【男女別】言われたい告白の言葉・セリフ集│告白する時の注意点も解説!

好きな人に告白しようと考えている人へ。今回は、男女別に異性から言われたい告白の胸キュンセリフを大公開!言われた相手がOKしたくなるくらい、ドキッとする言葉とは。また、告白するときの注意点もお教えしますので、告白する前にしっかり予習してくださいね。

告白の言葉って大切ですよね。

言われたい告白の言葉・セリフ集

好きな人に告白を考えている人は、何て言おうか迷っているかもしれません。告白の言葉を気にしない人もいますが、告白の言葉次第で交際にならないこともあります。

そんなことになったら、とても残念ですね。今回は男女別の好きな人から言われたいセリフや言われたくないセリフ、男女問わず告白の際の注意点もまとめました。告白を考えている人は役立ててくださいね。


【男女別】相手がキュンとする、告白の言葉をご紹介

まずは男女別に相手が思わずキュンとする告白の言葉をご紹介していきます。男性と女性では造りが違うので、言われたいセリフも微妙に違います。どうしてそう言われたらキュンとしてしまうのかの理由もチェックしておきましょう。


女性が男性に告白で言われたい言葉やセリフ

まずは、女性が男性に告白で言われたい言葉やセリフを見ていきましょう。

「好きです。彼女になってください」

「俺と付き合ってください」

「ずっと一緒にいたい。君の彼氏にさせてもらえないかな?」

といったセリフは女性に高評価です。好きな人に告白を考えている男性はチェックしてみてくださいね。


1. 「好きです。彼女になってください」

「好きです。彼女になってください」というシンプルな言葉に女性はキュンとします。女性ははっきりと言葉で愛情を伝えてほしい生き物です。何となくわかってほしいという男性もいるかもしれませんが、女性は男らしくはっきりと伝えてほしいのです。

「好きです。」とはっきりと伝えることであなたの彼女への思いが伝わります。「彼女になってください。」という言葉で、彼女に何をしてほしいかを自分の意思を伝えることができるのです。


2. 「俺と付き合ってください」

女性は言葉ではっきりと好きなことを伝えてほしい、どうしてほしいか伝えてほしいのです。

あいまいに濁すような言い方はあまり好きではありません。ですから「俺と付き合ってください」というのはポイントが高いのです。

また「俺と付き合ってください」というフレーズは、彼女を守っていくという男性の思いが伝わりやすいです。彼女は安心して付き合ってもいいと思ってくれるでしょう。


3. 「ずっと一緒にいたい。君の彼氏にさせてもらえないかな?」

女性はデートが楽しいものなら、また会いたいと思うものです。ですから、既に女性と仲良くできていて、何度かデートできているなら「ずっと一緒にいたい。君の彼氏にさせてもらえないかな?」と言ってみましょう。

彼女のまた会いたいという気持ちを利用して、そのままお付き合いにつなげるのです。

また、「ずっと一緒にいたい。」という言葉からあなたにとって彼女が特別な存在であることが伝わるでしょう。


4. 「ずっと気になってました。付き合ってください。」

お付き合いの始まり方は色々です。何度かデートしてからというパターンもあれば、なかなかデートに誘えず、また相手も自分をあまり認知していないことがあるでしょう。そのような時は 「ずっと気になってました。付き合ってください。」と言いましょう。

女性は男性と違い、愛情を徐々に育むことが多いです。そのため相手があまり自分を認知していないと成功率は低くなります。

ですが、この言葉を言うことで相手は嬉しくなり、あなたを気にし始めます。相手が嫌がらないなら、この言葉から少しずつ始まって行くでしょう。


5. 「絶対に幸せにするから、俺と付き合ってください。」

女性は男性に守ってほしいと思っています。そんな女性が好意を持っている男性に「絶対に幸せにするから、俺と付き合ってください。」と言われたらキュンとしてしまいます。

「絶対に幸せにするから」という言葉から、女性はあなたのどんなことをしてでも守っていくという決意を感じます。

「俺と付き合ってください。」という言葉から、男らしさを女性は感じ、あなたに守ってほしいと思うことでしょう。


6. 「君が大好きだ!ずっとそばにいさせてもらえないかな?」

女性は上から目線の男性があまり好きではありません。ですから「君が大好きだ!ずっとそばにいさせてもらえないかな?」というのもポイントが高い告白の言葉です。

「君が好きだ!」と伝えることで男らしくシンプルに自分の気持ちを伝えています。そして「ずっとそばにいさせてもらえないかな?」と告白することで下手に出ていて、女性には高ポイントなのです。

これもある程度デートをできる関係でなければ使えない言葉です。何度か楽しいデートをした後に言うのが良いでしょう。


7. 「ずっと君を守らせて欲しい。付き合ってください」

女性は男性に守られたいというお姫様願望があります。ですから「ずっと君を守らせて欲しい。付き合ってください」と言うと、女性は思わずキュンとしてしまうでしょう。

「ずっと君を守らせて欲しい。」という言葉から、あなたが彼女を守っていく決意を感じます。

しかもポイントが高いのは下手から出ていることです。高圧的な上から目線の男性は嫌いという女性は多いので、この点もポイントが高いです。


男性が女性に告白で言われたい言葉やセリフ

次に男性が女性に告白で言われたい言葉やセリフを紹介します。

「ずっと前から好きでした。付き合ってください。」

「好きです。あなたの彼女になりたいです。」

のような言葉やセリフがおすすめです。女性は、好きな人に使えそうな言葉を探してくださいね。


1. 「ずっと前から好きでした。付き合ってください。」

男性の多くもシンプルな告白が好きです。ですから単刀直入に好きなことを伝え、付き合って欲しいことを言うのも良いです。

「ずっと前から好きでした。」というのがポイントで、自分のことをずっと想ってくれていたんだと、女性の健気さが伝わって高ポイントです。

男性は、いきなり告白されても付き合えるという人が多いです。ですからいきなり呼び出して言ってみるのも良いでしょう。


2. 「好きです。あなたの彼女になりたいです。」

男性は支配欲のある人が多いです。支配欲とは、自分の思う通りに人を操ること。ですから男性に告白する女性は下手から行った方が上手くいく可能性は高まります。

そこで良いのは「好きです。あなたの彼女になりたいです。」という言葉です。女性の健気で一途な感じが伝わり男性からはポイントが高いです。

おすすめは、既に友達関係になっている状態の女性が男性に伝える時に使うことです。


3. 「実は〇〇がずっと好きでした。私じゃダメかな?」

これも友達関係でしばらく期間が経てしまった時に使うと良い告白の言葉です。「実は〇〇がずっと好きでした。」という言葉ですので、相手は友達としか思っていないかもしれません。でも男性は告白されるとその女性のことがすごく気になります。

男性から「俺も実は好きだった」と言われれば一番良いですが、そうでなくてもがっかりしないでください。そこから発展する可能性は十分にあるのです。

また「私じゃダメかな?」というのも下手から出ていて高ポイントです。シリアスな感じではなく、ライトな感じで言いましょう。


4. 「〇〇君が好き。一緒にいていいかな?」

これもシンプルで女性の思いが伝わりやすい告白のセリフです。「〇〇君が好き。」と言われて嫌な気持ちがする男性は少ないでしょう。

さらに「一緒にいていいかな?」というのも下手から出ているのでおすすめです。女性に上から目線で来られるのは嫌という男性は多いですよ。

このセリフを少し上目使いの視線で言えば、男性は女性に甘えられた感じがして、守りたくなり、キュンなってしまうでしょう。


5. 「あなたのこと好きなっちゃたんだから、責任取ってよね。」

雰囲気の良いデートを何度も重ねる中になって、男性から何度も誘いが来るなら「あなたのこと好きなっちゃたんだから、責任取ってよね。」と言ってみるのも良いでしょう。

文字にするととても重たく感じる言葉。ですから重い感じにならないように、少し軽い感じで言いましょう。

軽い感じで言えば、男性は「わかったよ。」「任せろよ。」なんて言うかもしれません。おしゃれなバーで楽しい会話をしてる時に言ってみると良いでしょう。


6. 「〇〇の優しいところが好きだよ。」

ちょっと直接的な言葉が恥ずかしいという女性もいるでしょう。そのような女性は「〇〇の優しいところが好きだよ。」と言ってみてください。「〇〇の〇〇が好きだよ。」と言うことで直接的な言葉ではなく、告白が失敗した時にもダメージが少ないです。

例えば、「〇〇の優しいところが好きだよ。」とあなたが言った時に、彼が「どういうこと?俺真に受けちゃうよ。」などと言えば、「真に受けていいよ。」と返せます。彼が「ありがとう」と流されたら、また次の機会をうかがいましょう。


7. 「もっと一緒にいたい。私と付き合ってください。」

傷つくことを恐れずにストレート勝負なら、「もっと一緒にいたい。私と付き合ってください。」と言いましょう。

この言葉は相手との関係性次第では重くなってしまいます。あなたが男性に甘えるような構図ができあがっているなら効果的ですが、ただの友達関係なら、重く感じるでしょう。

ですからデートを数回していて、悩み事を聞いてもらったり、食事をおごってもらったりした後に使うと良いでしょう。


【男女別】告白されたとき、残念に感じる告白の言葉

ここまで男女別で告白されて嬉しいセリフを紹介しましたが、残念に感じるセリフも男女別に存在します。男性と女性では若干違いがあり、せっかくの良い関係を築いてきたのに告白のセリフ次第で告白の返事がダメになることもあるのです。

勇気を出した告白が水の泡にならないよう、告白された時に相手が残念に感じる告白のセリフを詳しく見ていきましょう。


女性が男性に言われて残念な告白のセリフ

女性が男性に言われて残念な告白のセリフから見ていきましょう。例えば、「俺、お前のこと好きかもしれない。」という曖昧な表現は悪い印象を与えてしまいます。

さらに、「付き合ってみようか?」という軽い感じも本気に思われないことがあります。他にも男性が失敗しがちなセリフをまとめました。


1. 「俺、お前のこと好きかもしれない。」

このセリフが残念なのは、曖昧な印象を与える点です。女性は男性に守られたい生き物。男性から強い愛情を感じる時に「この男性なら守ってくれるかも」と思うのです。

ところが「俺、お前のこと好きかもしれない。」では強い愛情は伝わりません。このセリフを言われた女性は「はっきりしてよ。」という気持ちになるのです。

ですから男性が告白するなら玉砕覚悟で「好きです。」と言い切った方が良いでしょう。


2. 「付き合ってみようか?」

男性がしてしまいがちな告白の際の失敗として、重くなり過ぎないようにするために軽い感じで言う人がいますが、それはあまり勧められません。やはり女性は男性から強い愛情を感じないからです。

「付き合ってみようか?」という言葉もその1つで、男性は意図していないかもしれませんが、女性にはお試し感覚に聞こえます。女性は告白はきちんとしてほしいと思っています。「付き合ってください」と伝えた方が強い愛情や誠実な思いが伝わるでしょう。


3. 「今日から彼女にしてやってもいいよ!」

これも男性がしがちな失敗例です。男性の中には、支配欲が強く、女性を上から目線で扱おうとする人がいます。

しかし女性は上から目線で来られると非常に不快に感じます。自分がバカにされたような感じがしたり、軽く扱われている気持ちになったりするのです。

「今日から彼女にしてやってもいいよ!」というのはかなり上から目線の言葉。彼女の方があなたにぞっこんというのでもない限り使うべきではないでしょう。


4. 「俺のこと好きなんでしょ?付き合ってあげてもいいよ。」

同じような上から目線の言葉として「俺のこと好きなんでしょ?付き合ってあげてもいいよ。」も女性に引かれるセリフです。

女性はこのセリフを言われると、例え好きでも、冷めてしまう可能性が高いです。女性は「あんた何様なの?」という気持ちになるのです。

もちろん相手がすごく自分のことが好きだとわかってしまうこともあるでしょう。あなたが付き合っても良いなら「ねぇ、付き合おうか。」とシンプルに言うのです。彼女は静かに頷く可能性が高いでしょう。


5. 「一旦付き合ってみようよ。」

女性は真剣に守ってくれる男性を選ぶと同時に安定感や安心感も求めています。ですから「一旦付き合ってみようよ。」というようなお試し感覚の印象が伝わる言葉は良くないです。

男性からすると、少し付き合えば自分の良さがわかってもらえると思い、女性のOKのハードルを下げるつもりでこの言葉を言います。しかし、女性は「一旦って何?」となってしまうのです。

男性は、女性に告白するなら下手な小細工をせずにシンプルでストレートな言葉で告白するのが一番です。


男性が女性に言われて残念な告白のセリフ

次に男性が女性に言われて残念な告白のセリフも見ていきましょう。例えば、「付き合ってあげようか?」と上から言ったり、「こんなブスで太ってる私だけど…」と言って自分を卑下し過ぎたりすると良くないでしょう。

残念な告白をすると、男性は一瞬でその女性を嫌いになることもあります。告白する女性は気をつけてくださいね。


1. 「付き合ってあげようか?」

男性は、女性よりも優位でいたいという男性が多いです。ですから女性に上から目線で来られると、「何様なの?」となってしまいます。

「付き合ってあげようか?」もそんなセリフの1つで、女性のプライドが高く嫌な感じにうつります。

もちろん相手の男性からのアプローチがわかりやすく、相手が自分のことを好きとわかっていることもあるでしょう。その場合も「付き合ってもいいよ。」と言った方がかわいく移ります。


2. 「こんなブスで太ってる私だけど…」

男性が女性から上から目線で来られるのが苦手なことを知っていて、自分を卑下し過ぎる女性もいます。

「こんなブスで太ってる私だけど…」もそんな言葉の1つです。女性は、下手からアプローチしているつもりですが、男性からは面倒な性格な人に移ります。

なぜなら自分を卑下する多くの人は、本当に思って言っているわけではないからです。男性に「そんなことないよ。」言ってほしいだけなのです。男性はそれがわかってしまいます。ですから自分を卑下し過ぎるのは良くないです。


3. 「遊びでいいから付き合って!」

「遊びでいいから付き合って!」と言って付き合うのは、本当に遊び目的で付き合う男性です。真剣な交際を考えている男性が、このように言われたら引いてしまいます。

男性は、好きになると女性の過去も気になる傾向があります。ですから「遊びでいいから付き合って!」と言われると、「遊びで男と付き合ってきたの?」と思われてしまいます。

女性が尻軽で、遊び人に見えて真剣な交際をする気にはなれなくなってしまうのです。


4. 「じゃあ、付き合っとく?」

男性の多くは、女性にも自分のことを好きでいてほしいと思っています。しかし「じゃあ、付き合っとく?」と言われると、「じゃあ」が男性の心の中で引っかかるのです。

「じゃあって何?」「嫌々なら付き合わなくていいよ」となってしまうのです。

友達感覚だけど、嫌いじゃないし、彼氏もいないからとりあえず付き合ってもいいかなという女性もいるでしょう。それでも「じゃあ」は禁句ですので気をつけましょう。


5. 「あなたと一緒になれないなら、生きていけない」

これは重すぎます。男性はこれを言われると、「メンヘラ女性かな?」と思ってしまいます。すごく面倒なことに巻き込まれそうだなと思ってしまうのです。

本当に彼のことが大好きで、彼なしではいきていけないと思ったとしても、それをそのまま伝えるのはやめましょう。そうではなくポジティブな響きに聞こえるように「〇〇のことが本当に好きなんだ。ずっと一緒にいれたら嬉しいな。」などが良いでしょう。


好きな人に告白する時の5つの「注意点」

告白する時の5つの注意点もお伝えしておきましょう。

例えば、 LINEでの告白は避けたほうが良いですし、服装や身だしなみは清潔感を心掛けた方が良いです。他にも失敗しがちな点をとりあげます。自分は行わないようにチェックしてくださいね。


注意点1. LINEでの告白は嫌がる人もいるので、避けたほうが良い

男女問わず「LINEで告白するのはなし」という人が多いです。なぜなら気持ちがきちんと伝わらないからです。LINEでいくらスタンプや絵文字を駆使しても気持ちは伝わりにくいです。

告白は電話でもなく、直接会って行うのがベストでしょう。もちろん直接会うと恥ずかしいかもしれません。しかし自分の本気の気持ちを示し、付き合いたいなら直接会うべきです。

そして告白の時には勇気を持って、相手の目を見て告白しましょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. 清潔感のある服装や身だしなみを心掛ける

服装や身だしなみに関しては、とびきりおしゃれである必要はありません。個性の強過ぎるファッションは、同じ趣味でない限り、引かれることもあるのです。ですからファッションは適度に流行を抑えた感じで、シンプルなものが良いです。

しかし身だしなみにはこだわりましょう。男女問わず付き合う人には清潔感を求めます。髪はきちんとセットしていきましょう。

男性であれば、ひげをきちんと剃っていくと良いでしょう。また、女性はムダ毛のチェックを忘れずに行ってください。ムダ毛で一気に冷めてしまう男性は多いです。

【参考記事】はこちら▽


注意点3. 静かでゆっくりと話ができる場所を選ぶ

告白はムードも大切です。そのため静かでゆっくりと話ができる場所を選びましょう。うるさくBGMの流れるバーでは、ムードがイマイチです。カフェやバーを利用するなら、ホテルに併設してあるようなジャズが静かに流れる感じの場所が良いです。

静かに話ができるという点では、公園も良いです。公園のベンチに腰をかけて、少し雑談した後に告白すれば、成功率は上がるでしょう。

さらに、時間は夕方か夜が良いですね。子供が走り回る公園ではムードは台無しです。夕暮れ時や夜に静かな場所で告白しましょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点4. 体の力を抜き、リラックスした状態を作る

告白する時は、できるだけ自然体でリラックスした状態で言うのが良いです。そうすれば、告白の言葉をきちんと伝えられます。

緊張をほぐす方法は、たくさんありますが、アルコールを使うことはおすすめできません。相手はお酒の力を借りて告白したと思うからです。

良い方法は深呼吸です。息を思いっきり吸い込んでゆっくりと吐き出しましょう。また、ツボを押すこともできます。手の平の中央にある労宮(ろうきゅう)と言うツボは緊張をほぐす効果があります。緊張しているなら何度か揉みましょう。


注意点5. 告白の言葉は回りくどく言い過ぎない。シンプルにストレートが好印象

いざ告白となると、何て言えば良いのかと、頭でっかちになります。しかし大切なのはセリフではなく、あなたの気持ちそのものです。

変に凝ったものにすると、イマイチ気持ちが伝わりません。ですからシンプルでストレートな言葉が一番です。

「好きです。付き合ってください」であなたの気持ちは十分に伝わります。もちろん断られたらダメージはあります。しかし、小細工して上手く伝わらずに失敗するよりも後悔は少ないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


相手が喜ぶ告白の言葉を選んで、恋を叶えましょう。

告白の言葉やセリフについてお伝えしました。男性も女性もシンプルでストレートなものを好みます。冗談っぽく軽い感じで言ったり、逆に重い感じで言ったりすると成功率は下がります。

失敗も覚悟して直球勝負が一番あなたの気持ちが伝わります。後は、告白するシチュエーションです。男女ともにムードも大切なので静かな場所、そして夕方から夜に直接会って告白してくださいね。

告白の仕方で、好きな人とお付き合いできる確率はグンとアップしますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事