女性からサシ飲みに誘った時の男性心理|脈ありサインや誘うコツとは?

男性がサシ飲みに来てくれる理由がわからなくて戸惑っている女性へ。この記事では、女性からサシ飲みに誘った時の、男性の心理から、サシ飲みのコツや脈ありサインまで詳しく解説します!

サシ飲みとは?意味を簡単に解説します!

サシ飲みとは?

サシ飲みとは「差し向かって飲むこと」という意味。

テーブルを挟んだ2人が向き合ってお酒を飲むことで、簡単に言うと1対1で飲むことを意味します。

2人で飲むというと付き合う前の男女のデートというイメージがありますが、サシ飲みをするのは、必ずしも恋愛感情のある男女とは限りません。

  • 同性の友達
  • 異性の友達
  • 会社の同僚
  • 元恋人
  • 恋人未満で気になっている人

など、サシ飲みにはいろいろなシチュエーションがあります。


女性からサシのみに誘われた男性の心理|どう思ってるの?

必ずしも恋愛感情があるとは限らないサシ飲みですが、女性から男性をサシ飲みに誘っても良いものか悩むところですよね。

女性からサシ飲みに誘われたら、男性は一体どう感じるのでしょうか。

ここからは、女性からサシ飲みに誘われた時の男性の心理や本音について深堀して解説します。


心理1. もしかして俺のこと好きなの?

多くの女性は嫌いだと思っている男性と二人きりになり、さらにお酒の入るシチュエーションは望まないはず。

そのため、女性からサシ飲みに誘われると「二人きりになりたがっている」という意味と考えて、女性が自分に気があるのではと感じます。


心理2. モテてる感じが単純に嬉しい!

特にその女性に好意を持っていなくても、女性にモテている気分になれて嬉しいというのが男性の本音です。

特に、女性に誘われた経験がない男性の場合は、女性から「サシ飲みしない?」声をかけてもらうだけで素直に嬉しいと感じます。


心理3. お酒飲むの好きだから楽しみ

お酒を飲むのが好きな男性なら、基本的に飲みのお誘いはいつでも大歓迎というのが本音。

異性として全く意識していない女性からの誘いでも全く気にせず、ただお酒を飲みに行く口実ができるので嬉しいと感じます。


心理4. お泊まりまであったりするのかな...?

女性と二人きりで飲むとなると、夜遅くまで一緒にいることになるため、下心を持ってしまう男性も多いです。

好意を抱いている女性でなくても、「もしかしたら酔った勢いで、お泊りしてしまうかも」などと淡い期待を抱いてしまいます。


心理5. めんどくさいから行きたくないなぁ

サシ飲みに誘ってくれた女性が、異性として全く興味がない相手の場合、二人でお酒を飲みに行くととやっかいなことになりそうと感じます。

相手がその気になってしまったり、お酒の勢いで変な雰囲気になったりするのも面倒なので、「正直行きたくない」と思ってしまいます。


サシ飲みで見せる男性の脈ありサイン|好きな女性への態度や行動とは?

「気になる彼をサシ飲みに誘ってみたけど、脈ありなのか知りたい」

「好きな女性に対して、男性はどんな態度をとるの?」

サシ飲み中の男性の態度や仕草で脈ありかどうか分かる可能性があります。男性は気になる女性に対して、どんな素振りを見せるのでしょうか。

ここからは、男性がサシ飲みの時に見せる脈ありサインを紹介します。

男性の気持ちを把握して、恋愛のチャンスに繋げましょう。


脈ありサイン1. さりげなくボディタッチをしてくる

女性のことが気になっている男性にとって、二人きりのお酒の席は彼女に近づくチャンス。

少しでも相手と距離を縮めたいという心理から、お酒の力もあり普段より少し大胆になります。

例えば、

  • さりげなくテーブルの上に置いた手を握ってくる
  • 髪の毛や顔に「何かついてるよ」と言って触れる

など、サシ飲みの最中にさりげないボディタッチをしてくる時は脈ありの可能性が高いです。


脈ありサイン2. 飲んでる最中に恋バナをし始める

気になる女性に恋人がいるのかどうか、男性は気になります。

会話の中からそのヒントを得ようと、飲んでる最中に恋愛の話題を振ります。

  • 「今付き合っている人いるの?前の彼氏と別れてどれぐらい経つの?」と根掘り葉掘り聞いてくる
  • 聞いてもいないのに自分の恋愛状況を話して、フリーであることをアピールする

などは、女性に気がある証拠。

女性からのアプローチも歓迎しているというサインでしょう。


脈ありサイン3. お会計を多めに払ってくれる

例え女性の方から誘われたとしても、気になる女性に対して男性はいい格好をしたいもの。

女性に対していいとこを見せたいという心理は、お会計の時の素振りで分かります。

例えば、

  • お会計の時に当然のように払ってくれようとする
  • 「自分から誘ったんだし!」と女性が割り勘にしようとしても、多く払ってくれる

このように、支払いの際にかっこつける男性は、脈ありの可能性が高いでしょう。


脈ありサイン4. 2軒目にも行きたがる

好意を抱いている女性と一緒に飲めるのが楽しく感じ、少しでも長く一緒の時間を共有したいと考えます。

そのため、1軒目のお店を出た後に、

  • 「近くにいいお店あるから、そこに行ってみる?」と誘う
  • 「もうちょっと飲みたい気分だから付き合ってよ」と帰りたがらない

など、1軒目で満足せずに2軒目に誘う場合は、脈ありかもしれません。


脈ありサイン5. 休日の過ごし方を詳しく聞いてくる

男性が女性のことを気になっているのなら、サシ飲みで良い雰囲気になれたら次はデートに誘いたいなと思うもの。

そのため、彼女が週末に何をしているのかが気になります。

「週末はいつも何しているの?」と、週末の過ごし方を聞いてくるのは脈ありサイン。

チャンスがあればデートに誘いたいと考えている可能性があります。


脈ありサイン6. 「次は〇〇行こう」と2回目の約束をする

せっかく気になる女性からサシ飲みに誘われて良い雰囲気になれたら、次のデートに繋げたいと考えます。

  • 「美味しいイタリアン見つけたから、今度一緒に行こうよ」と食事に誘う
  • コンサートや映画など、彼女が興味のありそうな場所へ誘う

などは、大いに脈あり。

デートを重ねて交際に発展させたい考えていると言って良いでしょう。


サシ飲みの上手な誘い方|女性から誘う時のポイントとは?

気になる男性をサシ飲みに誘うのは勇気がいりますよね。

必死な感じで誘うのは避けたいけれど、軽く誘って断わられてしまってもショックです。

どうすれば男性を上手に誘えるのでしょうか。

ここからは、女性から男性をサシ飲みに誘う時のコツをご紹介します。


ポイント1. そもそも相手が飲める人かどうか確認しておく

男性だからと言って誰もがお酒が飲めて、外で飲むのが好きとは限りません。

もし男性が体質的にお酒が飲めなかったり、飲めてもお酒の席が苦手だったりした場合、せっかくサシ飲みに誘っても良い返事は期待できません。

そのため、そもそもお酒を飲めるのか、飲みに行くのが好きなのかを、彼に直接聞いたり友達に聞いたりして、誘う前に確認しておきましょう。


ポイント2. 行ってみたいお店を共有してみる

一緒に行ってみたいと思っているお店について相手の意見を聞いてみるのもおすすめ。

相手が興味を持ってくれるようなら誘いやすくなります。

例えば、

  • 「青山にある〇〇ってバー気になってるんだけど、行ったことある?」と、聞いてみる
  • 「この前とても安くて雰囲気のいい居酒屋さん見つけたの」と、いいお店を紹介する

などで、男性の反応を観察してみること。

興味を示してくれるようなら、思い切って誘ってみましょう。


ポイント3. 「軽く飲みに行かない?」が定番フレーズ

意識していなかった女性から急にサシ飲みに誘われると、どう対応するべきか迷ってしまうことも。

特に好意を丸出しにして誘うと、相手の男性は引いてしまう可能性もあります。

そのため、

  • 「今度、二人で気楽に飲みに行かない?」と、軽い口調で誘う
  • 「今夜は飲みたい気分だから、軽く付き合わない?」と、当日に急に誘う

など、軽く誘うのがおすすめ。男性が「うん、いいよ」と言いやすい雰囲気を作ることが大切です。


ポイント4. 仕事の愚痴を聞いてほしいと言って誘う

職場の女性からサシ飲みに誘われた時、異性として意識していて誘われているのかどうかが分からず戸惑ってしまう男性も多いです。

そのため、男性がOKしやすいように仕事を口実に誘うのがおすすめ。

  • 「ちょっとお酒でも飲みながら、愚痴を聞いてくれる?」と誘ってみる
  • 「今度のプロジェクトについてちょっと相談したいな、一緒に飲みながら話さない?」と聞いてみる

など、仕事の愚痴や相談を口実に使うと、男性も「聞いてあげよう」という気持ちになりやすいですよ。


ポイント5. 何かのお礼を口実に誘う

何かのお礼にとサシ飲みに誘われた場合、気になる女性からの誘いでもそうでなくても、嫌な気分にはなりにくいものです。

そのため、

  • 「この前仕事手伝ってくれてありがとう!ご馳走するからどう?」と誘ってみる
  • 「愚痴聞いてくれたお礼に、いっぱい奢らせて!」と言う

など、お礼を誘う口実に使うのがコツ

何かのお礼ということなら断る理由がなくなり、男性に快くOKしてもらいやすいですよ。


ポイント6. 日程の候補をいくつか挙げる

思い切って男性をサシ飲みに誘っても、本当に都合が悪くて行けないこともあるでしょう。

そのため、男性をサシ飲みに誘う時は日程の選択肢を与える誘い方を心掛けてみて。

例えば、

  • 「来週ならいつが大丈夫?」と、都合の良い日を聞いてみる
  • 「木曜日か金曜日はどうですか?」と具体的な日付を提示して、選んでもらう

など、日程の候補をいくつか挙げるのがコツ。

そのような誘い方をすれば、男性も「じゃ、金曜日なら大丈夫」と応じやすくなりますよ。


男性とサシ飲みをする時のコツ|二人きりで飲む時の注意点とは?

気になる男性と念願のサシ飲みができることになったら、浮かれてばかりはいられません。

せっかくサシ飲みできているのに、相手の気持ちが冷めてしまうような行動は避けたいもの。

ここからは、気になる男性とサシ飲みする時に気を付けておくべき注意点を紹介します。

お酒の入る席だからこそ、普段よりも気を付けて行動する必要がありますよ。


コツ1. 酔っ払いすぎないように注意

気になる男性と一緒に飲む時間は楽しくて、ついついグラスを重ねてしまうこともあるでしょう。

しかし、はしたなく酔っぱらってしまうまでお酒を飲んでしまうと、男性に幻滅される可能性があります。

「酒癖の悪い女性だな」

「いつもこんな感じなら、彼女にするにはちょっとな」

と思われてしまったら、今後は恋愛対象としては見てもらえなくなるでしょう。

お酒は1、2杯程度に抑えて、会話を楽しむようにしましょう。


コツ2. 話題に困ったら自分の好きなことを話しておく

二人きりで飲むのが初めての場合、どんな話題を選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、

  • 自分の趣味の話
  • 好きな映画や本の話
  • 幼い頃に好きだったアニメの話

など、自分の好きなことを中心に話題を選んでみると、会話が続きやすくなります。

自分を知ってもらうきっかけにもなるので一石二鳥です。


コツ3. お箸の持ち方や最低限のマナーだけ気をつける

男性は女性が思っている以上に、女性のお箸の持ち方や食べ方などを見ているもの。

特に二人きりで飲む時には、男性の視線は自分だけに向けられるので注意する必要があります。

例えば、

  • グラスに口紅がつかないように気を付ける
  • お箸の持ち方やフォークの使い方に、いつもより少し気を配る

などを意識してみましょう。

居酒屋などでは堅苦しいマナーは必要ありませんが、相手を嫌な気分にさせないための最低限のマナーは守りましょう。


コツ4. お会計の時は必ず財布を出す

男性と女性が一緒に食事をしたり飲みに行ったりした時に、男性が払うのが当然という態度は図々しいと感じる男性も多いのでNG。

なので、

  • 男性が伝票をすっと取っても、お財布を出して「私が誘ったんだから奢らせて」と言う
  • 男性が出すと言っても「悪いから少しは出させてよ」と割り勘を申し出る

など、お会見の時には必ず自分のお財布を出すようにしましょう。

奢られて当然と思っていない女性は好印象ですよ。


コツ5. 体の関係を求められたら断っておく

いくら女性からサシ飲みに誘ったからと言って、酔った勢いで体の関係まで持ってしまうのは、軽い女性と思われるのでNG。

例えば、

  • ずっと一緒にいたいと思っても、2軒目、3軒目とずるずる付き合わず、程良い時間で切り上げる
  • 「終電なくなっちゃったし泊まっていかない?」とホテルに誘われても、きっぱりと断る

など、初めてのサシ飲みで軽々しく体の関係まで持ってしまわないよう気を付けましょう。

きちんと恋愛対象として見てもらいたいのなら、性急に体の関係まで持ってしまうのは得策ではありません。


気になる男性ともっと仲良くなる方法|次のステップに進むには?

「サシ飲みで良い雰囲気になれたけど、次はどうしよう?」

「飲み友達から交際に発展するには、何が必要?」

気になる男性と楽しくサシ飲みができたら、付き合えるようになりたいなと思いますよね。

それでは、サシ飲みから次のステップへ進むにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、サシ飲み後にもっと仲良くなるために取るべき行動を紹介します。


方法1. 昼間のデートに誘ってみる

いくらお酒を飲むのが大好きという男女でも、たまにはお酒抜きで会うことも大切。

休日の昼間にデートをしてみたら、いつもとは違う顔が見られるので新鮮な気持ちになれますよ。

  • 休日の動物園や水族館に行くなど王道のデートらしいデートをしてみる
  • 街歩きをしたり買い物をしたりなど、日中に会う約束をする

など、昼間のデートに誘ってみましょう。

サシ飲みする時と同じぐらい、あるいはそれ以上に楽しい時間が過ごせたら相性が良い証拠。恋人関係へ発展できる可能性が高まります。


方法2. 連絡を定期的に取り合う

サシ飲みをした仲だからといって、急に毎日LINEを送るとなると「そこまでの仲じゃないのにな」と面倒くさがられてしまう可能性があります。

しかし、全く連絡を取り合わないと、せっかくサシ飲みで近づけたのに自然消滅してしまう可能性も。

そのため、

  • 一週間に2、3度はLINEをしてみて、サシ飲み後も仲良くしたいと思っていることを匂わせる
  • 定期的に連絡を入れて、誘うチャンスを狙う

など、重たくならない頻度で、定期的に連絡を取り合う仲を保ちましょう。


方法3. 次に行ってみたいお店をLINEで送ってみる

サシ飲み後、男性の方ももう一度会いたいなと感じているのに、誘う勇気が出ない可能性もあります。

そのため、男性から誘いやすい雰囲気を作ってあげることも大切。

例えば、LINEの会話の中で、

  • 「会社の近くにあるカフェ素敵だよね?もう行った」と聞いてみる
  • 「友達がこの前美味しいイタリアン見つけたって教えてくれたの。行ってみたいな」と伝える

など、行ってみたいお店を具体的に挙げてみてください。

「じゃ、金曜日にでも一緒に行こうよ」と、言ってもらいやすくなりますよ。


女性からサシ飲みに誘うことで脈ありに変身させてみて。

二人で会話を楽しみながら美味しいお酒を飲むサシ飲みは、くだけた感じになりやすく男女の距離をぐんと縮めてくれます。

ただし1対1で会話をしなくてはならない上にお酒も入るため、誘い方やサシ飲み中の態度などには気を付けたい注意点もたくさんあります。

職場の同僚や男友達が気になっているという女性は、今記事で学んだことを踏まえた上で、気になる男性をサシ飲みに誘ってみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事