初デートで告白ってあり?相手の脈ありポイントから成功させる方法まで紹介!

ずっと好きだった人と念願の初デートに行けた時、温めてきた好きな気持ちを伝えたくなる瞬間ってありますよね。そこで今記事では、初デートで告白するのはアリなのかどうか男女の意見を紹介すると共に、初デートの告白を成功させるための事前準備や告白の仕方をレクチャーしていきます。

初デートで告白しようと思っている方へ。

初デートで告白はありなのか

一目惚れをした男性や女性には、少しでも早く告白をして二人きりで過ごしたい!と考える人もいるはず。しかし、初デートでの告白を失敗させないためには、コツやタイミングが重要です。

そこで今回は、初デートでの告白を成功させるポイントやシュチエーション、告白のセリフや方法をまとめてご紹介します。今から告白をしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも、初デートで告白をするのはアリ?

初デートで告白をするのはアリ?

一目惚れをした場合や気になる男性や女性に出会うと、早い段階で告白をしたいと考える人もいるはず。お互いの距離感が縮まっていたり、脈ありサインを感じる場合は、初デートでの告白もアリです。

また、初デートでの告白はいきなりの告白となるので、返事を焦らないで待つ姿勢を持つことも大切です。保留の場合も期間を設けて、相手のタイミングに合わせることでOKがもらえる可能性も上がります。


初デートで告白する場合に成功率を少しでも高める3つの秘訣とは

初デートで告白する場合に成功率を少しでも高める3つの秘訣とは

まずは、男性女性問わず初デートでの告白の成功率をアップさせる秘訣をご紹介します。

付き合ってない段階だからこそ、相手からいい返事をもらえるような好感度を上げる対策をして挑みましょう。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


秘訣1. 服装や髪型など、身だしなみはバッチリ決めておく

告白を成功させるには、相手の男性や女性に好印象を持ってもらう必要があります。「一緒にいたい」「一緒にいても恥ずかしくない」と感じてもらえる第一印象を心がけましょう。

清潔感のある髪型や服装を用意して、出掛ける前には鏡の前で確認することが大切。男性の場合はヒゲや爪など、細かな部分まで手を抜かないで身だしなみを整えることで、成功率がアップします。


秘訣2. 相手の行きたいスポットへ足を運んで事前にテンションを上げておく

お互いの距離感が縮まっていない状態で告白するより、テンションが高いときやリラックスしている時のほうが、気持ちを受け入れてもらいやすくなります。そのため、事前に相手の行きたい場所をリサーチしておき、二人で訪れてみるのもおすすめ。

アミューズメントパークやデパートなど、行きたかった場所で楽しむことでテンションが上がり、OKの告白の返事を可能性がアップします。


秘訣3. 事前にどのタイミング、場所で告白するのかを決めておく

事前にどのタイミング、場所で告白するのかを決めておく

「告白する」と心に決めたなら、それを実行するためのプランを企ておくことが大切です。ノープランのままでは、いざ二人きりになってもなかなかタイミングが掴めません。また、告白することを焦ってしまい、ムード作りができない場合も。

告白を成功させるためにもイメージを沸かせて気持ちを整えるため、告白する場所やデートプランを思い描いておいて、相手をエスコートできるようにしましょう。


初デート当日までに確認しておきたい相手の脈ありポイント

初デート当日までに確認しておきたい相手の脈ありポイント

告白の成功率をアップさせるには、前日までに脈ありかどうか確認しておきたいところです。

そこでここからは、前日までにチェックしたい相手の脈ありサインをご紹介します。相手が脈ありサインを出していれば、告白の保留も減り、いい返事が聞けますよ。


ポイント1. 告白してOKがもらえるくらい、相手との信頼を築いておく

信頼関係がない状態で告白をしても、実際に付き合うイメージが持ちにくく、なかなかOKしてもらえません。二人きりでも違和感なく話せるくらいには、距離感を縮めておきたいところ。

付き合ってない状態でも自然と一緒にいられる相手になっているようなら、脈ありサイン。告白をする前日までに、二人の間に信頼関係があるかどうかを確認しておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


ポイント2. 相手から自己開示をしてくるか

自分のことを「もっと知って欲しい」「分かって欲しい」と思う相手には、自ら自分の情報を話したくなります。特に、家族の話や趣味の話などプライベートに関わる話は、知り合い程度の人にはなかなか話さないもの。

告白する相手が自ら自己開示をして話をすることが多い場合には、あなたに心を許している可能性が高いと考えていいでしょう。


ポイント3. 恋愛や仕事など、相手からも質問を投げかけてくるようになった

恋愛や仕事など、相手からも質問を投げかけてくるようになった

興味のない相手や友達だと思っている相手には、自ら質問をして相手の情報を聞き出そうとしないもの。質問をしてくるということは、相手が興味を持ってくれている証拠です。

特に、恋愛に関わる質問が増えている場合は、あなたの恋愛感や好みのタイプを知ろうとしている脈ありサイン。普段どのような会話をしているか、一度振り返ってみましょう。

【参考記事】はこちら▽


ポイント4. 相手から悩みや相談を打ち明けられたりする回数が増えた

信頼している相手や心を許している相手にしかできないのが、仕事や友人関係の相談です。相談したいと思える関係になっているのはもちろんのこと、相手からアドバイスを貰えることで「安心できる」「励みになる」と感じる関係性ができています。

そのため、相談されることが増えたら脈ありサイン。あなたのアドバイスなら受け入れられる関係性ができている証拠です。

【参考記事】はこちら▽


ポイント5. 初デートの際、ボディタッチをしてきたり、目線を合わせたりしてくる

相手への信頼関係は言葉だけでなく、行動にも現れるもの。気になっている相手にはアイコンタクトを送るだけなく、目を合わせて話すことで感情を読み取ろうとします。

また、少しでも近くに感じたいと思うので、付き合ってない初デートの時にはボディタッチをしたり隣に寄り添って歩いたりすることが多くなります。言動以外にも、このような行動があれば脈ありだと考えられます。


初デートで告白するのに最適な場所やシチュエーションは?

初デートで告白するのに最適な場所やシチュエーションは?

ここからは、初デートでの告白をする時に選びたい場所や、告白のシュチエーションをご紹介します。

告白を失敗しないためには、ムード作りも欠かせません。男性、女性問わず告白をする前にはぜひ参考にしてみてくださいね。


場所1. 王道の夜景が綺麗なスポット

告白をする時には、雰囲気作りが大切。非日常的なロマンティックな雰囲気は、愛の言霊がより一層心に響きます。初デートでも訪れやすいのは「夜景スポット」。タワーの展望台や山頂など、ネオンが輝く街並みが一望できる場所がおすすめです。

食事や映画などを楽しんだ後に夜景スポットを訪れることで「わざわざ告白する場所を選んでくれたんだ」という真剣さも伝わります。


場所2. おしゃれなレストランなど、普段では味わえない空間で告白する

1日じっくりとデートをする時間が取れない場合は、おしゃれなバーやレストランを選ぶのも一つの手段です。普段とは異なる空間で、会話を楽しんだ後に思い切って告白をします。

食事や会話を楽しんだ後なら心も打ち解けているので、告白の成功率もアップ!また、わざわざレストランやバーを予約してくれたという一手間も、相手の心に響くポイントです。


場所3. 車など、周囲を気にせず二人っきりになれるシチュエーション

車など、周囲を気にせず二人っきりになれるシチュエーション

騒がしい場所や周囲に人が多い場所で告白をしても、なかなか真剣に受け止めてもらえません。また、この場で返事をすることが恥ずかしいと思われてしまう可能性もあり、「一度考えてみる」と話が途切れてしまうことも。

そうならないためにも、二人きりになれる場所を検討しておくといいでしょう。車の中や人気のない公園などで、真剣に気持ちを伝えることで思いが伝わりやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


相手に誠実な気持ちが伝わりやすい告白の仕方やセリフとは?

相手に誠実な気持ちが伝わりやすい告白の仕方やセリフとは?

最後に、初デートで告白をする時に使いたいセリフや告白のタイミングをご紹介します。相手を思う気持ちや相手への好意を素直に表現することが大切

ぜひ、どのように告白しようか迷っている人は参考にしてみてくださいね。


告白の仕方1. セリフは「好きです、付き合ってください」とストレートに伝える

まだまだ二人きりで過ごした時間が短いからこそ、あれこれ並べても説得力にかけてしまいます。ここはストレートに、相手への思いをぶつけるほうが良いでしょう。

「好きです。付き合ってください」「~が良いなと感じました。付き合ってください」などと、真面目に思っている気持ちが伝わるように、端的に気持ちを表現してみてください。

【参考記事】はこちら▽


告白の仕方2. 恥ずかしがらずに堂々とハキハキ告白するようにする

これから先、二人で過ごす時間が「楽しめる」「心地いいと思える」ような印象を与えることが大切です。告白をする時に戸惑ってしまったり恥ずかしがってしまうと、相手も不安を感じてしまいます。

特に、緊張でにやけてしまうと「本気じゃないのかも」と捉えられてしまうので、できるだけハキハキとした口調で伝えることが大切です。


告白の仕方3. 直接の場合、告白する際は、きちんと相手の目を見て話す

直接の場合、告白する際は、きちんと相手の目を見て話す

告白をする時には、相手に思いを伝える態度も大切です。本気だと感じてもらえるように、しっかり目を見て告白の言葉を伝えられるとベスト。下を向いたり他事をしたりしながら伝えると、真剣度合いが伝わりません。

また、面と向かって告白をする時には、できるだけいい姿勢で相手が誠意を感じられるように心がけましょう。


告白の仕方4. 直接言えなかった時は、自宅に帰ってから電話で告白する

面と向かって告白をするつもりでも、思う通りに進まなかったり恥ずかしくて言えなかったりするケースもあるでしょう。

また、遠距離や仕事などで、直接会えるタイミングがなかなかないことも。そのような場合には、電話で告白するのも一つの手段です。

声しか聞こえない状況だからこそ、真剣であることが伝わるようにストレートに気持ちを伝えましょう。

【参考記事】はこちら▽


まだ知り合って日が浅い場合、無理に初デートで告白するのは避けよう

まだ知り合って日が浅い場合、無理に初デートで告白するのは避けよう

一目惚れをした男性や女性と、少しでも早い段階で一緒に過ごす時間を作りたいと気持ちは分かりますが、無理に初デートで告白するのは逆効果です。

初デートでは、もう一度デートするかどうかを検討している場合も多いので、次のデートの誘いのOKが出てから告白をした方が成功に繋がります

また、3回目のデートでの告白が理想的だと言われているので、付き合っていない段階から焦らず、まずはお互いのことを理解するように努めましょう。


初デートで告白を成功させたいなら、関係を深めることが大切!

初デートで告白を成功させたいなら、関係を深めることが大切!

今回は、初デートでの告白の成功率をアップさせる方法や初デートでの告白方法やタイミング、そしてシュチエーションなどをまとめてご紹介しました。気になる男性や女性に出会ったからと言って、告白を焦る必要はありません。

お互いのことをまだ知らないうちに告白をすると、保留や失敗に繋がることも。相手との距離感や関係性を見極めながら、真剣に思いが伝えられるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事