成功する告白の切り出し方とは?異性に好意を伝える際のポイントまで徹底解説

気になる人に思いを伝えたいけれど、踏ん切りがつかない方へ。この記事では、告白を切り出すのにおすすめのタイミングやシチュエーションから、成功率を高める方法まで詳しく解説します!

告白を切り出すおすすめのタイミングは?

告白を切り出すおすすめのタイミングは?

「告白にベストなタイミングがあるなら知りたい」

「告白を成功させるのにタイミングって影響するの?」

好意を持つ相手に告白するなら絶対に成功させたいもの。

でもいつどんなタイミングがベストなのか、分かりにくいですよね。

そこでここでは、告白に適した切り出し方を解説します。事前にチェックして、テクニックを磨きましょう。


タイミング1. 相手の気持ちに余裕がありそうな時

告白後に、返事をしっかり時間をかけて考えてもらえます

出勤や登校前の忙しい時に告白すると、たとえ気になる相手だったとしても、

「今は忙しいので」

と返事が曖昧になってしまう可能性も。

時間に余裕のある日時を選んで告白すれば、予定を気にせず告白に対してしっかり向きあってもらえるため、真の気持ちが分かりやすいでしょう。


タイミング2. 脈ありなことがわかった瞬間

両想いの可能性が高く、告白をしても受け入れてもらいやすい環境です。

例えば好きな人を知っている友達から、

「昨日LINEしていたんだけど、あの子もあなたのことが気になってるって言ってたよ」

と教えてもらえれば成功率は高いですよ。

頻繁に会っているなら、お互いの気持ちが盛り上がっているタイミングとも言えるのでアプローチにはもってこいです。


タイミング3. 二人きりで恋バナをしている時

今現在、恋愛に興味があるというサインなので、恋愛に対して気持ちが積極的な証拠と言えるでしょう。

「話しを聞いてくれる優しい人と付き合うのが理想なんだ」

「恋人と二人でデートに行くなら夜景の見える場所でのドライブがいいな」

など、好きなタイプや理想のデートの話をしてきたら「恋人が欲しい」という表れ。

さらに相手の好みを知るチャンスでもあります。


タイミング4. 友人に紹介してくれた翌日以降

真剣に付き合うつもりがない人や、信頼していない人を親しい友達には紹介しないものです。

気になる相手から、

「〇〇のことを、友人に紹介したいんだけどいいかな」

と言われ仲の良い友人に自分を紹介してくれたら脈あり。

それは相手から好意を寄せられたり信用されたりしているということが言えるでしょう。


タイミング5. 3回目のデートの時

3回目のデートが、最も気持ちが盛り上がるとも言われています。

初めてのデートでは、

「告白は早すぎる」

と相手に思われますし、4回目以降は、

「友達としか考えてないのかな」

と相手に勘違いされたり、飽きが出てしまったりする可能性もありますよ。

相手のことが分かり初めて、成功率の高い3回目のデートに告白がおすすめです。


告白を切り出す前に脈ありサインをチェック!好きな人にする行動とは?

「好きな人にはどんな行動をとるのか知りたい」

「相手が自分にとる行動は脈ありサイン?」

告白する前に相手の気持ちが分かると、心に余裕を持って相手に気持ちが伝えられます。

しかし、どんな行動が脈ありなのかが分からないという人もいることでしょう。

そこでここでは、脈ありか判断するのに役立つ行動を解説していきます。


脈あり1. 前もってデートに誘ってくる

デートに誘う場合、直前だと他の予定と重なり、断られる可能性が高くなります。

前もって誘ってくるなら、確実に会いたいと思っている証拠。

「今度いつなら空いてますか?」

「2週間後の休日に映画のチケットがあるので、一緒にいきませんか?」

など、次のデートに行くため事前に相手の予定をチェックし、確実に空いてる日を狙ってくる場合は、好意を持っている可能性大です。


脈あり2. 毎日LINEのやり取りをする

用事がある時だけでなく、ちょっとした内容でも毎日LINEしてくるのは、よほど仲の良い相手か好意を持っている相手ぐらいのものです。

  • 急ぎではなく、世間話程度でもLINEしてくる
  • 比較的既読になるのが早く、返答も早い

などの特徴があるなら相手にとって特別な存在になり始めて、LINEをしているのが楽しいと感じています。


脈あり3. 外見や中身を褒めてくる

自分のことを褒められて、嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

好意を持っている人には、好意がある事をアピールしたいので、褒めまくって相手に自分が好きと思う気持ちを察してほしいと願っています。

「髪型似合ってるね!」

「そういう優しいところいいよね」

など、あなたのことを褒めるセリフをいうのは「仲良くなりたい」「付き合うのもいいかも」とアプローチしている証拠です。


脈あり4. どんな人がタイプか聞いてくる

あなたの好みのタイプを聞くことで、自分が恋愛対象になるのかを知ろうとしている可能性があります。

  • 今までの彼はどんな雰囲気の人だったのか聞いてくる
  • 好みのタイプを聞いた後、自分と似ていたら嬉しそうな素振りを見せる

など、あなたにだけ積極的にタイプを聞いてくるようなら、関係を進展させたいと願っているでしょう


告白を切り出すおすすめのシチュエーション

「告白する場所も結果に影響するの?」

「どんな場所が告白に向いているのか知りたい」

告白は内容も大事ですが、伝える場所や雰囲気もとても重要なポイントです。

そこでここからは、告白におすすめのシチュエーションを解説します。

決意して伝える告白が成功するように、最適なシチュエーションで臨みましょう。


シチュエーション1. 夕方~夜

昼間に告白をしてしまうと返事によってはその後のデートが気まずい雰囲気になる可能性もあるため、デートの終盤で告白するのがおすすめ。

日中は遊んで楽しんだ後、周囲が薄暗くライトアップされたところで、

「付き合ってください」

と告白すれば、昼間より夜の方がロマンチックな雰囲気があり、告白を後押ししてくれます。


シチュエーション2. 初めてデートした場所

最初にデートをした場所に再び行くと二人の思い出がよみがえり、ロマンチックなムードにひたれるでしょう。

「あの時は初めてのデートで緊張したな」

「また二人でここに来られるなんて嬉しいよ」

「また来たいね」

など、これからも一緒にいたいというニュアンスの言葉に相手も前向きなら告白しやすいでしょう。


シチュエーション3. 人通りが少ない場所

二人の大切な時間である告白タイムは集中したいものです。

繁華街など周囲に人が多い場所ですると、周りの目が気になって集中できません。

例えば、海沿いなら海側から人がくることがないので、人の目が気にならないでしょう。

飲み屋やカラオケボックスなどの個室なら、誰にも聞かれたくない慎重派でも安心です。


シチュエーション4. 夜景の綺麗な場所

綺麗な夜景やイルミネーションが見える場所に行くと、気持ちが高まりロマンチックな雰囲気になります。

ムードのあるシチュエーションなら自分も告白しやすく、相手からも受け入れてもらいやすいですよ。

まずは事前にデートで行ける範囲で夜景の綺麗な場所をリサーチ。

当日は夜景が綺麗に見える時間にその場所に着くようにスケジュールは立てましょう。

相手は「自分のために探してくれたんだ」と信頼性も高まりますよ。


シチュエーション5. 二人きりになれる場所

男女で二人きりになっている時点で、相手は自分に気を許している可能性が高いです。

さらに邪魔が入らないのも告白に向いていると言えるでしょう。

例えば、ドライブ中の車内で駐車場に停めて、おしゃべりをしている時にタイミングを見計らって告白。

二人きりでムードが高まったタイミングで告白すれば成功しやすいでしょう。


告白の切り出す時におすすめのセリフ|成功率を高める言葉は?

「告白が成功しやすい伝え方があるなら知りたい」

「告白を言い出すのって緊張する」

好意を持つ相手に自分の気持ちを伝えるのは誰だって緊張してなかなか言い出せないものです。

言おう言おうと思ってデートが終わってしまうなんてことも。

そこでここからは、告白を切り出す時におすすめしたいセリフをいくつかご紹介します。

上手にテクニックを使って最高の恋愛に繋げてくださいね。


セリフ1. 「もう気づいてると思うけど、〜」

相手を好きだという気持ちが、既にばれてしまっている時にもってこいのセリフです。

サプライズ感はありませんが次にくる言葉が分かっていても、改めて告白されると思うとドキドキしてしまいますよ。

相手が「私のことがやっぱり好きなんだろうな」

と察してくれるように、告白する前にも好きアピールをしておくとでしょう。


セリフ2. 「ずっと言いたかったんだけど、〜」

ずっと好きだったことを相手に伝えることのできる切り出し方なので、真剣さが伝わります

今までの関係を思い浮かべながら聞いてもらうと両想いなら「前から実は好意を持ってくれてたんだ」と愛おしさを感じてもらえるでしょう。

出会ってからすぐの関係性では浅くて言葉と合わないので、ある程度時間がたっている人におすすめの伝え方です。


セリフ3. 「聞いて、真面目な話。〜」

普段はふざけて冗談を言うことが多い人は、「ここからは真剣な話をする」と相手に前振りすることでちゃんと聞いてくれます。

いつもと違う雰囲気に相手もときめいてしまうかも。

「もしかして告白される」と前もって心の準備ができるのも相手に優しいですよね。

このセリフを言ったら、ごまかさずに最後まで真面目に伝えるのがコツです。


セリフ4. 「いつもありがとう!あと伝えたいんだけど、〜」

なかなか切り出す勇気が出ないなら、まずは感謝の気持ちを伝えましょう

「今日は付き合ってくれてありがとう」

「いつも親切にしてくれてありがとう」

など日頃のお礼を伝えたら相手もこちらの話を聞く態勢になっているので、その流れで告白しやすいでしょう。

感謝の気持ちを伝えた段階では、相手に告白するということは伝わりにくいものです。

覚悟を決めたら、はっきり分かりやすく相手に気持ちを伝えるのがポイントになりますよ。


告白を切り出す時のコツ|男女別で押さえておくべきポイントとは?

「男性と女性では告白するポイントは違うの?」

「好意を持つ相手にしっかり伝わる告白がしたい」

男性からだけでなく女性からも気になる異性に思いを告げることがありますが、性別が変わると効果的な告白のポイントが多少変わります。

どのようなコツがあるのでしょうか。

ここでは、性別別の伝え方のポイントを詳しく解説していきます。


男性が告白を切り出す時のポイント

付き合いたい気になる女性に告白するなら、成功させて恋愛を進展させたいものですよね。

そこでここからは、男性が告白を切り出すコツをご紹介します。

いくつかのポイントを押さえて、告白を成功へと導きましょう。


ポイント1. ムードのある場所を選ぶ

環境によってはお互いの気分も高まって、告白に適したロマンチックな雰囲気になるでしょう。

  • イルミネーションや夜景など、綺麗な場所を選ぶ
  • 二人の思い出になっている場所を選ぶ

など過去に二人で過ごしたり、評価が良かったりする場所を選ぶことで告白前の気分を盛り上げられ、成功に近づけるでしょう。


ポイント2. 真剣な表情で話す

告白は誰もが真剣な気持ちで言いますが、より真剣さを伝えるには言葉選びだけでなく表情作りも大切です。

  • 緊張していても、ごまかすためにおちゃらけない
  • 半笑いで言わない

など、告白する時に真面目な表情で言わないと、相手に真剣さが伝わらず「冗談?」と疑われることにもなりかねませんので注意しましょう。


ポイント3. ゆっくり落ち着いて喋る

緊張すると、普通に喋っているつもりでも早口になりがちです。

早口になると相手が聞き取れない可能性が高くなるため、「聞こえなかったからもう1回言って」と頼まれるかもしれません。

告白を言い直すのは避けたいですよね。

  • 深呼吸をして、落ち着いてからゆっくり喋る

など、一度で相手に気持ちが伝わるように気をつけましょう。


女性が告白を切り出す時のポイント

好きな男性がいるので告白して付き合いたいと考えている女性もいるでしょう。

しかし、女性が告白する際は男性が告白する時のコツとは異なるポイントがあります。

そこでここからは、女性が告白する際のポイントをご紹介

女性ならではの魅力を発揮して告白を成功させてくださいね。


ポイント1. 目をちゃんと見て話す

目を見て話すと真剣さが伝わって「真剣に話してくれているんだからちゃんと聞かなくては」と相手に思わせられます。

  • 正面なら下を見ずに顔を上げる
  • 横に並んでいる時は体を相手に向けて

など、女性にじっと見つめられたらドキドキする男性は多いものです。

ちゃんと向き合って告白に挑むと成功率が上がるでしょう。


ポイント2. 恥ずかしそうに伝えてOK

女性から直接告白するのは勇気がいるものです。

恥ずかしいけどそれでも一生懸命話す姿は男性から見ると、

「恥ずかしさ」

よりも好きという思いが強いことが感じられ、健気で可愛いと思うでしょう。

  • 強がらない
  • 無理に大きな声で話さない

など自然体な様子で思いを伝えるのがポイント

言葉が詰まっても、小さな声でも告白をするというだけで相手には気持ちが伝わります。


ポイント3. 真剣な表情の合間にかわいい笑顔を意識する

男性は女性の笑顔が好きな人が多いです。

緊張すると顔が引きつりがちですが、真剣な中にも笑顔を見せれば頑張っている様子が男性にも伝わります。

とはいえ告白中ずっと笑顔が難しいなら、

  • 柔らかな表情を意識する
  • 言い終わった後に優しい笑顔

を心がけるだけでも女性らしさが伝わり魅力的に見えますよ。


告白の成功率を高める方法|やってはいけない失敗例もご紹介!

「告白は絶対成功させたいけど良い方法はある?」

「告白でタブーなことがあれば知りたい」

好きな人にせっかく思いを伝えるなら、成功させてお付き合いに繋げたいものです。

告白はちょっとしたコツを知っていると、成功率アップにもなりますよ。

ここでは、告白の成功率を高めるポイントをいくつか解説します。


方法1. LINEではなく直接会って伝える

会わなくてもすぐに用件を伝えられるLINEですが、文章でしか表現ができないのでちょっとしたニュアンスが伝わりにくいデメリットも。

直接会って告白すれば、

  • 身振り手振りも加えて、自分の気持ちをしっかりと伝えられる
  • 場の雰囲気や相手の様子を見て、ベストなタイミングを見計らって告白できる

などのメリットがあります。

さらに直接告白した方が相手に真剣さを伝えられるので効果的ともいえるでしょう。


方法2. 周りくどい言い回しはNG

告白する時は、自分の気持ちを伝えるのに緊張してなかなか切り出せないこともあります。

あまりに遠回しに言ってしまうと相手は「結局何を言いたいの?」と感じてしまうでしょう。

  • 決意したらストレートに伝える
  • 「好き」「付き合いたい」ことは分かりやすく伝える

など、とにかくシンプルに分かりやすい切り出し方がポイント

かっこつけたり凝ったセリフを言ったりしなくても、相手に自分の気持ちをしっかりと伝えることを第一に考えましょう。


方法3. 酔っぱらった勢いで告白しない

酔っぱらっている人の言っていることは「冗談ではないか」と真面目に聞いてもらえません。

実際酔っている時に何を言ったのか覚えていない人も多いです。

デートの終盤で告白を考えているなら、

  • 告白する日のデートではお酒を飲まない
  • 酔った勢いででデート後相手に電話をしない

などのルールを決めておきましょう。

酔った勢いで告白できそうと考えがちですが、相手には真剣さが伝わりません。

本気で好きなことを伝えるなら、上手に言えなくても素面な状態が鉄則です


方法4. 好きなところや理由も伝えてあげるとGOOD

告白では「好きだ」と伝えるのはもちろん必要ですが、なぜ好きなのかを同時に伝えれば、その想いの真剣さをより感じられ信頼しやすいでしょう。

例えば、

  • しっかり者で頼りがいがあるところが好き
  • 思いやりがあり、ずっと一緒にいたいと思った

など、小さなことでも一言添えるのが切り出し方のポイント。

本人も気が付かなかったことを言えば「そんなところも気が付いてくれてたんだ」とさらに魅力を感じてもらえるでしょう。


告白の切り出し方を掴んで、真っ直ぐに思いを伝えてみて。

告白の切り出し方は難しいですよね。

言いたいことはたくさんあるのに、いざとなると緊張して上手く言えないということも経験している人は多いと思います。

男性ならかっこよく、女性なら可愛く愛を伝えたいと思うかと思いますが、相手は素直な思いを聞きたいです。

まずはシンプルに自分の気持ちを伝えることを意識してみてください。相手も真剣な思いを感じてくれるはずですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事