AB型の男性がめんどくさいと言われる理由や特徴|上手な接し方も徹底解説

AB型の男性がめんどくさいと感じている方へ。この記事では、AB型男子がめんどくさいと思われる理由や特徴を詳しく解説します!

AB型男性がめんどくさいと言われる理由|特徴を交えて解説!

AB型男性がめんどくさいと言われる理由

「AB型男性がめんどくさいと言われがちな理由って?」

「AB型男性がめんどくさいと言われる共通の特徴ってある?」

AB型の特徴というと何かとめんどくさいというイメージもありますが、具体的に何が理由でそう言われるのか、よくわからないものですね。

そこでここからは、めんどくさいと言われてしまうAB型男性の理由を、特徴とともに紹介します。


理由1. こだわりが強すぎる "合わせるのが大変"

合理的にやろうとして、こだわりすぎてしまうことがあるのがAB型の特徴です。

周囲からすれば、そんなAB型男性に合わせないといけないと感じてしまうため、めんどくさいと思われることがあります。

「このやり方でするのが、お金も時間も労力も無駄にならなくて一番良い」と、自分なりのこだわりに沿って何でもやりがち。

周囲が合わせる羽目になって迷惑していることには気づかず、自分の考えを大切にしているのです。


理由2. 言葉選びが下手 "皮肉っぽく聞こえてしまう"

楽観的なところがあり、思いついた言葉をポンとそのまま発してしまうのがAB型の特徴。

そのため、時には意図していなかったような思いもよらない伝わり方をしてしまうことも。

その結果、一緒に話していると疲れることからめんどくさいと言われてしまうことがあります。

「その服サイズあってなくない?」

など単に疑問に感じて聞いたつもりでも、言われる相手は否定された気分になってムカつくことがあり、最悪の雰囲気になってしまいます。


理由3. 人との感覚がズレている "場の空気を壊しかねない"

AB型男子は、一般的な考え方と違う思考をすることが多々あります。

そのためAB型がいると、変なことを言って空気を壊さないか周囲の人は心配になるでしょう。

またAB型の感覚のズレを察してあげないといけなくなることもあって、めんどくさいと思われてしまいます。

友達グループと出かける話をする時に、行き先が決まりかけたところで「俺はこっちが興味ある」と1人だけ全然別の場所の話をしだすことも。

周囲とズレた発言によって、場の空気が固まってしまっても本人は気にならないでしょう。


理由4. ミステリアス "感情が読みにくい"

AB型男子はシャイな性格で、感情をあまり表に出さないのが特徴。

「自分のことは別に話す必要がない」と思っているため、積極的に自分の趣味や考え方について周囲に話すことが少ないです。

その分周囲が「この人は何を考えているんだろう」と気を使わなければいけなくなるため「うざい」「めんどくさい」と感じさせてしまいます。


理由5. 意見がコロコロ変わる "信用できない"

AB型の男性は、とても気分屋な性格をしています。

その場その場で意見が変わることがあり、周囲の人は「この間と言ってたことが違う!」と感じるため、厄介でめんどくさいと思われるのです。

職場の上司にAB型男性がいると、

  • 急に資料提出の締め切りを短くされる
  • 以前、言われたやり方を変えられてやり直す羽目になる

といったことがしょっちゅう起こる場合も。さすがに職場の上司がこんな状態だと、周囲もさすがにムカつくでしょう。


理由6. 勝手に行動する "集団行動の際に迷惑"

AB型男子は自己中心的な性格で、協調性が乏しいです

友人グループと出かける時にも、

  • 自分だけさっさと歩いて行ってしまう
  • 皆で行こうと言っているのに「俺はいいや」と言い出す

など、周囲に「なんで?」と思わせる行動が見られます。

一緒にいるとうざいため迷惑だと思われて、関わりたくないめんどくさい人だと判断されるでしょう。


理由7. 頑なに意見を譲らない "融通が効かない"

頑固すぎる一面のあるAB型男性。意見がぶつかったとしても絶対に譲らないため、いつも相手が折れないといけなくなります。

周囲からすれば「そんなとここだわらなくても…」と感じる些細なことでも、頑なに譲ろうとせず、厄介者でめんどくさいと思われやすいです。

自分が良いと思っているやり方を常に守るので、職場では「あの人は融通が利かない」と使いにくく感じられていることもあるでしょう。


理由8. 人によって態度を変える "裏表があるように見えてしまう"

AB型の男性は二面性があるため、周囲からすれば本当の気持ちがどこにあるのかわからないと感じてしまいがちです。

ある人とは楽しそうに色々と話しているのに、別の人には事務的な会話しかしようとしないなど、傍から見ても態度を変えていることが明らか。

人を見て出方を決めている様子は偽善者に見えてしまい、「付き合うのがめんどくさい、関わりたくない厄介な相手」と思われてしまいます。


理由9. 無意味なことはしない "損得勘定が見えすぎている"

合理的な考え方を持っている、AB型男性。

時には、合理性を求めすぎて「自分に得がないことはやりたくない」という気持ちを露骨に出してくることがあります。

例えば同僚などがミスをした時、周囲は損得関係なくフォローしようと動いているのに自分だけ平気でしれっとしていることもあるでしょう。

その結果、周囲からすれば「なんで?損得だけで動いているの?」と、めんどくさい人扱いされてしまいます。


理由10. 繊細過ぎる "どこで傷つくのか予想できない"

普通は気に留めたいようなところに気が付くナイーブな性格も、AB型男性の特徴として挙げられます。

普段は飄々としている印象なのに、周囲にはよくわからないポイントで傷つくことがあるため、

「あの人は何を基準に傷つくのかわからないから、言葉を選ばなければいけない。」

と変に気を遣う必要があるのが、めんどくさいと感じてしまいます。


AB型男性と関わり方のコツ|どのように接するのが正解なの?

「めんどくさいAB型男子と、どうすればうまくやっていけるのかな?」

「気持ちがよくつかめないAB型男性と上手に付き合う簡単なコツを知りたい。」

めんどくさいAB型男性は、関わりたくないと思っていても職場などでどうしても付き合う機会があるもの。

「だるい、うざい」とならないためにも、関わり方のコツを知っておきたいですよね。

ここでは、AB型男性と付き合っていく際のポイントを解説します。


接し方1. 一定の距離感を保って接する

AB型男性は、自分一人で過ごす時間を大事にしたいと考えています。

そのため、友人や恋愛関係においても一定の距離感のある付き合い方を好みやすいです。

  • 恋愛関係の場合「ずっと一緒にいたい」と言うなど、ベタベタしすぎない
  • プライベートなことをズバズバ聞くなど、前のめりな接し方は避ける

などを意識してください。

ただ、もし本人から自分のことを話し出すことがあれば、こちらから色々質問しても嫌がられることは少ないでしょう。


接し方2. 悪いところがあっても冷静に伝えてあげる

合理的に考えるAB型男性は、感情的に意見を言われるとだるいと思ってしまいます。

一度嫌がられると、耳に蓋をして聞き流されてしまう可能性大。

そのため、

  • 落ち着いた態度を見せて、冷静に話す

など合理性や知性を求めるAB型男性の特徴を、うまく活かして話すことがポイントです。

また、AB型男性を異性として意識している場合は、f相手のプライドを傷つけないよう否定的な言い方を避けることで嫌われるのを回避できます。


接し方3. 束縛して自由を奪わない

AB型男子は、多少自己中な部分があり自由を愛しているのが特徴です。

そのため、自分を異性として見てほしいからとAB型男性をしばりつけるような言動を取ると、煙たがられて最悪の結果になりかねません。

  • LINEの連絡は最低限に抑える
  • 長い時間を一緒に過ごそうとせず、少しずつ距離を縮める

といった関わり方の方がうまく付き合っていきやすいですよ。

特に束縛しがちなタイプの人は、「ちょっとドライすぎない?」と思うぐらいがちょうどいいと覚えておきましょう。


接し方4. 回りくどい表現は避けてわかりやすく伝える

合理的なAB型男性は、回りくどい言い方をされるとめんどくさいと感じてしまいます。

あれこれ言われるうちに「もう、どうでもいいや」と聞き流されてしまうこともよくあるので、

  • 遠回しにあれこれ喋るのではなく、素直な意見をストレートに伝える

ことを意識しましょう。

変に駆け引きしようとすると嫌がられてしまって逆効果なので、駆け引き無しの関わり方を徹底すると良いですよ。

そうすればお互いの気持ちも、はっきりと理解しやすくなります。


AB型男性がめんどくさいと言われる特徴から接し方を学びましょう!

「変わっていてサイコパス、理解しがたくてめんどくさい」と思われることもあるAB型男性。

しかし、言動の裏には共通した心理や特徴がみられるため、これらを理解することでサイコパスだという印象も変わることがあるはずです。

また、異性としてAB型男性と関わる場合も合理主義や自由を求める性格を理解することでより接しやすくなります。

今回ご紹介した情報を参考にしながら、ぜひAB型男性と上手く付き合って言ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事