柔らかい雰囲気がある人の10の特徴|好かれる優しいオーラを出す方法とは?

近寄り難いと言われる方へ。本記事では、柔らかい雰囲気の人の特徴から、みんなから好かれる理由まで大公開!柔らかい雰囲気の人になる方法も解説します。

『柔らかい雰囲気』とは?どんな雰囲気なの?

『柔らかい雰囲気』とは?

「柔らかい雰囲気」とは、話し方や人との接し方が優しい様子を表現する際に用いられる言葉です。

乱暴な言葉遣いをせず、穏やかにコミュニケーションが取れる人を「柔らかい雰囲気の人」と言い表すことも。

メイクや髪色から優しそうな見た目と感じられること、常に落ち着きがあり上品な雰囲気であるといったことも柔らかい雰囲気の特徴に当てはまるでしょう。

所作や話し方がゆったりとしている人も、柔らかい雰囲気が感じられる特徴です。


柔らかい雰囲気を持つ人の10の特徴|好かれる人に共通する行動や性格とは?

柔らかい雰囲気の人の特徴

「柔らかい雰囲気って言われる理由に、髪色やファッションは関係ある?」

「職場の同僚が柔らかい雰囲気の人と言われる理由が知りたい」

柔らかい雰囲気の意味はわかりましたが、ではどんな特徴を持つ人が当てはまるのでしょうか。

ここからは柔らかい雰囲気の男女にみられる主な特徴を解説。

柔らかい雰囲気の人と言われる理由について、一つずつ見ていきましょう。


特徴1. 話すスピードがゆっくり

柔らかい雰囲気の人は、常日頃から優しく穏やかなコミュニケーションをとるようにしています。

それは自分の言いたいことを相手にしっかりと伝えたいから。

例えば会議で意見を求められた時、相手が一度聞いただけでわかるように「私は〇〇と思ったので、こちらの案のほうがいいと思います」など、早口ではなくゆっくりと話してくれるでしょう。

丁寧な話し方とわかりやすい言葉遣いに、周囲の人は「柔らかく穏やかな雰囲気の人だ」と認識します。


特徴2. おっとりした性格で自然体なイメージがある

おっとりした性格、つまりおおらかな性格の人は心に余裕があり、いつでもマイペースに人と接することができるもの。

どんな時も自分を偽ることなく自然に振る舞っているため、周囲に警戒心を与えず接しやすい印象を与えます

初対面の人と接する時、第一印象を気にするよりも「友達になりたい」など率直な気持ちを伝えようと心がけるはず。

すぐに警戒心が解け、優しい気持ちで接することができるでしょう。


特徴3. 常に謙虚な姿勢で物事に取り組んでいる

常に驕らず、素直さを忘れないことも柔らかい雰囲気を持つ人の特徴。

いつも相手を敬う気持ちを抱いているため、横柄な態度をとることはありません。

仕事で成果を出した場合、

「皆さんと一緒に頑張ったおかげです」

と、柔らかい雰囲気の人は褒められることを当然と思わず謙虚に受け止めます。

そんな控えめな姿勢から周囲は「物腰が低く、しっかりとした人」といった印象を受けるのです。


特徴4. 心や行動に余裕を感じる

柔らかい雰囲気の人の特徴は心や行動に余裕を感じる

柔らかい雰囲気があると言われる人は、心にゆとりを持ち続けています。

それは常日頃から切羽詰まった状況に陥らないよう工夫しているから。

  • 予定時刻より30分早く目的地に着く
  • 期日より1日早く仕事を終わらせる

などを心がけているため、思わぬ事態が発生した時でも慌てず正しい判断や行動がとれるのです。


特徴5. 聞き上手で相談されやすい

柔らかい雰囲気を持つ人は、相手の気持ちを汲み取る能力に長けているのが特徴。

話しやすい雰囲気を上手に作れる聞き上手な人なので、相談を親身になって聞けるでしょう。

  • 「そうなんだ」などと共感する言葉をかける
  • 適度に相槌を打つ
  • 頭ごなしに相手を否定しない

などの行動を自然ととれるので、よく周囲から恋愛や対人関係などの相談をされやすくなるのです。


特徴6. 人の悪口を言わない

柔らかい雰囲気を持つ人は、心に余裕を持った生活を心がけていることが多いもの。

他人の発言や言動が癪に障った場合でも、人は人、自分は自分との考えから攻撃することはありません。

自分と考え方が違ったり、自由奔放すぎる行動をとったりする人がいても、陰口や悪口は言わないでしょう。

「この人はこういう考え方をするんだ」と自分の中で納得することで、上手く受け流しています。


特徴7. 相手によって態度を変えない

誰とでも分け隔てなく接するのは、相手と自分の間に上下関係はないという心理によるもの。

相手より年齢や勤続年数が上であっても横柄な態度はとりません。

  • 後輩に「お願いします」「ありがとう」などの言葉をかける
  • 新入社員からの質問に上から目線で答えない

など、誰とでも平等にコミュニケーションをとるよう心がけています。


特徴8. 周りをよく見ていて、気配りができる

柔らかい雰囲気の人の特徴は気配りが出来る

行動する前にはどのような行動を取ったら、相手はどんな反応をするかを常に考えがち。

柔らかい雰囲気の人の多くは周囲の人を気遣うことが上手です。

さりげなく相手の表情や発言から感情を読み取り、その人が嬉しくなるような発言や行動をとります。

大人数での会話中になかなか話せない人がいたとしたら、タイミングを見計らって話を振るなどのアクションを起こすでしょう。


特徴9. 感情のコントロールが上手い

常に相手の気持ちを優先するがゆえ、自然と自分の気持ちを抑える傾向に。

不快になるような出来事があっても負の感情を上手にコントロールし、表に出さないようにするでしょう。

仮に通勤途中で誰かにぶつかられた場合でも、「急用ができたんだろうな」などと考えて怒りを鎮めようとします。

様子が普段と変わらないため、周囲からはいつも穏やかな人と認識されやすいです。


特徴10. 常に笑顔で愛嬌がある

柔らかい雰囲気を持つ人は、おおらかな性格であることが特徴。

細かいことを気にしないため、常にニコニコとした愛嬌のある表情をしていることが多いです。

就活で面接に挑む際も必要以上に気負うことはせず、笑顔で受け答えをします。

終始ニコニコしているので、「明るさと優しさが感じられる人」といった第一印象を相手に与えやすくなるでしょう。


柔らかい雰囲気の人がモテる6つの理由|男女問わず好かれるのはなぜ?

柔らかい雰囲気の人がモテる理由

「なんで柔らかい雰囲気の人は多くの男女に好かれるの?」

「柔らかい雰囲気の人に惹かれる理由が知りたい」

優しく穏やかな雰囲気のある男性や女性が近くにいると、なぜか一緒にいたくなるもの。

ではなぜ柔らかい雰囲気の男女は周囲の人からモテるのか

ここからは柔らかい雰囲気を持つ人が好かれる理由を解説します。


理由1. 日々の疲れを癒やしてくれる存在だから

柔らかい雰囲気を持つ人は性格がおっとりとしていて、内面が外にもあふれ出ているもの。

穏やかな空気感が行動や発言から伝わるため、ゆったりとした時間の流れを感じます。

該当するのは、

  • 所作や話すスピードがゆっくり
  • 語気が荒くならない

などの特徴がある人。

一緒にいるだけで日常の慌ただしさを忘れられる感覚があり、周囲の人は癒されるのです。


理由2. 穏やかで、人当たりが良いから

相手の立場や気持ちを考えて動ける人は、コミュニケーション能力の高さが魅力的。

人当たりが良いため周囲から信頼されることが多く、頼りがいがある人と思われます。

  • 困っている人に対して自然に声をかける
  • 相談されたら的確にアドバイスできる

などの点がポイント。

話しやすい柔和な雰囲気が、周囲を惹きつける理由と言えるでしょう。


理由3. 一緒にいて居心地が良いから

感情の起伏が穏やかで、丁寧かつ優しい言葉遣いの人は、周囲から見れば非常に付き合いやすい存在。

「不快な思いにはならないだろう」という安心感があります。

  • 人の悪口を言わない
  • 常に穏やかな精神を保っている

のような要素があれば、優しい気持ちの持ち主だと判断できるでしょう。

常に感情が穏やかで他人を攻撃しない人は好感を得やすく、モテるのです。


理由4. 愛嬌があり、可愛らしいから

柔らかい雰囲気の人がモテる理由は愛嬌があり可愛いから

柔らかい雰囲気の人は精神的に余裕があるため、口角が上がった表情をしていることが多いもの。

笑顔の人が一人いるだけでその場の雰囲気は一気に明るくなります

例えば複数人での会話中、笑顔で聞いてくれると「楽しんでくれているんだな」と嬉しくなりますよね。

笑みを絶やさない人は第一印象から好感を持たれやすくなり、人気者になるでしょう。


理由5. 気配り上手でコミュニケーション能力が高いから

気持ちにゆとりがあることで、柔らかい雰囲気の人は常に落ち着いた状態で周りを見られます。

周囲の人の気持ちを汲みながらコミュニケーションが取れるため、一緒にいる人はこの人といると居心地がいいと感じるでしょう。

もしあなたが何かに困っている時、自然と声をかけてくれたらホッとするもの。

上手に気を配れる人は周囲に安心感を与えられるので、人から好かれやすいのです。


理由6. 自分を攻撃してこないから

柔らかい雰囲気の人は常に相手の気持ちを考えながら発言し、行動するのが特徴。

あなたに非がある時でも、直接攻撃するような強い言葉遣いはしません。

  • 意見をしっかり聞いた上で話す
  • 語気を荒らげず、ゆったりとした話し方で間違いを指摘する

など柔らかい話し方をされると、人は不快な思いをしにくいものです。

上品かつ優しい言葉遣いをする人は好感を持たれやすく、モテるタイプと言えるでしょう。


柔らかい雰囲気の人になる7つの方法|好かれるために今から出来ることは?

柔らかい雰囲気の人になる方法

「柔らかい雰囲気の人って言われたいけど、どうすればいいの?」

「髪型やメイク、ファッションを変える以外の方法で柔らかい雰囲気の人になりたい」

柔らかい雰囲気を身につけるのは難しそうですが、いくつかの方法を実践することでなりたい自分になれるでしょう

ではどうすれば柔らかい雰囲気を身につけられるのか。

ここからは柔らかい雰囲気の人になる方法について、7項目に分けて解説します。


方法1. 時間に余裕を持って行動する

心にゆとりを持った生活ができれば、自然とゆったりとした行動がとれるようになるもの。

慌てないためにも、まずは時間に余裕を持った行動を心がけましょう。

最初は身近なところから、

  • 勤務開始時刻の30分前をめどに職場へ到着するようにする
  • 試験対策のスケジュールは、あらかじめ予備日を設けた上で設定する

など簡単な方法で構いません。

目標を高く設定し過ぎると長く続かないので、初めのうちは少し頑張れば達成できる程度にしましょう


方法2. ゆっくり話して、優しい言葉遣いを意識する

焦っている時は、つい語気が強くなりキツイ言い方をしてしまいがち。

柔らかい雰囲気の人になりたいのであれば、精神をコントロールして優しい言い回しを身につけるといいでしょう。

  • 「〇〇してみて」などと語尾を柔らかくする
  • 「申し訳ございませんが」「大変失礼ですが」といった表現から話し始める

などのポイントに気をつけると、柔和な雰囲気が感じられますよ。

急いでいる時こそ深呼吸して、落ち着いてから丁寧に話すことが、柔らかい雰囲気の人になるコツです。


方法3. 話し上手よりも、聞き上手になる努力をする

人は他人に話を聞いてもらうだけでも心がスッキリとするもの。

気分が晴れやかになるよう、相手の話を上手に聞けるようになるといいでしょう。

  • 相手が話している最中は頷くなどのアクションを取る
  • 笑顔で話を聞く
  • 話の腰を折らないよう、相手が話し終わった段階で発言する

気分よく話せるような雰囲気を作ることが、相手に癒しを与えるポイント。

話の内容に疑問を抱いた場合でも、すぐに反論せず耳を傾けてみてください。


方法4. 肩の力を抜いて、心を解放させる

柔らかい雰囲気の人になる方法は心を解放させる

常に頑張りすぎてしまうと心に余裕が生まれにくくなり、柔らかい穏やかな雰囲気とは程遠い結果に。

何事も「なるようになる」と思いながら対応することで、切羽詰まった精神状態から脱却できるでしょう。

例えば、

  • 相手にも自分にも完璧を求めない
  • たとえ失敗しても次がある、と思うよう心がける

これらを実践するだけでも心が解放されるものです。

ただし力を抜きすぎるとパフォーマンスや結果に影響を及ぼすので、力の抜き加減には注意してください。


方法5. 常に笑顔でいることを忘れない

相手に笑顔を見せることは、自分が敵ではないことを知らせる意味があります。

すると相手は警戒心が薄くなり、自然と心を開いてくれるものです。

  • 面接に挑む際は口角を上げる
  • 鏡に向かって笑顔を作る練習をする

など、日常的に少し表情に意識を向けるようにするだけで自然な笑顔が作れるようになりますよ。

柔らかい雰囲気の人と言われたいなら見た目にも気を付けて。

髪型やファッションも優しく上品なスタイルでまとめると効果的です。


方法6. 他人と比べないように意識する

柔らかい雰囲気の人の特徴は、他人との諍いや嫉妬を嫌い、穏やかで優しい性格の持ち主であること。

日ごろから「人は人、自分は自分」割り切るクセをつけることで、他人をうらやむ気持ちが抑えられます。

職場で自分よりも優れた営業成績を出した同僚がいたとしても、「また次頑張ろう」と思うだけで穏やかになるもの。

徐々に他人と比較する気持ちがなくなり、柔和な雰囲気が身につくでしょう。

自分に対して自信を持つようにすると、おのずと嫉妬心がなくなりますよ。


方法7. 怒りをコントロールをする

誰しも生きていれば、些細なことでイライラしてしまうことはあります。

しかし柔らかい雰囲気を持つ人は怒りの感情を抑える能力に長けているため、乱暴な言動や所作は見られません。

  • イライラしたら深呼吸する
  • 怒りを覚えた理由を考え、紙に書きだしてみる

などの対処法で、瞬間的なイライラは抑えられるでしょう。

最初は感情をなかなかコントロールできないものです。

自分の部屋など誰もいない場所でストレス発散できる方法も探してみてください。


柔らかい雰囲気を纏えるよう、日々の生活から意識してみて!

髪型や髪色、メイクなど見た目を変えるだけでは、本当の意味で柔らかい雰囲気の人になることは難しいでしょう。

常に心にゆとりを持ち、相手を尊重しながら生活することが、内面から変わるための大切なポイントです。

柔らかい雰囲気の人と言われたいのであれば、今回解説した特徴や方法を参考にしてみてください。

少しずつ考え方や所作を変えることで、なりたい自分に近づけますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事