらし」になるためには、まず相手の話に興味を持つようにしましょう。

例えば「初めて聞きました!とっても勉強になります」「本当に面白いです、もっと聞きたい」など。相手の話に耳を傾ける、素直でかわいらしい人を目指しましょう。

【参考記事】はこちら▽


人たらしになる方法5. 人と違った視点で褒める

他の人と違う視点で褒められて、なんだかドキッとした経験ありませんか。いつもと違うところを褒められると、「あ、こんなところ見ていてくれたんだ」と嬉しくなりますよね。

「人たらし」は、独自の目線で褒めるのが大得意。例えば、ただ褒めるのではなく「その服装素敵だね!いつもセンスいいから、参考にしてるんだ」など。相手が喜ぶフレーズをたくさん持っているんです。

【参考記事】はこちら▽


人たらしになる方法6. 相手のためにファッションを変える

人たらしの特徴で、相手のためにファッションを変える

「人たらし」は、特定の人に好かれているのではなく、年齢や性別を問わず周囲の人みんなに愛されているもの。そのため、人によってファッションやメイクを変えていることが多いんです。

例えば、目上の方と食事をする場合は、コンサバファッションに落ち着いたメイクを。同世代と遊ぶ場合は、流行のファッションに少し攻めたメイクを。

このように、一緒に過ごす人によって対応していくことも「人たらし」への第一歩。これは自分を偽っているのではなく、周囲への気配りなんですよ。


人たらしになる方法7. 等身大の自分で人と接する

素直で誠実、愛嬌たっぷりな人って魅力的ですよね。「人たらし」と呼ばれる人たちは、この魅力を持っています。

誰かと接するとき、人はつい見栄を張ってしまうもの。しかし、「人たらし」は見栄を張ったり、自分を大きく見せたりはしません

ありのままの自分や等身大の様子でいるからこそ、周囲から愛されモテるんです。


人たらしになる方法8. 小さな約束も必ず守る

どんなに小さな約束であっても、守ることが「人たらし」に近付くポイント。

「来月飲みに行こう」と誘ってきたくせに、一向に連絡してこない「行こう、行こう詐欺」の人っていますよね。せっかく楽しみにしていたのにガッカリ……なんて経験した人も多いのではないでしょうか。

しかし、「人たらし」はとにかくフットワークが軽く、好奇心旺盛。さらりと交わした約束も、しっかり覚えていることが多いんです。


人たらしに大事なのは「気配り」と「素直さ」

人たらしに大事なのは気配りと素直さ

「人たらし」ってとにかく魅力的。存在だけで周囲の人を明るく、幸せな気持ちにしてくれることも多いですよね。

少しの気配りと、人懐っこい素直な心が「人たらし」に近付くコツですよ。「周囲の人から大切にされたい」と思っている人は、今回紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

【参考記事】素直な女性が男性からモテる理由を徹底解説します▽

【参考記事】絶対的にモテる男の特徴と条件を徹底解説▽

【参考記事】モテる女になる方法を大公開!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ