高校生必見!好きな人とのLINEを"成功させる方法"|きっかけや盛り上がる話題を解説!

好きな人とのLINEについて知りたい高校生へ。本記事では、好きな人のLINEを交換する方法から、LINEをするきっかけや始め方まで大公開!LINEを長続きさせるコツや注意点など、色々なテクニックも解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

【高校生】好きな人とLINEを交換するには?

【高校生】好きな人とLINEを交換するには?

「〇〇ちゃんと、学校じゃあんまり話せないから、LINEでお喋りできるようになりたいなぁ。」

「好きな人のLINE知りたいんだけど、そんなに仲良いわけじゃないんだよね。どうやったらLINE交換できるかな?」

好きな人とのLINE交換って、考えただけでもドキドキしてしまいますよね。

まずは、高校生におすすめの好きな人とのLINE交換の方法を、チェックしていきましょう。


きっかけ1. 友達経由で聞く

友達からの紹介って、あなたと好きな人との間に、共通の友達がいるという安心感にも繋がります

そのため、あなたが、いきなり好きな人にLINEを聞くよりもスムーズに教えて貰いやすくなるのです。

そして、友達経由で聞くときは、あなたの好きな人が一番仲良くしている友達や、同じ部活などで絡むことが多い友達を選ぶのがポイントですよ。


きっかけ2. SNSで絡んでから聞く

InstagramやTikTokなどで、先に軽く絡んでおくと、あなたの好きな人もあなたに対して警戒心やハードルが低くなります。

SNSで絡む時には、必ず個人的な短めメッセージをつけて絡むのがポイント。

長すぎると、重たく感じてしまうので、一言メッセージ程度で何度か絡んでから、「暇電しよー。」などと、LINEに誘導してみましょう。


きっかけ3. イベントで写真を撮ってLINEを聞く

体育祭や文化祭などのイベントは、好きな人の写真を好きなだけ撮りだめる絶好のチャンス!

そして、一番良く撮れた写真を口実にLINEを聞き出しましょう。

「見て!すごいいいの撮れた!送るからLINE教えて。」

などと、撮った写真を見せつつさりげなくLINEを聞くと、さっくり教えて貰いやすくなりますよ。


きっかけ4. グループを作ってもらって追加する

【高校生】好きな人とLINEを交換するにはグループを作って貰って追加する

LINEグループなどに、あなたとあなたの好きな人が入っている場合、直接交換しなくても、個人的なLINEを気軽に送れやすくなります。

といっても、この方法が通用するのは、あなたとあなたの好きな人が、同じクラスだったり、同じ委員会や部活だったりする場合のみ。

「連絡回しやすいから、LINEグループ作ろうよ。」と、軽い感じで声をかけてみましょう。


【高校生】好きな人とLINEをするきっかけ・始め方は?

【高校生】好きな人とLINEをするきっかけ・始め方は

「LINE交換できても、なんてLINEしたらいいのか、迷う〜!」

「最初のLINE、何書いたらいいか分かんないんだよね…。」

好きな気持ちが大きければ大きいほど、LINEを始めるきっかけって、迷ってしまいますよね。

ここからは、高校生が好きな人とLINEするきっかけや、おすすめのLINEの始め方を、チェックしていきましょう。


始め方1. お礼を言う

どんなに些細なことであっても、きちんとお礼を言われれば誰だって嬉しいもの。

そして、そのお礼LINEをきっかけに、「今何してたの?」などと、LINEを続けやすくなるのです。

まずは、「LINE教えてくれて、ありがとう。」などと、LINE交換してくれたことのお礼をきちんと伝えましょう。

LINE交換した時にお礼を言っていても、再度LINEでお礼を言われると、「キチンとした子なんだな。」と、あなたへの好感度も上がりますよ


始め方2. 学校や塾の確認事項を聞く

事務的な連絡事項なら聞かれても嫌な気にならないため、あなたからも聞きやすいでしょう。

「〇〇ちゃん、進路相談の提出って、いつまでだったか覚えてる?」

「〇〇君、夏期講習申し込みの締め切りって、いつか知ってる?」

などと、名前をつけて聞くのがポイント。

名前をつけると少し丁寧な印象が出るので、事務的な連絡であっても、「〇〇ちゃんはもう提出したの?」などと会話を繋げやすくなりますよ。


始め方3. 画像や動画を送る

あなたの好きな人と、クスッと笑える面白い画像や動画を共有することで、2人の間に共通の話題と一体感が芽生えやすくなります。

「見てみて!これ、めっちゃ面白い!」

などと、短めのメッセージと一緒に画像や動画を送るのがポイント。

何のメッセージもつけずに送ったら、「まぁ、面白いけど、これどうすればいいの?」と、戸惑い、既読スルーされる可能性大ですよ。


始め方4. 相談や質問をする

【高校生】好きな人とLINEをするきっかけ・始め方はは相談や質問をする

誰かに頼られると、男女問わず嬉しく感じるもの。

そして、その相談や質問をしてくれた、自分を頼ってくれた、という気持ちからあなたに対して親近感を湧きやすくなるのです。

送る相談や質問は、簡単に答えられそうなものにしておきましょう。

まずは、「英語の宿題の範囲って、どこだったっけ?」などの軽めの質問がおすすめ。

「友達にいじめられてて…。」などと重い質問は、あなたの好きな人が困惑してしまうだけですよ。


始め方5. 間違い電話を装う

あえて、間違い電話をして、後からLINEで謝罪してみるのも良いきっかけ作りになります。

間違い電話をする時は、あなたの好きな人が出る前に切るのがおすすめ。

うっかり、電話が繋がってしまうと、あなたが緊張しすぎて「わざと間違い電話を装ってみた」とバレやすくなります。

「ごめん。さっき、電話間違えた。〇〇先輩に電話するつもりでさ。」

などと、謝ると、そのまま会話を繋げやすくなりますよ。


【高校生】好きな人と盛り上がるLINEのおすすめ話題は?

【高校生】好きな人と盛り上がるLINEのおすすめ話題は

「片思い中の〇〇ちゃんとLINE交換できたのはいいんだけど、何話したらいいのか分かんねー!」

「男子が好きそうな話題って、何だろ?学校でも男子とあんまり話さないから、分かんないんだよねぇ。」

好きな人と盛り上がれそうな話題って戸惑いますよね。

ここからは、高校生が好きな人と盛り上がれるLINEのおすすめの話題について、チェックしていきましょう。


話題1. 部活の話

「一番熱中しているものは?」と聞かれた時、「部活動」を答えにあげる高校生って、かなり多いもの。

そのため、LINEの話題でも、部活の話を出したらスムーズに盛り上がりやすくなります。

体育会系の部活なら、「朝練大変そうだね。いつも、何時に学校行ってるの?」などと、聞いてみるのもおすすめですよ。

また、文化系の部活なら、「絵を描く技術とかって、顧問の先生に教えて貰えるの?」などと、聞いてみるのも良いでしょう。


話題2. 勉強やテストの話

高校生なら、絶対避けては通れないのが学校の勉強やテストの話でしょう。

相手が誰であろうと同調しやすい話題なので、教えたり、教えて貰ったりと、LINEのやりとりがスムーズに続きやすくなります。

「今日の数IIの方程式、なんか全然分かんなかったんだけど、〇〇君、分かった?」

などと、まずは、あなたから質問してみると、あなたの好きな人も答えやすくなりますよ。


話題3. SNSの話題のネタ

流行りのネタって、やっぱり見たくなるもの。

「ねぇ、これ知ってる?」などと、前置きしてSNSで話題のネタを振ってみましょう。

「それ、部活の後輩が、めっちゃハマってるヤツ。ウケるよねー。」などと、高確率で食いついてくれる可能性大

うまく食いついてくれたら、こっちのもの。

「他にも何か、面白いの知ってる?」と、お喋りが続きやすくなりますよ。


話題4. テレビやYouTubeの話題

テレビやYouTubeの話題は、お互いの感想を言い合ったりして、自然と盛り上がりやすくなるので、とってもおすすめです。

「ねぇ、来週、最終回だって!終わるの早すぎるー!」などと、リアルタイムでLINEすると、返信もすぐに返ってくる可能性が高くなりますよ。

テレビやYouTubeなら、「どの芸能人が一番好き?」「あの配信は絶対見た方がいいよ!」などと、ネタも尽きることなくお喋りが続きますね。


話題5. ゲームや漫画の話題

ゲームや漫画が大好きな男子も多いので、女子からその話題を振ってみると、驚くほど会話が盛り上がりやすくなります。

特に、片思い中の相手が、他校の生徒だったり、部活動をしていない先輩や後輩だったりする場合、勉強や部活の話はしにくいもの。

そんな時でも、ゲームや漫画の話題なら、楽しくお喋りできるのです。


話題6. 友達の恋バナ

恋バナって、それが友達の恋バナであっても、まるで自分のことのようにドキドキしてしまうもの。

そのため、好きな人とのLINEにぴったりの話題なのです。

「〇〇ちゃん、他校に彼氏出来たんだってー。」などと、恋バナを振ってみましょう。

「恋バナしてくるなんて、もしかして、俺に脈ありなのかな?」と、意識して貰いやすくなりますよ。


話題7. 学校で起きた面白い話

好きな人が同じ学校にいる人なら、学校内で起きた面白い話を共有すれば、盛り上がること間違いなし。

また、あなたのことも「面白くて楽しい子だな。」とポジティブな印象を与えられれば、2人の関係もスムーズに進みやすくなりますよ。

学校内の面白い話をする時は、あまり長々と説明しないように、コンパクトにまとめるのがポイント。

  • 「〇〇君が、授業中に『おじさん!』って、先生に言ったの面白かったね。先生、すごいムッとしてたけど。」などと、軽く感想を添える。

すぐに読めるLINEなら、「マジであれは笑ったね。」などとサクッと返事も返ってきやすくなります。

長すぎるLINEは、読むのがだるくて既読スルーされやすくなってしまいますよ。


話題8. 共通の趣味の話

【高校生】好きな人と盛り上がるLINEのおすすめ話題は共通の趣味の話

自分が好きなことは、誰だって喋りやすくなるもの

好きな人と、共通の趣味があるのであれば、ぜひ、その話題をLINEで使いましょう。

お互いにゲームが好きなら、どんなゲームが好きなのか聞いたり、洋楽が好きなら、好きなアーティストを聞いたりするのがおすすめですよ。

唐突に、

「どんなゲームが好き?」

「アーティストなら誰が好き?」

とだけ聞いてしまうと、ちょっぴり尋問のように聞こえてしまいます。

質問する時は、あなたの答えを添えつつ質問しましょう。


【高校生】好きな人とLINEを続かせるコツは?

【高校生】好きな人とLINEを続かせるコツは

「脈ありか、脈なしか、まだ分かんないんだけど、LINEなんとか続けられないかな?」

「女子とあんまり会話したことないから、折角LINE交換しても続かないんだよね。なんかコツないかな?」

好きな人とのLINE、すぐに終わってしまっては、落ち込んでしまいますよね。

ここからは、好きな人とLINEを続かせるコツについて、チェックしていきましょう。


コツ1. 褒める言葉を入れる

褒められて嫌な気持ちになる人は、まずいないもの

大抵の人が、褒められれば、嬉しくなって、褒めてくれた人に対して好感を持ちやすくなります。

好きな人とのLINEでは、冗談っぽくでも良いので、褒める言葉を織り交ぜましょう。

  • 「いつも思ってるんだけどさ、〇〇ちゃんって、すごくいい声してるよね。」などと、普段の様子を褒める。
  • 「体育祭の時のアンカーで1位取った〇〇君、カッコ良かったわー。意外だった!」などと、冗談っぽく褒める。

褒める時は、大袈裟すぎないように気をつけましょう。

大袈裟に褒めすぎると、「え?これって、褒めてるようで、実は嫌味なの?」と勘繰られてしまいますよ。


コツ2. 返しやすい時間帯を選ぶ

好きな人の手が空く時間を狙ってLINEを送れば、ストレスなくLINEもチェックできるもの。

そのため、「〇〇君とは、なんか気が合いそうだな〜。」と、無意識のうちに好感を持ちやすくなるのです。

  • 塾が終わった頃や、部活からの帰り道ぐらいの時間帯にLINEを送る。
  • 寝る前ぐらいの時間帯を狙ってLINEを送る。

LINEをチェックしやすい時間帯に送れば、既読もつきやすくなるので、スルーされにくくなりますよ。


コツ3. 「ねえねえ」とだけ送る

ちょっぴり甘えたような響きのある「ねえねえ」だけ送れば、あなたの好きな人も「ん?なに?」と、軽く返信しやすくなります。

LINEは交換したものの、趣味とか部活とかまだよく知らなくて、盛り上がれそうな話題がない時にもおすすめですよ。

返事が返ってきたら、「今何してたかなーって思って」「英語の宿題、もう終わった?」などと、返信しやすい話を振ってみましょう。

この「ねえねえ」、あまり頻繁に使うと、既読スルーされやすくなるので、たまに使う程度にするのがポイントです。


コツ4. 思わず笑ってしまうスタンプを使う

【高校生】好きな人とLINEを続かせるコツは笑ってしまうスタンプを使う

男子はシリアスなネタより笑えるネタに反応しやすいもの。

「何このスタンプ。初めて見た。めっちゃいいね!」などと、即返信してくれる可能性大!

「じゃぁ、このスタンプ知ってる?」などと、自然とお喋りも弾みやすくなるので、2人の距離もグッと縮まるでしょう。

スタンプを送る時は、下ネタ系のスタンプは避けるようにしましょう。

下ネタ系スタンプは、盛り上がるどころか、好きな人をドン引きさせてしまいますよ。


コツ5. 毎回自分でLINEを終わらせる

次の日のLINEを自分からスタートしやすくするために、毎回のLINEを自分で終わらせるようにしましょう。

  • 「眠くなってきたから、またね。おやすみー。」と、LINE終了のきっかけをあなたから送る。
  • 「そろそろ勉強に戻らなきゃ。また、明日ね。」と、翌日にまたLINEする予告をする。

自分からLINEを終わらせれば、「昨日はごめんねー。部活で疲れてたから眠くてさ。」などと、スムーズにLINEを再開しやすくなりますよ。


コツ6. 定期的に質問する

LINEをさりげなく長続きさせたいのであれば、時々、疑問文を挟み込みましょう。

適度に質問することで、あなたがちゃんとLINEを読んでいることが伝わります。

  • 「それって、〇〇君もしたの?」など、部活の面白話を聞いている時に、質問する。
  • 学校の先生の話をしている時に、「〇〇先生って、去年1組の担任だったよね?」などと、その先生に関する質問をする。

ただ相槌を打つだけでは、LINEは長続きしません。

今喋っている話題に合わせた質問をすることで、その話がさらに盛り上がっていきますよ。


コツ7. 返信スピードは相手に合わせる

自分と同じぐらいのスピードで返信が来れば、誰だってストレスを感じることなくLINEを楽しめますよね。

  • あなたがLINEを送ってから10分ぐらい経って返信が来るようなら、あなたも返信が来てから10分程度待ってからLINEを返す。
  • あなたのLINEに即返信してくれるなら、同じように即返信してみる。

など、あなたが片思いしている人と、両思いになりたいのであれば、あなたが送りたいスピードではなく、相手が送りたいスピードに合わせましょう。

厳密に返信までの時間を測る必要はありませんが、大体同じぐらいの間隔を空けることを意識すると、相手もリラックスしてLINEしやすくなりますよ。


【高校生】好きな人とLINEをした時の脈ありの見分け方は?

【高校生】好きな人とLINEをした時の脈ありの見分け方は

「いつもLINEがそっけないんだよね。脈なしなのかな?なんかいい見分け方とかないのかな?」

「恋人欲しいようなことを匂わせてたから、てっきり脈ありだと思ったんだけどな…。なんか、違うっぽい気がする。」

好きな人と両思いになりたいと思っても、その好きな人が自分に脈ありかどうかって、なかなか判断が難しいですよね。

ここからは、好きな人とLINEをした時の脈ありの見分け方について、チェックしていきましょう。


見分け方1. 既読からの返信が早いかどうか

好きな人や気になる人とは、SNSやLINEなどで少しでも接点を持ちたいと思うもの。

そのため、既読になったら、できるだけ早く返信してくれるのです。

「あ、〇〇ちゃんからLINE来てる。テスト範囲かぁ。『ノートに書いたはずだから、家着いたらソッコーで見て送るね。』って、返しとこ。」

などと、今すぐきちんと返信できない場合でも、その旨をきちんと返信してくれるなど、既読スルーで放置することがほとんどありません。


見分け方2. 話を膨らませてくれるかどうか

好きな人とは、いつまでだって話していたいという気持ちが強くなるもの。

そのため、どんなネタでも会話が途切れないよう、話を膨らましたり、新しいネタを持ち出してきてくれるのです。

「進路といえばさ、〇〇さんはアメリカの大学受験するつもりなんだって。びっくりだよね。」

などと、まるで連想ゲームのように話を膨らましたり繋いだりしながら、LINEを続けてくれるようなら、脈ありだと思っても良いでしょう。


見分け方3. 質問を多くしてくれるかどうか

「質問が多い=興味がある」という証拠。

もし、あなたとのLINEで、好きな人からあなたにたくさん質問してくれるようなら、その人はあなたのことがもっと知りたいと思っています。

「ネトフリとか見る?何がおすすめ?」

「〇〇君って、部活、吹奏楽部だったよね?なんの楽器なの?」

など、あなた個人について、様々な質問をしてくれるなら、それだけあなたに好意があると考えても良いでしょう。


見分け方4. くだらないどうでもいい話が続いているかどうか

【高校生】好きな人とLINEをした時の脈ありの見分け方はどうでもいい話が続いているか

オチなんか何もないようなくだらないような話がLINEでできるのは、あなたのことを毎日のように思い出している証拠

「ねぇ、ほんとマジ笑えるんだけど?」

「ちょ!それ、意味分かんないって、もーやだー。」

など、他の人が見たら、何を話しているのかよく分からないようなLINEが延々と続くのは、ただ、あなたとのお喋りが楽しいから。


見分け方5. 恋愛の話が多いかどうか

好きな人の恋愛事情が知りたいのは、誰だって同じこと。

「今、誰か気になってる子とかいる?うちのクラスでいる?」

「〇〇君はさ、どんな子が好みなの?髪とか短いのと長いの、どっちが好き?」

など、誰か既に気になっている人がいるのかどうかや、好みのタイプなどを知りたがったら、あなたの恋人になりたい可能性大ですよ。


見分け方6. 毎日LINEをくれるかどうか

脈なしの相手には、めんどくさくて毎日LINEなんかしたくないもの。

もし、あなたの好きな人が、毎日あなたにLINEをくれるなら、それはあなたに好意を持っているからに他なりません

「おはよー。今日、英文法のテストあるね。お互い頑張ろう!」

「今日の部活、マジキツかったー!」

など、多少LINEの文面がそっけない感じでも、毎日LINEをくれるなら、脈ありでしょう。


見分け方7. 自分の話をしてくれるかどうか

好きな人に、自分のことをもっと色々知って欲しいと思うのは、ごく当たり前の心理。

もし、あなたの好きな人が、自分からプライベートなことを話してくれたら脈ありの可能性大ですよ。

  • 「俺の兄ちゃんが〇〇大行っててさ、〜」など、親兄弟、姉妹について話してくれる。
  • 「私、3歳からからピアノ習っててね、〜」など、小さい頃の話をしてくれる。

など、あなたが質問しなくても、家族や小さい頃の話をしてくれるかどうか、お喋りの中でさりげなくチェックしてみましょう。


見分け方8. 毎回相手の返信待ちで終わるかどうか

【高校生】好きな人とLINEをした時の脈ありの見分け方は毎回相手の返信待ちで終わるか

毎回のLINEの終わり方次第で、脈ありかどうかをそれとなく判断する見分け方です。

もし、いつもあなたの好きな人からの返信待ちで終わるようなら、次の日にその人から自然とLINEが来るようになるでよう。

  • 「昨日はごめん。寝落ちした。」などと、翌日LINEしてくれる。

このように、楽しくLINEした翌日に、相手からLINEしてくれるなら、その人もあなたとずっとLINEしていたい証拠で、脈あり確定ですね。


見分け方9. デートに誘ってくるかどうか

2人きりで出かけようと誘うのって、よほど気になる相手にしかしない行為です。

学校や塾で顔を合わせた時には、なんだかそっけない態度でも、LINEでデートに誘ってくるなら、確実に脈ありと考えても良いでしょう。

  • 「来週テストあるし、今週末、一緒に図書館で勉強しない?」と、勉強会という名のデートに誘われる。
  • 「俺、観たい映画あるんだけど、〇〇ちゃん一緒に観に行かない?」と、映画に誘われる。

など面と向かっては誘いづらいデートは、LINEで誘ってくることが多いのです。


見分け方10. LINE電話をしてくるかどうか

ただただ好きな人の声が聞きたい!

そんな気持ちが抑えられない時に、LINE電話をかけたくなるのです。

  • 「今何してたー。」なんて、特に話題らしい話題もないのに、LINE電話してくれる。
  • 「文字打つのダルいから、電話するわ〜。」などと言い訳しつつ、LINE電話してくる。

などは、「好きな人の声が聞きたい!」という本音を隠しているだけ。

これは、もう、確実にあなたのことが好きだと言っても良いでしょう。


見分け方11. 絵文字や顔文字を使うかどうか

絵文字や顔文字がないテキストって、なんだかそっけなく冷たい印象になりがちです。

そのため、普段、絵文字や顔文字を使い慣れていない男子が、気になる女子に送る時には積極的に絵文字や顔文字を使う傾向にあります。

絵文字や顔文字を普段から多用しがちの女子からしたら、その違いは少々分かりにくいかもしれませんね。

気になる男子から絵文字や顔文字が入ったLINEがよく届くようなら、「〇〇君って、普段から絵文字とかよく使うの?」と、それとなく聞いてみるのも良いでしょう。


見分け方12. 自分を肯定してくれるかどうか

【高校生】好きな人とLINEをした時の脈ありの見分け方は自分を肯定してくれるか

誰だって、自分が好きな人には、よく思われたいもの。

そのため、あなたに好意がある人は、あなた自身のことや、あなたの意見も基本的に肯定しがちです。

  • 「私悪かったのかなぁ?」と、友達と喧嘩して落ち込んでいるあなたに「〇〇ちゃんは悪くないよ!」と味方になってくれる。
  • 成績が伸び悩んでいるあなたに、「〇〇君、すごい頑張ってるじゃん。」と、励ましてくれる。

あなたを肯定することで、あなたへの好意に気づいて欲しいのです。


見分け方13. 誕生日などの記念日に連絡をくれるかどうか

1年に1度の誕生日やクリスマスなど、特別な記念日を覚えて祝ってくれるのは、あなたのことを大切に思っている証拠

  • 誕生日になった瞬間、深夜0時過ぎ頃に「誕生日おめでとう!」と、LINEを送ってくれる。
  • 「メリークリスマス!俺は、家で家族とケーキ食ってるよ。」と、自分の状況を交えつつLINEを送ってくれる。

また、おめでとうという言葉だけでなく、誕生日プレゼントなども渡してくれる場合、確実にあなたに脈ありですよ。


【高校生】好きな人とのLINEで気をつけることは?

【高校生】好きな人とのLINEで気をつけることは

好きな人とLINEできるようになったら、どんなお喋りをしようか、ドキドキワクワクしちゃいますよね。

でも、LINEを送るのはちょっと待って。

盛り上がった気持ちのままLINEを送ってしまうと、脈ありが脈なしになってしまう場合もあるのです。

ここからは、高校生が好きな人とのLINEで、絶対押さえておきたい、気をつけたほうが良いポイントについて、チェックしていきましょう。


注意点1. 毎日大量のLINEは送らない

好きな人とのLINEが楽しすぎて、毎日大量にやり取りしすぎると、会わなくても大丈夫な関係になる可能性大。

もし、実際にデートまで漕ぎ着けたとしても、既にいろんなお喋りをLINEでしすぎて、ネタがなくなってしまうのです。

好きな人とLINEする時には、「ネタは小出しにする」のが基本。

あなたが満足するまでLINEで語り尽くすのではなく、「この続きは、会って話そ。」と引っ張って、デートに繋げましょう。


注意点2. 相手からの反応で一喜一憂しない

特に、女子の場合、好きな男子からの返信がちょっとでも遅かったり、そっけなかったりすると、それだけで不安になりがちです。

しかし、男子はそこまで深く考えてません

  • あなたの気になる男子が、あなたのLINEを既読スルーしたのは、ただ単に部活で疲れて寝落ちしちゃったから。
  • せっかく勇気を出して誘ったデートに「いいよ」と一言だけ返ってきたのは、デートのお誘いが嬉しすぎて緊張しすぎちゃったから。

好きな人の反応に一喜一憂しすぎず、あまり気にしないほうが、うまく行きやすいですよ。


注意点3. 過度に絵文字を使わない

絵文字使わない派の人達からしたら、絵文字だらけのLINEは読みにくくて正直ちょっぴり鬱陶しく感じてしまいます。

好きな人とのLINEは、どうしても楽しい文面にしたくてついつい絵文字多めにしがちですが、絵文字はほどほどにしましょう。

  • 1回のLINEに絵文字は1個か2個程度にしておく。
  • 相手の絵文字頻度と同じ程度の絵文字頻度にしておく。

どうしても、絵文字をたくさん使いたい時は、「〇〇君、絵文字あんまり使わないよね?絵文字多いのって嫌?」などと、聞いてみるのもおすすめですよ。


注意点4. LINEで全ての感情を出さない

【高校生】好きな人とのLINEで気をつけることはLINEで全ての感情を出さない

LINEでのやり取りが全てだと思ってしまうと、相手の気持ち自体が分からなくなってしまいます。

好きな人とのLINEは気持ちが盛り上がって、全ての感情を曝け出してしまいがちですが、LINEなんて所詮文字と文字のやり取りに過ぎません。

軽いお喋り程度の心づもりでいる方が、お互いに自然に盛り上がりやすくなりますよ。


注意点5. プロフィール写真を適当に設定しない

「なんで、このプロフにしたの?」などと、プロフィール写真がきっかけで話が盛り上がる事があります。

また、プロフィール写真がきっかけで、あなたとあなたの好きな人との意外な共通点が見つかり、恋愛に発展する可能性大。

  • プロフィール写真に、あらかじめリサーチしておいた好きな人が集めているものをさりげなく写り込ませておく。
  • 自撮りをプロフィール写真にする時は、異性と写った匂わせ系写真は絶対に使わない。

など、プロフィール写真で、好きな人の興味を惹きつけられるように工夫してみましょう。


注意点6. 自分のペースでLINEを送らない

LINEは、使う人によって個性が表れるアプリです。

あなたの感情の高ぶりのままにLINEを送るのではなく、あなたの好きな人の送る頻度や文章の雰囲気に合わせましょう。

  • 好きな人のLINEが、いつも短めで絵文字も少ないなら、あなたも短めで絵文字も少なめを心がける。
  • いつも夜寝る前ぐらいにしか好きな人からLINEが送られてこないなら、あなたもその時間帯を中心にLINEを送る。

同じような頻度と雰囲気のLINEがやり取りできると、それだけでストレスなく楽しめるので会話も自然と弾みやすくなりますよ。


【Q&A】高校生が好きな人とLINEをする時に寄せられたお悩みを解決!

高校生が好きな人とLINEをする時に寄せられたお悩み

「LINEで好きな人を確実に落とす方法とかないのかな?」

「好きな人と確実に仲良くなれるLINEの始め方とか送る頻度とか、どうすればいいの?」

好きな人とのLINEって、どうしても緊張してしまいますよね。

ここからは、高校生が好きな人とLINEをする時に寄せられたお悩みを、一気に解決していっちゃいましょう!


Q1. 好きな人とのLINEの頻度は?

A1. 好きな人とまだそこまで仲良くなっていない場合は、週1回程度LINEを送ってみましょう。

そして、仲が良くなってきたら週3回程度から、仲の良さに合わせて毎日送るようにするなど、頻度を徐々に上げていくのがポイント。

まだ、仲が良くなってないのに、いきなり毎日LINEを送られてくると、相手に嫌がられてしまう可能性大ですよ。

じっくりじわじわと頻度を上げる長期戦覚悟で、LINEをスタートする方が、よりスムーズに仲良くなれますよ。


Q2. 好きな人とLINEをするおすすめの時間帯は?

A2. 学校や部活、塾などが終わり、家にいる19時から22時あたりが、一番おすすめの時間帯です。

ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、勉強したりと、比較的自由に時間を使えるタイミングなので、既読になるのも早いはず。

あなたの好きな人のストレスになりにくい時間帯なので、積極的にアピールしやすいですよ。

朝練などで早く寝る人もいるので22時近くなったら「夜遅くにごめんね。もしかして寝てたかな?」と一言入れると好感度もアップしますよ。


Q3. 好きな人にLINEでデートに誘うのはあり?誘い方は?

A3. LINEなら、直接顔を見なくても良いのでデートにも誘いやすいもの。

とはいえ、いきなりデートのお誘いをLINEで送るのはやはり緊張してしまいますよね。

おすすめは、「会話の流れで自然に誘う」という誘い方。

  • 「最近、何か映画見た?」などと、映画トークをしてから「観たい映画あるんだけど、一緒にどう?」と誘う。
  • 「家だとテスト勉強集中できなくてさー。」などと、勉強の愚痴を言いつつ「図書館で一緒に勉強しない?」と誘う。

「お喋りついでのお誘い」という体なら、相手も誘いに乗りやすくなります。

また、もし、断られても「流れで誘っただけだから、気にしないでー。」と軽い雰囲気を作りやすくなりますよ。


Q4. 好きな人にLINEで告白するのはあり?

高校生が好きな人とLINEをする時に寄せられたお悩みはLINEで告白するのはあり?

A4. 顔を見ると緊張してしまうから、LINEで告白したい!という人も多いですよね?

でも、ちょっと待って!

顔の見えないLINEでの告白は、いまいち気持ちが伝わらないと感じている人も多いのです。

告白という大切な節目は、やはりきちんと直接するのがおすすめ。

あなたの思いを100%、好きな人に届けるために、どんなに緊張しても、面と向かって告白しましょう。


Q5. 好きな人に送るLINEは長文?短文?どっち?

A5. 好きな人への思いの丈を詰め込んだ長文のLINEは、返信が面倒になったり、重く感じたりすることもあります。

仲良くなる前に、相手からうざいと思われないように、まずは短文のLINEからスタートしましょう。

「〇〇ちゃんって、いつもLINE短めだよね?」などと、言われたら、少しずつ長くしてみるのもアリ。

基本は、相手から届くLINEの分量と同じぐらいの長さで送ることですよ。


Q6. 好きな人にLINEを既読スルーされた時の対処法は?

A6. いつまで経っても、好きな人からLINEが返ってこない、既読スルー状態が続くと不安になってしまいますよね。

そんな時におすすめの方法は、3つ。

  • 「何かあったー?」と素直に、1回だけ聞く。しつこく聞くとウザがられるので注意!
  • もしかしたら、部活中だったり、塾に行っていたりするかもしれないので、数時間、返信の時間を置いてみる。
  • 「そういえば、明日の小テストの範囲どこだったか覚えてる?」などと、相手からの返信が必要なLINEを1回だけ送ってみる。

既読スルーの時間が長くなればなるほど、何度も催促したくなりますが、しつこく催促すると嫌われる場合もあるので、気をつけましょう。


Q7. 好きな人とLINEをする時に絵文字やスタンプを使った方がいい?

A7. 女子の場合、癖が強過ぎない可愛い系スタンプや絵文字を使うことで、男心をドキドキさせることも可能です。

そして、男子の場合、女子ウケしそうな可愛い面白スタンプを使うと、話が盛り上がりやすくなりますよ。

しかし、スタンプばかり多用しすぎると、「面白い子だな〜。」と芸人キャラのように思われて、恋愛対象外になってしまう危険もあります。

絵文字もスタンプも使うなら、ほどほどにしておきましょう。


好きな人とのLINEで高校生らしく恋愛を楽しんでみて。

好きな人とのLINEの始め方って、他の友達とのLINEの始め方とは違い、どうしても色々気にしてしまいますよね。

そして、好きな人を確実に落とす方法の一つとしても、LINEは押さえておきたいアプリです。

「あー、なんであんなLINE送っちゃったんだろう!匂わせたわけじゃないのに!」

などと、うっかり送ったLINEで好きな人に嫌われてしまわないよう、今回ご紹介した様々なコツや注意点をしっかり押さえておきましょう。

頑張ってみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事