お互いに意識してる雰囲気とは?両思いの空気感から関係を進展させる方法を紹介

お互いに意識してる雰囲気について詳しく知りたい方へ。今記事では、お互いに意識してる雰囲気の特徴から、両思いの時のアプローチ方法まで詳しくご紹介します。好きな人も自分の事を意識してるかもと思う方は、ぜひ参考にしてみてください!

お互いに意識してる雰囲気とは?実は両思いの特徴を解説

お互いに意識してる雰囲気とは?

彼氏彼女として付き合ってるわけじゃないけど、「確実にお互い意識してるよね!」と、感じる瞬間ってありますよね。

では、一体どんなところが、お互いに意識してる雰囲気になるのでしょうか?

まずは、お互いに意識してる雰囲気の特徴や、共通するポイントについて一つずつチェックしていきましょう。


お互いに意識してる雰囲気の特徴1. よく目が合う

好きな人の事は、気になってつい目で追ってしまうもの。

もし、お互いに意識してるのであれば、お互いにお互いを目で追ってしまうので、自然と目が合う回数も多くなります。

また、同じ職場に好きな人がいる場合、仕事中だろうと、なんとなくチラチラと好きな人の事を見てしまったり、他の人とどんな話をしているのか気になって、見つめてしまいがち。

そのため、ふと目線をあげたり、振り返ったりした時によく目が合うのです。


お互いに意識してる雰囲気の特徴2. 緊張感が伝わってくる

好きな人が目の前にいると、それだけで思わず緊張して挙動不審になってしまうもの。

もし、2人共緊張してぎこちないようなら、それは、お互いに意識しているサイン。

「どうしよう。〇〇ちゃんがこんな近くにいるなんて!俺、寝癖大丈夫だよね?汗とかかいてないよね?」

などと、内心自問自答して、緊張してしまうのです。


お互いに意識してる雰囲気の特徴3. 距離感が近い

まだ、付き合う前だとしても好きな人の近くに寄れるチャンスがあるのであれば、できるだけ近くにいたいもの。

もし、お互いに両思いの男女であれば、付き合ってない状態でも自然と2人の距離感が近くなるのです。

この時、告白前に段階ならギリギリまで近くなるけど、触れる一歩手前の距離感で留まるのがポイントですよ。


お互いに意識してる雰囲気の特徴4. 他の人と接し方が違う

例え、それが職場であっても、好きな人には自然に優しくなってしまうもの。

どんなに仕事が立て込んでイライラしていても、好きな人にはそのイライラを見せない接し方になります。

本人は、意識して態度を変えているわけではないので、接し方が違うという自覚もありません。

しかし、両思いの場合はお互いに相手に優しく接するため、他の人とは違う良い雰囲気が漂いやすくなるのです。


お互いに意識してる雰囲気の特徴5. 一緒にいると楽しそう

好きな人と一緒にいるだけで嬉しくなってしまうのは、ごく自然なこと。

そのため、お互いに好きと伝え合っていなくても、なんとなく気持ちもはしゃいで第三者から見ても楽しそうに見えるのです。

これは、職場の同僚同士であってもかわりません。

仕事中であっても、なんとなく2人の雰囲気だけがウキウキと楽しそうに感じられるので、他の同僚からも「お互いに好きなんでしょ?」と冷やかされる事もあります。


お互いに意識してる雰囲気の特徴6. お互いに気遣っている

好きな人の事はどうしても体調面や精神面も気になってしまうもの。

そのため、「仕事忙しそうだけど、ちゃんと食べてるのかな?」「昨日のプレゼンうまくいったのかな?」などと、相手のことが気になってしまいます。

お互いに意識してる場合は、特にこまめにお互いに声をかけあったりするため、より意識しあっている雰囲気が漂いやすくなるのです。


お互いに意識してる雰囲気の特徴7. 二人きりで話すことが多い

例え、付き合う前であっても、お互いに両思いであれば、2人きりの時間を作りたいもの。

とはいえ、まだ付き合っていないので、2人きりの時間でするのは、他愛もないお喋りや、お互いの恋愛観を手探りするような会話がほとんど。

しかし、2人きりで話すことが多いため、2人にしか分からない話題やネタが多く、2人だけの親密で意識しあっているという雰囲気を醸し出しやすくなります。


お互いに意識してる雰囲気の特徴8. プライベートなこともよく話す

好きな人には、自分の事をもっと知って欲しいと思うもの。

そのため、2人きりのお喋りの時などに、他の人には話していないプライベートな事もよく話します。

「うちの親、また犬飼ったんだって。毎日すっごいたくさん写真送ってくるの。見る?」

などと、家族の話を気軽に話すのも、お互いに両思いだと分かっているから。


お互いに意識してるかもと思った時の対処法|関係を発展させるコツとは

自分の好きな人が、自分に好意を持ってくれてたら、こんなに嬉しい事はありませんよね?

では、「あれ?もしかしてお互いに意識しちゃってるかも?もしかして、両思い?」と思った時、一体どんな対応を取るのが良いのでしょうか?

ここからは、お互いに意識してるかも!?と思った時の上手な対処法や、2人の関係を恋愛関係へと発展させるためのコツを一つずつチェックしていきましょう。


お互いに意識してる時の対処法1. 積極的に話しかける

相手の気持ちが分からないのに、話しかけるのはなかなか勇気がいる事。

しかし、お互いに意識していると確信できるようであれば、恐れず、積極的に話しかけましょう。

こまめに話しかける事で、相手から話しかけてきてくれる頻度もぐんと上がります

お喋りする回数が増えれば、2人の距離も自然にグッと近くなりますよ。


お互いに意識してる時の対処法2. 恋愛トークをする

お互いに恋愛対象として意識しあっているのであれば、それぞれの恋愛観もチェックしておきたいところ。

「バレンタインは、市販のチョコもいいけど、やっぱり手作りチョコでサプライズしたいんだよね。」

などと、様々な恋愛トークをする事で、どんな付き合いをしたいのか、今までどんな恋愛をしてきたのか分かります。

また、恋愛トークが多くなればなるほど、2人の気持ちの距離も近くなりやすいので、告白されやすくなりますよ。


お互いに意識してる時の対処法3. ランチなど二人きりの時間を多く作る

お互いに意識しているのは確実なんだけど、まだ、あまり2人きりになった事がないのであれば、2人きりでお喋りできる時間を作るように心がけるのも良い対処法です。

同じ職場の同僚や、お互いの会社が近いのであれば、お昼休憩に待ち合わせをして2人きりでランチしたり、仕事帰りに2人で軽くご飯を食べに行くのも良いでしょう。

2人きりの時間を多く作れれば、他の人の目を気にする事なく、いろんなお喋りができるので、よりスムーズに恋愛関係へと発展しやすくなりますよ。


お互いに意識してる時の対処法4. デートに誘う

お互いに相手の事を恋愛対象として意識はしているはずだけど、なかなか次の一歩に踏み出せないのであれば、思い切ってデートに誘ってみましょう。

おすすめは、素敵な夜景が楽しめる場所や、自然と手を繋ぎやすくなる水族館など、カップル定番のデートスポット。

周りでたくさんのカップルがロマンチックな雰囲気を楽しんでいれば、2人の関係も一気に進みやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


お互いに意識してる時の対処法5. 好意をアピールしてみる

お互いに意識しているはずなのに、いつも冗談ばかり言い合ってロマンチックな空気が全く作れないのであれば、思い切ってストレートに好意がある事を伝えてみるのも良い方法です。

恋愛対象として相手にその気はあったとしても、改めて口に出して好意を伝えられるとより強く心に響くもの。

お互いに意識しあっているだけの関係から、一気に恋人関係へと発展できる可能性大ですよ。


お互いにいい雰囲気なら、早めに関係を発展させてみて。

お互いに恋愛対象として意識していはずなのに、一向にそのさきに進もうとしない男女がいると、つい周囲も気になってしまうもの。

とはいえ、そう簡単に進めないのも男女の仲だからこそ。

意識しあっている関係を確実に恋愛関係へと発展させるためにも、お互いの関係性や相手の性格などを見極めたうえで、適切な対応を取るのがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事