電話で告白はOK?告白が成功するタイミングと電話をする前の注意点

好きな人と直接会えない状況が続くと、電話での告白を悩む人も多いはず。今回は、電話で告白をしようとしている男女に向けて、告白を成功させるベストタイミングをレクチャー。さらに、告白の切り出し方やセリフまでお教えします。電話をかける前に注意点をおさらいして、告白に挑んでくださいね。

電話で告白しようと悩んでいるあなたへ。

告白の疑問

好きな人に告白しようか悩んでいる時にうまく会えなかったり、つい話すタイミングが合わなかったりすると、電話で告白してしまおうかなと思うことがあるかもしれません。

この記事では、そんな悩める人のために電話で告白するときのポイントや、電話での告白を成功させるためのコツについても紹介しています。

ぜひ参考にして電話で告白する気持ちを固めてみませんか?


告白を電話でするのってアリ?それともナシ?

告白の疑問

せっかく告白したのにその告白が正式なものと受け取ってもらえなければ言う意味がありません。

告白は直接会ってするものというイメージが強いですが、真剣な気持ちを伝えるのにこの方法でなければダメということはありません。

電話での告白するのはもちろんアリです。

ただし、相手の状況を配慮したり告白のセリフを工夫したりしなければなりません。冗談だととられてしまったり、断られてしまったりする原因になるかもしれないので、注意しましょう。


ただし、理想は直接告白するのがベスト

「好き」を伝える告白はお互いの表情を見ながら話をする人が多く、デート後などに告白するのが王道です。

告白される相手からみたときにも、大きな身振り手振りや真っ赤になったり、誠実な様子を感じたりすれば「OKしてみようかな」という気持ちになりやすいです。

そこで、告白は電話より直接言うのが最も伝わりやすく成功率が高いということは覚えておきましょう。

面と向かって落ち着いた状況で伝えれば、それだけ自分の真剣な気持ちが伝わりやすいですよ。

【参考記事】はこちら▽


遠距離の場合、LINEで告白する人もいる

普段からLINEでやり取りをしている関係であれば、LINEで「好き」と伝えた方がより自然に緊張しないで気持ちが伝えられるでしょう。

LINEのやり取りをしている中で、自分の気持ちを文章にして告白する人もいます。

特に遠距離や学校のクラス、職場が離れている関係の相手に告白したい場合、直接伝えるのがなかなか難しいときにおすすめです。

いろいろなスタンプを活用すれば、より自分の気持ちを表現しやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


電話で告白する時の流れや切り出し方、コツとは?

電話で告白はあり?

せっかく電話で告白しようと決めていても、事前準備をしておかないとうまく打ち明けられずに話が終わってしまうかもしれません。

ここでは具体的に電話で告白する時の流れや、どんな風に告白を切り出せば良いのかについて紹介します。


電話で告白するコツ1. 事前に話の流れを考えておく

ただ告白するぞ!と心に決めるだけで電話をすると、タイミングがつかめず告白が難しくなることがあります。

告白の切り出し方は意外に難しく、場合によっては相手に話をそらされてうまく伝えられなくなってしまうかもしれません。

そこで重要になるのは、どんな風に話をして告白の流れに持っていくのかを考えておくことです。「この話をしたら相手はこう返してくれるかな?」というように、話の順番や流れを想像して組み立てることが大切です。


電話で告白するコツ2. 電話に出てもらっていきなり告白するのは相手も驚くので控える

告白は、言い方が悪いと成功率を下げることになりかねません。

電話をかけていきなり「もしもし?あのね?言いたいことがあるんだけれど、あなたのことが好きなんです!」と言われてしまったら、どんなに告白が真剣な気持ちだったとしても言われた相手はびっくりしてしまいます。

今日は電話で告白するぞと決めていても、焦っていきなり告白をするのは禁物です。相手の状況を推し量る心の余裕を持ちましょう。


電話で告白するコツ3. 最初は雑談で打ち解けて、「ちょっと真面目な話があるんだけど」と切り出す

真剣な女性

電話をした時は、相手の表情が見えません。

たまたま嫌なことがあって元気がないかもしれませんし、自分が恋愛対象として意識されていなければ、告白しても「なんで告白されたんだろう?」と思われて終わってしまうかもしれません。

良い返事をもらうためには、まず一緒に話していて楽しいなと思ってもらうことが大切です。そのためテンポよく話せる楽しい雑談で打ち解けてから、少し落ち着いたタイミングで告白するようにしましょう。


電話で告白するコツ4. 直前まで明るく話していても、告白の時は真面目なトーンで話す

せっかく告白のために電話をしているのに、ふざけて言っていると思われては困ります。

告白する前は「ちょっと真面目な話があるんだけど」「今からとても大事なことを言うんだけど」と真剣な話であることがわかるようにはっきり伝えましょう。

また、雑談中は明るい声で話しますが、緊張してしまって喋りが早くなってしまいがちです。告白をする際は落ち着いて少しトーンを下げながらゆっくり話すように心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


電話で告白するコツ5. ボソボソと喋らず、聞こえやすいよう堂々と話すことを意識する

電話の告白で注意したいのは声の大きさや話すスピードです。

「え?何?ちょっともう一回言ってもらえる?」といったやり取りが入ってしまうと、告白する機会を逃してしまう可能性があります。

恥ずかしいからとボソボソ喋ってしまうと相手が聞き取れないかもしれません。もちろん早口でさっと告白してしまうのもNGです。

直接会っていないので、言い方に気を付けてしっかり相手に伝えることで、告白が成功しやすくなります。


電話で告白するメリット、デメリット

電話で告白のメリット

告白が成功しやすいのは、直接会って言ったときだけとは限りません。

電話で告白するか直接会って告白するか迷っているかもしれませんが、電話での告白には電話なりの良さがありますよ。

ここでは電話で告白するメリットとデメリットを合わせてご紹介します。


告白を電話でするメリットとは

電話は直接会ってはいないので、お互いの状況を目で見て確認することができません。しかし自分の声を相手の耳元で聞いてもらえますよね。

電話で告白する場合、この電話の特徴はメリットにもなるのです。どんなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。


電話で告白するメリット1. 直接よりも緊張せずに想いが伝えられる

直接告白していると相手の視線を感じて何が言いたいのかわからなくなってしまうことがあります。

また、顔が赤くなっていないかな、今日着ている格好は変じゃないかな、周りに誰かいないかな、といろいろなことが気になってしまいがちです。

電話での告白は、自分が相手にどう見られているかやその場の状況を気にする必要がありません。そのため、直接会うよりも落ち着けて緊張しないので想いが伝えられます。


電話で告白するメリット2. 好きな人に話へ集中してもらいやすい

電話での告白は落ち着いて想いが伝えられるだけでなく、相手にとっても話を聞きやすい状況です。

面と向かっていて自分が緊張して告白しているとわかると、聞いている相手も一緒に緊張してしまうのです。

お互いが緊張していると、相手も自分の言っていることをよく聞いて理解できなくなってしまう可能性があります。

そうすると、せっかく両想いだったとしても、告白が失敗してしまうかもしれません。


電話で告白するメリット3. 返事をする方も緊張せずに答えられる

直接会って告白された場合、相手もびっくりして声が小さくなってしまったり、ボソボソと何を言っているのかわからなくなってしまったりすることがあります。

緊張してしまい「うん、わかった」としか言えない場合も考えられます。

電話で告白をすれば、答える相手側も落ち着いて答える余裕を持てるのです。

「そんなふうに言ってくれてありがとう」「好きだよ、付き合おう」などと返答が貰えるかもしれません。


告白を電話でするデメリットとは

電話で告白のデメリット

もちろん、電話での告白にはデメリットもあります。直接会っていないため、表情がわからず身振り手振りを交えて伝えることができません。

電話で告白をする場合はこのようなデメリットもあると覚悟して連絡をするようにしましょう。


電話で告白するデメリット1. 表情が見えない分、真剣さや誠実さが伝わらない

電話で「好きだよ」と言ったとしても、その言葉が「あなたはいいところがあるね、そういうところ好きだよ」という意味にとられたり、「何、冗談言っているの?」など、告白が冗談に思われるかもしれません。

告白している自分もされる側の相手も声の様子だけを頼りに会話しています。まっすぐ目をみて想いを伝えられないので、気を付けないと本気で告白していることが伝わらない可能性があります。


電話で告白するデメリット2. 沈黙が続いた時に気まずい

直接話している場合には、たとえ相手が黙り込んだとしても、表情で様子を推し量ることができます。

しかし電話の場合にはなぜ相手が黙っているのかが分かりません。黙ったままだと嫌な考えが頭をめぐるので、不安になってしまいます。

だからと言って「何で話してくれないの?」などと聞くと、あおっているような印象を相手に与えてしまいます。相手は自分が責められているのではないかと感じ、ますます話しにくくなってしまいます。


電話で告白するデメリット3. 相手の表情やリアクションが声以外に分からない

直接告白する場合は、相手が嬉しそうにしているか、少し困ってしまっているかがすぐにわかります。しかし電話で告白をする場合には、言葉以外の情報がありません。

もしも告白した後に相手の声が急に低くなってぼそぼそ話し出したとしたら、相手の状況がわからず困惑してしまいます。

相手は、今どんな感情なのか、恥ずかしいのか、告白されたことが嫌だったのかなど、相手の状況を必死に探ることになるでしょう。


成功率が高まる告白のタイミングとは?

電話で告白のタイミング

電話での告白は、直接伝える告白と少し違う点があるということをご紹介しました。しかし、事前にしっかりと準備しておけば、電話でも告白ができます。

ここからは、具体的に電話での告白成功率を高める告白のタイミングについてお伝えします。


電話で告白して成約率が高くなるタイミング1. きちんと信頼関係を構築してから告白する

電話での告白は直接伝える告白よりも少し難易度が高め。そこで、電話で告白するためには、きちんと相手と信頼関係が作れていることが大前提です。

せっかく電話しても電話に出ない、出ても「今までそういう目で見ていなかった」ということがあったら悲しいですよね。特に学校や職場関係のつながりだと、電話番号を交換しあったからといって友達になれたとは限りません。

何度かデートしているなど、相手と親しくなれたと確信できているときが告白のタイミングです。


感情が高まって勢いで告白すると成功率がグッと下がる

お酒を飲んだり友達に近くにいてもらったりしながら告白するのは避けましょう。告白を成功させるには、相手の気持ちを推し量りながら真剣さを伝えなければなりません。

たとえデート後であっても、感情が高ぶっているのは自分だけかもしれません。

気の向くままに告白すると「この人は自分の感情を押し付けたいだけなんだ」と思われる可能性があります。

仮に相手が自分に好意を持ってくれたとしても成功率がグッっと下がってしまうから気をつけて。


電話で告白して成約率が高くなるタイミング2. 彼女が友達や周囲に自分の事を紹介してくれた時

女性の紹介

お互いがそれぞれの思いに気づき始めていると「あの人ちょっといいなと思ってるんだけど、どう思う?」と周囲の友達に相談しているかもしれません。

付き合う気はない人や関係を深めたくない人をわざわざ自分の知り合いに紹介することはあまりありません。

告白のタイミングとしては、相手が自分のことを周囲に紹介してくれた時がチャンスです。

特に親友など、告白したい相手が信頼を寄せている相手に紹介してくれた場合は脈ありの可能性が高いです。


電話で告白して成約率が高くなるタイミング3. 「好きな人はいるの?」と恋愛について尋ねてきた時

相手も自分に興味があって、告白したいな付き合ってみたいなと思っていれば、好きな人や付き合っている人がいるかどうかが気になります。

そこで相手に好きな人はいるのと聞かれた場合は、告白できるタイミングですよ。

「この前好きな人いるっていったけど、どんな人かわかる?」

「意外と近くにいるかな」

「今電話で話している人だよ!」

などと電話でクイズをしながら一気に告白に持ち込むことも可能でしょう。


電話で告白して成約率が高くなるタイミング4. デートや食事の誘いを常にOKしてくれるようになった時

どんな人でも、仲良くなりたいと思っていない相手と好んで一緒に出かけることはありません。ほとんどの誘いに出てきてくれるのであれば脈ありと判断できます。

また、デート後に「この前は楽しかった」という話があれば脈ありでしょう。

断りの返事でも、

「別の日にまた誘ってほしい」

「都合がついたらこっちから声かけるね」

など、次がありそうな反応の場合には、電話で告白しても大丈夫でしょう。


電話で告白して成約率が高くなるタイミング5. 相手から脈ありサインや好意が見受けられた時

脈ありの女性

相手が自分のことを好きそうだなと感じられれば告白しやすいですね。

よく目が合う、気がつくといつも同じグループに入る、話しかけると嬉しそうという脈ありサインがあれば、告白のタイミングかもしれません。

「あなたと一緒にいると楽しい」

「ついでに持ってきてあげたよ」

「特別だからね」

などという言葉が異性から出るようであれば、告白しても良いでしょう。相手は告白されるのを待っているかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


相手に誠実な気持ちが伝わる告白の言い方

告白の言い方

「ずっと前から好きでした」

「これからも一緒にいたい」

「付き合ってください」

など、告白は相手にきちんと気持ちが伝わるセリフを選びましょう。「もう他の人とデートしないで」といった回りくどいものより、シンプルでストレートな言い方が相手の心に響くので、おすすめです。

【参考記事】はこちら▽


告白を電話でする際に気をつけたい注意点

女性からの注意点

電話での告白は声しか聞けないので「好きと言いさえすれば大丈夫」と思っていると、思わぬ失敗をする可能性があります。

ここでは、告白の切り出し方やデート後の返事の待ち方、セリフ選びなど告白の際に気を付けたい注意点を5つ紹介します。


電話で告白する時の注意点1. なぜ直接ではなく、電話で告白したのか理由をきちんと述べる

遠距離であれば仕方ありませんが、電話よりも直接告白してもらいたいと考えている人は多いです。

特にデート後に告白の電話をかけた場合には、なぜその場で直接言ってくれなかったのかと言われても仕方ありません。

どんな理由であれば受け入れてもらえるかは相手により異なりますが「しっかり言葉で伝えたいんだけど、直接だと恥ずかしくて」など、必ず電話で告白をする理由を添えましょう。

話の切り出し方で相手に好感を持ってもらえれば、告白が成功しやすくなります。


電話で告白する時の注意点2. 返事を急かしたり、催促したりしない

告白した後は、返答を保留にされてしまう事があります。しかし「じゃあ明日教えて」などのように返事は急かさずじっくり待ってみましょう。

ゆっくり待つことで、相手も考えが整理されて、どうすればよいかわかるようになります。

もし、回答を保留にされた場合は「次会ったとき聞かせて」「○○が終わったら返事をしてほしい」など、どのくらい答えを待つつもりなのかを伝えておくのがおすすめです。


電話で告白する時の注意点3. 周囲が騒がしいところで電話をかけない

電話NG

告白電話をかける場合は、とにかく落ち着いてじっくり話せる場所を選ぶことが大切です。

「家で電話するのは家族がいて難しいし、職場や学校では他人の目が気になる」そう思っていても騒がしい場所で電話をするのは避けましょう。

今自分がかけようとしている電話の内容は告白です。もし周囲の音がうるさくて相手に聞き取れなかった場合どうなってしまうでしょうか。

何度も聞き返されてしまうようでは、告白するきっかけを失ってしまいますよ。


電話で告白する時の注意点4. いきなり電話をかけず、LINEで「電話平気?」と聞いてから電話をする

電車やバスで移動している場合に告白されても相手は返答に困ってしまいます。また、都合が悪ければ電話に出ないことも考えられます。

そこで直接会った時やLINEなどで、いつ電話をしても大丈夫かどうかを確認しておくのがおすすめです。

「今夜電話していい?」などと予め確認しておけば、相手も電話に出ないと悪いと準備をしてくれるでしょう。

また、「もしかして告白かな?」と相手の心の準備ができていれば、それだけ告白が成功しやすくなります。


電話で告白する時の注意点5. 一方的に要件を述べず、きちんと相手の話にも耳を傾ける

いくら告白するために電話をかけていたとしても、相手の状況によっては告白を延期するなど、相手に耳を傾けたりしましょう。

告白して相手と付き合いたいと考えているのであれば、相手の気持ちに寄り添って、相手の立場で物事を考える習慣をつけましょう。

自分が好きだと告白して気持ちを伝えさえすれば、あとは相手が勝手に考えれば良いということではありません。

自分が気持ちを伝えた後に相手がどんな風に考えてくれているのかに耳を傾けることも大切ですよ。


電話の告白はタイミングと関係性が大切!

電話するタイミング

遠距離など好きな人と直接会えない状況であれば電話で告白しても構いません。

しかし思いついたタイミングで闇雲に電話をかけるのは厳禁です。会話の流れや相手の状況などを踏まえ、落ち着いて話ができる場合に切り出すようにしましょう。

電話で告白する場合には、相手を焦せらせることなく気持ちに寄り添うように努めることでより成功しやすくなりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事